【恐竜族】種族サポート集

ダイナソー竜崎やティラノ剣山が扱う【恐竜族】

恐竜族の底力は侮れない

/所要時間5分

【恐竜族】種族サポート

初期から存在する種族ですが、未だ100種類存在しない伸び悩む種族

テーマも少なくサポートも不遇でしたが、-恐獣の鼓動-で大幅強化されました。

補助的な役割のカードが多く、もう少し切り札が欲しいところ。

使いやすいカードを紹介します。

モンスター

《ベビケラサウルス》

星2/地属性/恐竜族/ATK 500/DEF 500
①:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。

破壊された場合、レベル4以下の恐竜族1体をデッキから特殊召喚するモンスター

どこから破壊されても効果が発動します。

恐竜族はレベル4以下のモンスターに優秀なカードが多く揃っているので、制約なしで特殊召喚できるこの効果は優秀。

《魂喰いオヴィラプター》や《ディノインフィニティ》など様々な恐竜族を特殊召喚できます。

破壊する方法は後述する《ロストワールド》や《究極伝導恐獣》などがあります。

その他のカードで破壊する場合はこちらから

「破壊された場合、~できる」など破壊を条件とするカードのために、自分で破壊できるカードをまとめました

《プチラノドン》

星2/地属性/恐竜族/ATK 500/DEF500
①:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

使い方は《ベビケラサウルス》と同じ

こちらはレベル4以上の恐竜族1体を特殊召喚

呼び出したモンスターではこのターン攻撃できないので、各種素材に使うか、モンスター効果の利用に使いたい。

大型の恐竜族に使いやすいモンスターが少ないので、レベル4の恐竜族を特殊召喚するのが主になります。

《魂喰いオヴィラプター》

星4/闇属性/恐竜族/ATK1800/DEF 500
「魂喰いオヴィラプター」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

①召喚・特殊召喚時、恐竜族をデッキから1体サーチor墓地送り

②フィールドのレベル4以下恐竜族1体を破壊し、墓地から恐竜族1体を守備表示で蘇生

恐竜族のエンジンとも言えるモンスター

あらゆる恐竜族をサーチor墓地送りできるため、《カーボネドン》など墓地での利用がメインの恐竜族も存分に活かすことができる。

②の効果も《ベビケラサウルス》などの効果を活かすことができます。

《幻創のミセラサウルス》

星4/炎属性/恐竜族/ATK1800/DEF1000
「幻創のミセラサウルス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けない。
②:自分の墓地からこのカードを含む恐竜族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

メインフェイズ限定で恐竜族全体に耐性を持たせることができるため、安心して展開できる。

発動後にフィールドに出た恐竜族にも耐性を与えます

フィールドに恐竜族がいなくても発動できるので、②の効果を発動するためにわざと発動することもできます。

②の効果は除外と関連のある恐竜族も多いため、それらのサポートもしつつ、低レベルの恐竜族を特殊召喚できます。

レベル1は《ジュラック・アウロ》のみなので、レベル2も採用しておくといいと思います。

《奇跡のジュラシック・エッグ》

星4/地属性/恐竜族/ATK 0/DEF2000
①:フィールドの表側表示のこのカードは除外できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、恐竜族モンスターが自分の墓地へ送られる度に、このカードにカウンターを2つ置く。
③:このカードをリリースして発動できる。
このカードに置かれていたカウンターの数以下のレベルを持つ恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

自身をリリースすることで乗っていたカウンターの数以下の恐竜族1体をデッキから特殊召喚できるモンスター

墓地に恐竜族が送られる度にカウンターが2個乗るため、下級モンスターであれば簡単に特殊召喚可能です。

また、どこから墓地に送られても良いのが利点で《幻創のミセラサウルス》や墓地肥やしなどとも相性抜群。

《魂喰らいオヴィラプター》など制限のかかっている恐竜族へのアクセル手段としては悪くないカードと言えます。

《ディノインフィニティ》

星4/地属性/恐竜族/ATK   ?/DEF   0
①:このカードの元々の攻撃力は、除外されている自分の恐竜族モンスターの数×1000になる。

除外されている自分の恐竜族1体につき攻撃力を1000上げるモンスター

《幻創のミセラサウルス》で除外することで大幅に攻撃力を上げつつ、このカードを特殊召喚することもできます。

考えなく採用しても攻撃力4000ほどにはなるので、隠し味程度に採用するのもいいですね。

特化して暴君にする【恐竜族】も十分構築可能です。

《ジャイアント・レックス》

星4/地属性/恐竜族/ATK2000/DEF1200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは直接攻撃できない。
②:このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は、除外されている自分の恐竜族モンスターの数×200アップする。

除外された場合特殊召喚できるモンスター

この方法で特殊召喚した場合、攻撃力を上げることができます。

《幻創のミセラサウルス》などの除外コストで何度も除外することは難しくないので、繰り返し使える素材として扱えます。

直接攻撃できないので《エヴォルカイザー・ラギア》などに繋げたい。

《究極伝導恐獣》(アルティメットコンダクターティラノ)

星10/光属性/恐竜族/ATK3500/DEF3200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

墓地の恐竜族2体を除外して手札から特殊召喚できるモンスター

相手モンスターを裏側守備表示にする・連続攻撃・効果ダメージと全てが完結しているフィニッシャー

①の効果は相手ターンにも発動できるため、妨害性能も高い。

攻撃力も3500と十分な数値で簡単に突破するのは難しい。

一度正規の方法で特殊召喚すれば蘇生等も可能。

非常に強力なモンスターなので、【恐竜族】を組む際には外せない一枚。

《オーバーテクス・ゴアトルス》

星7/闇属性/恐竜族/ATK2700/DEF2100
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の恐竜族モンスター5体をデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊し、その発動を無効にし破壊する。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「進化薬」魔法カード1枚を手札に加える。

手札・フィールドの恐竜族1体を破壊して、相手の魔法・罠の発動を無効にできるモンスター

自身も破壊することができます。

召喚条件が厳しいため、基本《究極進化薬》で特殊召喚することになります。

このカードを《終末の騎士》などで墓地へ送ると「進化薬」をサーチできるので、思いのほか出しやすい。

軸にすることも出張も可能な恐竜族の中では珍しいカードです。

EXデッキのモンスター

《エヴォルカイザー・ラギア》

ランク4/炎属性/ドラゴン族/ATK2400/DEF2000
恐竜族レベル4モンスター×2
①:このカードのX素材を2つ取り除き、以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

恐竜族×2のランク4

X素材2つを取り除くことでモンスターの召喚・特殊召喚、魔法・罠の発動を無効にして破壊できる

《プチラノドン》や《レスキューラビット》などで2体並べることで簡易的に制圧することができます。

ただし、相手はこのカードを前提にして動くため、このカード1枚では少々心もとない。

《究極伝導恐獣》を並べておいたり、罠を多く伏せることで行動を制限することができます。

同じ素材でモンスター効果を無効にすることができる《エヴォルカイザー・ドルガ》も存在するので状況に応じて使い分けたい。

どちらもドラゴン族であることには注意!

ランク4/炎属性/ドラゴン族/ATK2300/DEF1700
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

こちらは2回モンスター効果を無効にできます。

魔法・罠

《化石調査》

①:デッキからレベル6以下の恐竜族モンスター1体を手札に加える。

恐竜族の強力なサーチカード

《魂喰いオヴィラプター》を経由することで、実質レベル制限なしでサーチが可能です。

《幻創のミセラサウルス》や《ベビケラサウルス》など主力となる恐竜族をサーチできるため、デッキの安定性に大きく貢献します。

《俊足のギラザウルス》と一緒にランク3のデッキへ入れるのもいいかもしれません。

《究極進化薬》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・墓地から、恐竜族モンスターと恐竜族以外のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。
手札・デッキからレベル7以上の恐竜族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

手札・墓地の恐竜族と他種族のモンスター2体で、手札・デッキからレベル7以上の恐竜族1体を特殊召喚できるカード

純粋な【恐竜族】では発動条件を満たせなくなることがあるので、リンクモンスター等を使いたい。

他には《増殖するG》などの手札誘発が採用しやすい。

《オーバーテクス・ゴアトルス》でサーチも特殊召喚もできるので使う際はセットで採用したい。


対応する主なモンスター

《時空超越》

①:自分の墓地から恐竜族モンスターを2体以上除外して発動できる。
除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つ恐竜族モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

墓地から2体以上の恐竜族を除外し、そのレベルの合計となる恐竜族モンスター1体を手札・墓地から特殊召喚できるカード

デメリット:攻撃できない

基本的には蘇生カードとして使いますが、【恐竜族】は墓地リソースを喰い合うことが多いため、単純に採用しても発動できない場合があります。

このカードを採用する場合は《隣の芝刈り》など大量の墓地肥やしができるカードと併用するのがおすすめです。

《ロストワールド》

①:恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
②:1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
③:相手フィールドにトークンがある限り、相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
④:1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

恐竜族以外のステータスダウン・トークン生成・トークン以外の対象耐性・通常モンスターの身代わりなど様々な効果が詰まったカード

②の効果で生成したトークンを④の効果で身代わりにして、手札・デッキの恐竜族を破壊することもできます。

ただし、そのまま残しておくと次のターンにリンク素材などに使われるので処理はしておきたい。

恐竜族はビートダウンが得意な種族であるため、この効果を活かそうとすると総ダメージ数が減ります。

そのため《メガロスマッシャーX》などの通常モンスター&恐竜族の構築で輝きます。

トークン軸の恐竜族を組んでみるのも楽しそうですね。

《生存境界》

①:フィールドの通常モンスターを全て破壊し、破壊した数までデッキからレベル4以下の恐竜族モンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの恐竜族モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

同じく恐竜族と通常モンスターを結びつけるカード。

《ロストワールド》採用型のデッキに採用しやすい。

《超カバーカーニバル》を発動して、このカードを発動すると計4体の恐竜族を展開できます。

②の墓地発動の効果も相手ターンの牽制として役に立ちます。

特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊されるので、できれば自分のターンで発動したいカードです。

《生存競争》

①:自分フィールドの恐竜族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを攻撃力1000アップの装備カード扱いとして、その自分の恐竜族モンスターに装備する。
②:このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
装備モンスターは相手モンスターにもう1度だけ続けて攻撃できる。

攻撃力1000アップの装備カードとなり、連続攻撃を付与するカード

連続攻撃はもう一度だけなので、つまり装備モンスターは2回攻撃ができるようになります。

パワフルな恐竜族の攻撃力を最大限に活かしつつ、連続攻撃が可能になるため恐竜族にピッタリのカード。

《ハイドロゲドン》や《ジュラック・グアイバ》などボード・アドバンテージを稼げるモンスターに装備できるとさらに便利です。

《ジュラシック・インパクト》

①:自分フィールドに恐竜族モンスターが2体以上存在し、自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊し、自分は破壊したモンスターの数×1000ダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで
お互いはモンスターを召喚・特殊召喚できない。

恐竜族2体をトリガーにフィールドのモンスター全てを破壊し、攻撃力分のダメージをお互いに与えるカード

発動するだけで、4000強の効果ダメージが発生するので自分のLP次第では発動できないこともあります。

発動ターンから次のターンの終了時まで、お互いの召喚・特殊召喚を封じる効果も持ちます。

できれば自分のターンで発動して、次の自分のターンで勝負を決めてしまいたい。

相手ターンに妨害として使うと、次の自分のターン首を絞めることになる使い時が難しいカードです。

まとめ

恐竜族はあまりイラストにも出ておらず、OCGの中でもすでに絶滅した設定にあるようです。

新規のカードが少ないのはそのせいかも?

破壊や除外など種族としての動きも定着してきたので、これからも期待できそうです。