【最大20%OFF!!】BOX予約・サプライ買うなら?
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

スポンサーリンク

【サイバース族】種族サポート集

VRAINSから登場したサイバース族

データで存在する謎多き生命体

2/4《アーマード・ビットロン》追記

/所要時間10分

【サイバース族】種族サポート

10期から登場した種族でリンク召喚を得意とする

種族としての広がりを急速に伸ばす一方、リンク召喚以外の戦術には今一つ伸び悩む。

 

サイバース族は種族と言うよりテーマに近い存在です。

実用性があるものや独特なカードを紹介していきます。

 

「コード・トーカー」系カードはこちらからどうぞ!

【キャラデッキ】本気の「Playmaker/藤木遊作」レシピ&使い方
風をつかめ!Playmaker! ※12/14 デッキレシピを更新 /所要時間5分 初めに 遊戯王VRAINS主人公 Playmakerこと藤木遊作のデッキ紹介です。 シリーズ6作目ということもあって、主人...
スポンサーリンク
●カード画像をクリックすることで「駿河屋」で価格を確認できます。

モンスター

《フォーマッド・スキッパー》

星1/光属性/サイバース族/ATK   0/DEF   0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。
このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
②:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

リンク素材になることで、デッキからレベル5以上のサイバース族1体をサーチできるモンスター

レベル5以上のサイバース族の充実に伴い、このカードの評価も上がっていきます。

 

《パラレルエクシード》をサーチして《転生炎獣ベイルリンクス》をリンク召喚することで大量展開の布石とすることができます。

1枚初動で動けるカードとしてはかなり有力なのでサイバースデッキ以外でも採用されることがあります。

 

《プロンプトホーン》

星1/闇属性/サイバース族/ATK 200/DEF 400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのレベル4以下のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
レベルの合計がリリースしたモンスターのレベルと同じになるように、自分のデッキ・墓地からサイバース族の通常モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。

 

自分フィールドのレベル4以下サイバース族1体をリリースして、そのレベルとレベルの合計が同じになるようにデッキ・墓地から通常モンスターのサイバース族を特殊召喚できるモンスター

 

現在通常モンスターのサイバース族は4種類。

中でもレベル1《プロトロン》が使いやすく、簡単にリンク4まで繋がります。

 

デッキ内に通常モンスターがふえることで手札事故が起きる可能性が増えますが、リンク1《リンク・スパイダー》を採用しておけば問題なし。

 

サイバース族の展開力を向上させるカードとして十分に選択肢に入るカードと言えます。

《プロフィビット・スネーク》

星2/光属性/サイバース族/ATK 500/DEF1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のサイバース族リンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが墓地に存在し、自分のサイバース族モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分の墓地からカード1枚を除外し、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

サイバース族リンクモンスターが相手モンスターと戦闘する場合、ダメージステップ開始時に手札から墓地に送り、その相手モンスターをバウンスするモンスター

 

対象を取らないバウンス効果なので、サイバース族が苦手な耐性持ちモンスターの除去として活躍します。

 

また、墓地に存在する場合、サイバース族モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地に送った場合、墓地のカード1枚を除外して墓地のレベル4以下サイバース族1体を手札に加えることができる効果を持っています。

 

自身を除外する必要がないため、毎ターンアドバンテージを稼ぐことも可能。

自身を手札に戻して戦闘補助もでき、状況に応じて戦略を変えられるのが魅力です。

 

《ドット・スケーパー》や《バランサー・ロード》など除外して効果を発動するサイバース族のトリガーとしても使えるのが便利ですね。

 

《ガベージコレクター》

星2/風属性/サイバース族/ATK 100/DEF1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、手札に戻ったモンスターと同じレベルでカード名が異なるサイバース族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

自分フィールドの自身以外のサイバース族1体をバウンスし、デッキから同名以外の同じレベルのサイバース族1体を特殊召喚するモンスター

 

アドバンテージ的に損失がない上、《フレイム・バッファロー》や《バックアップ・セグレタリー》を《レディ・デバッカー》に繋げられるのは大きいです。

 

サイバース族は比較的特殊召喚しやすい種族なので採用しておくとデッキの回転がよくなります。

 

《サイバース・コンバーター》

星2/光属性/サイバース族/ATK1000/DEF1000
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの種族はターン終了時までサイバース族になる。

 

自分フィールドのモンスターがサイバース族のみの場合、手札から特殊召喚できるモンスター

 

類似のサイバース族モンスターと比較するとレベルが低いため、《トークバック・ランサー》のリンク素材や《サイバース・ガジェット》に対応します。

《バックアップ・セクレタリー》などと併用するのがベストです。

 

また、召喚時、自分フィールドのモンスター1体をターン終了時までサイバース族に変更する効果も持っているため他種族との混合デッキでもリンク召喚をしやすくしてくれます。

 

《バックアップ・セクレタリー》

星3/光属性/サイバース族/ATK1200/DEF 800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

 

サイバース族が存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

 

リンク召喚・ランク3のエクシーズ召喚に適しており、基本的には素材役。

 

使い勝手がいいので1枚は採用しておくと、《レディ・デバッカー》や《ROMクラウディア》共々役に立ちます。

 

《フレイム・バッファロー》

星3/炎属性/サイバース族/ATK1400/DEF 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。

 

フィールドから離れることで手札のサイバース族を捨て2ドローできるモンスター

 

非常に緩い条件で手札を入れ替えられるため、サイバース族の手札の枯渇問題を緩和してくれます。

戦闘破壊でもリンク素材でも効果は発動するので安心。

 

サイバース族メインのデッキを作成する際は必ず採用候補に入れておきたいカードです。

《ウィジェット・キッド》

星3/地属性/サイバース族/ATK1500/DEF 900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

召喚・特殊召喚した場合、手札からサイバース族1体を守備表示で特殊召喚できるモンスター

 

元々サイバース族は展開力に長けているカードが多いため、普通に採用してもあまり意味がありません。

 

このカードはサイバース族であれば何でも出せるため、上級のサイバース族を特殊召喚する役目を持たせることができます。

 

前述した《ガベージコレクター》と《バックアップ・セグレタリー》を併用することで、このカードをデッキから特殊召喚しつつ、効果によってモンスターを3体並べることができます。

 

《トランスコード・トーカー》などへそのままリンク召喚を繋げると相互リンクも簡単に行えるため、1枚採用しておくといいかも?

 

《レディ・デバッガー》

星4/光属性/サイバース族/ATK1700/DEF1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

召喚・特殊召喚成功時、レベル3以下のサイバース族1体をサーチできるモンスター

 

《バックアップ・セグレタリー》や《フレイム・バッファロー》《ドラコネット》をサーチすることができ、状況に合わせたサイバース族をサーチできます。

 

リンク召喚の起点として優秀なカードなので3枚採用してもいいでしょう。

【転生炎獣】【コード・トーカー】の潤滑油としても活躍しています。

 

《アーマード・ビットロン》

星2/闇属性/サイバース族/ATK 500/DEF   0
このカード名①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
デッキから「アーマード・ビットロン」以外のサイバース族モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚する。
このターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドのリンク3以上のリンクモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

自身をリリースすることでデッキからレベル4以下のサイバース族1体を効果無効で特殊召喚できるモンスター

デメリット:サイバース族しか特殊召喚できない

 

基本的にサイバース族デッキは種族統一されているためそこまでデメリットは重くありません。

【マリンセス】や《フォーマッド・スキッパー》などデッキでいち早く引き込みたいカードが決まっているデッキではとても重宝するカードです。

 

《プロキシー・ホース》

星4/光属性/サイバース族/ATK1100/DEF1100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードをサイバース族モンスターのリンク素材とする場合、手札のサイバース族モンスターも1体までリンク素材にできる。
②:自分エンドフェイズに墓地のこのカードを除外し、サイバース族リンクモンスターを含む自分の墓地のリンクモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻す。

 

自身をサイバース族のリンク素材とする場合、手札のサイバース族1体をリンク素材にできるモンスター

蘇生対象として優秀で、手札のサイバース族を墓地へ送りつつリンクを伸ばせます。

《スタック・リバイバー》との相性がよく、そのまま《サイバース・ウィキッド》などの効果発動まで繋がりますね。

 

また墓地の自身を除外することで、エンドフェイズに墓地のサイバース族を含むリンクモンスター2体をEXデッキへ戻す効果も持っています。

リンク召喚を多用するサイバース族デッキに自然にリソース回復できます。

 

《バランサーロード》

星4/光属性/サイバース族/ATK1700/DEF1200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
②:このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

 

1000LP払うことで、サイバース族1体の召喚権を得ることができるモンスター

除外されることでレベル4以下のモンスターを手札から特殊召喚することもできます。

 

【サイバース族】では必須の《サイバース・ガジェット》や《ドラコネット》などの召喚時効果を活かすことができ、リンク召喚を行いやすくしてくれます。

 

②の効果は《封印の黄金櫃》などで直接デッキから除外しても発動できます。

 

《RAMクラウダー》

星4/光属性/サイバース族/ATK1800/DEF1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースし、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

モンスター1体をリリースすることで墓地のサイバース族1体を蘇生させるモンスター

汎用性が高く、サイバース族の発展と共に使いやすさは増していきます。

 

リンクモンスターも蘇生可能なので、高いリンクのモンスターを狙いたい場合はこのモンスターを経由するのもいいでしょう。

 

《ROMクラウディア》

星4/闇属性/サイバース族/ATK1800/DEF    0
①:このカードが召喚に成功した時、「ROMクラウディア」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ROMクラウディア」以外のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

 

召喚成功時、同名以外のサイバース族1体を墓地からサルベージ同名以外のレベル4以下サイバース族リクルーターであるモンスター

 

サイバース族の堅実なモンスターとして採用できます。

1ターン目などには使い道が乏しいですが、分かりやすいサポートカードとして十分採用圏内になります。

 

《SIMMタブラス》

星5/闇属性/サイバース族/ATK   0/DEF1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せ、自分の墓地のサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
リンク状態の自分のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドにこのカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを手札に戻す。

 

手札のこのカードを公開し、墓地のレベル4サイバース族1体を手札に戻して、自身をリンク状態の自分のリンクモンスターのリンク先へ特殊召喚するモンスター

 

色々と条件は重なっているもののリンク召喚が得意なサイバース族はリンク状態を作ることは難しくなく、安定して使うことができます。

 

《サイバース・ガジェット》でリンク召喚した場合、トークンを残せるため即座にこのカードの条件が整います。

シンクロ召喚を目指す使い方も面白そうですね!

 

《スクリプトン》

星5/水属性/サイバース族/ATK1500/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「スクリプトン」以外のサイバース族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがサイバース族リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、除外されている自分または相手のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

 

墓地のサイバース族1体を除外し手札から特殊召喚できるモンスター

サイバース族のリンク素材となった場合、除外されているモンスター1体をデッキへ戻します

 

「マリンセス」以外では数少ない水属性サイバースの1体であり、《サイバネット・コーデック》や《フォーマッド・スキッパー》によってサーチ可能。

《バランサー・ロード》を除外してさらに展開するのも面白い。

 

【マリンセス】では除外リソースの回収にも役立つので、比較的採用しやすいです。

 

《デグレネード・バスター》

星7/炎属性/サイバース族/ATK2500/DEF2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地のサイバース族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエンドフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

サイバース族2体の除外で特殊召喚できるモンスター

このモンスターより高い攻撃力をもつ相手モンスター1体をエンドフェイズまで除外できます。

 

相手ターンにも発動できるため、邪魔なモンスターを一時排除することができます。

サイバース族のリンク召喚一辺倒な点を補える上級モンスターとして採用できます。

 

《ガッチリ@イグニスター》

星8/地属性/サイバース族/ATK 0/DEF3000
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族の効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にし、このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分フィールドのサイバース族モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ効果では破壊されない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分の表側表示モンスターは相手ターン終了時まで相手の効果を受けない。

 

自分フィールドのサイバース族1体の効果を無効にして手札から特殊召喚できるモンスター

サイバース族全体への耐性を付与する永続効果も備えています。

 

気軽に出せる性能としてはステータスも高く、①②③どれをとっても申し分のない使い勝手を誇ります。

《フォーマッド・スキッパー》や各「@イグニスター」のサーチに対応しているためアクセスもしやすいです。

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスター

数が多いので扱いやすいモンスターのみ紹介します

「コード・トーカー」に関してはこちらからどうぞ!

 

【キャラデッキ】本気の「Playmaker/藤木遊作」レシピ&使い方
風をつかめ!Playmaker! ※12/14 デッキレシピを更新 /所要時間5分 初めに 遊戯王VRAINS主人公 Playmakerこと藤木遊作のデッキ紹介です。 シリーズ6作目ということもあって、主人...

 

《サイバース・クロック・ドラゴン》

星7/闇属性/サイバース族/ATK2500/DEF2000
「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
①:このカードの融合召喚成功時に発動できる。
その素材のリンクマーカーの合計分だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
次のターン終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。
②:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。
③:融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

融合召喚時、融合素材としたリンクモンスターのマーカーの数ぶんデッキの上から墓地に送り、攻撃力をその数×1000アップするモンスター

自身以外は攻撃できなくなりますが、軽々と攻撃力5000を超えるサイバース族きってのフィニッシャーです。

 

《クロック・スパルトイ》から《クロック・ワイバーン》を特殊召喚しつつ、《サイバネット・フュージョン》をサーチすれば簡単に融合召喚できるのが利点。

 

②③の効果も使いやすく序盤から積極的に融合召喚していく【サイバース族】も視野に入れるとデッキ構築の幅が広がります。

 

《超融合》を使うことでEXリンク状態を突破できる隠れた長所もあるため、まだまだ可能性に満ち溢れています。

 

 

《コード・トーカー・インヴァート》

光属性/サイバース族/ATK1300/LINK2
【リンクマーカー:左/右】
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

リンク召喚成功時、リンク先へサイバース族1体を手札から特殊召喚できるモンスター

 

「コード・トーカー」を主体とした連続リンク召喚を得意としており、《サイバネット・コーデック》との相性も抜群。

チェーン処理でサーチしたモンスターをそのまま特殊召喚できます。

 

ただし、リンクマーカーが左右なのでEXモンスターゾーンでは無意味な点には注意!

 

《サイバース・ウィッチ》

闇属性/サイバース族/ATK 800/LINK2
【リンクマーカー:左下/下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
デッキからサイバース族の儀式モンスター1体と「サイバネット・リチューアル」1枚を手札に加える。
②:このカードの①の効果を発動したターンの自分メインフェイズに、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

リンク先へモンスターが特殊召喚された場合に、墓地の魔法1枚を除外してデッキから儀式サイバース族1体とサイバース族専用儀式魔法《サイバネット・リチューアル》をサーチできるモンスター

 

1枚で2枚のアドバンテージを得ることができ、その後の②の墓地のレベル4以下サイバース族1体を蘇生する効果にもつながります。

《バウンドリンク》を採用して擬似ドローとして使うのもおすすめです。

 

 

《サイバース・ウィキッド》

闇属性/サイバース族/ATK 800/LINK2
【リンクマーカー:下/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク召喚したこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
②:このカードのリンク先のサイバース族モンスターは効果では破壊されない。
③:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、自分の墓地からサイバース族モンスター1体を除外して発動できる。
デッキからサイバース族チューナー1体を手札に加える。

 

このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、デッキからサイバース族チューナー1体をサーチできるモンスター

除外コストに《バランサーロード》を使えば、サーチしたモンスターを即座に手札から特殊召喚できます。

 

サイバース族チューナーは少ないながらも優良なカードが揃っており、何かと使うデッキは多いカードです。今後にも期待ですね。

《スプラッシュ・メイジ》

水属性/サイバース族/ATK1100/LINK2
【リンクマーカー:右上/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

 

墓地のサイバース族1体を守備表示で蘇生できる(効果無効)モンスター

展開に縛りがありますが、サイバース族であればほぼ問題になりません

 

よく読むとこの効果は起動効果なので《トランスコード・トーカー》や《海晶乙女コーラルアネモネ》などで蘇生させることでさらなるリンク召喚が可能になります。

【サイバース族】の中継点として大いに活躍できるモンスターです。

 

スポンサーリンク

魔法・罠

《サイバネット・マイニング》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

手札1枚を墓地に送り、レベル4以下のサイバース族1体をサーチできるカード

ノーコストでは使えないものの《増援》と同じような使い方ができ、手札コストも展開に使えるためむしろメリットとも言えます。

 

サイバース族の手札消費は激しいものの、うまく立ち回れば手札コスト1枚分くらいはすぐに回収できるので、的確なサーチができるようにデッキ内を充実させておくのがおすすめです。

 

《サイバネット・バックドア》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。

 

サイバース族1体を次のスタンバイフェイズまで除外し、元々の攻撃力未満のサイバース族1体をサーチする効果をもつカード

 

速攻魔法なので引いてすぐ自分のターンにも発動できる上、リンクモンスターに使用すればカードの位置を変えることもできます。

 

サイバース族の優秀なカードの攻撃力は若干高いので、困ったら取りあえず《サイバース・ガチェット》(ATK1400)をサーチしたい。

サイバース族の中では特に優秀なサポートなので採用をおすすめします。

 

《サイバネット・クロスワイプ》

①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

サイバース族1体をリリースしてフィールドのカード1枚を破壊できるカード

 

リリースコストに困ることはないものの、相手の除去にチェーンしてこちらの損失をなるべく少なくして使いたい。

 

速攻魔法なので自分のターンにも使えるのがいいですね。

不意な妨害にも対応できる良カードだと思います。

 

《サイバネット・オプティマイズ》

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
サイバース族モンスター1体を召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

サイバース族1体の召喚権を増やすカード

デメリット:発動後、サイバース族しかEXデッキから特殊召喚できない。

 

サイバース族には召喚時に効果を発揮するモンスターが多く、手札で腐ることが減ります。

このカードを採用する場合は《ドラコネット》や《サイバース・ガジェット》を少し多めに採用しても大丈夫です。

 

「コード・トーカー」系の戦闘サポートもついでにあって便利。

 

《サイバネット・コーデック》

このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
①:「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

「コード・トーカー」をEXデッキから特殊召喚した場合、その属性と同じサイバース族1体をサーチできるカード

デメリット:発動後、サイバース族しかEXデッキから特殊召喚できない

 

1ターンに1度の制約がついていないため、異なる属性の「コード・トーカー」を連続リンク召喚すれば手札が増えます。

おすすめの流れは《コード・トーカー》⇒《シューティングコード・トーカー》⇒《トランスコード・トーカー》です。

 

3枚のサーチが行える上、フィールドにリンクモンスターも2体残ります。

「コード・トーカー」に特化したデッキを組む理由になる優れたカードです。

 

《グリッド・ロッド》

自分フィールドのサイバース族モンスターにのみ装備可能。
①:装備モンスターの攻撃力は300アップし、相手の効果を受けず、1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
②:フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドの全てのサイバース族モンスターは、ターン終了時まで戦闘・効果では破壊されない。

 

たった1枚でサイバース族に強力な耐性を与える装備魔法

相手の効果を受けず、1ターンに1度戦闘破壊されなくなります

 

装備魔法ゆえに何枚も採用することはできませんが、耐性付与の装備魔法としては最上級。

このカードが破壊されることでターン終了時までサイバース族全てが戦闘・効果で破壊されなくなるため、装備魔法の脆弱性もカバーできています。

(装備モンスターの対象不在によるルール破壊にも対応)

 

サイバース族に特化したデッキを組むなら覚えておいて損はないカードと言えるでしょう。

 

《サイバース・ビーコン》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けたターンに発動できる。
デッキからレベル4以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

相手からダメージを受けたターン、デッキからレベル4以下のサイバース族をサーチできるカード

発動条件が緩く、必要なカードを状況に合わせてサーチすることができます。

 

地味に「サイバー」カードなので《サイバー・ドラゴン・コア》でサーチが可能です。

覚えておくとちょっと便利かも?

 

スポンサーリンク

まとめ

発展途上ながら急速に成長していくサイバース族

シンクロやエクシーズのサイバース族も出ないかなと期待してたら出てきましたね。

 

遊戯王VRAINSから始めた・復帰した決闘者がこれからも増えるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました