【リバース】使いやすいサポート22選

【クローラー】や【サブテラー】と強力なテーマが生み出され、賑わってきました。

リバース効果関連のサポート紹介をします!

※6/23 《フォトン・バタフライ・アサシン》追記

/所要時間7分

【リバース】とは?

テキスト欄に「リバース」と記載されているモンスター群

裏側守備表示が表側になった際、効果を発動する。

リバースした場合に発動する誘発効果は全てタイミングを逃さない(任意効果も含む)。

チェーン2以降にリバースしても、一連のチェーン処理が終わった後に効果が発動する。

この記事で紹介するサポートはこちら

①リバースそのものに効果関連があるカード

②リバースを発動しやすくするカード

③モンスターを裏側表示にするカード

順番に紹介していきます。

①リバースそのものに効果関連があるカード

1.《裏風の精霊》

星4/風属性/天使族/ATK1800/DEF 900
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を手札に加える。

好きなリバースモンスターをサーチする効果

リバース効果の特性上、サーチしても効果を使えるようになるにはかなりのターンを跨がなくてはなりません。

それでもリバースモンスター全てに対応しているサーチは魅力的。

リバースを手札から裏側表示でフィールドに特殊召喚する専用サポートも増えていることから、ますます活躍の場が広がるでしょう。

2.《ティンダングル・エンジェル》

星4/闇属性/悪魔族/ATK 500/DEF1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「ティンダングル・エンジェル」以外のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。
この効果が相手ターンのバトルフェイズに発動した場合、さらにそのバトルフェイズを終了する。

リバース時、手札・墓地から同名以外のリバースモンスターを1体裏側守備表示で特殊召喚できるモンスター

リバースモンスターなら何でも特殊召喚できることが強み。

バトルフェイズ中にリバースさせれば、バトルフェイズをそのまま終了させることができます。

リバースデッキには相手ターンにリバースさせるカードを採用するので、このカードをついでにリバースさせることも難しくない。

展開と防御を兼ね備えた使いやすいカードです。

3.《占術姫コインノーマ》

星3/地属性/天使族/ATK 800/DEF1400
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以上のリバースモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「占術姫」モンスター以外のモンスターの効果を発動できない。

レベル3以上のリバースモンスターを手札・デッキから特殊召喚する効果

手札にも対応しているため、少数採用しているカードにも対応できる点が評価できます。

ただし、この効果を使うと以降のモンスター効果を制限されてしまうため、すぐに特殊召喚したモンスターのリバース効果を発動することができません。

「占術姫」はリバース効果をサポートするカードが多いため、それらを一緒に採用するとこのカードもより輝きます。

4.《深淵の暗殺者》

星3/闇属性/悪魔族/ATK 200/DEF 500
リバース:相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して破壊する。
また、このカードが手札から墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するリバース効果モンスター1体を手札に戻す。

破壊効果を持つリバースモンスター

手札に墓地のリバースモンスターを戻す効果もある

ただ、このモンスターはリバース効果がメインではなく、後半の効果が使われます。

手札コストにしても発動する強制効果であり、制限カードの《メタモルポット》などを墓地から回収することができる。

ステータスも優秀で《魔界発現世行きデスガイド》や《ダーク・バースト》に対応している。

この効果で自身を回収できそうですが、このカード以外のリバースモンスターしか手札に加えることができない特殊裁定が定められているため、行うことは不可能です。

5.《聖占術姫タロットレイ》

星9/光属性/天使族/ATK2700/DEF1200
「聖占術の儀式」により降臨。
「聖占術姫タロットレイ」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。
①:フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
②:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
③:自分エンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

①と②の効果で繰り返しリバースモンスターの効果を発動することができる。

速攻魔法になった《太陽の書》&《月の書》のような扱いができます。

自身や相手モンスターにも使用できるため妨害もそれなりに可能。

③の効果で恒久的にリバースモンスターを特殊召喚できます。

ただし、このカードはレベル9の儀式モンスターであり、リバースデッキに組み込むには頭を悩ませます。

「占術姫」の使いやすいカードを出張させたり、同じくレベル9のリバースモンスター《禁忌の壺》を儀式素材に使うことになるでしょう。

6.《サブテラーマリスの妖魔》

地属性/幻竜族/ATK2000/LINK2
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下/右下】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

リバースモンスターを素材とするリンクモンスター

【シャドール】や【クローラー】【ワーム】でもリンク召喚できます。

②はリバースモンスターをデッキから墓地へ送り、手札からモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する効果。

特殊召喚するモンスターはリバースモンスターでなくても良いところが使いやすい。

③はリンク先のモンスターがリバースした場合、デッキか墓地からリバースモンスターを手札に加える効果

普通に反転召喚してもよいので、効果の発動は容易。

このモンスターを維持するのも難しいため、基本は②の効果で特殊召喚したモンスターをサポートしてリバースすることになるでしょう。

総じてリバースを扱うデッキの補佐には十分な効果を備えたリンクモンスターと言えます。

《レスキューキャット》で《ライトロード・ハンター ライコウ》を2体特殊召喚すると素早くリンク召喚できます。

7.《リバース・リユース》

①:自分の墓地のリバースモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で相手フィールドに特殊召喚する。

相手フィールドにリバースモンスターを特殊召喚するカード

《カオス・ポッド》や《メタモルポッド》など一部のリバースモンスターとコンボを組むカードです。

発動は相手ターンのエンドフェイズか自分のターンに行ったほうが賢明。

リリース等に使われては元も子もありません。

②リバースを発動しやすくするカード

8.《ADチェンジャー》

星1/光属性/戦士族/ATK 100/DEF 100
自分のメインフェイズ時に、墓地のこのカードをゲームから除外し、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの表示形式を変更する。

裏側守備表示のモンスターに効果を使用した場合、表側攻撃表示となります。

相手モンスターにも発動でき表示形式を変更できます。

セットしたモンスターをすぐにリバースできることがこのカードのメリット。

墓地で発動するため、手札消費もなく使いやすい。

このカードを自然に墓地へ送れるように手札コストとして切ったり、《増援》や《トゥルース・リインフォース》などでデッキから呼び出したい。

注意

このカードのスペルスピードは1です。

相手モンスターの攻撃を表示形式を変更することで避けたり、自分のモンスターの攻撃宣言時に発動された《聖なるバリアーミラーフォース》を避けるような使い方はできません。

あくまで墓地で発動する通常魔法のような扱いかたとなります。

また、表側表示のモンスターを裏側守備表示にすることもできません。

9.《フォトン・バタフライ・アサシン》

ランク4/光属性/戦士族/ATK2100/DEF1800
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力を600ポイントダウンする。

X素材を1つ取り除き、フィールドの守備表示モンスターを表側攻撃表示に変更し、攻撃力を600下げるモンスター

裏側守備表示モンスターに発動するとリバース効果を発動させることができます。

ランク4を出せるリバースデッキであれば、候補にしてみるといいかもしれませんね。

10.《太陽の書》

フィールド上に裏側表示で存在するモンスター1体を選択し、表側攻撃表示にする。

自分のターンでセットしたリバースモンスターの効果をすぐに使うことができます。

他の用途で使うことが難しいため、《メタモルポット》などと即座にリバースさせたいモンスターと併用するのがおすすめ。

速攻性がこのカードの強みです。

11.《砂漠の光》

自分フィールド上に存在するモンスターを全て表側守備表示にする。

裏側守備表示のモンスターでもこの効果を受ける。

緊急時の防御に使えたりと意外と応用が利くカード。

類似のカードの中では一番癖がなく使いやすいのが特徴です。

12.《カオス・インフィニティ》

フィールド上に守備表示で存在するモンスターを全て表側攻撃表示にする。
さらに、自分のデッキまたは墓地から「機皇」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

表示形式変更の上に特殊召喚までできるカード。

デッキ・墓地から特殊召喚するため、デッキには「機皇兵」モンスターを1体いれるだけで機能します。

効果の使いにくい《幻想召喚師》の効果も即座につかうことができたり、リバースしたモンスターと一緒にエクシーズ召喚やリンク召喚に利用できます。

相手モンスターも攻撃表示となるため追撃もできます。

リバースをサポートするカードの中では最も攻撃よりの効果をもつカードです。

13.《ゴーストリック・パニック》

自分フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスターを任意の数だけ選択して発動できる。
選択したモンスターを表側守備表示にし、その中の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを選んで裏側守備表示にする。

裏側守備表示のモンスターを表側守備表示にする効果

このカードは「ゴーストリック」の名を持つため、《ゴーストリックの駄天使》でサーチできることがメリットです。

また、このカードは表側守備表示にするモンスターを任意に選べる点が類似のカードとの違いです。

14.《硫酸のたまった落とし穴》

①:フィールドの裏側守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示にし、守備力2000以下の場合は破壊する。守備力が2000より高い場合は裏側守備表示に戻す。

このカードを発動すると、

①裏側守備表示モンスターをまず表側守備表示にする

②守備力を確認し、破壊or裏側守備表示に戻す

リバースモンスターの効果は守備力にかかわらず、この一連の処理の間に表側守備表示となっているため、効果が発動します。

このカードは自分の守備力2000以上のモンスターに発動すると再度裏側となった上リバース効果を発動できます

《禁忌の壺》や《天照大神》などステータスの高いリバース効果モンスターと併用すると何度も効果を発動できます。

《トリオンの蠱惑魔》でサーチできるのもメリットです。

15.《星遺物の傀儡》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。
②:自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

永続罠で《太陽の書》と《月の書》を内蔵したような効果をもつカード

①の効果でリバースモンスターの効果をセットして即座に発動することができる。繰り返し発動できることが利点。

②の効果も使えるように「クローラー」を少量入れるのもよいでしょう。

こちらは「星遺物」モンスターでサーチが可能です。

③モンスターを裏側表示にするカード

16.《先史遺産コロッサル・ヘッド》

星4/地属性/岩石族/ATK 800/DEF1600
墓地のこのカードをゲームから除外し、フィールド上に攻撃表示で存在するレベル3以上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを表側守備表示または裏側守備表示にする。
「先史遺産コロッサル・ヘッド」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

墓地から除外することで、フィールドのレベル3以上の攻撃表示モンスター1体を表側守備表示or裏側守備表示にするモンスター

攻撃表示限定ですが、裏側守備表示にしてリバース効果の再利用を図ることができます。

使い道がない時は相手モンスターに発動することも可能なので、制圧モンスターの処理にも一役買ってくれます。

17.《月の書》

①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

説明不要の汎用カード

リバースモンスターの効果を再度発動するために発動するのは少々もったいないかもしれません。

18.《皆既日蝕の書》

①:フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズに、相手フィールドの裏側守備表示モンスターを全て表側守備表示にし、その後、この効果で表側守備表示にしたモンスターの数だけ相手はデッキからドローする。

フィールドのモンスター全てを裏側守備表示にするカード

相手にドローするデメリットがあるので、それらをカバーする使い方が必要です。

自分のターンで制圧モンスターを無力化する使い方もできるので、あまり腐ることはありません。

リバースモンスターを再利用する目的にも採用しやすいでしょう。

19.《浅すぎた墓穴》

お互いのプレイヤーはそれぞれの墓地のモンスター1体を選択し、それぞれのフィールド上に裏側守備表示でセットする。

モンスターを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する

リバースモンスターは表示形式変更カードと合わせて、すぐに効果を発動できる。

相手モンスターも蘇生するのが難点なので裏側守備表示の内に破壊しておきたい。

お互いの墓地に蘇生可能なモンスターがいなければ発動できない点に注意。

20.《マジカルシルクハット》

①:相手バトルフェイズに発動できる。
デッキから魔法・罠カード2枚を選び、そのカード2枚を通常モンスターカード扱い(攻/守0)として、自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体と合わせてシャッフルして裏側守備表示でセットする。
この効果でデッキから特殊召喚したカードはバトルフェイズの間しか存在できず、バトルフェイズ終了時に破壊される。

効果処理とコンボの多さに定評のあるカード

バトルフェイズ中であればよいので、バトルフェイズ開始時でも終了時でも発動できる。

リバースモンスターと相性のよい魔法・罠をこのカードで特殊召喚し《強制脱出装置》を発動して、必要なカードを集めることもできます。

21.《早すぎた帰還》

①:手札を1枚除外し、除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

手札を1枚除外し、除外されたモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚するカード

除外したカードを特殊召喚してもよいので、1枚でもモンスターが除外されていれば、手札からリバースモンスターを特殊召喚するカードとして使えます。

除外の保険としても使えるのでリバースデッキのサポートとしては十分な性能です。

その他

22.《サブテラーの刀匠》

星2/地属性/獣戦士族/ATK 100/DEF2000
①:自分フィールドの裏側表示モンスター1体のみが相手の効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象に選択された時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、その裏側表示モンスター以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。
②:自分フィールドに裏側表示モンスターが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。

裏側守備表示のモンスターへの効果や攻撃を別のモンスターへ移すことができるモンスター

手札からも発動可能なので奇襲性も高い。

ただし、対象を逸らしても直接的なアドバンテージには繋がらないため、カードの組み合わせは重要です。

【クローラー】や【サブテラー】の混合デッキで活躍できます。

まとめ

いかがでしたか?

リバース効果は少々遅いですが、相手ターンにリバースすることで奇襲をかけることができます。

テーマとしては【ゴーストリック】が間接的に様々なサポートを有しています。

ぜひ使いこなしてみて下さいね。