【魔法使い族】種族サポート集

種族サポートが充実している魔法使い族

どのようなデッキを作成しても困らない

/所要時間7分

【魔法使い族】種族サポート

魔法使い族の名に恥じず、魔法・罠の扱いに長けた種族

《ブラック・マジシャン》を始めとする遊戯王の花形種族の1つ

ステータス指定のカードが多い傾向にありますが、扱いやすいカードを厳選して紹介します。

スポンサーリンク

モンスター

《チョコ・マジシャン・ガール》

星4/水属性/魔法使い族/ATK1600/DEF1000
①:1ターンに1度、手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
②:1ターンに1度、このカードが攻撃対象に選択された場合、「チョコ・マジシャン・ガール」以外の自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替え、攻撃モンスターの攻撃力を半分にする。

・手札の魔法使い族を1ドローへ変換

・攻撃対象にされた場合、墓地の魔法使い族を蘇生し攻撃対象を変更

手札入れ替え、攻撃抑制として十分な性能をもつモンスター

攻撃宣言されることはほとんどないため、除去カードをこのカードに使わせる役目も持ちます。

序盤の準備にはもってこいのカード。レベル4なので素材等にも役立ちやすいのもメリットです。

《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》

星4/光属性/魔法使い族/ATK1000/DEF1000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は、自分の手札の数×500アップする。
②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」以外の「サイレント・マジシャン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

魔法使い族1体をリリースして特殊召喚するモンスター

魔法の発動を無効にできる効果を持ちます

攻撃力が手札の数×500アップするためアタッカーとしての起用も可能です。

破壊されても、デッキから《サイレント・マジシャンLv8》を呼び出せば戦線維持できるので心強いカード

ステータス上、《クリッター》や《黒き森のウィッチ》にも対応しているため手札にも加えやすい。

《マジカル・コンダクター》

星4/地属性/魔法使い族/ATK1700/DEF1400
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを2つ置く。
このカードに乗っている魔力カウンターを任意の個数取り除く事で、取り除いた数と同じレベルの魔法使い族モンスター1体を、手札または自分の墓地から特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

魔力カウンターを取り除いた数と同じレベルの魔法使い族を墓地から特殊召喚できるモンスター

魔法を2回発動するだけで、レベル4のモンスターが蘇生できるため非常に優秀。

魔法使い族のデッキは魔法の比率が高くなりやすいため、このカードも利用しやすい。

起点にできるカードと言ってもいいでしょう。

《魔導召喚士 テンペル》

星3/地属性/魔法使い族/ATK1000/DEF1000
自分が「魔導書」と名のついた魔法カードを発動した自分のターンのメインフェイズ時、このカードをリリースして発動できる。
デッキから光属性または闇属性の魔法使い族・レベル5以上のモンスター1体を特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は他のレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。

「魔導書」魔法を発動したターンにリリースして、デッキからレベル5以上の光or闇属性の魔法使い族1体を特殊召喚できるモンスター

デッキから特殊召喚できるカードなので「魔導獣」などにも採用しやすいカード

レベル5以上の特殊召喚に制限がかかってしまいますが、エクシーズ召喚やリンク召喚には制限はないので、それらで攻め込みたい。

《魔導教士 システィ》

星3/地属性/魔法使い族/ATK1600/DEF 800
自分が「魔導書」と名のついた魔法カードを発動した自分のターンのエンドフェイズ時、フィールド上のこのカードをゲームから除外して発動できる。
デッキから光属性または闇属性の魔法使い族・レベル5以上のモンスター1体と、「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える。
「魔導教士 システィ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

「魔導書」を発動したターンのエンドフェイズに除外することで、デッキから「魔導書」とレベル5以上の光or闇属性の魔法使い族を手札に加えるモンスター

サーチ先のモンスターはテーマサポートも使える場合が多いので、このカードはそれらの補助として使うといいでしょう。

《魔導化リジョン》

星4/闇属性/魔法使い族/ATK1300/DEF1500
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに魔法使い族モンスター1体を表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から魔法使い族の通常モンスター1体を選んで手札に加える。

魔法使い族のアドバンス召喚補助と通常モンスターのサーチ&サルベージができるモンスター

闇属性でこのモンスター自体も多くの魔法使い族サポートを受けることができ使いやすい。

「エクゾディア」のサーチ&サルベージを同時にできるカードはほぼないので【エクゾディア】にも採用できます。

パンドラデッキには絶対に外せない1枚。

《ブリザード・プリンセス》

星8/水属性/魔法使い族/ATK2800/DEF2100
このカードは魔法使い族モンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
このカードが召喚に成功したターン、相手は魔法・罠カードを発動する事ができない。

魔法使い族を1体リリースして、ターン終了時まで相手限定の《大寒波》を起こすモンスター

このカードがフィールドから離れても効果は持続するため、効果発動後はランク8にでも繋げたい。

エンドカードや確実に制圧盤面を固めたい時などに使用すると効果的です。

憑依装着の使い魔

いずれも魔法使い族が存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

全てATK1500/DEF200で、同名モンスターはフィールドに1体しか存在できません。

固有効果はこちら

《デーモン・イーター》地属性/獣族

相手エンドフェイズに墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体を破壊して蘇生できる

《稲荷火》炎属性/炎族

フィールドで表側表示で破壊された場合、次のスタンバイフェイズに墓地から特殊召喚

《ジゴバイト》水属性/爬虫類族

戦闘・効果で破壊された場合、デッキから同名以外のATK1500/DEF200のモンスター1体を特殊召喚

属性や効果に合わせて自分のデッキに採用したい。

ランク4が狙いやすくなるのはメリットです。

…風属性はまだ来ないかな?




魔法・罠

《円融魔術》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のフィールド・墓地から、魔法使い族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

魔法使い族専用の融合カード

墓地融合もできるため、消費を抑えて融合することができます。

ただし、魔法使い族の融合モンスターは数少なく実用性はあまりありません。

ほぼ《クインテット・マジシャン》と《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》のカードと言っても差し支えないレベルです。

今後に期待のカードです。

《ルドラの魔導書》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

手札・フィールドの「魔導書」カード1枚or自分フィールドの魔法使い族1体を墓地へ送ることで2ドローできるカード

《魔導書士 バテル》《グリモの魔導書》によりサーチすることができ、万能ドローソースとして採用することができます。

この墓地へ送るカードは効果処理で墓地へ送るため、《灰流うらら》等による妨害による影響が少ないことが強さに拍車をかけている。

《ヒュグロの魔導書》

自分フィールド上の魔法使い族モンスター1体を選択して発動できる。
このターンのエンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は1000ポイントアップし、戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、デッキから「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える事ができる。
「ヒュグロの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。

魔法使い族の攻撃力を1000アップして、戦闘破壊できれば「魔導書」サーチができるカード

アタッカーの補助と「魔導書」による補助が利くため、魔法使い族全般でも使いやすい。

攻撃は確実に通せるようにセットカードの除去は事前に行っておきたい。

全体攻撃ができるモンスターに発動すると2枚以上サーチすることもできることも覚えておきたい。

《トーラの魔導書》

フィールド上の魔法使い族モンスター1体を選択し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、選択したモンスターはこのカード以外の魔法カードの効果を受けない。
●このターン、選択したモンスターは罠カードの効果を受けない。

1ターンの間、魔法使い族1体を魔法・罠のどちらかの効果を受けなくさせるカード

モンスター効果は防げないものの活用しやすい。使う場合は「魔導書」セットと一緒に合わせて使うと便利。

《魔術師の右手》

①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した魔法カードの効果を無効にし破壊する。

チェーンブロックを作らずに魔法を無効にできる珍しいカード

ただし強制効果なので狙って無効にできません。

同時に2枚発動してもほとんど意味がないことには注意です(2つとも相手の初めの魔法の発動を無効にするため)。

《魔術師の左手》

①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した罠カードの効果を無効にし破壊する。

こちらは罠をチェーンブロックを作らずに無効にするカード

同様に強制効果なので注意です

罠カードの採用率は低いため、必然的にこのカードの採用も見送られることが多いです。

《王宮のお触れ》でも罠は無効にできるので、こちらは《魔術師の再演》でサーチできることに価値を見出したい。

《魔術師の再演》

①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、自分の墓地のレベル3以下の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「魔術師の再演」以外の「魔術師」永続魔法カード1枚を手札に加える。

墓地のレベル3以下の魔法使い族1体を蘇生できるカード

「魔術師」永続魔法をサーチする効果も持ちます。

レベル3以下の魔法使い族は《エフェクト・ヴェーラー》や《サウザンド・アイズ・サクリファイス》など優秀なモンスターも多く採用しやすいです。

②の効果を発動させたいなら《おろかな副葬》でデッキから直接墓地へ送るのもよく、フィールドのこのカードを自分で破壊する手段を採用するのもいいでしょう。

《ディメンション・マジック》

①:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、手札から魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
その後、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

自分フィールドの魔法使い族をリリースして手札の魔法使い族を特殊召喚するカード

対象を取らない除去を行うことができます

現在の遊戯王ではこのカードを使わずとも上級の魔法使い族を特殊召喚する方法は多く存在するので、採用するなら後半の除去効果が目的の採用になります。

《滅びの呪文-デス・アルテマ》

①:自分フィールドにレベル8以上の魔法使い族モンスターが存在する場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで裏側表示で除外する。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マジシャン・オブ・ブラックカオス」または「混沌の黒魔術師」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

レベル8以上の魔法使い族が存在する場合、フィールドのカード1枚を裏側表示で除外するカード

対象を取らないため除去カードとしては一級品。

速攻魔法であることも相まって非常に使いやすい。

相手によっては破壊された場合も、後続を呼び出すことができるため完全に腐りにくいのも高評価です。

特に【シュトロームベルグの金の城】や【魔導獣】などのデッキでおすすめです。

《ワンダー・ワンド》

魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
①:装備モンスターの攻撃力は500アップする。
②:装備モンスターとこのカードを自分フィールドから墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

魔法使い族に装備して、このカードもろとも墓地へ送ることで2ドローできるカード

同じことが《ルドラの魔導書》でもできるため、こちらは装備魔法であることを活かしたり、《アームズ・ホール》で何度も1ターンに使い回すなどの使いかたを見出したい。

《妖精伝姫-シンデレラ》ならデッキから装備できるため相性がよいです。

《魔法族の里》

自分フィールド上にのみ魔法使い族モンスターが存在する場合、相手は魔法カードを発動できない。
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在しない場合、自分は魔法カードを発動できない。

自分フィールドにのみ魔法使い族が存在する場合、相手は魔法を発動できなくなるカード

魔法使い族の強力なサポートの1枚

相手が魔法使い族を用意できない場合、魔法を封じたまま有利な展開を進めることができます。

モンスター効果で破壊されることが多いため、そこをケアできればかなりの制圧力を誇ります。

ただし、自分も魔法使い族をコントロールできていないと魔法を発動できなくなってしまうことには注意!

この場合はフィールド魔法をセットして上書きできることを覚えておくと便利です。

《ガガガシールド》

発動後このカードは装備カードとなり、自分フィールド上の魔法使い族モンスター1体に装備する。
装備モンスターは1ターンに2度まで、戦闘及びカードの効果では破壊されない。

発動後、装備カードになり魔法使い族1体を1ターンに2度まで破壊されないようにするカード

類似の《ディメンション・ガーディアン》とは守備表示でも発動できること・《ガガガシスター》でサーチできることで差別化できます。

モンスターを守るだけではあまり効力はないので、維持することが重要な《昇霊術師 ジョウゲン》などのカードに発動できるといいでしょう。

《マジシャンズ・プロテクション》

①:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する限り、自分が受ける全てのダメージは半分になる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

①の効果で全てのダメージを半減できる効果はおまけ。

②の効果で墓地の魔法使い族1体を蘇生させることができます。

セット状態で破壊されても発動できるので、セットしたターンのうちに発動させることも可能です。




EXデッキのモンスター

《アーカナイト・マジシャン》

星7/光属性/魔法使い族/ATK 400/DEF1800
チューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、このカードに魔力カウンターを2つ置く。
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている魔力カウンターの数×1000ポイントアップする。
また、自分フィールド上の魔力カウンターを1つ取り除く事で、相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

チューナー以外の素材に魔法使い族を要求するシンクロモンスター

単体で2枚分の除去をこなすことができます。

魔力カウンターをうまく使えるデッキなら除去効果で無双することもできます。

普通に使うと効果使用後はただの壁なので、ランク7に繋げたい。

幸い、魔法使い族はランク7が充実しているので狙ってみてもいいでしょう。

《Em トラピーズ・マジシャン》

ランク4/光属性/魔法使い族/ATK2500/DEF2000
魔法使い族レベル4モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はこのカードの攻撃力以下の戦闘・効果ダメージを受けない。
②:自分・相手のメインフェイズ1に1度、このカードのX素材を1つ取り除き、このカード以外のフィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターンそのモンスターは2回攻撃でき、バトルフェイズ終了時に破壊される。
③:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「Em」モンスター1体を特殊召喚する。

魔法使い族×2体のランク4

攻撃力以下のダメージを受けない・2回攻撃+エンドフェイズ破壊の付与・破壊された場合「Em」のリクルートと攻守に優れたカード

1ショットキルにも十分貢献することができ、採用する価値のある優秀なランク4です。

「Em」モンスターも優秀なモンスターが多く、リカバリーにも長けています。

《Emハットトリッカー》や《召喚僧サモンプリースト》などを使うと出しやすい。

※②の効果はターンプレイヤーのフィールドのモンスターしか選択できません

《マジマジ☆マジシャンギャル》

ランク6/闇属性/魔法使い族/ATK2400/DEF2000
魔法使い族レベル6モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、手札を1枚ゲームから除外して以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上のモンスター1体を選択し、このターンのエンドフェイズ時までコントロールを得る。
●相手の墓地のモンスター1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。

魔法使い族×2体のランク6

手札を1枚除外して、コントロール奪取or相手モンスターの蘇生ができます。

効果を使った後、このカードの上に《幻想の黒魔術師》を重ねて1ショットキルに使うのが一番使いやすいです。

素材を用意するのが少し面倒ですが、頑張って考えてみるのも大事

素材に使いやすいモンスター

《カオス・ソーサラー》

《クロノグラフ・マジシャン》

《魔導獣 キングジャッカル》

《幻想の見習い魔導師》

など

《魔導原典 クロウリー》

闇属性/魔法使い族/ATK1000/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
魔法使い族モンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「魔導書」カード3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上の魔法使い族モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。

魔法使い族2体のリンクモンスター

「魔導書」を最低3種類採用しなければ①の効果を発動できないので、基本は「魔導書」を採用したデッキでなければ活かすことができません。

効果は抜きにしても展開用として採用するのもありです。

闇属性/魔法使い族サポート

ペンデュラム「魔術師」

いずれも闇属性/魔法使い族をサポートする

これらを採用する場合は【魔術師】の混合デッキにしたほうがいいでしょう。

・モンスターとの戦闘ダメージを倍にする

破壊された場合1体蘇生

・対象にした効果を無効にする

ダメージステップ終了まで攻撃力1200アップ

おすすめは《黒牙の魔術師》《紫毒の魔術師》

P効果もモンスター効果も優秀なので単体で出張させることができます

《幻想の見習い魔導師》

星6/闇属性/魔法使い族/ATK2000/DEF1700
①:このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
③:このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

③の効果で《オネスト》のように手札誘発として攻撃力を2000上げることができます。

特殊召喚効果も優秀なので【ブラック・マジシャン】以外にも十分採用可能です。

《黒魔術のヴェール》

①:1000LPを払って発動できる。
自分の手札・墓地から魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚する。

単純な特殊召喚カード

手札・墓地と特殊召喚に対応しているため柔軟に活用することができます。

《混沌の黒魔術師》や《サウザンド・アイズ・サクリファイス》《ブラック・マジシャン》など対応するモンスターは数多い。

下級「シャドール」も対応しているので、混合する場合にもいいかもしれません。

《黒魔族復活の棺》

①:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスター1体と自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を墓地へ送る。
その後、自分のデッキ・墓地から魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

若干発動条件に悩まされますが、相手モンスターを除去しながら闇属性魔法使い族1体を特殊召喚することができます。

(トークンやペンデュラムモンスターは墓地へ送れないため、後半の特殊召喚ができない)

デッキからも特殊召喚可能なので、上級モンスターも採用させやすい。

他にも特殊召喚できるカードは多いので、それらを差し置いて採用できるかはデッキと相談です。

まとめ

紹介できなかったカードも多いですが、色々自分でも探してみて下さいね。

創意工夫を凝らしてデッキを組む楽しさを少しでも手伝えれば幸いです。

長くなりましたが読んで下さってありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク