スポンサーリンク

【雷族】種族サポート集

【電池メン】や《ライオウ》が属する雷族

妨害を得意とする特徴も持ちます

/所要時間3分

【雷族】種族サポート

【電池メン】【エレキ】などが属する一方、種族サポートの結びつきは少し弱い種族

レベル4のテーマがでれば大きく変わる可能性ありです。

《同胞の絆》と相性がいい特徴も持っています。

モンスター

《サンダー・シーホース》

星4/光属性/雷族/ATK1600/DEF1200
「サンダー・シーホース」の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから攻撃力1600以下の雷族・光属性・レベル4の同名モンスター2体を手札に加える。

特殊召喚できなくなる代わりに、デッキから攻撃力1600以下レベル4光属性雷族の同名モンスターを2体手札に加える効果をもつ

特殊召喚制限が付くのは非常に痛いものの、《サンダー・シーホース》自身も対象に含まれるため、複数枚採用しても問題ありません。

同様のデメリットをもつ《強欲で謙虚な壺》と併用するなどして、デメリットの軽減を図りたい。

対象は《ヴァイロン・プリズム》や《エレキングコブラ》《電池メン-角型》などが存在します。

《OKaサンダー》&《OToサンダー》

星4/光属性/雷族/ATK1400/DEF 700
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
手札から「OKaサンダー」以外の雷族・光属性・レベル4のモンスター1体を召喚する。

手札からレベル4光属性雷族のモンスター1体を召喚するモンスター効果をもつ

ステータスの違いこそあれど、2体の扱い方は同じ。

《サンダー・シーホース》や《バッテリーリサイクル》で手札に加えて、ランク4やリンク召喚に繋げられれば理想的。

《ONiサンダー》

星4/光属性/雷族/ATK 900/DEF 400
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「ONiサンダー」以外の雷族・光属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。

召喚時、同名以外のレベル4光属性雷族1体をサーチできる効果をもつ

《ライオウ》や《電光-雪花-》など《サンダー・シーホース》に対応しないモンスターをサーチしたい場合や、特殊召喚したい場合はこちらを使用したい。

《ONeサンダー》

星4/光属性/雷族/ATK 900/DEF 400
このカードが召喚に成功した時、「ONeサンダー」以外の自分の墓地の雷族・光属性・レベル4・攻撃力1600以下のモンスター1体を選択してゲームから除外できる。
このターンのエンドフェイズ時にそのカードを手札に加える。

召喚時、エンドフェイズに墓地の攻撃力1600以下のレベル4光属性雷族1体を手札に加える効果をもつ

フィールドに維持する必要はないので、エクシーズ素材やリンク素材に使ってもOK

《太陽電池メン》

星4/光属性/雷族/ATK1500/DEF1500
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから雷族モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、雷族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
自分フィールドに「電池メントークン」(雷族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
③:自分のフィールド・墓地の「電池メン」効果モンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはその同名カードとして扱う。

雷族の墓地肥やし雷族の召喚・特殊召喚時にトークン生成ができるモンスター

《大狼雷鳴》を墓地へ送って蘇生させるデッキなど雷族全般で活躍できます。

このカードを召喚して、《フォトン・サンクチュアリ》を発動すれば、フィールドにモンスターを4体を揃えられるため、リンク召喚にもそこそこ向いています。

魔法・罠

《バッテリーリサイクル》

自分の墓地の攻撃力1500以下の雷族モンスター2体を選択して手札に加える。

雷族版の《サルベージ》

【エレキ】やサンダー一家など相性の良い雷族は多い。

今後の雷族が増えるにつれて評価も上がってくるでしょう。

《魔霧雨》(まきう)

自分フィールド上の「デーモンの召喚」または雷族モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ、相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

雷族の守備力以下の攻撃力をもつ相手モンスター全てを破壊するカード

バトルフェイズが行えなくなるため、《ライトニング・ボルテックス》より優先できるかはデッキと相談

《双頭の雷龍》や《ライオウ》《ヴェルズ・サンダーバード》などある程度ステータスの高い雷族で固める場合は採用できるかも?

まとめ

雷族は種族統一で組むとどうしても妨害一辺倒のデッキになってしまいます。

レベル4のサポートは充実していますが、そろそろ他のカードも出てきてほしいですね。

まだまだ題材には困らないはずなのでぜひこれから推し進めてほしい種族です。