【獣族】種族サポート集

《レスキューキャット》を始めとする獣族

獰猛な獣が強いと思いきや、小さな獣も侮れない

/所要時間5分

【獣族】種族サポート

獣族は数ある種族の中でも、展開に長けたサポートを抱える種族

多くのカードに制約がありつつも、その制約が気にならないほど、様々な獣が存在します。

サポートカードの数が多いので、扱いやすいカードと特徴的なカードを紹介します。

獣戦士族・鳥獣族とも共通するサポートも多いので、そちらの記事もよければどうぞ!

モンスター

《素早いビッグハムスター》

星4/地属性/獣族/ATK1100/DEF1800
リバース:自分のデッキからレベル3以下の獣族モンスター1体を
裏側守備表示で特殊召喚する事ができる。

リバース時、デッキからレベル3以下の獣族1体を裏側守備表示で特殊召喚できるモンスター

特殊召喚できるカードとしては遅いですが、相性のいいカードが複数存在するため、採用しやすいカード

ただし、リバースを待つのは遅いので、表側表示にするカードも入れたデッキにしておきたい。

主に相性のいいカード

・《デス・コアラ》

・《ライトロード・ハンター・ライコウ》

・《極星獣タングニョースト》

・《子狸たんたん》

など

特殊召喚できる対象が《レスキュー・キャット》と被っているため、併用することも可能です。

《レスキュー・キャット》

星4/地属性/獣族/ATK 300/DEF 100
「レスキューキャット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

獣族の代表的なモンスターの1体

自身を墓地へ送ることで、デッキからレベル3以下の獣族2体を効果を無効にして特殊召喚するモンスター

このカードでできること

・レベル4~6のシンクロ召喚

・ランク1~3のエクシーズ召喚

・RINK2以下のリンク召喚

・《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》の特殊召喚

(ヨコシマウマ×2体で《融合》必要なし)

他にも「剣闘獣」などとも相性がよく、様々な戦術に繋げることができます。

《トランスターン》でデッキから特殊召喚するか、《マスマティシャン》などで墓地へ送って、蘇生することなどで首尾よく展開できます。

デッキ構築からこのカードを意識して、下級モンスターを揃えることになります。

幸い使いやすいモンスターも多いので、特殊召喚先は好きなように決められるでしょう。

《子狸たんたん》

星2/地属性/獣族/ATK   0/DEF 800
リバース:デッキから「子狸たんたん」以外の獣族・レベル2モンスター1体を特殊召喚する。

リバース時、デッキからレベル2の獣族1体を特殊召喚するモンスター

対象が限られていますが、レベル2の獣族は後述する《魔獣の懐柔》と併用させやすいので、特に問題はありません。

ランク2《No.64 古狸三太夫》をエクシーズ召喚したり、シンクロ・リンク素材に使ったりと柔軟な使い方ができます。

《子狸ぽんぽこ》

星2/地属性/獣族/ATK 800/DEF   0
このカードが召喚に成功した時、デッキから「子狸ぽんぽこ」以外の獣族・レベル2モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分は獣族以外のモンスターを特殊召喚できない。

召喚時、デッキから同名以外のレベル2の獣族1体を裏側守備表示で特殊召喚できるモンスター

獣族以外の特殊召喚制限がかかります。

さきほど紹介した《子狸たんたん》とのシナジーがあるカード

他には《素早いビックハムスター》同様《ライトロード・ハンター・ライコウ》などが使いやすい。

このカードも同じくレベル2なので《魔獣の懐柔》とも併用しやすいカードになっています。

召喚したターンに、特殊召喚したモンスターをリバースさせたければ、リバース補助も採用したい。

《チェーンドッグ》

星4/地属性/獣族/ATK1600/DEF1100
自分フィールド上に獣族モンスターが表側表示で2体存在する場合、このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。
このカードをシンクロ素材とする場合、獣族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

獣族が自分フィールドに表側表示で2体ちょうど存在する場合、墓地から自己蘇生できるモンスター

シンクロ素材に使う場合制約があります。

フィールドから離れると除外されるので、エクシーズ召喚に利用することで何度も使うことができます。

自己蘇生には発動制限がないので、フィールドを調整すれば、1ターンで何度も蘇生することができます。

《トレジャーパンダー》や《レスキュー・キャット》など展開力のある獣族と併用すると使いやすい。

《森の聖獣 ヴァレリフォーン》

星2/地属性/獣族/ATK 400/DEF 900
「森の聖獣 ヴァレリフォーン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨て、「森の聖獣 ヴァレリフォーン」以外の自分の墓地のレベル2以下の獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する

手札1枚を捨てることで、墓地のレベル2以下の獣族モンスター1体を特殊召喚するモンスター

制約が一切ないので、特殊召喚したモンスターの効果を使いつつ、そのままシンクロ・エクシーズ・リンク召喚に繋げることができます。

裏側守備表示でも特殊召喚できるので、リバース補助としても採用できます。

墓地に対象を用意するのは、《レスキュー・キャット》や《魔獣の懐柔》に任せるといいでしょう。

《虚栄の大猿》

星5/地属性/獣族/ATK1200/DEF1200
このカードは通常召喚できない。
手札から獣族モンスター1体を墓地へ送った場合に特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、墓地へ送ったその獣族モンスターのレベルを確認し、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●そのレベルの数だけこのカードのレベルを上げる。
●そのレベルの数だけこのカードのレベルを下げる。

手札の獣族を1体捨てて、手札から特殊召喚できるモンスター

捨てたモンスターのレベル分レベルを変更することもできます。

特殊召喚しやすいチューナーとして扱うことができ、レベルの変更も任意なので、シンクロさせやすいチューナーです。

レベル5のチューナーとして採用しつつ、臨機応変にシンクロできると考えて使えば、使いやすいでしょう。

《百獣王 ベヒーモス》

星7/地属性/獣族/ATK2700/DEF1500
このカードは生け贄1体で通常召喚する事ができる。
その場合、このカードの元々の攻撃力は2000になる。
生け贄召喚に成功した時、生け贄に捧げた数だけ自分の墓地の獣族モンスターを持ち主の手札に戻す事ができる。

アドバンス召喚のリリースに使った数だけ、墓地の獣族を回収できるモンスター

リリースするモンスターは獣族に限られていないので、《ドラゴノイド・ジェネレーター》などのカードで簡単に賄えます。

《魔獣の懐柔》でリリース要員を揃えつつ、このモンスターで回収するなど独自の使い方ができます。

イラストで散々な目に合っているモンスター

そろそろ百獣王の威厳を取り戻したリメイクを期待してもいいかも?

《森の番人グリーン・バブーン》

星7/地属性/獣族/ATK2600/DEF1800
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの表側表示の獣族モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時、1000LPを払って発動できる。
このカードを特殊召喚する。

自分フィールドの獣族が効果破壊された時、LP1000払うことで手札・墓地から特殊召喚できるモンスター

主戦力とするより、除去の保険として採用したいカード

《おとぼけオポッサム》や《恐牙狼 ダイヤウルフ》などで能動的に特殊召喚できるようになります。

使う際の注意点

・ダメージステップで発動できない

・タイミングを逃すことがある

・獣族が破壊されたタイミングで特殊召喚できる《森の番人グリーン・バブーン》は1体だけ

獣族はレベル7のモンスターが多いので、ランク7の素材として採用するのもいいかもしれません。

EXデッキのモンスター

今では実用性に欠けてしまったモンスターも多い

《コアラッコアラ》

星6/地属性/獣族/ATK2800/DEF 200
「コアラッコ」+「ラッコアラ」
手札から獣族モンスター1体を墓地へ送り、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを破壊する。

手札の獣族1体を墓地へ送ることで相手のモンスター1体を破壊できるモンスター

素材指定は《レスキュー・キャット》と《魔獣の懐柔》に対応しているため難しくない。

一度融合召喚してしまえば、《エアーズロック・サンライズ》などで使いまわしできるアタッカーとして使えます。

《魔獣の懐柔》+《超越融合》+地属性モンスターの3枚を使うと

・《ミセス・レディエント》

・《コアラッコアラ》

・《No.64 古狸三太夫》+トークン

を並べることができ、合計攻撃力が10000を超えます。

攻撃力も申し分ないので、《魔獣の懐柔》を採用する場合は十分検討できます。

素材のモンスター

《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

星8/地属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2000
ドラゴン族・闇属性モンスター+獣族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

融合なしでフィールドの獣族と闇属性ドラゴン族で特殊召喚できるモンスター

戦闘破壊すると、素材になった獣族の攻撃力分のダメージを相手に与えることができます。

簡単に闇属性ドラゴン族を用意するなら《簡易融合》で《暗黒火炎龍》を特殊召喚するのが早い。

他には《黒鋼竜》など

攻撃力が控えめなモンスターが多い獣族で攻撃力3000は心強い存在。

堅実なアタッカーとして採用しやすいカードです。

《恐牙狼 ダイヤウルフ》

ランク4/地属性/獣族/ATK2000/DEF1200
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、自分フィールド上の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体とフィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

X素材を1つ取り除くことで自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族1体とフィールドのカード1枚を破壊するモンスター

自身を破壊して、単体除去にする使い方が多いカードです。

《チェーンドッグ》や《森の番人グリーン・バブーン》の効果を存分に発揮させることができるようになります。

エクストラデッキに自然に採用できるので、邪魔になることはほとんどないでしょう。

《No.64 古狸三太夫》

ランク2/地属性/獣族/ATK1000/DEF1000
獣族レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上に「影武者狸トークン」(獣族・地・星1・攻?/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力は、このトークンの特殊召喚時にフィールド上に存在する攻撃力が一番高いモンスターと同じ攻撃力になる。
自分フィールド上にこのカード以外の獣族モンスターが存在する限り、このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。

獣族2体を素材にするランク2

トークン生成と破壊耐性をもつ自己完結したモンスター

レベル2の獣族は《子狸たんたん》《森の聖獣ヴァレリフォーン》《素早いビーバー》など特殊召喚方法が豊富で困ることはありません。

《ジャンク・ウォリアー》の攻撃力を一気に上げたり、《ミセス・レディエント》から2体並べて耐性で粘り強く戦うことができます。

装備魔法や全体強化とも相性がよく、攻撃力の高いトークンを生成しやすくなります。

魔法・罠

《エアーズロック・サンライズ》

「エアーズロック・サンライズ」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の獣族モンスター1体を対象として発動できる。
その獣族モンスターを特殊召喚し、相手フィールドのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分の墓地の獣族・鳥獣族・植物族モンスターの数×200ダウンする。

墓地から獣族1体を特殊召喚できるカード

相手モンスターの攻撃力を下げる効果ももつ

制約も全くないため、攻撃・素材・展開など使い方は様々。

ただし、獣族は単体で機能するモンスターがほとんどいないので、あくまで補助としての役割が強い。

使いやすいカードなので、獣族デッキでは《死者蘇生》より優先できそうです。

クロノスvs隼人は割と好きなデュエルなので、《マスター・オブ・OZ》に使ってあげたくなります。

《魔獣の懐柔》

①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
カード名が異なるレベル2以下の獣族の効果モンスター3体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は獣族以外のモンスターを特殊召喚できない。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合、デッキからカード名が異なるレベル2以下の獣族3体を特殊召喚できるカード

自壊・効果無効・獣族以外特殊召喚できない制約が付きます。

制約は多いですが、回避することは難しくなく、《ナチュル・ビースト》や《魔轟神獣ユニコール》《No.64 古狸三太夫》《ミセス・レディエント》など様々なモンスターに繋げることができる。

リリースやアドバンス召喚に制約はないので、それらのコストや素材に使うことも可能。

このカードを採用する場合は必然的に様々な種類のレベル2以下の獣族を採用することになります。

手札事故になりやすいため、《貪欲な壺》などを採用してなるべく自然に収まるように構築しておくと安心。

対応するモンスターの中でも《アマゾネスペット仔虎》は扱いやすいので採用しておきたい。

《烏合無象》

「烏合無象」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドから元々の種族が獣族・獣戦士族・鳥獣族の表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったそのモンスターと元々の種族が同じモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族1体を墓地へ送り、同じ種族のモンスター1体をEXデッキから効果を無効にして特殊召喚するカード

漫然と使っても、ディスアドバンテージが大きいのでリンクモンスターを出して展開用に使ったり、シンクロの素材に使えることに意味を見出したい。

《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の効果ダメージを増幅させるために使うのもありです。

《ユニコーンの導き》

ゲームから除外されているレベル5以下の獣族または鳥獣族モンスター1体を選択して発動する。
手札を1枚ゲームから除外し、選択したモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。

除外されているレベル5以下の獣族または鳥獣族1体を特殊召喚できるカード

効果で手札を一枚除外します。

使えるデッキは限られていますが、《ダーク砂バク》や《異次元の一角戦士》など除外に関連するカードが使いやすくなります。

手札から除外するカードに「メタファイズ」などを使えば損失も気になりません。

独創的なデッキ向けのカードです。

《クローザー・フォレスト》

自分の墓地に存在するモンスター1体につき、自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド魔法カードを発動する事はできない。
このカードが破壊されたターン、フィールド魔法カードを発動する事はできない。

自分フィールドの獣族の攻撃力を自分の墓地のモンスターの数×100アップするカード

後半になればなるほど獣族の攻撃力が増えるため、全体強化として貢献します。

また、フィールド魔法の発動を封じることができるため相手の妨害としても優秀。

自分はセットしてフィールド魔法の上書きをすれば制約がかからないので、実質相手だけに制約を押し付けることができます。

自分で使えば《盆回し》でロックできるので獣族では扱いやすいカードです。

《キャトルミューティレーション》

自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスター1体を手札に戻し、手札から戻したモンスターと同じレベルの獣族モンスター1体を特殊召喚する。

自分の表側表示の獣族1体を手札に戻し、手札から同じレベルの獣族1体を特殊召喚するカード

戻したカードを特殊召喚することも可能です。

除去の回避や連続攻撃、効果やステータスのリセットなど用途は様々。

獣族には特殊召喚時に効果を発動できるモンスターが《宝玉獣 サファイア・ペガサス》くらいと少ないので、まだまだ発展の余地があります。

《幻獣の角》

発動後このカードは攻撃力800ポイントアップの装備カードとなり、自分フィールド上の獣族・獣戦士族モンスター1体に装備する。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

発動後、獣族か獣戦士族に装備できるカード

(攻撃力800アップ+戦闘破壊すると1ドロー)

単純な強化カードとして採用できます。

1度戦闘破壊できればドローにより損失を回復できるため、確実に戦闘破壊できるタイミングで使いたい。

《猛突進》

自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスター1体を選択して破壊し、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択してデッキに戻す。

獣族1体を破壊し、相手モンスター1体をデッキへ戻すカード

《強制脱出装置》や《鳳翼の爆風》など類似のカードと比べると汎用性に劣るので、獣族を破壊できることに注目したい。

《ミセス・レディエント》を破壊して、地属性のサルベージを狙ってもいいですね。

《忍法 変化の術》

①:自分フィールドの表側表示の「忍者」モンスター1体をリリースしてこのカードを発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ獣族・鳥獣族・昆虫族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

「忍者」を1体墓地へ送り、そのレベル+3以下の獣族・鳥獣族・昆虫族を手札・デッキから1体特殊召喚するカード

このカードをサーチできるレベル4《忍者マスターHANZO》なら損失なしでレベル7以下を特殊召喚可能。

獣族はレベル8以上のモンスターが少ないので、無理してレベル5以上の「忍者」を入れる必要もありません。

破壊されやすいので、呼び出したモンスターの維持するよりどう利用するかを考えたい。

まとめ

獣族は今のところ【おジャマ】しかテーマデッキがありません。(「極星獣」を含めると2つ)

サポートが豊富なので、テーマデッキでなくても十分戦えます。

まだ見ぬ新種の獣族テーマが環境破壊しないといいですね。