【ドラゴン族】種族サポート集

【ドラゴン族】のサポートカードってどんなのがあるの?と思ったら

数が多いので目次もご利用ください

※7/11 《星雲龍ネビュラ》等追記

/所要時間7分

【ドラゴン族】種族サポート集

OCG最初期から常に花形を飾り続けるドラゴン族。

【青眼】【スターダスト】【銀河眼】など様々な世代から愛される。

 

数も多いため、自分の好きなドラゴン族を見つけるのも容易いでしょう。

好きなドラゴンを輝かせるカードを紹介します。

スポンサーリンク

モンスター

《アークブレイブドラゴン》

星7/光属性/ドラゴン族/ATK2400/DEF2000
①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。

相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする。
②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

墓地へ送られた次のスタンバイフェイズに同名以外の星7or8のドラゴン族を特殊召喚できるモンスター

どこから墓地へ送られても発動します。手札コストとして切るのも良いでしょう。

 

次のスタンバイフェイズなので、自分のターンに特殊召喚したいなら、相手ターン中に墓地へ送る必要があります。

①の効果も優秀なため、高レベル主体のドラゴン族でよく働いてくれます。

 

Amazon:《アークブレイブドラゴン》

《嵐征竜-テンペスト》

星7/風属性/ドラゴン族/ATK2400/DEF2200
このカード名の①~④の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札からこのカードと風属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
②:ドラゴン族か風属性のモンスターを自分の手札・墓地から2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
③:このカードが特殊召喚されている場合、相手エンドフェイズに発動する。
このカードを手札に戻す。
④:このカードが除外された場合に発動できる。
デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える。

 

ドラゴン族の頂点ともいえる【征竜】の1体

共通効果である特殊召喚と、風属性モンスターと共に手札から墓地に送ることでデッキからドラゴン族1体を墓地に送る効果を備えています。

 

主に【ドラグニティ】で活躍するモンスターでした。【レッドアイズ】などでもランク7の素材として活躍できるでしょう。

 

除外された場合に風属性ドラゴン族1体のサーチができるため、《龍の鏡》などで除外するとアドバンテージに変換することもできます。

 

Amazon:《嵐征竜-テンペスト》

 

《霊廟の守護者》

星4/闇属性/ドラゴン族/ATK   0/DEF2100
「霊廟の守護者」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:ドラゴン族モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。
②:このカードが手札・墓地に存在し、「霊廟の守護者」以外のフィールドの表側表示のドラゴン族モンスターが効果で墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。さらに墓地へ送られたモンスターが通常モンスターだった場合、自分の墓地のドラゴン族通常モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。

 

①の効果は《光と闇の竜》などのリリース軽減に便利。

 

注目するべきは②の効果

表側表示のドラゴン族が戦闘・効果で破壊された場合、手札・墓地から自身を特殊召喚できる。相手の効果で破壊される必要もないため、自分からも狙いやすい。

 

アドバンス召喚だけでなく、幅広い召喚法の素材に適しているといえます。

単純に壁にもなり、防御性能もなかなか高い。

 

自分のターンは展開カード、相手ターンは防御カードとして扱えます。

忘れがちですが、相手のドラゴン族が墓地へ送られても発動できます

 

Amazon:《霊廟の守護者》

《星雲龍ネビュラ》

星8/光属性/ドラゴン族/ATK2000/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードと手札のドラゴン族・レベル8モンスター1体を相手に見せて発動できる。
その2体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は光・闇属性のドラゴン族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

自身とレベル8ドラゴン族を手札から効果無効で特殊召喚できるモンスター

特殊召喚制限が付くものの、展開力はなかなかのもの。

 

《ドラゴン・目覚めの旋律》で引っ張ってきたレベル8ドラゴン族と簡単にランク8を作れるため【ギャラクシー】や【青眼】の新たな選択肢となります。

 

墓地から除外することで光or闇のレベル4ドラゴン族のサルベージもできるため、《ゲートウェイ・ドラゴン》や《輝光竜セイファート》などを使いまわせると強い。

 

Amazon:《星雲龍ネビュラ》

 

《螺旋竜バルジ》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK2500/DEF2500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドに光・闇属性のドラゴン族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルはターン終了時まで8になる。

 

自分フィールドに闇or光属性のドラゴン族が2体以上存在する場合、手札・墓地から特殊召喚できるモンスター

メジャーな属性なので展開しやすく、エクシーズ素材にすることで繰り返し使えます。

 

自分フィールドのモンスター全てのレベルを8にできる効果を備えているため、ランク8のエクシーズ召喚が得意。

《妖醒龍ラルバウール》《輝光竜セイファート》でサーチ、《守護竜エルピィ》《聖刻龍王-アトゥムス》でリクルートできるなどサポートも豊富なので様々なドラゴン族デッキのアクセントとして活躍できます。

 

《輝光竜セイファート》

星4/光属性/ドラゴン族/ATK1800/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

手札・フィールドからドラゴン族を任意の数墓地へ送り、その元々のレベルの合計と同じレベルのドラゴン族1体をサーチできるモンスター

自身を墓地へ送るだけでもレベル4ドラゴン族のサーチになります。

 

《暗黒竜コラプサーペント》とは特に相性がよく、コストを用意しつつ大量展開への布石とすることができます。

 

墓地から除外することで光or闇のレベル8ドラゴン族のサルベージもできるため《混源龍レヴィオニア》や《裁きの龍》など《復活の福音》で蘇生できないドラゴン族もサポートできます。

ドラゴン族を中心としたリンク召喚デッキにはぜひ採用したい。

 

Amazon:《輝光竜セイファート》

 

《ハイバネーション・ドラゴン》

星3/闇属性/ドラゴン族/ATK600/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:自分フィールドにリンクモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のドラゴン族・闇属性のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

召喚・特殊召喚時に墓地のレベル4以下のドラゴン族1体を手札に戻すことができるモンスター

 

レベル4以下のドラゴン族で手札に戻して即座に使えるモンスターはごくわずかですが、アドバンテージを失わずに墓地回収できるのは優秀です。

 

さらに墓地から除外することで墓地の闇属性ドラゴン族リンクモンスター1体を蘇生できるため戦線維持にも貢献します。

 

効果を無効にしないため、《ヴァレルロード・ドラゴン》などの強力なモンスターを蘇生させると心強いかぎり。

中盤以降に活躍する優秀なモンスターと言えます。

 

Amazon:《ハイバネーション・ドラゴン》

 

《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-》

星4/闇属性/魔法使い族/ATK1200/DEF1100
①:このカードのカード名は、フィールドに存在する限り「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う。
②:このカードが召喚に成功した時、手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ドラゴンを呼ぶ笛」「ドラゴン・目覚めの旋律」「ドラゴン・復活の狂奏」のいずれか1枚を手札に加える。

 

《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者》として扱い、召喚時に手札の魔法・罠1枚をコストに3種類のドラゴン族サポートのいずれか1枚をサーチできるモンスター

 

いずれのドラゴン族サポートの発動条件もこのモンスターで満たすことができるため、状況に応じて使い分けられるのが強み。

 

Amazon:《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-》

 

《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》

星8/闇属性/魔法使い族/ATK2000/DEF2600
【Pスケール:青4/赤4】
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
【モンスター効果】
このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のPモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その自分のモンスターはその戦闘では破壊されない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その際、自分のPゾーンに存在する融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

 

P効果でドラゴン族を融合召喚できるカード

通常魔法の《融合》同様に手札・フィールドから素材を墓地に送り融合召喚できます。

 

《始祖竜ワイアーム》など比較的使いやすいドラゴン族融合モンスターもいるので出張もできます。

《EMドクロバット・ジョーカー》や《天空の虹彩》などサーチカードも豊富なため主軸にすることもできます。

 

このカードを融合素材にできるモンスターは思いのほか多いので、複数デッキに入れても腐りにくいのもメリットです。

 

このカードを融合素材にできる主なドラゴン族融合モンスター

・《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》

・《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》

・《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》

など

 

《オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2500
【Pスケール:青0/赤0】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
自分のEXデッキから表側表示のドラゴン族Pモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のPゾーンにカードが2枚存在し、自分のEXデッキに表側表示の「オッドアイズ」Pモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はP召喚できない。
②:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの数×1000ダウンする。

 

P効果で手札1枚を捨てて、EXデッキから表側表示のドラゴン族ペンデュラムモンスター1体を手札に加えることができるモンスター

リンク先が確保できない場合などに役立ちます。同名カードも回収可能なのでモンスター効果と合わせて使いやすい。

 

縛りのないスケール0のモンスターなのでドラゴン族に限らず様々なペンデュラムデッキで採用することができます。

「オッドアイズ」なのでサーチがしやすいのも魅力的。《ドラゴン・目覚めの旋律》にも対応しています。

 

Amazon:《オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン》

《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》

星12/光属性/ドラゴン族/ATK   ?/DEF   ?
【Pスケール:青12/赤12】
①:自分はドラゴン族モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:自分の墓地のドラゴン族の融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを特殊召喚する。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
手札からのP召喚、または自分フィールドのドラゴン族の融合・S・Xモンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードを手札から捨て、500LPを払って発動できる。
デッキからレベル8以下のドラゴン族Pモンスター1体を手札に加える。
②:このカードの攻撃力・守備力は相手のLPの半分の数値分アップする。
③:1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

 

手札から捨てデッキからレベル8以下のドラゴン族Pモンスターを1体手札に加えるモンスター

また、墓地のドラゴン族の融合orシンクロorエクシーズモンスター1体を蘇生させることもできます。

 

正規召喚は難しいので、基本はサーチ&蘇生カードとして使われます。

非常に扱いやすく、《天空の虹彩》などでこのカード自体もサーチが可能です。

 

特に《覇王眷竜ダークヴルム》をサーチできることが大きく、ドラゴン族ではかなり強力なサポートとして君臨しています。

さらにスケール12とドラゴン族専用とはいえ、幅広いペンデュラム召喚も可能です。

 

サーチできる主なカード

・《覇王眷竜ダークヴルム》

・《竜剣士ラスターP》

・《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

・《アモルファージ・ノーテス》

など

 

Amazon:《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》

 

《終焉龍 カオスエンペラー》

㰊p>星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2500
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか発動できない。
①:1000LPを支払い、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
「終焉龍 カオス・エンペラー」は1ターンに1度、自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ、手札・EXデッキから特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
EXモンスターゾーン以外の自分フィールドのカードをすべて墓地へ送り、墓地へ送ったカードの数まで相手フィールドのカードを墓地へ送る。
その後、相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。
②:特殊召喚した表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合にデッキの一番下に戻る。

 

P効果で除外されているドラゴン族1体を手札に戻すことができるモンスター

 

EXデッキからも容易な条件で特殊召喚することができ、モンスター効果も凶悪そのもの。

サポートのみならず、アタッカーとしてもよく活躍してくれるカードになるでしょう。

 

本家《混沌帝龍-終焉の使者-》とも相性抜群で、リセット効果を使う前にEXデッキに用意しておけば、(召喚条件は効果の発動にならないため)2体のダイレクトアタックで6000ダメージを狙えます。

 

Amazon:《終焉龍 カオスエンペラー》

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスター

《聖刻龍王ーアトゥムス》

ランク6/光属性/ドラゴン族/ATK2400/DEF2100
ドラゴン族レベル6モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 

X素材を1つ取り除き、デッキからドラゴン族1体を特殊召喚できるモンスター

攻守が0になるデメリットはありますが、効果は無効にならないためさらに展開できます。

 

《嵐征竜-テンペスト》《妖醒龍ラルバウール》など展開に繋がるモンスターをリクルートするのがおすすめ。

ただ、ドラゴン族でランク6のギミックを使えるデッキは多くないのが少し悩みの種ですね。

 

Amazon:《聖刻龍王ーアトゥムス》

 

《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

星8/地属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2000
召喚条件:ドラゴン族・闇属性モンスター+獣族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

融合なしでも特殊召喚できるモンスター

獣族ならば何でも素材にできるので《俊足なカバ バリキテリウム》や《スケープ・ゴート》など特殊召喚が容易なカードと一緒に採用したい。

 

融合素材にした獣族の攻撃力分の効果ダメージもあります。ステータスも高く、場の繋ぎとして最適なカードです。

 

Amazon:《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

 

《ヴァレルロード・F・ドラゴン》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2500
ドラゴン族・闇属性モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

 

ドラゴン族闇属性2体で融合召喚できるモンスター

《龍の鏡》や《死魂融合》でドラゴン族デッキでは簡単に出せます。

 

お互いの(モンスター)カードを1枚ずつ破壊できる効果と闇属性リンクモンスターを蘇生させる堅実な効果を兼ね備えています。

サブアタッカーとして優秀なのでEXデッキに余裕があれば採用してみるといいでしょう。

 

《守護竜エルピィ》&《守護竜ピスティ》

属性/ドラゴン族/ATK1000/LINK1
【リンクマーカー:左】
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜エルピィ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。

闇属性/ドラゴン族/ATK1000/LINK1
【リンクマーカー:右】
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜ピスティ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、ドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを、2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

《エルピィ》手札・デッキからドラゴン族1体を特殊召喚

《ピスティ》墓地・除外からドラゴン族1体を特殊召喚

 

大量展開系のデッキで使いやすく、何よりドラゴン族をどこからでも安定供給できる点が非常に強力。

効果も無効にならないため、ドラゴン族だらけの盤面を築くことができます。

 

やや条件は難しいものの、ドラゴン族をメインとするデッキでは必ず覚えておきたいカードです。

使うのが難しいと思ったなら《ハイバネーション・ドラゴン》と併用するとモンスターの配置が楽になります。

 

Amazon:《守護竜エルピィ》《守護竜ピスティ》

 

《天球の聖刻印》

光属性/ドラゴン族/ATK   0/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
ドラゴン族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに1度、このカードがEXモンスターゾーンに存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
②:このカードがリリースされた場合に発動する。
手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 

ドラゴン族2体でリンク召喚できるモンスター

手札・フィールドのモンスター1体をリリースして相手ターン中にフィールドの表側カードをバウンスすることができます。

さらに妨害したい場合は②の効果で《魔装邪龍-イーサルウエポン》を特殊召喚するのがおすすめ。

 

自分のターンに②の効果を活かすためには、《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の素材にすると使いやすいです。

 

Amazon:《天球の聖刻印》

 

《ドラグニテイナイト-ロムルス》

風属性/ドラゴン族/ATK1200/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のドラゴン族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
②:ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。
手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

 

リンク召喚時、デッキから「ドラグニテイ」魔法・罠or《竜の渓谷》1枚をサーチできるモンスター

 

EXデッキからモンスターがこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に手札からドラゴン族・鳥獣族1体を特殊召喚することもできます。

《竜の渓谷》を展開に使うデッキならばこのカードを経由することで安定して戦うことができます。

 

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》

闇属性/ドラゴン族/ATK1200/LINK2
【リンクマーカー:右/下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。

 

レベル4以下ドラゴン族×2体のリンクモンスター

レベル5以上のモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚できます。

ドラゴン族以外も蘇生できるのは意外と見落としがち。

 

《デブリ・ドラゴン》や「ヴァレット」などを中心に素材を揃えることは難しくありません。

《ヴァレルロード・ドラゴン》などの展開の繋ぎに使用すると便利です。

 

Amazon:《ツイン・トライアングル・ドラゴン》

スポンサーリンク

魔法・罠

《ドラゴン・目覚めの旋律》

①:手札を1枚捨てて発動できる。
攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

 

手札1枚をコストに、[ATK3000以上・DEF2500以下]のドラゴン族2体までをサーチできるカード

 

かなり高ステータスのドラゴン族しかサーチできませんが、《青眼の亜白竜》や《闇黒の魔王ディアボロス》、《混沌帝龍-終焉の使者-》などをサーチできます。

 

デッキの要となるモンスターも少なからずいるため、ステータスをよく観察するのも大事!

 

Amazon:《ドラゴン・目覚めの旋律》

《竜の霊廟》

「竜の霊廟」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
さらにこの効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 

ドラゴン族限定の《おろかな埋葬》

条件つきですが、2枚分墓地を肥やすことができます。

 

1枚目はデュアルモンスターでも通常モンスターとして扱われます。

墓地を参照するドラゴン族は数が多いので、よく使われています。

 

Amazon:《竜の霊廟》

《復活の福音》

①:自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

レベル7・8のドラゴン族1体を蘇生できるカード

蘇生したモンスターに何の制限もかからないため非常に強力

回数制限もなく、1ターンに何枚も使うことができる。

 

墓地の《復活の福音》を除外してドラゴン族の破壊を守る効果ももちます。

 

この効果は墓地で発動する効果ではありません

チェーンブロックを作らない上、相手ターン中にも適応できます。

 

破壊されるタイミングに合わせて適応できるため非常に心強いカードです。

 

Amazon:《復活の福音》

《調和の宝札》

①:手札から攻撃力1000以下のドラゴン族チューナー1体を捨てて発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

 

攻撃力1000以下のドラゴン族チューナー1体を捨てて2ドローできるカード

 

対応するモンスターは扱いやすいモンスターが多いので、採用枚数と相談して円滑な初動に貢献させることができます。

 

主な対応モンスター

・《亡龍の戦慄ーデストルドー》

・《ラブラドライドラゴン》

・《デブリ・ドラゴン》

・《ドラグニティ・ブラックスピア》

・《太古の白石》

など

 

Amazon:《調和の宝札》

《龍の鏡》

①:自分のフィールド・墓地から、ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

フィールド・墓地のモンスターを除外しドラゴン族融合モンスターを特殊召喚できるカード

《波動竜騎士 ドラゴエクティス》や《始祖竜ワイアーム》など多種多様なドラゴン族がいます。

 

ただ入れても役に立つ場面は少ないので、戦略を立ててその補助を担う形を取ると強力なカードです。

 

Amazon:《龍の鏡》

 

《星遺物の守護竜》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
②:1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

 

発動時に墓地のレベル4以下のドラゴン族1体を蘇生or手札に戻すことができるカード

モンスターゾーンの移動も可能です。

 

「守護竜」リンクモンスターのサポートとして生まれたカードですが、【聖刻】【バスター・ブレイター】【ヴァレット】など様々なドラゴン族デッキで活躍できます。

 

Amazon:《星遺物の守護竜》

《超再生能力》

①:このカードを発動したターンのエンドフェイズに、このターン自分の手札から捨てられたドラゴン族モンスター、及びこのターン自分の手札・フィールドからリリースされたドラゴン族モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。

 

癖の強いドローカード

 

そのターン中、リリースされたドラゴン族または手札から捨てられたドラゴン族の数を参照するので《トレード・イン》や《ツインツイスター》などのコストでもカウントします。

 

エンドフェイズに1枚目の効果でドローした中に《超再生能力》があれば、速攻魔法なのでエンドフェイズ中に発動できます

 

2枚目のこのカードを同じターンに使うと1枚目に発動した分と同じ枚数ドローできるので覚えておきたい。

あまり引きすぎても手札制限に引っかかるのでほどほどに

 

Amazon:《超再生能力》

《竜の渓谷》

①:1ターンに1度、自分メインフェイズに手札を1枚捨て、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからレベル4以下の「ドラグニティ」モンスター1体を手札に加える。
●デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。

 

手札1枚をコストにデッキからドラゴン族1体を墓地に送ることができるカード

 

「ドラグニティ」をサーチするカードでアクセス手段も多いのはこのカードだけなので《調和の宝札》を発動したい時にも使うことができます。

 

フィールド魔法なので、《サイクロン》などを撃たれると損失が大きいですが、円滑な初動のためよく採用されています。

 

Amazon:《竜の渓谷》

《崩界の守護竜》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

自分フィールドのドラゴン族1体をリリースし、フィールドのカード2枚を破壊できるカード

 

フィールドに残りやすいドラゴン族ではコストの確保に困ることは少ないでしょう。

単純明快な除去カードとして活躍します。

 

Amazon:《崩界の守護竜》

《竜の束縛》

自分フィールドの攻撃力・守備力が2500以下のドラゴン族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに対象のモンスターの元々の攻撃力以下のモンスターを特殊召喚できない。
②:対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

攻撃力2500以下のドラゴン族を対象に、その攻撃力以下の特殊召喚を封じるカード

 

発動時に攻撃力を参照するため、その後装備魔法などで攻撃力が変動しても効果は持続します。

 

簡単に相手の展開の妨害ができることがメリット。

ただし、穴も多いため過信しないように注意して使いたい。

 

Amazon:《竜の束縛》

スポンサーリンク

通常モンスターのドラゴン族サポート

《聖刻龍ートフェニドラゴン》

星6/光属性/ドラゴン族/ATK2100/DEF1400
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。
このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 

「聖刻」はリリースされた時、手札・デッキ・墓地から通常モンスターのドラゴン族を攻守を0にして特殊召喚するテーマ

 

中でもこのカードは自身で特殊召喚が可能です。

アドバンス召喚以外にも、儀式召喚などの手札からのリリースも対応しています。

 

「聖刻」モンスターは《召集の聖刻印》でサーチできます。

シンクロ・エクシーズなどにも扱いやすく、ドラゴン族の戦術の幅を広げてくれるカードです。

 

Amazon:《聖刻龍ートフェニドラゴン》

《カーボネドン》

星3/地属性/恐竜族/ATK 800/DEF 600
「カーボネドン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが炎属性モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ1000アップする。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

このカードは②の効果を使う為にすぐに墓地へ送られます。

 

《ラブラドライドラゴン》や《レッド・ドラゴン》など通常モンスターのドラゴンは、属性とレベルがよく分かれているためデッキにあったドラゴンを採用できます。

 

Amazon:《カーボネドン》

《銀龍の轟咆》

「銀龍の轟咆」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族の通常モンスターを特殊召喚する。

 

墓地の通常モンスターのドラゴン族1体を蘇生するカード

 

速攻魔法なので使い勝手もよく、通常モンスターのドラゴン族を採用するデッキならアタッカーから素材まで使いやすくなります。

 

Amazon:《銀龍の轟咆》

《ドラゴン・復活の狂奏》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、自分の墓地の通常モンスター1体以上を含むドラゴン族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このターン相手が受ける全てのダメージは0になる。

 

自分フィールド上に魔法使い族が存在する場合、墓地の通常モンスターを含むドラゴン族2体を蘇生できるカード

デメリット:このターン相手へのダメージ0

 

《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統率者-》の効果から繋げれば自然と満たすことができるため発動は容易。

他にも発動条件を汎用EXモンスターに任せると腐る心配も減ります。

 

1枚でシンクロ・エクシーズ召喚などに繋げられることから類似のカードとの差別化はできています。

ややデメリットが重いため、リカバリーや制圧のために採用するといいでしょう。

 

使い勝手としては《ソウル・チャージ》に近いカードです。

こちらはメインフェイズ2でも使えます。

 

Amazon:《ドラゴン・復活の狂奏》

 

スポンサーリンク

まとめ

ドラゴン族のサポートは数が多いため、採用しやすいものを中心に紹介しました。

長くなりましたが最後まで読んで下さってありがとうございました!

 

コメント

【PR】遊戯王カードを高く売るには?

●レア・ノーマルなど仕分けが不要
●無料の配送キットで簡単に梱包&発送
●1枚ごとに買い取り金額の明細が見れる
●配送料・振込手数料が0円
●買い取り実績160万件以上で安心



【こんな人におすすめ!】
・たくさんカードを持っているけど使わない
・飽きてしまって別の趣味にお金を使いたい
・カードを買うためにまとまったお金が欲しい
・地元のカードショップの買い取り価格が不満

タイトルとURLをコピーしました