スポンサーリンク

【海竜族】種族サポート集

【海皇】率いる海竜族

水族・魚族とも親和性の高いサポートが多い

/所要時間3分

【海竜族】種族サポート

初期から存在する種族なのに、未だ100種類もカードがない不遇な種族

中々《海竜-ダイダロス》や【海皇】の印象が拭えない。

種族デッキを組むことは難しいですが、水族・魚族ともサポートを共有しやすく【水属性】の主軸にすることはできます。

数は少ないながらも侮れないサポートを集めました。

モンスター

《深海のディーヴァ》

星2/水属性/海竜族/ATK 200/DEF 400
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからレベル3以下の海竜族モンスター1体を特殊召喚する。

召喚時、デッキからレベル3以下の海竜族1体を特殊召喚できるモンスター

シンクロ・リンク素材に使いやすく、《海皇子-ネプトアビス》を特殊召喚することで、様々な戦術を立てることができます。

このカード1枚から安定して《氷霊神ムーラングレイス》を特殊召喚して、相手の手札2枚を捨てさせることができるため、現在は制限カード

1度使ってしまえば特殊召喚したモンスターと《サルベージ》を共有できるので、制限になっても色褪せることなく活躍してくれます。

《海皇の重装兵》

星2/水属性/海竜族/ATK   0/DEF1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えてレベル4以下の海竜族モンスター1体を召喚できる。
また、このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。

レベル4以下の海竜族の召喚権を増やすモンスター

水属性モンスターの効果のコストで墓地へ送られると、相手の表側表示カード1枚を破壊する効果も持ちます。

海竜族はレベル4以下に「海皇」シリーズや《深海のディーヴァ》など優秀なカードが多いため、展開にも役に立ちます。

ただ、後半の効果に使われることが多く、手札やデッキからコストで墓地へ送られることがほとんど。

《サルベージ》で墓地から手札に戻して、どちらの効果も繰り返し使えると理想的。

《海皇の狙撃兵》

星3/水属性/海竜族/ATK1400/DEF   0
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、デッキから「海皇の狙撃兵」以外のレベル4以下の「海皇」と名のついた海竜族モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。

このモンスターが相手にダメージを与えた時、デッキから同名以外のレベル4以下「海皇」海竜族1体を特殊召喚できるモンスター

水属性の効果のコストになると相手のセットカード1枚を破壊します。

直接海竜族に関わることはないですが、上記の《海皇の重装兵》や《深海のディーヴァ》と親和性が高いため紹介します。

前半の効果を狙えることは難しくても、後半の効果でアドバンテージを取ることができるので、「海皇」を採用した海竜族ではぜひ採用したい。

《海皇の竜騎隊》

星4/水属性/海竜族/ATK1800/DEF   0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上のレベル3以下の海竜族モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、デッキから「海皇の竜騎隊」以外の海竜族モンスター1体を手札に加える。

レベル3以下の海竜族が直接攻撃できるようになるモンスター

水属性の効果のコストになると同名以外の海竜族1体をデッキから手札に加えることができます。

こちらも前半の効果はほぼ使われず、後半の効果で必要なカードをサーチします。

強制効果なので、タイミングを逃すこともありません。

《深海のディーヴァ》や《水精鱗-メガロアビス》などサーチ先は少ないながらも優秀です。

デッキから効果コストで墓地へ送るには《海皇子-ネプトアビス》や《水精鱗-サラキアビス》《ジェネクス・ウンディーネ》などが使えます。

《フラッピィ》

星2/水属性/水族/ATK   0/DEF   0
このカードが召喚に成功した時、デッキから「フラッピィ」1体を墓地へ送る事ができる。
また、自分の墓地の「フラッピィ」及びゲームから除外されている自分の「フラッピィ」の合計が3体の場合、墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
自分の墓地の海竜族・レベル5以上のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
「フラッピィ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

墓地・除外に3体の《フラッピィ》を揃えることで墓地のレベル5以上の海竜族を蘇生できる

下準備に時間がかかる一方、3回分蘇生が使えるため、後半に強い。

墓地送りには自身の効果に加え、《鬼ガエル》などにも対応しています。

《異次元からの埋葬》で何度も狙うのも楽しそうですね。

EXデッキのモンスター

《水精鱗-サラキアビス》

水属性/海竜族/ATK1600/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
魚族・海竜族・水族モンスター2体
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
②:相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。
③:このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

魚族・海竜族・水族のモンスターのうちいずれか2体を素材にして出せる汎用リンク2

②③の効果で「海皇」モンスターの効果を活かしやすくなり、相手ターンに妨害できます。

反面、自分のターンに効果を使うことがあまりできないので、自分のターンはリンクマーカー要員としての意味合いが強い。

堅実なリンクモンスターとして活躍してくれます。

魔法・罠

《海皇の咆哮》

自分の墓地のレベル3以下の海竜族モンスター3体を選択して発動できる。
選択したモンスター3体を墓地から特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

墓地のレベル3以下の海竜族3体を蘇生させるカード

モンスターには制限がないため、比較的優秀

《深海のディーヴァ》《海皇子 ネプトアビス》などこのカードに対応するモンスターも少なからず優秀なので、十分採用する価値があります。

相手のエンドフェイズに発動して、モンスター効果を発動した後各種素材に使えれば理想的。

まとめ

魚族・水族ともサポートを共有しているため、共通するサポートはそちらもどうぞ!

ドラゴン族や幻竜族に立場を奪われがちなので、海竜族の得意な戦術が定まってくるといいですね。