スポンサーリンク

【天使族】種族サポート集

【天使族】のサポートカードってどんなのがあるの?と思ったら

/所要時間5分

【天使族】種族サポート集

天使族は発動を無効にする「宣告者」や特殊召喚を封じる《大天使クリスティア》を抱えているためか、あまり種族強化がされない傾向があります。

また、カウンター罠と親和性の高いカードも多いです。

ストラクチャーデッキRー神光の波動ーにて大幅に強化されました。

モンスター

《大天使クリスティア》

星8/光属性/天使族/ATK2800/DEF2300
①:自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。
その天使族モンスターを手札に加える。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
④:フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

天使族を語る上で外せない1枚

③の効果によってお互いの特殊召喚を封じる使い方を主とする。

このカードは自身の効果を含め特殊召喚は自由に行えるため、フィールドに出すのは容易で、高いステータスで相手を圧倒できます。

①の効果で特殊召喚できた場合は、②の効果を使用して墓地の天使族が3体となる。《オネスト》などを回収することで、④の効果も含め再度特殊召喚を狙うことができます。

④の効果はメリットともデメリットとも取れます。

このカードを特殊召喚できる基盤が整っていれば、メリットになります。

強制効果である点は注意です。

《アテナ》

星7/光属性/天使族/ATK2600/DEF 800
1ターンに1度、「アテナ」以外の自分フィールド上に表側表示で存在する天使族モンスター1体を墓地へ送る事で、「アテナ」以外の自分の墓地に存在する天使族モンスター1体を選択して特殊召喚する。
フィールド上に天使族モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時、
相手ライフに600ポイントダメージを与える。

《大天使クリスティア》に並ぶ天使族の双璧

天使族の蘇生と特殊召喚の度に効果ダメージを与えることができます。

後述する《堕天使スペルビア》と相性が良く、1ターンで天使族を大量展開できます。

後半の効果ダメージを与える効果は1ターンに1度の制約がありません

召喚・特殊召喚するたびにダメージを与えられる。

600ダメージは積み重なるとかなりのダメージ量となるため積極的に狙いたいところ。

《マスター・ヒュペリオン》

星8/光属性/天使族/ATK2700/DEF2100
このカードは、自分の手札・フィールド上・墓地に存在する「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する天使族・光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、この効果は1ターンに2度まで使用できる。

墓地の光属性天使族1体を除外することでフィールドのカード1枚を破壊できるモンスター

比較的扱いやすい「代行者」を1体除外することで簡単に特殊召喚できるアタッカーとして活躍します。

レベル8のため、他の天使族とも連携を取りやすく、ランク8も狙いやすくなっています。

《堕天使スペルビア》

星8/闇属性/天使族/ATK2900/DEF2400
①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、「堕天使スペルビア」以外の自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動できる。
その天使族モンスターを特殊召喚する。

墓地から特殊召喚に成功するともう1体墓地から天使族を特殊召喚できる効果を持つ。

なお、「堕天使」と名のつく天使族は全て闇属性です。

単純に《死者蘇生》で効果を発動できる上、「堕天使」サポートの《堕天使の懲戒》でも蘇生できる。

《堕天使の追放》でサーチでき、《トレードイン》のコストになれる点も評価できます。

天使族の最上級モンスターの主力はレベル8が多いためランク8のエクシーズ召喚にも向いています。

《堕天使ディザイア》

星10/闇属性/天使族/ATK3000/DEF2800
このカードは特殊召喚できない。
このカードは天使族モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時にこのカードの攻撃力を1000ポイントダウンし、相手フィールド上に存在するモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

特殊召喚できないが、墓地へ送るという破壊を介さない除去を行うことのできる効果を持つ。

リリースを軽減してアドバンス召喚することができ、フィールドに出すのは意外と簡単。

「堕天使」の名を持つため、《堕天使の追放》でサーチできることも使いやすさに貢献しています。

ステータスが下がるのが難点ですが、墓地へ送る効果に耐性を持つカードはほとんどないため、このカードの価値は失われていません。

《堕天使アスモディウス》

星8/闇属性/天使族/ATK3000/DEF2500
このカードはデッキ・墓地からの特殊召喚はできない。
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。
②:自分フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「アスモトークン」(天使族・闇・星5・攻1800/守1300)1体と、「ディウストークン」(天使族・闇・星3・攻/守1200)1体を特殊召喚する。
「アスモトークン」は効果では破壊されない。
「ディウストークン」は戦闘では破壊されない。

手札・墓地からの特殊召喚は出来ないが、手札と除外からの特殊召喚は可能。

このモンスターも「堕天使」のためサーチできます。

天使族を墓地へ送る効果は《天空聖騎士アークパーシアス》や《イーバ》を使う場合に使えるでしょう。

破壊された場合、耐性をもつトークンを生み出す効果で戦線を補強できる。特別な制限がないため様々な利用ができる。

全体的な場持ちの良さが《神の居城ーヴァルハラ》と相性が悪い点は注意です。

《天魔神インヴィシル》

星6/地属性/天使族/ATK2200/DEF1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの種族と属性によって、このカードは以下の効果を得る。
●天使族・光属性:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。
●悪魔族・闇属性:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の罠カードの効果を無効にする。

光属性・天使族をリリースすることでお互いのフィールド上の魔法カードの効果を無効にする効果を持つ。

ペンデュラムモンスターのP効果も無効にできます。

天使族はカウンター罠と相性が良くこのカードと併用すると、かなりの制圧が可能になります。

ステータスが低いため戦闘を補助する必要がありますが、盤面の制圧力は《王宮の勅命》にも劣らないでしょう。

《光神テテュス》

星5/光属性/天使族/ATK2400/DEF1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分がカードをドローした時、そのカードが天使族モンスターだった場合、そのカードを相手に見せる事で自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

このカードが存在している間にドローしたカードが天使族だった場合、公開して追加ドローする効果。

この効果はドローフェイズに限定しておらず、メインフェイズのドローでも効果を発動します。《増殖するG》や《八咫烏の骸》などを使えば相手ターンでも効果を発動できます。

レベル5のため《トランスターン》で特殊召喚しやすく、昔より効果の発動機会は増えているでしょう。

後述する《パーシアスの神域》でデッキを操作することで、ドローを確実にすることもできます。

《力天使ヴァルキリア》

星4/光属性/天使族/ATK1800/DEF1050
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合に発動する。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

モンスター・魔法・罠のいずれかのカード効果を無効にした場合、光属性天使族モンスターをサーチできるモンスター

手札でカードを無効に発動できる「宣告者」と相性がよく、奇襲性も高い。

レベル制限もなく《オネスト》や《大天使クリスティア》もサーチできるため強力です。

しかし受動的な効果であることが少々難点。

《エンペラー・オーダー》などで自分のカード効果を無効にして発動するのも手です。

《救済のレイヤード》

星4/光属性/天使族/ATK1400/DEF1500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、カウンター罠が発動される度に除外された
自分の天使族モンスター2体を手札に加える。

除外されている天使族を2体手札に加えることができる効果を持つ。

1ターンに1度の制限がありません

《天空聖騎士アークパーシアス》のコストなどで除外された天使族を手札に加えられると理想的。

ただし、ステータスが貧弱で無理にフィールドに維持するより使いきりとした方がよいでしょう。

《イーバ》

星1/光属性/天使族/ATK 500/DEF200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られた場合、このカード以外の自分フィールド・墓地の天使族・光属性モンスターを2体まで除外して発動できる。
除外した数だけ、デッキから「イーバ」以外のレベル2以下の天使族・光属性モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。

どこから墓地に送られても効果を発動できるため、非常に発動条件が緩いモンスター

墓地の天使族を除外した分だけデッキから、天使族・光属性のレベル2以下のモンスターを手札に加えることができます。

「宣告者」や《天輪の葬送士》などをデッキから加えると何度もこの効果を活かせます。

天使族は墓地肥やしがあまり得意ではないので、序盤の発動には注意です。

「宣告者」シリーズ

星2/光属性/天使族/ATK 300/DEF 500
このカードと天使族モンスター1体を手札から墓地へ送って発動する。
相手の効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

手札の天使族を墓地へ送ってモンスター効果を無効にして破壊するモンスター

同様に魔法・罠も無効にして破壊するモンスターも存在します。

・《緑光の宣告者》魔法無効

・《紫光の宣告者》罠無効

(この2体はチューナーではない)

《イーバ》の登場から発動も容易になり、天使族の妨害を強く後押しするカード群です。

魔法・罠

《天空の宝札》

このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できず、バトルフェイズを行えない。
①:手札から天使族・光属性モンスター1体を除外し、自分はデッキから2枚ドローする。

手札の光属性天使族1体を除外し2ドローするカード

デメリット:発動ターンバトルフェイズ&特殊召喚不可

厳しい条件でのドローカードですが、カウンター罠で戦っていく【パーミッション】系デッキでは採用しやすくなります。

デッキタイプが低速なので《強欲で謙虚な壺》なども採用しやすくデッキを安定させていくことができます。

しっかり盤面を固める準備のために採用するのがおすすめです。

《神の居城ーヴァルハラ》

①:1ターンに1度、自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動と処理ができる。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合、手札から天使族を特殊召喚できる。

《ヘカテリス》でサーチでき、レベルに関係なく天使族はこの恩恵を受けることができます。

優勢時にモンスターを増やすことができないことが少し残念ですが、初動と劣勢時の巻き返しを行える天使族最大のサポートカード。

《コート・オブ・ジャスティス》

自分フィールド上にレベル1の天使族モンスターが表側表示で存在する場合、手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
「コート・オブ・ジャスティス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

レベル1の天使族が存在すれば、手札の天使族を特殊召喚できる

《神の居城ーヴァルハラ》との相違点

・自分フィールドにモンスターがいても手札から天使族を特殊召喚できる

・レベル1の天使族が必要

・サーチができない

フィールドに出しやすい天使族レベル1は

《マシュマカロン》《異次元の精霊》

《時戒巫女》《雲魔物ースモークボール》など

発動条件を満たすのは思いのほか難しくないため、他の特殊召喚カードと併用するとよい働きをします。

《パーシアスの神域》

①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は300アップし、フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
③:1ターンに1度、自分の墓地の天使族モンスター及びカウンター罠カードの中から、合計3枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

天使族と相性の良いカウンター罠との親和性を高めるカード

天使族サポートとしてみた場合、微弱な攻守アップと墓地の天使族をデッキの上に戻すことができます。

③の効果は必ず3枚戻す必要がある点には注意ですが、《光天使スローネ》や《光神テテュス》などのサポートができます。

《光神化》

手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は半分になり、エンドフェイズ時に破壊される。

手札の天使族の攻撃力を半分にして特殊召喚するカード

手札消費が荒いがシンプルで応用が利きます。

効果を無効にするわけではないため、《アテナ》や「時戒神」など早急にモンスター効果を使いたい場合に使用できます。

このカードで特殊召喚した場合、元々の攻撃力が3000以下のモンスターであれば《地獄の暴走召喚》を発動でき、同名モンスターを3体並べることができます。

《祝福の教会ーリチューアル・チャーチ》

「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
②:自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

①の効果で光属性の儀式モンスターor儀式魔法のサーチができる。

②は墓地の魔法カードを任意の数戻し、その数と同じレベル光属性天使族を墓地から特殊召喚する。

低レベルの天使族を蘇生するカードとして扱うことができます。《コート・オブ・ジャスティス》や《ワンチャン!?》などレベル1天使族はサポートが豊富なため、様々な使い方ができる。

《奇跡の光臨》

ゲームから除外されている自分の天使族モンスター1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。

天使族限定の除外からの特殊召喚カード

このカードが離れてモンスターが破壊された場合、墓地へ行くことに注意

主に天使族はコストで除外されるため、能動的に使うのであれば、《妖精伝姫シラユキ》や《封印の黄金櫃》を使うことになるでしょう。

【PR】おすすめの通販サイト

スマートフォン対応で使いやすく、他では中々見つからないレアリティも豊富に揃えているサイトさんです。

まとめて買いたい時におすすめです!

スポンサーリンク