【鳥獣族】種族サポート集

風属性を代表する鳥獣族

【BF】【RR】もいるため闇属性も多い

/所要時間5分

【鳥獣族】種族サポート

獣族・獣戦士族と共有するサポートが多く、【ドラグニティ】関連でドラゴン族との関連も高い。

サポートは種族やステータスを参照するものが多く、汎用的なカードは少なめです。

モンスター

《ハーピィ・ハーピスト》

星4/風属性/鳥獣族/ATK1700/DEF 600
「ハーピィ・ハーピスト」の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
②:このカードが召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールドの鳥獣族モンスター1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
③:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから攻撃力1500以下の鳥獣族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

②③の効果が鳥獣族に関連した効果をもつ

対象は狭いものの、バウンスとサーチができるモンスター

うまく効果を使いたい場合は、【ハーピィ】との混合デッキとして考えた方がいいでしょう。

サーチを中心に使いたい場合は、リンク素材にしてエンドフェイズを待ちたい。

《ドラグニティーブラックスピア》

星3/風属性/ドラゴン族/ATK1000/DEF1000
1ターンに1度、自分フィールド上の「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を選択して特殊召喚する。

「ドラグニティ」1体をリリースすることで墓地のレベル4以下の鳥獣族1体を蘇生するモンスター

自身をリリースしても使えるため、実質蘇生カードとして扱えます。

チューナーとして扱えることも利便性に拍車をかけていて腐ることはあまりありません。

EXデッキのモンスター

《RR-フォース・ストリクス》

ランク4/闇属性/鳥獣族/ATK 100/DEF2000
レベル4モンスター×2
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカード以外の自分フィールドの鳥獣族モンスターの数×500アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから鳥獣族・闇属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。

X素材を1つ取り除くことでレベル4闇属性鳥獣族をデッキから手札に加えることができるモンスター

ほぼ【BF】と【RR】しかサーチ先はいませんが、《BF-精鋭のゼピュロス》などは使いやすいため、鳥獣族全般でも使うことはできそうです。

《零鳥獣シルフィーネ》

ランク4/水属性/鳥獣族/ATK2000/DEF2200
鳥獣族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在する全てのカードの効果を無効にし、このカードの攻撃力はこのカード以外のフィールド上に表側表示で存在するカードの数×300ポイントアップする。
このカードの効果は次の自分のスタンバイフェイズ時まで適用される。

鳥獣族×2体のランク4

X素材1つを取り除き、次の自分のスタンバイフェイズまで、相手の表側表示のカード効果を全て無効にして、攻撃力をフィールドの表側表示のカード数×300アップする効果をもつ

相手のカード効果を無効にしつつ打点を高める突破力に長けたカード

《風の精霊ガルーダ》や《BF-精鋭のゼピュロス》を素材に用いると出しやすい。

魔法・罠

《スワローズ・ネスト》

①:自分フィールドの表側表示の鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

自分フィールドの鳥獣族をリリースして同じレベルの鳥獣族をデッキから特殊召喚するカード

単純に発動するとディスアドバンテージなので、除去が確定しているモンスターなどにチェーンして発動したい。

高いレベルのモンスターを狙ってもいいですが、事故になりやすいのであまりおすすめはできません。

《ゴッドバードアタック》

①:自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

鳥獣族をリリースして、フィールドのカード2枚を破壊できるカード

鳥獣族の最もメジャーなサポートカード

群を抜いて汎用性が高いのでぜひ採用したい。

必ず2枚対象にしなければ発動できないことには注意!

《ハーピィの羽根吹雪》

自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

風属性鳥獣族が存在する場合、発動ターンの終了時まで相手モンスターの発動した効果を無効にすることができるカード

フリーチェーンでモンスター効果を無効にできるため優秀。

《ヒステリック・サイン》でサーチしたり、《ハーピィの羽根箒》を再利用できたりと何かと利用価値の高いカード

【LL】でも扱えそうです。

《忍法 変化の術》

①:自分フィールドの表側表示の「忍者」モンスター1体をリリースしてこのカードを発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ獣族・鳥獣族・昆虫族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

リリースした「忍者」のレベル+3以下の鳥獣族をデッキから特殊召喚できるカード

うまく扱うにはレベル7以下のモンスターを呼び出すカードとして考えておきたい。

《霞の谷の巨神鳥》などが有力候補です。

まとめ

鳥獣族限定の種族サポートは多いとは言えないので、獣族・獣戦士族と共有するサポートも確認してみてくださいね。

種族サポートの雛型は整っているので、これからの成長にも期待です。