【最大20%OFF!!】BOX予約・サプライがお得!
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

スポンサーリンク

【恐竜族】初動セット・出張ギミックetc

恐竜族のアイデアが欲しい!

デッキを組みたいけれどうまく組めない方へ

/所要時間5分

【恐竜族】の出張セット

 

新しくオリジナルデッキを組みたいのだけど…

・恐竜族と相性の良いカードを知りたい!

・恐竜族の汎用的な効果をもつモンスターを知りたい!

・恐竜族のEXデッキのおすすめのカード教えて!

 

そんな方のために恐竜族デッキで使いやすいカードを集めました。

構築の選択肢やギミックの候補にぜひどうぞ!

 

種族サポート記事をまだ読んでいない、確認したい人はこちらからどうぞ↓

【恐竜族】種族サポート集
ダイナソー竜崎やティラノ剣山が扱う【恐竜族】 恐竜族の底力は侮れない /所要時間5分 【恐竜族】種族サポート 初期から存在する種族ですが、未だ100種類存在しない伸び悩む種族 テーマも少なくサポートも不遇でした...

 

スポンサーリンク
●カード画像をクリックすることで「駿河屋」で価格を確認できます。

初動セット

《カーボネドン》

星3/地属性/恐竜族/攻 800/守 600
「カーボネドン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが炎属性モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ1000アップする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

墓地から自身を除外して、手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚できるモンスター

自身を召喚して《転生炎獣アルミラージ》をリンク召喚して、ドラゴン族チューナーをリクルートするだけで《水晶機巧-ハリファイバー》の準備が整います。

《魂喰いオヴィラプター》で墓地肥やしした場合も同様の着地点になれます。

 

特に《魂喰いオヴィラプター》始動で《ラブラドライドラゴン》をリクルートした場合は、いきなり《フルール・ド・バロネス》のシンクロ召喚ができてしまいます。

《竜剣士マスターP》などをリクルートして《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を目指すのも面白いかもしれない。

 

リクルート先のドラゴン族の素引きのケアは必要になりますが、有り余るリターンを生み出せるカードです。

 

《スクラップ・ラプター》セット

星4/地属性/恐竜族/攻1400/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「スクラップ」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが「スクラップ」カードの効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「スクラップ・ファクトリー」1枚またはチューナー以外の「スクラップ」モンスター1体を手札に加える。

 

自分フィールドのモンスター1体を破壊し、「スクラップ」モンスターの召喚権を増やすモンスター

自身が「スクラップ」カード効果で破壊され墓地へ送られた場合、《スクラップ・ファクトリー》orチューナー以外の「スクラップ」モンスターをサーチできます。

 

①②が連動しており、自身を破壊することで《スクラップ・キマイラ》をサーチして召喚することで、《スクラップ・ラプター》を蘇生できます。

レベル8シンクロや《スクラップ・ワイバーン》などに繋がるため、応用方法は多い。

 

セルフブレイク効果は恐竜族全般と相性がよく、《化石調査》《スクラップ・エリア》によってサーチも容易なことから初動の動きがとても安定します。

《ロストワールド》と併用して《スクラップ・ワイバーン》に繋げれば、デッキの《プチラノドン》などを割りながら展開できるのでおすすめの1枚。

 

《レスキューラビット》

星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

自身を除外して、デッキからレベル4以下の同名通常モンスター2体を特殊召喚できるモンスター

ストラクチャーデッキに採用されており、恐竜族との親和性が高いです。

 

主に《メガロスマッシャーX》をリクルートして、「エヴォルカイザー」や《バハムート・シャーク》等の強力なエクシーズモンスターに繋げていきます。

2枚目以降を腐らせないためにデッキの通常モンスターを増やすのはデッキの圧迫につながるので、《サイレンス・シーネットル》のような自然に採用できるリソース回復カードを採用しておきましょう。

 

《ジュラック・アウロ》

星1/炎属性/恐竜族/攻 200/守 200
(1):このカードをリリースし、「ジュラック・アウロ」以外の自分の墓地のレベル4以下の「ジュラック」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

自身をリリースして、同名以外のレベル4以下「ジュラック」を蘇生できるモンスター(チューナー)

効果もそれなりですが、このカードは《幻創のミセラサウルス》1枚からリクルートできるチューナーという点で価値があります。

 

《水晶機巧-ハリファイバー》に繋げてお馴染みの展開に繋げるのもいいのですが、恐竜族はレベル4の展開に長けているので《氷結界の龍 トリシューラ》や《焔聖騎士帝-シャルル》などのレベル9シンクロもわりと得意。

 

《真炎の爆発》に対応していることで、大量展開の起点にもなれるモンスターなので軸にしてみるのも面白いかも?

 

スポンサーリンク

出張ギミック

「ダイナレスラー」セット

 

《ダイナレスラー・パンクラトプス》だけが有名になりましたが、他の「ダイナレスラー」もかなり優秀なものが揃っています。

特に優秀なのが《ダイナレスラー・システゴ》。《おろかな副葬》等で墓地へ送った《ワールド・ダイナ・レスリング》からリクルートすることで「ダイナレスラー」のサーチができます。

つまり《パンクラトプス》のサーチができるというわけですね。

 

効果使用後はランク4の素材にも使えるし、墓地に送られると墓地の「ダイナレスラー」を蘇生できるので、《パンクラトプス》が輝きます。

相手モンスターの数が効果に関わりますが、捲る時の選択肢としては十分検討できるセットです。

 

「忍者」セット

 

《忍者マスター HANZO》と《忍法 超変化の術》で1妨害構えながら、恐竜族のリクルートができるセット

使用感としては召喚権をつかう《超融合》のような感覚です。

 

こちらも《ダイナレスラー・パンクラトプス》を筆頭に簡易妨害として活躍してくれるでしょう。

恐竜族&戦士族という珍しい組み合わせは《究極進化薬》の種としてもピッタリです。

 

星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「忍法」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「忍者マスター HANZO」以外の「忍者」モンスター1体を手札に加える。
【永続罠】
自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体と相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを墓地へ送り、そのレベルの合計以下のドラゴン族・恐竜族・海竜族モンスター1体を自分のデッキから自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターをゲームから除外する。

 

「シャドール」セット

 

デッキ融合条件を満たした《影依融合》で「シャドール」と《オーバーテクス・ゴアトルス》を墓地へ送って、《エルシャドール・ミドラーシュ》を融合召喚しながら、「進化薬」を確保するセット

《究極進化薬》で《究極伝導恐獣》を呼び出せばフィールドは盤石。

 

1枚で切り返しと制圧ができる組み合わせかつ少量の出張で済むので自然に採用しやすいです。

「シャドール」側に逆に出張させてみても面白いかも。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

恐竜族の初動セットや出張ギミックの紹介でした。

全体的に恐竜族は豪快な動きが得意なので、細やかなコンボには少し不向きかもしれません。

あと、ちょっと数が少ないのは恐竜族自体の層の薄さを物語っています。

 

「ダイノルフィア」などこれまでの恐竜族デザインではなかった人型もでてきたので、これからはもっと多様なデザインが生まれてきそうで楽しみです!

 

 

恐竜族種族サポート
スポンサーリンク
Librarianをフォローする
このサイト&管理人について
Librarian

月15万PVの遊戯王OCG専門サイト
テーマデッキ紹介やデッキビルドサポートを中心にカード紹介しています。
「眺めるだけで分かる」を心掛けて1記事ごとに全力懸けてます。GX好き。

Librarianをフォローする
Vrains-Library

コメント

タイトルとURLをコピーしました