スポンサーリンク

【特殊召喚メタ】おすすめ汎用カード17選

相手を妨害する最高の制圧力。友達は大切に。

4/29 《サモンリミッター》等追記&タイトル変更

/所要時間5分

【特殊召喚封じ】について

かつて、マスタールール3では多くの制圧モンスターをモンスターゾーンに並べ、相手を制圧することができました。

その後、新マスタールールに移行しエクストラデッキから現れる制圧モンスターを並べることが少し難しくなっています。

それでも特殊召喚封じのカードは制圧カードの中でも群を抜いて影響を与えます。

絶対に負けたくない場合にはよく使うことになるでしょう。

特殊召喚封じ:そもそも特殊召喚できない。「壊獣」も相手の場に特殊召喚できない。

特殊召喚無効:フィールドに出るはずだったモンスターの特殊召喚をなかったことにする。

モンスター

1.結界像シリーズ

全てATK1000/DEF1000で表側表示である限り自身の属性以外の特殊召喚を封じる。

名称 封じる属性 属性 種族
深淵の結界像 闇以外 悪魔族
豪雨の結界像 水以外 水族
業火の結界像 炎以外 炎族
烈風の結界像 風以外 鳥獣族
干ばつの結界像 地以外 岩石族
閃光の結界像 光以外 天使族

環境によって左右されるますが、基本的に「炎・水・風・地」の結界像を混ぜて使えば、大抵の特殊召喚を封じることができます。

ステータスが低いので《月盾の鏡》や《幻影剣》などで固めるとよいでしょう。

【結界像ビート】で活躍

2.《昇霊術師 ジョウゲン》

星3/光属性/魔法使い族/ATK 200/DEF1300
手札をランダムに1枚墓地へ捨てて発動できる。フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。

結界像とは異なり、全ての属性の特殊召喚を封じることができます。

手札コストを払えば既にフィールドに出た特殊召喚モンスターを破壊することもできます。

《魔法族の里》を併用すれば相手の魔法も封じられるため制圧力も抜群。

反面、ステータスが低いので魔法・罠で補助が必要です。

【魔導】【メタルフォーゼ】で活躍

3.《フォッシル・ダイナ・パキケファロ》

星4/地属性/岩石族/ATK1200/DEF1300
①:このカードがリバースした場合に発動する。フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。

このモンスターも全ての特殊召喚を封じる。

また、岩石族レベル4は発動無効を得意とする「コアキメイル」がいるため、《同胞の絆》で呼び出すことができます。

結界像同様、効果破壊と戦闘破壊に対抗するため《幻影剣》を装備させると効果的です。

4.《儀式魔人リリーサー》

星3/闇属性/悪魔族/ATK1200/DEF2000
①:儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカードを除外できる。
②:このカードを使用して儀式召喚したプレイヤーから見て相手は、儀式召喚したそのモンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、モンスターを特殊召喚できない。

儀式モンスターが特殊召喚を封じるモンスターとなるカード。

あくまでこのモンスターの効果なので、《エフェクト・ヴェーラー》《スキルドレイン》などで無効にすることはできません。

相手だけが特殊召喚できなくなる強い拘束力を秘めているので、《神光の宣告者》などと併用すれば突破不可能の要塞ができあがります。

儀式召喚の強さを引き上げるカードの1枚です。

【影霊衣】など儀式デッキで活躍

5.《エレキツネ》

※画像を用意できませんでした

星2/光属性/雷族/ATK 800/DEF 100
このカードが相手によって破壊された場合、そのターン相手はモンスターの特殊召喚及び魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事ができない。

相手によって破壊された場合、そのターン中の相手の特殊召喚を封じ、魔法・罠・モンスター効果の発動も封じるモンスター(チューナー

能動的に狙うことが難しい反面、ひとたび発動すればそのターンの安全は確保したと思っていいでしょう。

普通にセットしても除去が蔓延している現環境では簡単に効果を発動できます。

主に《水晶機巧ーハリファイバー》から特殊召喚して、《ブラック・ホール》などの全体除去の牽制に使うと便利です。

破壊以外の除去には無力ですが戦闘破壊でも発動するので、相手のメインフェイズ2をほぼ封じる点は侮れません。

6.《夢幻崩界イヴリース》

星2/闇属性/サイバース族/ATK   0/DEF   0
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にして、このカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない。
③:このカードが自分フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。

フィールド上に存在する限り、このカードのコントローラーはリンク召喚しか特殊召喚できなくなるカード

自身をリンク素材にしてしまえば③の効果によって相手に送り付けることができるため、簡単に簡易ロックを仕掛けることができます。

ただし、相手もリンク召喚でこのカードを処理することができるため油断は禁物。

基本はリンク召喚系のデッキに採用して、相手の展開のテンポを狂わせるカードとして採用すると使いやすいです。

ちなみにEXリンクするとリンク召喚が行えないため凶悪な特殊召喚封じとなります。

7.《虚無魔人》

星6/闇属性/悪魔族/ATK2400/DEF1200
このカードは特殊召喚できない。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。

お互いに特殊召喚できなくなるカード。

主にリリースすることに余裕のあるデッキで併用されます。

レベル6なので1体のリリースで召喚でき、最後の蓋として使われることが多いです。

ステータスも比較的高く様々なデッキで使いやすいのがメリットです。

【帝】【堕天使】などで活躍

8.《大天使クリスティア》

星8/光属性/天使族/ATK2800/DEF2300
①:自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。その天使族モンスターを手札に加える。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
④:フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

お互いに特殊召喚を封じる効果を持っていますが、条件を満たせばこのカード自体は特殊召喚できます。その上、天使族を1枚回収することもできます。

《神の居城―ヴァルハラ》や《アテナ》による特殊召喚も可能で非常に場に出しやすい。

ステータスも高く、天使族を使われる場合は必ず警戒したほうが得策です。

④のデメリットによってドローロックがかかってしまうことが少し難点ですが強力なカードです。

魔法&罠

9.《デッキロック》

このカードがフィールド上に存在する限り、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできず、デッキからの特殊召喚もできない。発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを破壊する。

お互いのサーチとデッキからの特殊召喚を封じるカード。エクストラデッキからの特殊召喚は封じることができないので注意が必要です

自分は思う存分サーチ&特殊召喚してから使うと相手に渋い顔をされます。

自分のスタンバイフェイズで数えて2ターンしか持たないが、2ターン持てば上々と考えよう。

発動条件もないため扱いやすく様々なデッキに入れられる。

10.《次元障壁》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)を1つ宣言して発動できる。このターン、お互いに宣言した種類のモンスターを特殊召喚できず、フィールドの宣言した種類のモンスターの効果は無効化される。

リンク召喚が充実するにつれてこのカードの評価は落ち込むが以前強力。

フリーチェーンのため、相手のターンを拘束しつつ自分のターンは制約なしで動けるようになります。

高速化した環境では1ターンが命取りになるため、このカードで宣言されても対抗する手段が必要になります。

ちなみにエクストラデッキからの特殊召喚に限らず、墓地・除外から特殊召喚される場合も宣言できるので覚えておくと便利。

11.《虚無空間》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
②:デッキまたはフィールドから自分の墓地へカードが送られた場合に発動する。このカードを破壊する。

登場以来、徐々に評価を上げ続け制限となったカード。

相手の特殊召喚に合わせて発動し、不要になればすぐに切り捨てることができる簡易的な《王宮の弾圧》のような扱われ方をしています。

ただしお互いの特殊召喚を封じるため、逆転されると自分の首を絞めることになるため注意したい。

12.《サモンリミッター》

このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーは1ターンに合計2回までしかモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

このカードが存在する限り、お互いに1ターンの間で召喚・反転召喚・特殊召喚を2回までしか行えなくなるカード

すべての特殊召喚を封じるわけではありませんが、召喚・特殊召喚どちらも封じてしまうその効果は強力そのもの。

EXデッキのモンスターで除去しようとしても、2回以内で展開するのは至難の業。

展開スピードが速くなった現在ではかなりの拘束力を秘めるカードとして活躍できます。

主に相手ターンにも展開できる「水晶機巧」や「アーティファクト」「真竜」などのデッキで使いやすいでしょう。

エクストラデッキ

13.《異星の最終戦士》

星7/地属性/戦士族/ATK2350/DEF2300
「ダーク・ヒーロー ゾンバイア」+「魔力吸収球体」
このカードが特殊召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事はできない。

他に類を見ない制圧力を誇る。

正規融合以外にも《デビル・フランケン》で特殊召喚したりと意外に出しやすい。

融合素材もそれなりに優秀。

自分が使うなら、蘇生制限がないので何度も蘇生して全体除去とロックを続けよう。相手に使われたら破壊できる魔法・罠を引けることを祈ろう。

どちらにせよ硬直状態に陥るので、何かしらの勝利手段は搭載しておきたい。

その他の特殊召喚封じ

召喚・特殊召喚のどちらも封じることができるカード

どのカードも「壊獣」と相性が良い

14.《カイザーコロシアム》

このカードのコントローラーのフィールド上にモンスターが1体以上存在する場合、相手がフィールド上に出す事ができるモンスターの数は、このカードのコントローラーのフィールド上モンスターの数を越える事はできない。
このカードが発動する前にフィールド上に存在しているカードは、この効果の影響を受けない。

相手フィールドに出すことのできるモンスターを制限するカード

展開力に優れたデッキに事前に出しておくと、より効果的。

自分には何の影響もないので、気軽に発動できるロックカードとして使えます。

15.《御前試合》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。

フィールドに出すモンスターの属性を制限するカード

属性がばらけた相手に効力を発揮します。最低でもEXデッキのモンスターの展開を制限できます。

裏側守備表示のモンスターには制限がかからないのでリバースデッキに採用しやすいとも言えます。

16.《群雄割拠》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。

こちらはフィールドに出せるモンスターの種族を1つに制限するカード

《御前試合》同様テーマデッキ相手には効果が薄いものの、EXデッキからの展開を大きく制限することができます。

17.《センサー万別》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、同じ種族のモンスターが1体になるように墓地へ送らなければならない。

《群雄割拠》の逆Ver

種族統一のデッキの動きを封じます。

様々なカードで大量展開してきた相手に対象を取らない除去カードとしての使い方もできます。

反面、自分にも《御前試合》や《群雄割拠》に比べ影響も大きいので注意したい。

まとめ

主要な特殊召喚封じカードは大会などでよく見かけるカード群になります。

非常に高い拘束力を秘めるため、やはりどれだけ強力なテーマデッキでも特殊召喚に偏ったデッキ構築には弱点があることを教えてくれます。

必ず勝ちたいと思ったときはぜひ入れてみてください!

【PR】おすすめの通販サイト

スマートフォン対応で使いやすく、他では中々見つからないレアリティも豊富に揃えているサイトさんです。

まとめて買いたい時におすすめです!

スポンサーリンク