「除外」をサポートするカード22選

ゲームから除外されたカードを活用するカードを一挙に紹介

除外を使うデッキのサポートにどうぞ!

※8/21《シノビネクロ》等追記

/所要時間7分

除外されたカードのサポート集

除外されたカードを活用するカードは墓地のサポートより断然少なく、依然として除外する除去は強力であるという評価がされています。

遊戯王OCGでは墓地より除外は扱いにくい場所であるという認識は昔から変わらないようです。

この記事では

・除外にカードを増やす

・除外から自身以外を特殊召喚する(帰還)

・除外からデッキ・墓地へカードを戻す

・除外関連のサポートカード

などの使いやすいサポートを紹介します。

属性・種族などに関するカードは該当ページで紹介しています。

スポンサーリンク

除外するカード

除外するカードはあまりに多いため、代表的なカードのみを選出しています

1.《封印の黄金櫃》

①:デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。

任意のカード1枚をデッキから除外し、自分のターンで数えて2ターン後に手札に加えるカード

除外版《おろかな埋葬》として使うことができます。

このカードで除外したいカードを除外することで、タイムラグを気にせず運用できます。

本来の用途であるサーチも可能なので腐りにくく、除外を活用するデッキには優先して採用したいカードです。

2.《妖精伝姫-シラユキ》

星4/光属性/魔法使い族/ATK1850/DEF1000
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

手札・フィールド・墓地のカード7枚を除外して自己蘇生できるモンスター

《マクロコスモス》などと異なり、除外するカードを選べるため、小回りが利きます。

除外されているカードの枚数を大幅に増やすことができるため、とにかく大量に除外したい場合は採用しておきたいカードです。

3.《ネクロフェイス》

星4/闇属性/アンデット族/ATK1200/DEF1800
このカードが召喚に成功した時、ゲームから除外されているカード全てをデッキに戻してシャッフルする。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻したカードの枚数×100ポイントアップする。
このカードがゲームから除外された時、お互いはデッキの上からカードを5枚ゲームから除外する。

除外された場合、お互いのデッキの上からカードを5枚除外するモンスター

前述した《封印の黄金櫃》など除外する方法は様々あり、除外することは容易。

中々バカにならない枚数を除外するため、相手の妨害にもなります。

召喚時にお互いの除外されているカードをデッキに戻すこともできるため、除外することで効果を発動するデッキには採用しておいて損はありません。

4.《氷獄龍 トリシューラ》

星9/水属性/ドラゴン族/ATK2700/DEF2000
カード名が異なるモンスター×3
このカードは自分の手札・フィールドのモンスターを素材とした融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードを除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:元々の種族がドラゴン族のモンスターのみを素材としてこのカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・相手のデッキの一番上・相手のEXデッキの順に確認してそれぞれ1枚ずつ除外する。
このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

自分フィールドのカード名が異なるモンスター3体を除外することで特殊召喚できるモンスター

効果を発動するにはドラゴン族のみを素材に使う必要がありますが、フィールドのモンスターをカードを使わずに除外する手段として使えます。

《竜魔導の守護者》&《簡易融合》+融合素材として指定されているドラゴン族 を採用することで効果を発動できます。

例《神竜 ラグナロク》《砦を守る翼竜》など

5.《マクロコスモス》

①:このカードの発動時の効果処理として、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

墓地に送られるカードを全て除外するカード

無差別に墓地に送られるカードを除外し続けるため、墓地を利用するデッキへの妨害になります。

こちらが除外を主体とするデッキならば組み込みやすく、積極的に除外効果を活かしていくことができます。

①の効果でレベル4《原始太陽ヘリオス》を特殊召喚することもできるため、手札事故が怖くないなら採用してみてもいいかも?

除外から特殊召喚できるカード

・全体的に墓地からの特殊召喚と比べ制約は厳しめ

6.《虚空海竜リヴァイエール》

ランク3/風属性/水族/ATK1800/DEF1600
レベル3モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、除外されている自分または相手のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

X素材を1つ取り除き、除外されているレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚するモンスター

レベル3のモンスターを2体並べるだけなので扱えるデッキは多く、活躍しやすい1枚です。

このモンスター自体は貧弱なので、効果使用後はリンク素材に使ってしまってOKです。

7.《武神姫-アマテラス》

ランク4/光属性/獣戦士族/ATK2600/DEF2500
レベル4モンスター×3
「武神姫-アマテラス」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
発動したターンによって以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●自分のターン:ゲームから除外されている
自分のレベル4以下のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
●相手のターン:ゲームから除外されている
自分のレベル4以下のモンスター1体を選択して手札に加える。

X素材を1つ取り除き、フリーチェーンで除外されているレベル4以下の自分のモンスター1体を特殊召喚or手札に加えるモンスター

レベル4×3体と重いエクシーズモンスターであるものの、相手ターンも含めて計2枚分のアドバンテージを取れるため採用する価値は十分あります。

8.《D・D・R》

《ディファレント・ディメンション・リバイバル》

①:手札を1枚捨て、除外されている自分のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

手札を1枚捨て、除外されている自分のモンスター1体を特殊召喚して装備するカード

装備魔法のため除去には注意が必要なものの、除外されているモンスターを特殊召喚するカードとしてはもっとも手軽に使えるカードです。

《アームズ・ホール》でサーチ&サルベージすることができ、手札に加えることも難しくありません。

除外されているモンスターを特殊召喚したいと思った時はまずこのカードを採用できるかどうか考えてみることをおすすめします。

D・D・R
Posted with Amakuri

9.《混沌空間》

《カオス・ゾーン》

モンスターがゲームから除外される度に、1体につき1つこのカードにカオスカウンターを置く。
1ターンに1度、自分フィールド上のカオスカウンターを4つ以上取り除く事で、取り除いた数と同じレベルを持つ、ゲームから除外されているモンスター1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。
フィールド上のこのカードが相手の効果によって墓地へ送られた時、このカードに乗っていたカオスカウンターの数以下のレベルを持つ光属性または闇属性のモンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

モンスターが除外されてる度カウンターを置き、4つ以上取り除くことで取り除いた数と同じレベルを持つモンスター1体を除外から特殊召喚できるカード

事実上レベル4以上のモンスターを特殊召喚するカードになります。

除外するペースが速いデッキであれば、特殊召喚するカードとして活躍させることができます。

ただし、このカード単体では何もできないので扱い方に注意する必要はあります。

除外するペースが速いデッキに採用して、後半のサーチ効果も活かせるように《エフェクト・ヴェーラー》などを採用しておきたいカードです。

混沌空間
Posted with Amakuri

10.《早すぎた帰還》

①:手札を1枚除外し、除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

手札1枚を除外し、除外されているモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚できるカード

裏側守備表示で特殊召喚するため、基本はリバース関連のデッキに採用することになります。

独創的なデッキに採用してみるといいかも?




除外されているカードを戻す

11.《異次元からの埋葬》

①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

除外されているお互いのモンスターの中から3体まで墓地に戻すカード

自己蘇生できるモンスターの多くは除外されるため、このカードで墓地に戻してやることで再度効果の発動を狙えます。

このカード単体では役に立たないものの、カードの組み合わせによってアドバンテージに結びつくいい例になっているカードと言えます。

このカード3枚で足りない場合、通常魔法の《奇跡の発掘》もあります。

12.《PSYフレームロード・Ω》

星8/光属性/サイキック族/ATK2800/DEF2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
②:相手スタンバイフェイズに、除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
③:このカードが墓地に存在する場合、このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

相手スタンバイフェイズに墓地のカード1枚を墓地へ戻すことができるモンスター

①②③の効果全てが優秀なため採用率も高いカード

①の効果で除去されにくいため、除外されているカードを毎ターン戻すことができます。

裏側で除外されているカードも墓地へ戻せるため、《強欲で貪欲な壺》などとも相性抜群です。

13.《バージェストマ・レアンコイリア》

①:除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。

除外されているカード1枚を墓地に戻すカード

こちらは使い切りで採用できるため、上記のカードとも十分に差別化可能です。

主に除外されている魔法・罠を戻す目的で採用するといいでしょう。

こちらも裏側で除外されたカードを墓地に戻せます。

14.《大欲な壺》

「大欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる。
そのモンスター3体を持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

除外されているモンスター3枚をデッキに戻し、1ドローするカード

《D-HERO ディアボリックガイ》などを再利用することができるため、墓地に戻す以上の働きを見せるカードにもなります。

ただ、狙って発動できるように構築しておかないと腐りやすいのでその点は注意が必要です。

大欲な壺
Posted with Amakuri

その他の除外関連カード

15.《紅蓮魔獣ダ・イーザ》

星3/炎属性/悪魔族/ATK   ?/DEF   ?
このカードの攻撃力と守備力は、ゲームから除外されている自分のカードの数×400ポイントになる。

攻撃力を除外されている自分のカードの数×400アップするモンスター

10枚除外することで攻撃力4000のアタッカーとなります。

裏側で除外されているカードも換算するため、《百万喰らいのグラットン》や《強欲で貪欲な壺》なども相性がよく簡易アタッカーとして活躍します。

中古遊戯王/ノーマル/混沌を制する者(306)306-024 [N] : 紅蓮魔獣ダ・イーザ

16.《破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK 0/DEF 0
このカードは通常召喚できない。
このカード以外の自分の手札・フィールドのモンスター2体を墓地へ送った場合に特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は除外されているカードの数×300アップする。
②:1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
自分の墓地の「ガンドラ」モンスターの種類によって以下を適用する。
●1種類:このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
●2種類:このカード以外のフィールドのカードを全て除外する。
●3種類以上:このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て除外する。
自分フィールドor手札からモンスター2体を墓地に送ることで特殊召喚できるモンスター
攻撃力を除外されているカードの数×300UPすることができます。
こちらは相手のカードも参照するので《紅蓮魔獣ダ・イーザ》より攻撃力が高くなることもよくあります。
召喚権を残したい・もっと爆発力が欲しいデッキに採用するのがおすすめ。

17.《シノビネクロ》

星2/闇属性/アンデット族/ATK 800/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。
②:墓地のこのカードが、効果を発動するために除外された場合、または効果で除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

効果またはコストによって墓地から除外された場合特殊召喚できるモンスター(チューナー)

除外デッキにチューナーを採用したい場合には真っ先に候補になるカードと言えます。

恵まれたステータスによって豊富なサポートに対応しており、今後の活躍も期待できる1枚。

18.《ジャイアント・レックス》

星4/地属性/恐竜族/ATK2000/DEF1200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは直接攻撃できない。
②:このカードが除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は、除外されている自分の恐竜族モンスターの数×200アップする。

除外された場合に特殊召喚できるモンスター

どこから除外されても即座に特殊召喚できる上、ステータスも非常に優秀。

少量採用してランク4に繋げたり、各種素材に使いまわせれば理想的。

地味にステータスも高いのでダメ押しの一撃にもなります。

19.《バランサーロード》

星4/光属性/サイバース族/ATK1700/DEF1200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
②:このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

除外された場合、手札のレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚できるモンスター

①の効果も優秀なので複数枚採用しても腐りにくいのも利点です。

【サイバース族】デッキ以外で展開要員として採用するのもいいですね。

20.《ゼラの天使》

星8/光属性/天使族/ATK2800/DEF2300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ゼラの天使」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は除外されている
相手のカードの数×100アップする。
②:このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

除外された場合、次のスタンバイフェイズに特殊召喚するモンスター

攻撃力を相手の除外されているカードの数×100アップすることができるため、除外デッキでは恒久的なアタッカーとして活躍できます。

ゼラの天使
Posted with Amakuri

21.《魂吸収》

このカードのコントローラーはカードがゲームから除外される度に、1枚につき500ライフポイント回復する。

除外されるカード1枚につきLP500回復するカード

高速で除外するデッキでは膨大なライフアドバンテージを生むことが可能です。

ライフで壁を作ることができるため、1ショットキルされる可能性を減らすことができます。

ライフがあっても活用できなければ意味があまりないため、レベル7シンクロ《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》でオーバーキルを狙ってみてもいいかもしれませんね。

 魂吸収
Posted with Amakuri

22.《D.D.ダイナマイト》

相手が除外しているカードの数×300ポイントダメージを相手ライフに与える。

除外されている相手のカードの数×300ポイント与えるカード

除外するカードは汎用性の高いカードだけでもかなり存在するため、積極的に相手のカードを除外すれば1枚で3000~4000のダメージは期待できます。

引導火力としては十分な数値なので隠し玉にどうぞ!

関連するルール

・基本的に表側で除外します。

テキストに明記されている場合に限り、裏側表示で除外することができます。

・裏側で除外されているカードは持ち主のみ確認することができます。

裏側で除外されているカードはあらゆるステータス参照のカードに対応しません。

例:裏側で除外されているモンスターを《異次元の埋葬》で墓地に戻せない

ただし、カードを指定するものは裏側で除外されていても対象にすることができます。

まとめ

あらゆるコンボが開発されている遊戯王OCGでも除外を主とするコンボは低迷気味です。

除外を主戦術とするデッキも着実に増えているため、メタとして見るのではなく戦術の1つとしてこれからも伸びてほしいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ジャム より:

    読ませて頂きました
    ゼラの天使の攻撃力上昇値間違えてますよ~