【戦士族】種族サポート集

【戦士族】のサポートカードってどんなのがあるの?と思ったら

/所要時間5分

【戦士族】種族サポート集

最初期から遊戯王を支え続ける由緒正しき種族

デザインを考えるのが容易だからかカード数も突出して多い(約800種類)

戦士族テーマも数多いため、全く戦士族サポートを使わないことは少ないでしょう。

厳選したカードを紹介します。

 

スポンサーリンク

モンスター

・戦闘をトリガーとするカードが多いため、時代の流れに取り残されているカードが多い

 

《キリビ・レディ》

星1/炎属性/戦士族/ATK 100/DEF 100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに戦士族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札からレベル4以下の戦士族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

 

自分フィールド上に戦士族が存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札のレベル4以下の戦士族1体を特殊召喚することもできます。

 

汎用的な展開効果を2つも有しており、戦士族サポートのほとんどに対応する逸材。

直接アドバンテージをとれる効果はありませんが、リンク2《聖騎士の追想 イゾルデ》につなげることが戦士族デッキでは最優先されるので、このカードは高く評価できます。

 

《昇華騎士-エクスパラディン》など初動となるカードを《エフェクト・ヴェーラー》で止められた場合のケアになったり、手札の《ヒーロー・キッズ》などのトリガーにもできるのでどんな状況でも器用に働いてくれるモンスターといえます。

《沈黙の剣士ーサイレント・ソードマン》

星4/光属性/戦士族/ATK1000/DEF1000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの戦士族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。
②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「沈黙の剣士-サイレント・ソードマン」以外の「サイレント・ソードマン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

1ターンに1度、魔法カードの発動を無効にできるモンスター

戦闘・相手の効果で破壊された場合、後続の「サイレント・ソードマン」を呼び出します。

 

自身の効果により相手ターンには攻撃力が1500となるが、戦士族で魔法カードを無効にする効果は貴重です。

他のカードと合わせて牽制として大いに役立ちます。

 

相手によって破壊された場合、《サイレント・ソードマンLv.7》を特殊召喚することになります。自分から戦闘破壊されても効果が発動するため狙ってもよいでしょう。

 

《サイレント・ソードマンLv.7》は攻撃力2800でお互いの魔法カードの効果を全て無効にする効果を持ちます。

 

「サイレント・ソードマン」専用サポートの《沈黙の剣》でデッキから手札に加えることができる点もこのカードの使いやすさに拍車をかけています。

 

《不死武士》

星3/闇属性/戦士族/ATK1200/DEF 600
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードを墓地から特殊召喚できる。
この効果は自分の墓地に戦士族以外のモンスターが存在する場合には発動できない。
このカードは戦士族モンスターのアドバンス召喚以外のためにはリリースできない。

 

墓地が戦士族のみの場合、自己蘇生できるモンスター

 

そのままでは頼りないので、《一族の結束》などで攻撃力を引き上げるか、《彼岸の旅人ダンテ》などの戦士族ランク3や素材に使うことで戦線維持することができます。

 

戦士族の一体感がでるデッキを組む意義を持たせてくれる変わったカードです。

 

《天融星カイキ》

星5/光属性/戦士族/ATK1000/DEF2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。
自分の手札・フィールドから、戦士族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
②:元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つレベル5以上の戦士族モンスターが自分フィールドに存在している相手ターンに発動できる
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

特殊召喚に成功した場合、500LP払って手札・フィールドから戦士族専用の融合ができるモンスター

攻撃力が変動しているレベル5以上の戦士族が存在する場合、相手ターン中に墓地から特殊召喚することもできます。

 

このカードと融合モンスター《覇勝星イダテン》は戦士族デッキのアクセントにしやすいカード群なので、少し変わった戦士族デッキを組みたい時に重宝します。

 

《魔装戦士 ドラゴディウス》

星4/光属性/戦士族/ATK1500/DEF1500
【Pスケール:青2/赤2】
①:自分のモンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に手札を1枚捨てて発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は半分になる。
【モンスター効果】
①:自分のモンスターゾーンのこのカードが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから「魔装戦士 ドラゴディウス」以外の攻撃力2000以下の、戦士族または魔法使い族モンスター1体を手札に加える。

 

後述する《魔装戦士 ドラゴノックス》と合わせて使用することでレベル3~6までのモンスターをペンデュラム召喚できるモンスター

このカード自体もサーチ効果を有しているため、破壊されても何度もサーチをする機会を作ることができます。

 

P効果は手札コストがいるものの、攻撃の牽制や突破に役に立ちます。

 

モンスター効果は攻撃力2000以下の戦士族or魔法使い族を手札に加える効果で、《サルベージ・ウォリアー》や《伝説のフィッシャーマン》《異次元の一角戦士》など、なかなかサーチの手が届かないモンスターも使いやすくしてくれます。

 

発動には相手からの破壊を必要とするが、発動の機会は多いです。

効果を使えなかったとしても、このカードを破壊を介さず除去するのに余計なカードを使わせたと思えば役目は十分果たしているでしょう。

 

どちらの効果も見えないアドバンテージを取りやすいカードと言えます。

 

《魔装戦士 ドラゴノックス》

星4/闇属性/戦士族/ATK1500/DEF1500
【Pスケール:青7/赤7】
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを破壊し、そのバトルフェイズを終了する。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、自分の墓地の攻撃力2000以下の戦士族または魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

 

攻撃力2000以下の戦士or魔法使い族のモンスターを墓地から裏側守備表示で1体特殊召喚できるモンスター

裏側表示のため、発動ターン内にシンクロ・エクシーズ・リンク召喚には使用するには他の手段が必要ですが、融合召喚は問題なく行えます。

 

特にこのカードも召喚条件に含むことができる《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》や《捕食植物ドラゴスタペリア》など優秀な融合モンスターは多い。

さらに前者は融合なしで裏側表示のペンデュラムモンスターと融合召喚できます。

 

このカードも《魔装戦士ドラゴディウス》でサーチでき、デッキの安定性を高めてくれます。

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスター

《鋼鉄の魔導騎士-ギルティ・ギア・フリード》

星8/光属性/戦士族/ATK2700/DEF1600
属性が異なる戦士族モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカードを1枚を選んで破壊する。
②:フィールドのモンスターのみを素材として融合召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
③:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、自分の墓地から魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、このカードの守備力の半分アップする。

 

属性が異なる戦士族で融合できるモンスター

《天融星カイキ》を採用することで簡単に融合召喚できます。

 

効果の対象になった時、その効果を無効にしてフィールドのカード1枚を破壊する効果は受け身にするより自分から対象にして発動したほうが面白い。

後述する《焔聖騎士-ローラン》であれば、実質手札から見せるだけで毎ターン除去できるようになります。

 

2回攻撃や自身のパンプアップなどアタッカーとして申し分ないため、戦士族デッキのアクセントになってくれます。

 

《焔聖騎士導-ローラン》

星5/炎属性/戦士族/ATK2000/DEF 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから装備魔法カード1枚を墓地へ送る。
その後、デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。

 

シンクロ召喚成功したエンドフェイズ時、デッキから装備魔法1枚を墓地へ送り、戦士族1体をサーチできるモンスター(チューナー)

やや遅いものの万能戦士族サーチは貴重

 

今日の戦士族デッキは装備魔法が自然と採用されていることが多いため、発動条件を満たすことは難しくありません。

お互いのメインフェイズに墓地から装備カードとして自分のモンスターを強化できることもあり、下準備にはもってこいのカードといえます。

戦士族はやや攻撃力が低めのモンスターが多いため、たかが500といえど毎ターン使えばかなり変わってきます。

 

《ギガンテック・ファイター》

星8/闇属性/戦士族/ATK2800/DEF1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの攻撃力は、お互いの墓地の戦士族モンスターの数×100ポイントアップする。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分または相手の墓地の戦士族モンスター1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚できる。

 

攻撃力をお互いの墓地の戦士族の数×100アップするモンスター

戦闘破壊されると墓地の戦士族1体を蘇生させることができます。

 

自身も蘇生できるため、実質戦闘破壊耐性付きです。

レベル8シンクロは競合するモンスターが多いものの、攻撃力3000を超えるモンスターが存在しないため打点が欲しい場合では候補になるでしょう。

《スキルドレイン》にも強いことも高評価です。

 

《バスター・モード》によって「/バスター」化すればデッキから戦士族2体を墓地送りにできるため、《サイキック・リフレクター》セットを採用してみるのもいいですね。

 

《機甲忍者ブレード・ハート》

ランク4/風属性/戦士族/ATK2200/DEF1000
戦士族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 

戦士族レベル4×2体で出せる連続攻撃ができるランク4

攻撃力が少々低いので、確実に1ショットキルに持っていく場面などで使われます。

 

攻撃力が欲しい場合は、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に任せましょう。

 

《聖騎士の追想 イゾルデ》

光属性/戦士族/ATK1600/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
②:デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

戦士族の万能サーチとデッキからの特殊召喚をこなす便利なリンクモンスター

【聖騎士】以外でも②の効果を十分に活かすことができます。

 

【聖騎士】以外のデッキでは②の効果で特殊召喚する場合は、レベル2以下に抑えておいた方がいいです。装備魔法が多いと手札事故が起こりやすいためです。

戦士族主体のデッキを組むならば必ず入手しておきたいカードといえます。

 

このカードと相性のいい装備魔法

・《妖刀竹光》:「竹光」カードによりドロー加速

・《執念の剣》:デッキへ戻るため、再利用できる

・《月鏡の盾》:汎用性が高くデッキボトムへ戻れる

 

《剛炎の剣士》

炎属性/戦士族/ATK1300/LINK2
【リンクマーカー:左/左下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの戦士族モンスターの攻撃力は500アップする。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、リンクモンスター以外の自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

緩い素材でリンク召喚できるモンスター

フィールドの戦士族全ての攻撃力を500UPできます。

 

リンク召喚したこのカードが戦闘・相手の効果で破壊された場合、墓地の戦士族1体を蘇生させることもできるため、《見習い魔嬢》などと同じように打点UPに使えます。

 

種族がバラバラなモンスター同士でも繋げられるため《聖騎士の追想イゾルデ》の繋ぎとしても使いやすい。

 

《剛鬼ザ・パワーロード・オーガ》

地属性/戦士族/ATK2800/LINK4
【リンクマーカー:右/左下/下/右下】
戦士族モンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカード以外の自分フィールドのリンクモンスターのリンクマーカーの合計×200アップする。
②:リンク召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
③:自分フィールドの「剛鬼」リンクモンスター1体をリリースし、そのリンクマーカーの数までフィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

他のカード効果を受けないモンスター

ATK3000ラインには若干及びませんが、戦士族で完全耐性をもつモンスターは一握り。

③の効果で自身をリリースすることでフィールドのカードを4枚破壊することもできます。

 

③の効果は蘇生した後でも使える効果なので、戦士族に欠けている除去を補ってくれます。

スポンサーリンク

魔法・罠

・戦士族らしく装備魔法が充実している

《増援》

①:デッキからレベル4以下の戦士族モンスター1体を手札に加える。

 

説明不要の戦士族サポート

 

《フォトン・スラッシャー》や《終末の騎士》を始めとしたあらゆる下級戦士族をデッキから手札に加えることができます。

 

《戦士の生還》

①:自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
その戦士族モンスターを手札に加える。

 

墓地の戦士族であれば、レベルは関係なく手札に加えることができます。

条件なしに手札に加えられる点は扱いやすい証拠。

 

ただし、戦士族をデッキから墓地へ送るカードは多くありません。

《V・HEROヴァイオン》や《忍者マスターHANZO》などこの効果で手札に戻したい&このカードの発動条件を満たすカードと使うと強力です。

 

融合モンスターなどを対象にした場合はEXデッキに戻るため再利用のためにも使えます。

 

《蛮族の狂宴LV5》

①:自分の手札・墓地から戦士族・レベル5モンスターを2体まで選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターンそのモンスターは攻撃できない。

 

手札or墓地から戦士族レベル5のモンスターを2体まで特殊召喚できるカード。

効果は無効になるが、エクシーズ召喚やリンク召喚に多いに役立てる。

 

レベル5のモンスターをデッキに多く入れると手札事故の危険が高まるため、自力で特殊召喚できるカードかサポートの多いカードを使うのが賢明です。

 

扱いやすい戦士族レベル5のモンスター

・通常モンスター《ジャックス・ナイト》

・光属性《オーバーレイ・ブースター》

・地属性《豪鬼ライジングスコーピオ》

・水属性《伝説のフィッシャーマン》

・炎属性《超量子レッドレイヤー》

・風属性《魔装戦士 ヴァンドラ》

・闇属性《魔聖騎士ランスロッド》

 

他にも《簡易融合》から《炎の剣士》や《召喚獣ライディーン》などを特殊召喚して、数合わせするのも良いでしょう。

 

《最強の盾》

戦士族モンスターにのみ装備可能。
①:装備モンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:装備モンスターの攻撃力は、その元々の守備力分アップする。
●守備表示:装備モンスターの守備力は、その元々の攻撃力分アップする。

 

装備した戦士族のステータスを攻守を合計した数値にするカード

 

優秀な装備魔法が増えてきましたが、《ゴッドフェニックス・ギアフリード》《ギルフォード・ザ・レジェンド》など装備魔法を使う戦士族は多いので隠し味にどうぞ!

 

《天地開闢》

「天地開闢」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「カオス・ソルジャー」モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスター1体以上を含む戦士族モンスター3体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。
それが「カオス・ソルジャー」モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスターだった場合、そのモンスターを自分の手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。違った場合、相手に見せたカードを全て墓地へ送る。

 

デッキ内に「カオスソルジャー」モンスターか「暗黒騎士ガイア」モンスターを入れる必要がありますが、結果的に約3枚分の墓地肥やしをする効果は貴重です。

特に戦士族を墓地へ送るカードはほとんどないため、使う意義はあります。

 

《カオスソルジャーー開闢の使者―》や《暗黒騎士ガイアロード》など使いやすいモンスターを入れておけば良いでしょう。

この効果は種類を制限していないため同名モンスターも選ぶことができます。

 

《トゥルース・リインフォース》

デッキからレベル2以下の戦士族モンスター1体を特殊召喚する。このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

 

バトルフェイズを行えない以外の制約はないためモンスター効果を使うことができるカード。

基本は相手ターン中に発動すると効果的。

 

バラエティ豊かな効果を持ったモンスターが多くいるため、意外な活躍を見せつけることができます。

 

スポンサーリンク

炎属性・戦士族サポート

《ゴッドフェニックス・ギアフリード》

星9/炎属性/戦士族/ATK3000/DEF2200
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
③:モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

自分フィールド・墓地から装備魔法1枚を除外して特殊召喚できるモンスター

戦士族はリンク2《聖騎士の追想 イゾルデ》で自然に装備魔法を採用するためとても使いやすい。

 

攻撃するダメージステップ時、このカード以外のモンスター1体をATK500UPの装備魔法として自身に装備できます。対象を取らないため除去として非常に優秀。

攻撃力が3500と突破しにくいラインになり、装備カード1枚を墓地へ送ることでモンスター効果を無効にして破壊できる効果で制圧もこなせます。

 

総じて様々なデッキのアタッカーを務めることができる優秀なカードです。

装備魔法をデッキに何枚入れるかにもよりますが、主軸にするなら3積みしてOKです。

 

《焔聖騎士-ローラン》

星1/炎属性/戦士族/ATK 500/DEF 500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「焔聖騎士-ローラン」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を手札に加える。

 

自分フィールドのモンスター1体にATK500UPの装備カードとして手札から装備できる(フリーチェーン)モンスター

ダメージステップ中に使えるため、相手の思惑を崩すこともできます。

 

また、墓地へ送られたターンのエンドフェイズにデッキから同名以外の炎属性戦士族or装備魔法を1枚サーチできるため、やや遅いながらもアドバンテージを堅実に稼いでくれます。

《聖騎士の追想イゾルデ》のリクルート先としてもかなり優秀で、墓地に送る装備魔法を《妖刀竹光》にすれば手札が合計3枚も増えます。

 

これで「イグナイト」をサーチすれば次のターンからペンデュラム召喚が可能。

《E-HEROブレイズマン》をサーチすれば融合召喚をサポートすることもできます。

 

パッと見では地味に見えるカードではありますが、幅広いファンデッキで使われるカードになりそうです。

ちなみに「聖騎士」カテゴリに含まれるため、《聖杯の継承》などでサーチも可能です。

 

《焔聖騎士-リナルド》

星1/炎属性/戦士族/ATK 500/DEF 200
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに戦士族・炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「焔聖騎士-リナルド」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

特殊召喚に成功した場合、墓地・除外ゾーンから同名以外の炎属性戦士族1体or装備魔法1枚を手札に加えることができるモンスター

手札からチューナー扱いで特殊召喚も狙えます。

 

《聖騎士の追想 イゾルデ》とは極めて相性がよく、墓地へ送った装備魔法を即座に回収できるため一気にアドバンテージが増えます。

戦士族は一気にアドバンテージを増やすコンボが乏しいため、貴重なカードです。

 

《焔聖騎士-オリヴィエ》

星4/炎属性/戦士族/ATK1000/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札からレベル1モンスターとして特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
③:このカードの装備モンスターは相手の効果の対象にならない。

 

手札・自分フィールドの炎属性戦士族or装備魔法1枚を墓地へ送り、手札からレベル1として特殊召喚できるモンスター(チューナー

墓地から繰り返し、戦士族へ耐性を付与することもできます。

 

同じく戦闘・効果耐性を付与できる《オジエ》《モージ》もいますが、こちらは比較的出張させやすい。

《ネオス・フュージョン》や《水晶機巧-ハリファイバー》などアクセントを加えたデッキに採用してあげると輝きます。

 

《『焔聖剣-デュランダル』》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
②:装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

 

レベル5以下の炎属性戦士族1体のサーチor蘇生ができるカード

《増援》とは異なり、装備魔法ゆえのメリットも多い。

 

同一ターン中にはどちらか一方しか使うことができませんが、どちらも非常に使いやすく展開に貢献します。

自分のモンスターが存在しない場合でも、相手モンスターに装備することもできるので覚えておくと得。

 

《聖騎士の追想イゾルデ》と《焔聖騎士-リナルド》との相性は抜群によく、《キリビ・レディ》などをサーチすることでリンク4にもつなげることができます。

 

《『焔聖剣-ジョワユーズ』》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが装備されている場合、自分の墓地の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
②:装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から戦士族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。

 

炎属性戦士族1体のサルベージor手札からの特殊召喚ができるカード

こちらは《デュランダル》とは異なりレベル制限がないのが強み。

…とはいえレベル6以上の炎属性戦士族は限りなく少ないので汎用性はやや劣ります。

 

デッキの装備魔法の数を増やしたい時に採用するといいでしょう。

《武装鍛錬》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分ドローフェイズに通常のドローを行う代わりに発動できる。
自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。
②:自分フィールドに装備魔法カードが存在する場合、自分の墓地から戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体をデッキの一番下に戻して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

通常ドローの代わりに装備魔法をサーチ・サルベージできるカード

デッキに多く採用したくない装備魔法を使いまわせるのはよいのですが、発動ターンにすぐ使えないのがネック。

 

また、自分フィールドの装備魔法が存在する場合、墓地から炎属性戦士族orデュアルモンスター1体をデッキボトムへ送り1ドローできます。

基本はこちらの効果でドロー加速していくといいでしょう。

 

このカードを使うならば《リビング・フォッシル》などできるだけアドバンテージに繋がりやすい装備魔法を多めに採用しておきたいところ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました