【最大20%OFF!!】BOX予約・サプライ買うなら?
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

スポンサーリンク

【戦士族デッキ】初動・出張セットetc.

オリジナルデッキやコンボに使えるカードをいろいろ紹介!

戦士族は1枚初動がいっぱい?

/所要時間5分

【戦士族デッキ】の初動カードいろいろ

 

新しくオリジナルデッキを組みたいのだけど…

・戦士族デッキと相性の良いカードを知りたい!

・戦士族の汎用的な効果をもつモンスターを知りたい!

・戦士族のEXデッキのおすすめのカード教えて!

 

そんな方のために戦士族デッキで使いやすいカードを集めました。

構築の選択肢やギミックの候補にぜひどうぞ!

 

サポート記事をまだ読んでいない、確認したい人はこちらからどうぞ↓

【戦士族】種族サポート集
【戦士族】のサポートカードってどんなのがあるの?と思ったら /所要時間5分 【戦士族】種族サポート集 最初期から遊戯王を支え続ける由緒正しき種族 デザインを考えるのが容易だからかカード数も突出して多い(約800種類)...

 

スポンサーリンク
●カード画像をクリックすることで「駿河屋」で価格を確認できます。

初動になるカード群

《昇華騎士-エクスパラディン》セット

星3/炎属性/戦士族/ATK1300/DEF 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:デュアルモンスターを装備したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
その装備していたデュアルモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

 

召喚・特殊召喚成功時に手札・デッキから戦士族・炎属性orデュアルモンスターを装備できるモンスター

装備状態から特殊召喚できる《チューン・ナイト》を装備することで2体のモンスターが並びます。

 

《灰流うらら》による妨害をすり抜けられることができ、《聖騎士の追想 イゾルデ》と《水晶機巧-ハリファイバー》を使い分けられるのもこのセットならでは。

 

「イグナイト」や《焔聖騎士-ローラン》《焔聖剣-『デュランダル』》などからのサーチでき、他のセットに比べて安定度も高い。

《チューン・ナイト》を素引きしてしまっても、手札からも装備できるため比較的リスクも低い。

 

戦士族の出張セットをとりあえず試すのであれば、これが1番おすすめです。

 

《V・HERO ヴァイオン》セット

星4/闇属性/戦士族/ATK1000/DEF1200
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
②:1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

 

召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキから「HERO」1体を墓地へ送るモンスター

このセットでは1枚からランク6のエクシーズ召喚も可能です。

 

  1. 《E・HERO シャドー・ミスト》を墓地へ送り、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ。
  2. 《V・HERO ヴァイオン》の②の効果で《シャドー・ミスト》を除外し、《融合》をサーチ。《ヴァイオン》と《ディアボリックガイ》が《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚
  3. 墓地の《ディアボリックガイ》を除外し、デッキからもう一体の《ディアボリックガイ》を特殊召喚
  4. 《デッドリーガイ》と《ディアボリックガイ》がランク6モンスターをエクシーズ召喚

 

メインデッキはやや圧迫しますが、1枚でランク6を作れるのは意外と難しく、このセットに頼ることになるかもしれません。

《永遠の淑女ベアトリーチェ》の墓地肥やしを下準備とするようなコンボデッキで使うのがおすすめです。

 

《D-HERO ディストピアガイ》での制圧、《E・HERO サンライザー》からの融合ラッシュなど「HERO」にはまだまだ色々な戦術があります。

試してみるとほかにもいろいろ知りたくなる面白いセットです。

 

《ネオスペース・コネクター》セット

星4/光属性/戦士族/ATK 800/DEF1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「N(ネオスペーシアン)」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードをリリースし、自分の墓地の、「N(ネオスペーシアン)」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

召喚成功時、手札・デッキから「N」または《E・HERO ネオス》を守備表示で特殊召喚できるモンスター

7種類のリクルート先が存在しており、それぞれ属性・種族がばらけているために様々なコンボの種になりやすいです。

 

リクルート先のモンスターの素引きが弱いのが欠点ですが、通常召喚権とデッキ枠を割く価値はあるセットです。

 

候補となるカード群とメリット
●《N・アクア・ドルフィン》
・ハンデス効果で手札誘発チェック
・《聖騎士の追想イゾルデ》のリンク素材
●《N・グロー・モス》
・《ライトロード・ドミニオン キュリオス》のリンク素材
・《ユニオン・キャリアー》のリンク素材
●《N・グラン・モール》
・2枚目のアクセントとして採用しやすい
●《E・HERO ネオス》
・2体並べることでランク7エクシーズ
・《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》のリンク素材

《幻影騎士団ティアースケイル》セット

星3/闇属性/戦士族/ATK 600/DEF1600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「幻影騎士団ティアースケイル」以外の「幻影騎士団」モンスター1体
または「ファントム」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードが墓地に存在し、自分の墓地からこのカード以外の「幻影騎士団」モンスターまたは「ファントム」魔法・罠カードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

手札1枚を捨てて、デッキから同名以外の「幻影騎士団」または「ファントム」魔法・罠1枚を墓地へ送るモンスター

墓地に存在し、「幻影騎士団」モンスターまたは「ファントム」魔法・罠が除外された場合に蘇生することもできます。

 

書いてあることがなんかおかしい。アドバンテージとりすぎ問題。

《幻影騎士団ダスティローブ》を墓地へ送り、墓地から除外して《幻影騎士団サイレントブーツ》をサーチして、そのまま特殊召喚すれば2体の戦士族が揃います。

こちらは《彼岸の黒天使ケルビーニ》やランク3を使い分けられるのが利点。

 

ついでのように妨害札となる《幻影霧剣》をサーチして、さらにもう一体モンスターを増やせるので実質リンク3まで簡単につながります。

メインデッキの枠は少しとりますが、単体で優秀なカードが多いので有力な候補となってくれます。

 

《ヒーローアライブ》セット

①:自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合、LPを半分払って発動できる。
デッキからレベル4以下の「E・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

 

ライフを半分払い、デッキからレベル4以下の「E・HERO」1体を特殊召喚できるカード

デッキ内を【HERO】に寄せなくても使用可能です。

 

《E・HERO ブレイズマン》や《E・HERO プリズマー》を特殊召喚すれば融合サポート

《E・HERO エアーマン》を特殊召喚すれば、ランク4やリンク2のサポートへ

《E・HERO シャドー・ミスト》を特殊召喚すれば、墓地メタの《M・HERO ダーク・ロウ》へ

 

ライフコストのある《予想GUY》のような使い方をすればOK。

 

《ゴヨウ・ディフェンダー》セット

星3/地属性/戦士族/ATK1000/DEF1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦士族・地属性のSモンスターのみの場合に発動できる。
エクストラデッキから「ゴヨウ・ディフェンダー」1体を特殊召喚する。
②:このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで、このカード以外の自分フィールドの戦士族・地属性のSモンスターの数×1000アップする。

 

地属性戦士族シンクロモンスターしか自分フィールドに存在しない場合、同名モンスターをEXデッキから特殊召喚できるモンスター

《レフティ・ドライバー》&《ライティ・ドライバー》のセットなどで簡単にシンクロ召喚できます。

EXデッキの圧迫が欠点ですが、メインデッキの圧迫なしに戦士族を3体展開できます。

 

《彼岸の黒天使 ケルビーニ》から新たなルートへ入ったり、ランク3《メリアスの木霊》から植物族を絡ませるなど戦士族に限らない柔軟な遊び方が模索できます。

 

《シュトロームベルクの金の城》セット

このカードのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎にデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外する。
除外できない場合このカードを破壊する。
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
「シュトロームベルクの金の城」のカード名が記されたモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。
その攻撃モンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

 

通常召喚権を放棄することで、《シュトロームベルクの金の城》関連のモンスター1体をデッキから特殊召喚できるカード

この効果によって《鉄のハンス》を呼び出し、さらに《鉄の騎士》が特殊召喚できるので戦士族が2体並びます。

 

戦士族の出張セットとしてはかなりデッキ枠をとるものの、《怪鳥グライフ》でサーチ可能なこともあって比較的扱いやすい。

ランク4をエクシーズ召喚できることも他にはない差別点といえるでしょう。

 

ただ、全体的にデッキ構築自体に影響するのでデッキビルド上級者向けのカード群だと思っていてOKです。

 

スポンサーリンク

《イゾルデ》の装備魔法候補

コストとして送られるだけの存在ですが、素引きしてしまった場合の応用方法を考えているか否かで大きな差が生まれます。

基本的には汎用性の高い装備魔法を採用しつつ、枚数を調整していきましょう。

 

《リビング・フォッシル》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
②:装備モンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンし、効果は無効化される。

 

墓地のレベル4以下のモンスター1体を効果無効で蘇生できるカード

フィールドに左右されず、デメリットもあまりない状態でモンスター数を増やせるので、リンク召喚等にもってこい。

素引きしても、《焔聖騎士-リナルド》でサルベージしても使いやすいので、よくデッキに搭載されています。

 

《ヒーロー・キッズ》などレベル2以上のモンスターをリクルートしたいのならば、とりあえず入れておいてOKです。

 

《執念の剣》

装備モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
このカードが墓地へ送られた時、このカードをデッキの一番上に戻す。

 

墓地へ送られた時、デッキトップへ戻る(強制効果)カード

手札・フィールド・デッキとどこから墓地へ送られた時でも発動するのでそのままではドローロックがかかってしまい、まともに戦えません。

 

しかし、《イゾルデ》のコストとしてみるのであれば話は別で、

・素引きした場合でも簡単にデッキへ戻せる

・再度《イゾルデ》を展開した場合のコストを捻出できる

ため、採用されることがあります。

 

《剣の煌き》

「X-セイバー」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する事ができる。
また、自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースする事で、自分の墓地に存在するこのカードをデッキの一番上に戻す。

 

こちらも用途としては《執念の剣》と同じ。

ただし自分フィールドのモンスター1体をリリースする必要があるので、やや使い方は異なります。

 

たとえば、EXモンスターゾーンのモンスターをリリースして新たに展開したり、《天球の聖刻印》をリリースしたり、《真実の名》などデッキトップ系と併用することで真価を発揮します。

 

このカード自体には何の関連性もないけれど、他のカードをサポートできる稀有な存在です。

 

スポンサーリンク

出張セット

《レインボー・ネオス》セット

星10/光属性/戦士族/ATK4500/DEF3000
「E・HERO ネオス」+「究極宝玉神」モンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
●自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て持ち主のデッキに戻す。
●デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
相手の墓地のカードを全てデッキに戻す。

 

デッキ融合可能な《ネオス・フュージョン》で呼び出せる最大パワーのモンスター

少ないコストで対象をとらずにフィールド・墓地を一掃する効果をもっており、リンク2《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》から簡単に出せる大型アタッカーとしての採用ができます。

 

非常に少ないデッキパーツで済む分、デッキ内に不要なカードが増えるために手札事故のリスクが高まるのが問題点。

かつての最強モンスター《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》ほどではありませんが、フィニッシャーが少ないデッキなどでは戦士族に限らず活躍できます。

 

《D-HERO デストロイフェニックスガイ》セット

星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

デッキ融合可能な《デステニー・フュージョン》から呼び出せるモンスター

お互いのターンに1度、フリーチェーンでフィールドのカード2枚(うち1枚は自分)を破壊できます。

また、戦闘・効果破壊された場合、次のスタンバイフェイズに「D-HERO」を蘇生できます。

 

実質毎ターン使える《ダイナレスラー・パンクラトプス》のようなモンスターで、自身を破壊することで相手の妨害や除去からも逃れつつ、しぶとくアドバンテージを削いでくれます。

 

《レインボー・ネオス》を比べた場合、こちらの方が融合素材がバリエーションに富んでいたり、フリーチェーンで使えたりと総合的な使いやすさはこちらの方が上といえます。

融合素材は《D-HERO ダッシュガイ》+《D-HERO ディバインガイ》の組み合わせをよく見かけます。

 

「コードブレイカー」セット

闇属性/戦士族/ATK2800/LINK3
【リンクマーカー:上/右/下】
「コードブレイカー」モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「コードブレイカー」モンスターを2体まで選び、リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドのリンク状態の「コードブレイカー」モンスターの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

 

リンク召喚の大量展開コンボの布石となるカード

特殊召喚に成功した時、相互リンク状態だと「コード・ブレイカー」モンスターを2体までリンク先へ特殊召喚できます。

メインデッキには《コードブレイカー・ゼロデイ》1枚で済むためデッキの圧迫もなく、自然な形で大量展開が狙えます。

 

このカードをリンク召喚するために中継として使うリンク2《コードブレイカー・ウイルスソードマン》の素材縛りがないので、戦士族デッキ以外でも使えます。

しかし、下向きのリンクマーカーが2つ必要(真下が必須)なので元々展開力のあるデッキでなければ使えません。

展開デッキに慣れてきたらぜひ使ってみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

戦士族デッキで使えるカードいろいろまとめでした。

一口に戦士族デッキといっても多種多様な構築があるので、自分なりの構築にあったカードを見つけてみてください!

 

まだまだ編集途中なので、こういうのもあればいいなと思ったらコメントください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました