スポンサーリンク

【幻竜族】種族サポート集

【幻竜族】のサポートカードってどんなのがあるの?と思ったら

/所要時間5分

【幻竜族】種族サポート集

幻竜族は9期に初登場した比較的新しい種族です。

そのためテーマごとのサポートは充実していますが、幻竜族全体をサポートするカードはまだまだ少ないのが現状です。

モンスター

「真竜皇」

「(同名カード)」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、○属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、○属性モンスター2体を破壊した場合、(固有効果)。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
(自分の墓地・デッキ)から○属性以外の幻竜族モンスター1体を(手札に加える・特殊召喚する)。

※○には自身と同じ属性が入る

②の効果に注目します。

デッキから幻竜族のサーチor特殊召喚・墓地から幻竜族の回収or特殊召喚を行うことができる。

発動した「竜皇」と属性が同じだと効果を受けることができませんが、新たな幻竜族テーマが出るたび見直されるカード達でしょう。

①の効果をメインに属性サポートも行うことができます。

【真竜恐竜】・【真竜】で活躍

《ナイト・ドラゴリッチ》

星4/闇属性/幻竜族/ATK1700/DEF   0
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、幻竜族以外のデッキ・エクストラデッキから特殊召喚されている攻撃表示モンスターは守備表示になる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、幻竜族以外のデッキ・エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの守備力は、その元々の守備力分ダウンする。

幻竜族以外の特殊召喚されたモンスターを守備表示にして守備力0にするモンスター

永続効果で効果を及ぼし続けるため、露払いを遂行できます。

【幻竜族】では影響を受けずに戦えるため、攻撃サポートとして採用することができます。

《タツノオトシオヤ》

星7/水属性/幻竜族/ATK2100/DEF1400
このカードは幻竜族モンスターの効果でしか特殊召喚できない。
「タツノオトシオヤ」の効果は1ターンに3度まで使用できる。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルを1つ下げ、自分フィールドに「タツノコトークン」(幻竜族・水・星1・攻300/守200)1体を特殊召喚する。

自身のレベルを下げて3体までトークンを特殊召喚できるチューナー

シンクロ素材やリンク素材に非常に適した効果を備えていながら、幻竜族以外の特殊召喚ができないため少し運用が難しい。

後述する《邪竜星-ガイザー》でデッキから特殊召喚する使い方が一番便利です。

EXデッキのモンスター

《源竜星-ボウテンコウ》

星5/光属性/幻竜族/ATK   0/DEF2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
②:1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

幻竜族の墓地送りと「竜星」のサーチ&特殊召喚ができるシンクロチューナー

今後、墓地で効果を発揮する幻竜族が現れると規制は免れなさそうです。

《邪竜星―ガイザー》

星7/闇属性/幻竜族/ATK2600/DEF2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「邪竜星-ガイザー」の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは相手の効果の対象にならない。
②:自分フィールドの「竜星」モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
③:自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

②の効果で自身を破壊した後、③の効果で幻竜族をリクルートできます。

リクルートするレベルの制限もないので、上記の「竜皇」も呼び出せる。ただし守備表示になることに注意。

《輝竜星-ショウフク》

星8/光属性/幻竜族/ATK2300/DEF2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
②:1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。

シンクロ召喚時にデッキバウンス自分のカード1枚を破壊し、レベル4以下1体を蘇生する効果をもつモンスター

最低でも1枚のデッキバウンスが行える上、盤面を整えることができます。

破壊された場合に効果を発揮するカードとも相性がよく、【幻竜族】を使う場合はぜひ採用したいカードです。

魔法・罠

《幻界突破》

《幻界突破》永続魔法

①:1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターの元々のレベルと同じレベルの幻竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターが戦闘で破壊したモンスターは墓地へ送らず持ち主のデッキに戻る。

デッキに呼び出したいレベルのドラゴン族を入れておく必要はありますが、目当ての幻竜族へのアクセス手段を増やすことができます。

《輝白竜 ワイバースター》と《暗黒竜 コラプサーペント》は相性がよく、リクルートしながらサーチができる。

《メタファイズ・ラグナロク》を出せば、レベル8のシンクロも可能。

《幽麗なる幻滝

①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、幻竜族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。自分は墓地へ送ったモンスターの数+1枚をデッキからドローする。

幻竜族全てのサーチを行える罠。さらに手札・フィールドを合わせた入れ替え効果も持つ。

発動制限もなく腐ることが少ない。ただし、罠なので速さを求めるデッキには不向き。

【PR】おすすめの通販サイト

スマートフォン対応で使いやすく、他では中々見つからないレアリティも豊富に揃えているサイトさんです。

まとめて買いたい時におすすめです!

スポンサーリンク