【獣戦士族】種族サポート集

【炎星】【十二獣】【月光】など優秀なテーマが存在する種族

活躍の範囲は多岐にわたる

/所要時間5分

【獣戦士族】種族サポート

全体的に攻撃力重視で、環境にも時々顔を出す種族。

種族統一して組む利点はあまりなく、獣族や鳥獣族との共通したサポートも多い。

《十二獣ブルホーン》が規制されて大きな損失となった面もありますが、以前地力はかなりのものと言えます。

獣族と鳥獣族で共通するサポートは別記事にもあるので、そちらもどうぞ!

スポンサーリンク

モンスター

《犬タウルス》

星3/炎属性/獣戦士族/ATK1500/DEF 200
①:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
手札・デッキから獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送り、このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで、墓地へ送ったそのモンスターのレベル×100アップする。

3種族のモンスターをサポートするカードの1枚

戦闘を介した墓地肥やしとしての役割を担う

《ライトロード・アーチャー フェリス》を墓地へ送って効果を発動させたり、《暗黒のマンティコア》を用意したりできる

ステータスも申し分なく、《炎星師-チョウテン》や《真炎の爆発》に対応していたりとなにかと活躍させやすい。

《妖海のアウトロール》

星3/水属性/獣戦士族/ATK1000/DEF1300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分は獣戦士族モンスターしか特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの属性・レベルはターン終了時まで、そのモンスターと同じになる。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードと同じ属性・レベルを持つ獣戦士族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

墓地の獣戦士族1体と属性・レベルを同じにする効果と、自身の属性・レベルと同じ獣戦士族1体を手札から特殊召喚できるチューナー

特殊召喚制限が痛く、獣戦士族はあまりEXデッキが充実していません。

限定的な使い方になりますが、【獣戦士族】の展開サポートにすることができます。

《炎王獣 ガネーシャ》

星4/炎属性/獣戦士族/ATK1800/DEF 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドに存在し、モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、このカード以外の自分の手札・フィールドの炎属性モンスター1体を選んで破壊する。
②:このカードが破壊され墓地へ送られた場合、「炎王獣 ガネーシャ」以外の自分の墓地の炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

破壊された場合、墓地の炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族のうち1体を効果を無効にして特殊召喚するカード

能動的に破壊することで、簡易的な蘇生手段とすることができます。

①の効果も非常に優秀で相手のモンスター効果を牽制することもできます。

《熱血獣士ウルフバーク》

星4/炎属性/獣戦士族/ATK1600/DEF1200
「熱血獣士ウルフバーク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の獣戦士族・炎属性・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

墓地からレベル4炎属性獣戦士族1体を蘇生できるモンスター

維持できれば毎ターン発動できる。

効果は無効になるものの、ランク4やリンク召喚が狙いやすく使いやすい。

対象が「炎星」と「炎王」にほぼ限られているのでそれらのデッキを組む場合には重宝するでしょう。

《十二獣ヴァイパー》

星4/地属性/獣戦士族/ATK1200/DEF 400
①:自分フィールドの獣戦士族Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行った
ダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターを除外する。

獣戦士族エクシーズモンスターに戦闘後モンスターを除外する効果を与えるモンスター

X素材の補充から厄介なモンスターの処理まで行うことができ、単体でも「十二獣」エクシーズモンスターになれるため腐りにくいのも特徴です。

《獣神機王バルバロスUr》

星8/地属性/獣戦士族/ATK3800/DEF1200
①:このカードは、自分の手札・フィールド・墓地から獣戦士族モンスターと機械族モンスターを1体ずつ除外して手札から特殊召喚できる。
②:このカードの戦闘で相手が受ける戦闘ダメージは0になる。

獣戦士族と機械族を1体ずつ除外して特殊召喚できるモンスター

攻撃力が非常に高く、デメリットも戦闘ダメージを与えられない程度なので使い勝手も悪くない。

相手モンスターの戦闘破壊がしやすく、素材にも使いやすいためランク8の素材にも適しています。

突破しにくい《ヴァレルロード・ドラゴン》なども上から殴れるので再評価されてもよさそうです。

EXデッキのモンスター

《魁炎星王-ソウコ》

ランク4/炎属性/獣戦士族/ATK2200/DEF1800
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードをエクシーズ召喚した時、デッキから「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚をセットできる。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、獣戦士族以外のフィールド上の全ての効果モンスターの効果を相手ターン終了時まで無効にする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、自分フィールド上の表側表示の「炎舞」と名のついた魔法・罠カード3枚を墓地へ送る事で、同じ攻撃力を持つレベル4以下の獣戦士族モンスター2体をデッキから守備表示で特殊召喚する。

レベル4獣戦士×2体のエクシーズモンスター

獣戦士に関連する「炎舞」をデッキからセットできる上、獣戦士族以外のフィールドのモンスター効果を相手ターン終了時まで全て無効にすることができます。

フィールドのモンスター効果無効は汎用ランク4にはできない芸当なので一考の余地ありです。

《武神帝-カグツチ》

ランク4/光属性/獣戦士族/ATK2500/DEF2000
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送った
「武神」と名のついたカードの数×100ポイントアップする。
また、自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊される場合、その破壊されるモンスター1体の代わりにこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。
「武神帝-カグツチ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

5枚分の墓地肥やしと実質2回分の耐性をもつエクシーズモンスター

フィールドで壁にしつつ、墓地肥やしして準備を進めるのが堅実な使い方でしょうか。

《十二獣ヴァイパー》と相性がよいことも覚えておきたい。

《十二獣ブルホーン》(禁止)

ランク4/地属性/獣戦士族/ATK   ?/DEF   ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

獣戦士族の万能サーチャー

実質「十二獣」1体でエクシーズ召喚できることで、乱用された1枚です。

現在は禁止カードですが、戻ってくる可能性も捨てきれないので参考程度に。

《M.X.-セイバーインヴォーカー》

ランク3/地属性/戦士族/ATK1600/DEF 500
レベル3モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

X素材1つを取り除くことで、デッキからレベル4地属性戦士族or獣戦士族を1体特殊召喚できるモンスター

対応するモンスターは「十二獣」や「コアキメイル」などが有力

獣戦士族はレベル3の展開力が足りないので他種族で素材を揃えると使いやすいです。

《小法師ヒダルマー》

炎属性/獣戦士族/ATK1500/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体
①:このカードの攻撃力はフィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数×100アップする。
②:1ターンに1度、自分及び相手フィールドの魔法・罠カードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地モンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

獣族・獣戦士族・鳥獣族の3種族を束ねる汎用リンク2

②の効果で魔法・罠除去ができ、使用後の「炎舞」を破壊すれば無駄がない。

基本はリンク先の確保と露払いをしつつ、狙えれば③の効果で回収も狙いたい。

この3種族のいずれかを主体のデッキにする場合は1枚採用しておきたいカードです。

魔法・罠

《炎王の急襲》

相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。
「炎王の急襲」は1ターンに1枚しか発動できない。

デッキから炎属性獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれか1体を効果を無効にして特殊召喚できるカード

対応する種族の中でも最も獣戦士族が多く、このカードをサーチできる《炎王獣バロン》も同じく獣戦士族です。

獣族・鳥獣族でも使いやすいカードなので、展開手段として採用できます。

《炎舞-「天璣」》(テンキ)

「炎舞-「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。

獣戦士族版の《増援》

微弱なステータスアップも持っています。

永続魔法なので若干使い勝手は違いますが、【獣戦士】デッキには欠かせない一枚。

《炎舞-「天枢」》(テンスウ)

このカードがフィールド上に存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えて獣戦士族モンスター1体を召喚できる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。

こちらは獣戦士族の通常召喚権を増やす永続魔法

手札にたまる獣戦士族は少ないものの、通常召喚権を増やせるカードは貴重です。

《炎舞-「揺光」》(ヨウコウ)

このカードの発動時に相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択する事ができる。
その場合、自分の手札から獣戦士族モンスター1体を捨て、選択したカードを破壊する。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。

獣戦士族1体を捨てることでカード1枚を破壊できるカード

発動時にはカードを対象に取るだけなので、チェーンして無効にされても獣戦士族を手札から捨てる必要がありません。

【獣戦士族】ではチェーンされにくい除去カードとして採用することができます。

《炎舞-「天権」》(テンケン)

このカードはメインフェイズ1でのみ発動できる。
このカードの発動時に、自分フィールド上の獣戦士族モンスター1体を選択する。
このカードを発動したメインフェイズ1の間だけ、選択したモンスターの効果は無効になり、このカード以外のカードの効果を受けない。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

発動したメインフェイズ1の間のみ、獣戦士族1体の効果を無効にしてカード効果を受けなくさせるカード

タイミングが限定的なものの、相手のカード効果から一時的に守ることができます。

ディスアドバンテージもなく、微弱なステータスアップも相まって地味に侮れないカードです。

まとめ

テーマ以外の獣戦士族はあまり目にする機会はないかもしれませんが、着実に強化されている種族の1つです。

《十二獣ブルホーン》も制限なら戻っていいのでは?と個人的に思っています。

見飽きてうんざりした人もいるかもしれませんが、獣戦士族の活性化にぜひとも貢献してほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク