【植物族】種族サポート集

《ローンファイア・ブロッサム》を始めとする植物族

出張性能が高いモンスターも多い

/所要時間5分

【植物族】種族サポート

 

《ダンディライオン》や《バオバブーン》、「捕食植物」セットなど単体でアドバンテージを生むカードが多い植物族

 

サポートも豊富で優秀なカードが多く、種族としてのシナジーも根付いています。

 

これからも出張セットとして使われていきそうな種族です。

デッキ構築に使いやすいカードをまとめました。

スポンサーリンク

モンスター

《ローンファイア・ブロッサム》

星3/炎属性/植物族/ATK 500/DEF1400
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する

 

植物族を1体リリースして、デッキから植物族1体を特殊召喚できるモンスター

植物族必須のサポートモンスター

 

このカード1枚から融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の起点を作ることが可能です。

「捕食植物」や《ギガプラント》など様々な植物族を呼び出すことができます。

 

使い勝手が抜群なので、植物族デッキに限らず、植物族セットを出張させたデッキのお供にもよく採用されています。

 

《にん人》

星4/闇属性/植物族/ATK1900/DEF   0
「にん人」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「にん人」以外の植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

手札・自分フィールドの同名以外の植物族を1体墓地へ送ることで自己蘇生するモンスター

 

墓地に落ちてさえいれば、手札の植物族を墓地へ送れることが重要です。

手札に来てしまった《スポーア》や《薔薇恋人》などの効果をすぐに活かすことができます。

 

ステータス・レベルも使いやすいので各種素材に使いやすい。

自己蘇生した後も除外されず、何度も使いまわせるため、使いこなせると頼もしいカードです。

 

《アロマージ-ジャスミン》

星2/光属性/植物族/ATK 100/DEF1900
①:自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「アロマージ-ジャスミン」以外の植物族モンスター1体を召喚できる。
②:1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

相手よりLPが多い場合、植物族の召喚権を追加するモンスター

LPを回復すると1ドローもできます

 

LPを上回るためにはこちらが優勢になっておく必要があります。

劣勢時にも使えるようにするには《レッド・リゾネーター》や【アロマ】の混合が必要になります。

 

《潤いの風》でサーチでき、植物族の豊富な特殊召喚サポートでフィールドに出すのも難しくありません。

 

ただし、召喚権を増やしたいだけなら《二重召喚》で足りるので、ステータスやサポートをうまく使えるデッキで採用したい。

 

《サボウ・クローザー》

星4/地属性/植物族/ATK1800/DEF 300
このカードは特殊召喚できない。
このカード以外の植物族モンスターがフィールド上に表側表示で存在する限り、 お互いにモンスターを特殊召喚する事はできない。

 

他に植物族が存在すると、お互いの特殊召喚を封じるモンスター

 

植物族はサーチが苦手なので、手札に加えるには《黒き森のウィッチ》や《アロマセラフィ-ジャスミン》を使う必要があります。

自分の特殊召喚も封じるので、展開を終えた後に制圧する目的で使うといいでしょう。

 

このカードを中心にした構築は難しいので、1枚採用しておくくらいの運用でOKです。

 

《薔薇恋人》

星1/地属性/植物族/ATK 800/DEF 800
「薔薇恋人」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から植物族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、相手の罠カードの効果を受けない。

 

墓地から除外し、手札の植物族を1体特殊召喚するモンスター

罠カードへの耐性もつきます

 

《にん人》《超栄養太陽》のコストや《マスマティシャン》など手札・デッキ・フィールドのどこからでも墓地に送ることができます。

 

上級の植物族を採用している場合にも事故防止に役立ってくれます。

 

《コピー・プラント》

星1/風属性/植物族/ATK   0/DEF   0
1ターンに1度、このカード以外のフィールド上の植物族モンスター1体を選択して発動できる。
このカードのレベルはエンドフェイズ時まで、選択したモンスターと同じレベルになる。

 

フィールドの植物族のレベルをコピーするモンスター

 

その効果からシンクロ召喚の補助と言うより、エクシーズ召喚の補佐を得意とします。

 

レベル5以上の植物族のレベルをコピーした場合、《アルティマヤ・ツィオルキン》なども特殊召喚できます。

このカード単体では非力ですが、色々な可能性を魅せてくれる面白いカードです。

 

《スポーア》

星1/風属性/植物族/ATK 400/DEF 800
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の植物族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルは除外したモンスターのレベル分だけ上がる。

 

墓地の植物族を除外し、そのレベル分このカードのレベルを上げて自己蘇生するモンスター

 

特にレベルを合わせなくても《アロマセラフィ-ジャスミン》のリンク素材・効果に活かすこともできるので、【植物族】ではぜひ採用したい。

 

《ローズ・プリンセス》

星3/地属性/植物族/ATK1200/DEF 800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
②:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「白薔薇の回廊」1枚を手札に加える。

 

チューナー扱いで手札から特殊召喚できるモンスター

手札から捨てることで後述する植物サポート《白薔薇の回廊》をサーチできます。

 

天使族でいう《ヘカテリス》と《神の居住-ヴァルハラ》のような関係で、①②の効果を使い分けることで大型の植物族の展開をサポートしてくれます。

 

この手のカードにありがちなサーチ先を引き切ってしまって手札で腐る状態を①の効果で克服しているため、《白薔薇の回廊》の枚数を絞ることもできます。

 

《ギガプラント》

星6/地属性/植物族/ATK2400/DEF1200
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分の手札・墓地から昆虫族または植物族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

再度召喚することで手札・墓地から昆虫族・植物族を特殊召喚できるモンスター

デュアルサポートは必須になりますが、展開力に長けたカードなので割と使いやすい。

 

《スーペルヴィス》や《化合電界》を使って植物族とデュアルの混合デッキを可能にしてくれます。

徹底して構築すればかなりの展開力を誇ります。

 

《光の王 マルデル》

星9/光属性/植物族/ATK2400/DEF2400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「光の王 マルデル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

 

召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキから同名以外の「ジェネレイド」カードor植物族1体をサーチできるモンスター

 

特殊召喚する方法は《王の舞台》《アロマセラフィー ジャスミン》《天啓の薔薇の鐘》《ブラック・ガーデン》など意外と豊富。

意識して構築すれば万能サーチャーとして使えるモンスターです。

 

植物族はこれといってサーチしたいモンスターがいないのが少し勿体無いですが、これからにも期待できます。

 

「植物姫」

名前に「姫」とつくレベル8植物族モンスター

いずれも植物族を強力にサポートする

《ローンファイア・ブロッサム》によって簡単に特殊召喚できるレベル8として扱うことも可能

星8/風属性/植物族/ATK2800/DEF2600
自分フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
フィールド上のカードを対象にする魔法・罠・効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

 

星8/水属性/植物族/ATK2800/DEF1200
このカードの攻撃力は、自分フィールド上の植物族モンスターの数×100ポイントアップする。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカード以外のお互いのフィールド上の植物族モンスターはカードの効果では破壊されない。

星8/炎属性/植物族/ATK2800/DEF1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカード以外の自分フィールド上の植物族モンスター1体が戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

 

星8/地属性/植物族/ATK1800/DEF2800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は他の植物族モンスターを攻撃対象に選択できない。
また、このカードが相手によって墓地へ送られた場合、デッキから「紅姫チルビメ」以外の植物族モンスター1体を特殊召喚できる。

 

四季の代表となる花を使うとても素敵なモチーフだなといつも思います。

 

スポンサーリンク

植物族以外のモンスター

《除草獣》

星1/地属性/獣族/ATK 100/DEF 100
1ターンに1度、自分フィールド上に存在する植物族モンスター1体をリリースする事で、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。
また、このカードが墓地に存在し、フィールド上に存在する植物族モンスターが破壊された時、このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

 

植物族1体をリリースして相手フィールドの表側表示のカード1枚を破壊できるモンスター(チューナー

フィールドの植物族が破壊された時、自己蘇生することもできます。

 

《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で特殊召喚して、《ブラック・ガーデン》などの破壊効果で蘇生させる使い方をすれば展開に活かすことができます。

 

《ホワイトローズ・ドラゴン》

星4/闇属性/ドラゴン族/ATK1200/DEF1000
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにドラゴン族または植物族のチューナーが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・墓地から「ホワイトローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
③:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル4以上の植物族モンスター1体を墓地へ送る。

 

ドラゴン族・植物族のチューナーが存在する場合、特殊召喚できるモンスター

召喚時に手札・墓地の「ローズ・ドラゴン」の特殊召喚・S素材となった場合にレベル4以上の植物族1体を墓地に送ることができます。

 

《ブラック・ガーデン》や《ガーデン・オブ・メイデン》などを絡めたシンクロ召喚を絡めた植物族コンボに向いており、うまく使いこなせると個性豊かな盤面を形成できます。

 

一緒に《にん人》か《返り咲く薔薇の大輪》を採用することでさらなる展開が可能になります。

《薔薇の聖騎士》(ローズ・パラディン)

星4/地属性/戦士族/ATK1800/DEF 200
「薔薇の聖騎士」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから植物族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル7以上の植物族モンスター1体を手札に加える。

 

手札から墓地へ送ることでデッキからレベル7以上の植物族を1体加えるモンスター

①の効果は《ローンファイア・ブロッサム》でも行えるのであまり使用機会がありません。

 

このカードは主に「植物姫」や《魔天使ローズ・ソーサラー》をサーチするために使います。

 

このカードは戦士族なので、植物族サポートを受けることはできませんが、上級モンスター主体の植物族デッキで輝かせることができます。

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスター

《ヘル・ブランブル》

星6/光属性/植物族/ATK2200/DEF1800
チューナー+チューナー以外の植物族モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに手札から植物族以外のモンスターを召喚・特殊召喚するためには、1体につき1000ライフポイントを払わなければならない。

 

お互いのプレイヤーは手札から植物族以外を召喚・特殊召喚する度に1体につきLP1000を払うモンスター

召喚抑制としてはやや弱いですが、簡単にLP2000くらいを払わせることが可能です。

特にペンデュラム召喚に刺さります。

 

何度も蘇生することでかなりの損失を負わせることができるでしょう。

残りLPが1000未満になった場合は、手札から植物族以外のモンスターを召喚・特殊召喚できなくなります。

 

墓地からの蘇生やEXデッキを多用するデッキが主流とはいえ、手札からモンスターを出さないデッキは珍しいので、そこそこ活躍できます。

 

《メリアスの木霊》

ランク3/地属性/植物族/ATK1700/DEF 900
地属性レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから植物族モンスター1体を墓地へ送る。
●自分の墓地から植物族モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚する。

 

デッキから植物族1体を墓地へ送る・植物族1体の蘇生を行うモンスター

 

エクシーズ素材に縛りがあるので、《切り込み隊長》や《マジック・ストライカー》など使いやすいモンスターを併用する必要があります。

基本的には使い切りでリンク召喚等に繋げる役目を持ちます。

 

《森羅の鎮神 オレイア》(しずがみ)

ランク7/闇属性/植物族/ATK2800/DEF2500
レベル7モンスター×2
1ターンに1度、自分の手札・フィールド上の植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのレベル分だけデッキの上からカードを確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚までめくる。
その中に植物族モンスターがあった場合、それらのモンスターを全て墓地へ送り、その数までこのカード以外のフィールド上のカードを選んで手札に戻す。
残りのカードは好きな順番でデッキの下に戻す。

 

植物族をコストにするデッキトップ操作&最大3枚のバウンス効果をもつモンスター

 

自己完結したモンスターでバウンスに必要な植物族を上にして、残りを引きたいカードにすることができます。

できればレベル4以上の植物族をコストにデッキトップ操作をしたい。

 

植物族でランク7を出すには《コピープラント》や《魔天使ローズ・ソーサラー》を使うといいでしょう。

時々《マアト》など変なコンボデッキでお呼びがかかる面白いカードです。

 

《アロマセラフィ-ジャスミン》

光属性/植物族/ATK1800/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
植物族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のLPが相手より多い場合、このカード及びこのカードのリンク先の植物族モンスターは戦闘では破壊されない。
②:このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。
デッキから植物族モンスター1体を手札に加える。

 

戦闘破壊耐性・デッキから特殊召喚・サーチとあらゆる面で植物族をサポートできます。

リリースするモンスターは植物族でなくてもいいので使いやすい。

《ローンファイア・ブロッサム》を経由することで攻撃表示で特殊召喚することもできます。

 

③の効果は《アロマセラフィ-アンゼリカ》と併用することで容易に満たすことができます。

 

EXモンスターゾーンに存在しないと①②の効果が使えないので基本は使い切り。

植物族は特殊召喚が容易なので様々なデッキで活躍が期待できます。

 

《クロスローズ・ドラゴン》

闇属性/ドラゴン族/ATK 800/LINK2
【リンクマーカー:左/下】
種族が異なるモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、このカードと自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
EXデッキから「ローズ」Sモンスターまたは植物族Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドのモンスターが効果で破壊された場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

お互いのメインフェイズに自身と植物族1体をリリースしてEXデッキから「ローズ」シンクロモンスター1体をシンクロ召喚できるモンスター

《ブラック・ローズ・ドラゴン》とは強いシナジーがあり、全体除去のあとで②の効果で即座に蘇生させることができます(チェーン2以降はタイミングを逃すため注意!)。

 

そのまま使うと消費が激しいため、エンドフェイズに自己蘇生できる《サクリファイス・ロータス》を採用しておくのがおすすめ。

植物族を採用していないデッキでも使えるため、使用者の腕が試されるカードです。

 

スポンサーリンク

魔法・罠

《増草剤》

①:1ターンに1度、自分の墓地の植物族モンスター1体を対象として発動できる。
その植物族モンスターを特殊召喚する。
この効果でモンスターを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。
この効果で特殊召喚したモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

通常召喚権を犠牲に、墓地の植物族を1体特殊召喚するカード

 

このカードが破壊されても蘇生したモンスターは破壊されることがないので安心です。

維持できれば複数蘇生することができますが、基本的に使い切りにして使いたい。

 

発動制限がないので《BF-精鋭のゼピュロス》などでバウンスすると1ターンに何度も蘇生することができます。

遊戯王/ノーマル/CROSSROADS OF CHAOS(CSOC)CSOC-JP057 [N] : 増草剤

《超栄養太陽》

自分フィールド上のレベル2以下の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ植物族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

 

手札・デッキからレベル5以下の植物族を1体特殊召喚できるカード

コストはレベル2以下の植物族なので、《スポーア》、《イービル・ソーン》などが候補になります。

 

このカードから《ローンファイア・ブロッサム》を特殊召喚したり、「捕食植物」セットの起点にすることもできます。

ただし、コストを要求する永続魔法なので《サイクロン》等に要注意!

 

《白薔薇の回廊》

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
手札から「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは植物族モンスター1体を特殊召喚する。
②:自分ドローフェイズのドロー前に、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、このターン中、以下の効果を適用する。
●自分フィールドのレベル7以上のSモンスターの攻撃力は1000アップする。

 

自分フィールドにモンスターが存在しない場合、手札から「ローズ・ドラゴン」or植物族1体を特殊召喚できるカード

《ローズ・プリンセス》を手札から捨てることでサーチもできます。

 

レベルに関係なく特殊召喚できるのが強みで、下級モンスターから《ギガプラント》など植物族が主体のデッキであれば劣勢時の巻き返しとして使いやすい。

《ブラック・ローズ・ドラゴン》で一掃した後に発動して展開する使い方もできます。

 

デッキトップの種類を当てることでレベル7シンクロの攻撃力を1000UPできるおまけ効果も中々悪くない。

 

《薔薇の刻印》

自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
①:装備モンスターのコントロールを得る。
②:自分エンドフェイズに発動する。
このカードの①の効果は次の自分スタンバイフェイズまで無効になる。

 

墓地の植物族1体を除外することで、相手モンスター1体のコントロールを奪うカード

 

奪ったモンスターはエンドフェイズに相手フィールドに戻るので、維持することを考えずすぐにリンク素材などの各種素材に使ってしまいたい。

 

装備魔法によるコントロール奪取なので《アームズ・ホール》でサーチ・墓地回収が可能です。

 

墓地コストととの兼ね合いが難しいですが、《増草剤》と《アームズ・ホール》のデメリットが同じなので【植物族】での相性はいいです。

 

《精神操作》と違い、攻撃宣言に制限がないので奪ったモンスターで攻撃できることがこのカードの利点です。

 

《冷薔薇の抱香》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●植物族:このターンのエンドフェイズに、自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。
●植物族以外:デッキからレベル4以下の植物族モンスター1体を手札に加える。

 

自分フィールドから墓地に送ったモンスターの種族によって

●エンドフェイズに2ドロー、手札を1枚捨てる

●デッキからレベル4以下の植物族1体をサーチ

ができるカード

 

アドバンテージ回収の観点から見れば手札交換・墓地肥やし以外の要素はほとんど持たないものの、良質なサポートカード。

上記の《薔薇の刻印》などコントロール奪取と併用することでさらに便利です。

 

《天啓の薔薇の鐘》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:デッキから攻撃力2400以上の植物族モンスター1体を手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から攻撃力2400以上の植物族モンスター1体を特殊召喚する。

 

デッキから[ATK2400以上]の植物族1体をサーチできるカード

墓地から除外することで[ATK2400以上]の植物族1体を手札から特殊召喚することもできます。

 

上記で紹介した植物姫シリーズのデッキを組む場合などにおすすめです。

《ギガプラント》を手札から展開してデュアル状態にするために使うのもいいですね!

 

《狂植物の氾濫》

自分フィールド上の全ての植物族モンスターの攻撃力は、エンドフェイズ時まで自分の墓地の植物族モンスターの数×300ポイントアップする。
このターンのエンドフェイズ時、自分フィールド上の植物族モンスターを全て破壊する。

 

自分フィールドの植物族の攻撃力を墓地の植物族×300上げるカード

植物族の《リミッター解除》のようなカード

 

植物族は展開の途中で墓地を肥やすことは得意ですが、肝心のフィールドに残るモンスターが植物族でない場合の方が多いです。

 

使うなら《隣の芝刈り》で雑に1ショットキルを決めたい。

 

《ナチュルの神星樹》

「ナチュルの神星樹」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの昆虫族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル4以下の植物族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
②:自分フィールドの植物族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル4以下の昆虫族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから「ナチュルの神星樹」以外の「ナチュル」カード1枚を手札に加える。

 

地属性レベル4以下の植物族と昆虫族を結びつけるカード

 

必然的に昆虫族のカードも混ぜることになります。

幸い、地属性昆虫族には《応戦するG》や《ゲール・ドグラ》、《トリオンの蠱惑魔》など個性豊かなカードが揃っているので安心です。

 

破壊されても③の効果で同名以外の「ナチュル」カードのサーチができるのでアドバンテージを稼ぐこともできます。

 

《漆黒の薔薇の開華》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのフィールドゾーンのカード及び墓地のフィールド魔法カードの数まで、自分・相手フィールドに「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの、「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードをデッキの一番下に戻す。
この効果で除外したモンスターは次のスタンバイフェイズにフィールドに戻る。

 

お互いのフィールド・墓地のフィールド魔法の枚数だけお互いのフィールドに「ローズ・トークン」を特殊召喚できるカード

《ブラック・ガーデン》や「ローズ・ドラゴン」などのサポートの他にも《スケープ・ゴート》のように防御用やリンク素材として使うこともできます。

 

また、墓地から除外することで植物族1体を一定期間除外してこのカードをデッキへ戻すこともできます。

このカードは《レッドローズ・ドラゴン》でサーチすることもできるため枚数を絞れるのは大きいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

しばらく冬の時代だった植物族も《アロマセラフィ-ジャスミン》から新たに芽生えてきました。

これからも成長していきそうな植物族に期待できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました