ゼロから覚える【斬機(ザンキ)】テーマ紹介

並べる+殴る=相手は死ぬ

遊戯王OCGの揺るがぬ方程式

※8/2 《塊斬機ダランベルシアン》追記

/所要時間5分

【斬機(ザンキ)】って何?

 

デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場したシンクロとエクシーズを使い分けるサイバース族テーマ【斬機】

サイバース族テーマとしてはリンクモンスターを主軸としない初のテーマとなります。

 

属性:主に炎・地属性

種族:サイバース族

召喚法:シンクロ&エクシーズ

特徴:圧倒的に扱いやすいビートダウン

 

童心をくすぐるメカ系デザイン

うーん、1体プラモデルで欲しいな

 

スポンサーリンク

「斬機」モンスター

《斬機シグマ》

星4/光属性/サイバース族/ATK1000/DEF1500
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分フィールドのこのカードを「斬機」SモンスターのS素材とする場合、このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。

 

EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、手札・墓地から特殊召喚できるモンスター(チューナー

 

【斬機】のエクシーズとシンクロを結ぶ架け橋。

フィールドを離れると除外されるため基本はエクシーズ素材にして、タイミングを見計らってシンクロ素材に使うと無駄がありません。

 

自分が優勢の時は特殊召喚できないため、EXモンスターゾーンを空けるためのサイバース族リンクモンスターも採用しておくといいでしょう。

 

また、《地獄の暴走召喚》を使えば単体で《炎斬機ファイナルシグマ》を出せるのも面白い。

 

《斬機ナブラ》

星4/闇属性/サイバース族/ATK1000/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「斬機」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合、EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 

自分フィールドのサイバース族1体をリリースし、デッキから「斬機」1体を特殊召喚できるモンスター(チューナー

【斬機】はこのモンスターを中心に展開していくと戦いやすいです。

 

単体での展開力の高い「斬機」をリリースすれば墓地肥やしとリクルートを同時にこなすことができます。

サイバース族には多くの優秀な展開役が存在するため、それらと並行して使うのもあり。

 

また、自身が墓地へ送られた場合、EXモンスターゾーンのサイバース族1体に1ターンの間モンスターへの2回攻撃を付与することができます。

レベル12シンクロ《炎斬機ファイナルシグマ》をシンクロ召喚する際に素材にできると抜群の相性を誇ります。

2回攻撃&ダメージ倍化で1ショットキル級のダメージを叩き出せます。強い!

 

《斬機アディオン》

星4/炎属性/サイバース族/ATK1000/DEF1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで1000アップする。
この効果で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

自身を手札から特殊召喚して、フィールドのモンスター1体の攻撃力をターン終了時まで1000アップさせるモンスター

 

自分のモンスターはもちろんのこと、相手モンスターを対象に取ってもOK。

実質フィールドにモンスターが存在すれば特殊召喚できるため出しやすさは抜群。

 

《斬機サブトラ》

星4/炎属性/サイバース族/ATK1000/DEF1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで1000ダウンする。
この効果で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

こちらはフィールドのモンスターの攻撃力を1000ダウンさせて、自身を手札から特殊召喚できるモンスター

 

使い方としては《斬機アディオン》と同じ。

枚数に困ったらこちらを多めに採用するといいでしょう。

 

《斬機マルチプライヤー》

星4/地属性/サイバース族/ATK 500/DEF2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで8にする。
②:このカードが墓地へ送られた場合、EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

 

自分のフィールドのレベル4サイバース族1体のレベルをターン終了時まで8にできるモンスター

ランク8の「斬機」は現状存在しないため、レベル12シンクロの素材を軽減するための効果です。

 

 

また、墓地へ送られた場合、EXモンスターゾーンのサイバース族1体の攻撃力を倍にすることができます。

「斬機」以外にもサイバース族は攻撃的なモンスターが多く、《ベクター・スケア・デーモン》や《シューティング・コード・トーカー》など攻撃力を上げることで一気にフィニッシャーになれるカードが存在します。

 

《斬機ナブラ》から特殊召喚したい筆頭のモンスターです。

このカードと《ナブラ》だけでも攻撃力5000超えの《炎斬機ファイナルシグマ》で大ダメージが狙えるコンボが成立します。

 

《斬機ディヴィジョン》

星4/地属性/サイバース族/ATK1500/DEF1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
手札及び自分の墓地からそれぞれ1体まで、サイバース族・レベル4モンスターを選んで特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。

 

EXモンスターゾーンの自分のサイバース族1体をリリースし、手札・墓地からそれぞれ1体までレベル4サイバース族1体を特殊召喚できるモンスター

 

EXモンスターゾーンを能動的に空ける手段として有効で、新たな「斬機」を出し直すことができます。

リンク1サイバース族をリリースすることでも展開もできるため、特殊召喚しやすい《グリッド・スィーパー》などを採用しておくと【斬機】に無理なく馴染みます。

 

墓地に送られた場合、フィールドのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にすることもできます。

デッキから墓地に送っても使えるため《斬機刀ナユタ》で墓地に送ることで攻撃力5000のモンスターでも軽々と戦闘破壊できるようになります。

 

スポンサーリンク

EXデッキの「斬機」

《炎斬機マグマ》

星8/炎属性/サイバース族/ATK2500/DEF 0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した時、相手フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「斬機」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

モンスターを戦闘破壊した時、相手フィールドのカードを2枚まで破壊できるモンスター(チューナー

 

攻撃力は低いものの、下級「斬機」の戦闘補助によって強化しやすいためかなり使いやすい。

一気に3枚分のアドバンテージ差をつけられます。

 

戦闘・効果で破壊された場合、デッキから「斬機」魔法・罠1枚をサーチすることもでき、後続の確保も万全。

 

《炎斬機ファイナルシグマ》

星12/炎属性/サイバース族/ATK3000/DEF 0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはEXモンスターゾーンに存在する限り、「斬機」カード以外のカードの効果を受けない。
②:EXモンスターゾーンのこのカードが相手モンスターとの戦闘で相手に与えるダメージは倍になる。
③:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「斬機」カード1枚を手札に加える。

 

EXモンスターゾーンに存在する限り「斬機」以外のカード効果を受けないモンスター

いわゆる完全耐性の持ち主。しかもEXモンスターゾーンで相手モンスターに与える戦闘ダメージは倍になるなど殺意も凄まじい。

 

このモンスターに2回攻撃・攻撃力倍化などを付与すると《ヴァレルソード・ドラゴン》も霞むくらいの1ショットキル性能に到達します。

戦闘・効果で破壊された場合も「斬機」カードのサーチができます。

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》と比較すればよく分かるのですが、素材2~3体で出せるモンスターとしては破格の強さです。

ただし、普通に戦闘破壊されるので「斬機」カードで攻撃力3500を超えるようにしたい。

 

誰が使っても出しやすく分かりやすく強い。

デッキビルドパックのUR枠として相応しいモンスターですね!

 

《塊斬機ラプラシアン》

ランク4/地属性/サイバース族/ATK2000/DEF 0
レベル4モンスター×3
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがX召喚に成功した場合、このカードのX素材を3つまで取り除き、その数だけ以下の効果から選択して発動できる。
●相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
●相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
●相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
②:自分フィールドの「斬機」カードが効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

 

X素材を3つまで取り除き、3か所に除去を繰り出すモンスター

さながらエクシーズの《氷結界の龍 トリシューラ》のような存在

 

素材となっている「斬機」モンスターを一気に墓地へ送ることができるため、効果付与も問題なく行われます。

やや打点は低めですが、場を荒らしつつ何度もエクシーズ召喚できれば、その影響は無視できないものになります。

 

チューナーに左右されないため、【斬機】では頭数さえ揃えば出せる便利さが強みです。

 

《塊斬機ダランベルシアン》

ランク4/地属性/サイバース族/ATK2000/DEF 0
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがX召喚に成功した場合、このカードのX素材を以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●2つ:デッキから「斬機」カード1枚を手札に加える。
●3つ:デッキからレベル4モンスター1体を手札に加える。
●4つ:デッキから魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
自分の手札・墓地からレベル4の「斬機」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

エクシーズ素材を取り除く数によってサーチ先を変える優秀なモンスター

自分フィールドのモンスター1体をリリースして手札・墓地からレベル4「斬機」1体を特殊召喚することもできます。

 

このカードの登場でこんな展開もできるようになりました。

①《クロック・ワイバーン》を召喚。トークンを生成。さらに《クロック・ワイバーン》を対象に《斬機アディオン》or《斬機サブトラ》を手札から特殊召喚。

②《塊斬機ダランベルシアン》をエクシーズ召喚し、素材2つを取り除き《斬機ナブラ》をサーチ。《ダランベルシアン》をリリースして手札の《ナブラ》を特殊召喚。

③《ナブラ》の効果でトークンをリリースし、デッキから《斬機マルチプライヤー》を特殊召喚。効果で《ナブラ》のレベルを8にする。

④《炎斬機ファイナルシグマ》をシンクロ召喚(2回攻撃&攻撃力2倍)

 

要するにレベル4×2+サイバース族1体の組み合わせなら、どこからでも強力な《炎斬機ファイナルシグマ》をシンクロ召喚できます。

《クロック・ワイバーン》の部分は《リンク・ストリーマー》や《幻銃士》等でも可能です。

 

他にも《ソウル・チャージ》とかサーチして《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》出すのも面白いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

「斬機」魔法・罠

《斬機方程式》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「斬機」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

 

墓地の「斬機」1体を特殊召喚できるカード

蘇生したモンスターの攻撃力がターン終了時まで1000アップします。

 

蘇生対象となるモンスターに制限はなく効果も無効になりません。

《炎斬機マグマ》を蘇生させると攻撃力3500でアタッカーになりつつ、破壊されてもこのカードをサーチすることができます。

 

ダブることを恐れなければ3積みしてOKです。

 

《斬機刀ナユタ》

サイバース族モンスターにのみ装備可能。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、デッキから「斬機」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
装備モンスターの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターの攻撃力分アップする。
②:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、「斬機刀ナユタ」以外の自分の墓地の「斬機」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、デッキから「斬機」モンスター1体を墓地へ送り、ターン終了時までその攻撃力分アップできるカード

 

単純な戦闘補助にもなりますが、このカードの強みは「斬機」の付与効果を後付けできる点にあります。

2回攻撃&攻撃力倍化の両方を備えやすくなり、攻撃が通ればほぼゲームエンドです。

 

また、魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、墓地の同名以外の「斬機」カード1枚をサルベージできます。

装備魔法特有のデメリットも解消できているため使いやすい。

 

《斬機超階乗》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「斬機」モンスターを3体まで対象とし、以下の効果から1つを選択して発動できる(同名カードは1枚まで)。
●そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターのみを素材として「斬機」Sモンスター1体をS召喚する。
その時のS素材モンスターは墓地へは行かず持ち主のデッキに戻る。
●そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターのみを素材として「斬機」Xモンスター1体をX召喚する。

 

墓地の「斬機」モンスターを3体まで効果を無効にして特殊召喚し、蘇生したモンスターのみを素材に「斬機」モンスターをシンクロ召喚orエクシーズ召喚できるカード

シンクロ素材にすると素材はデッキへ戻ります。

 

基本的に相手ターン中に《塊斬機ラプラシアン》をエクシーズ召喚して妨害するために使います。

ただし、【斬機】はEXモンスターゾーンで戦うテーマなので埋まっていると発動できません。

 

「壊獣」や除去の保険としてセットしておくと安心できます。

切り返しとして使いやすいカードなので2枚採用がおすすめ!

 

《斬機帰納法》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力は500アップする。
②:自分フィールドに「斬機」モンスターが存在する場合、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

自分フィールドのサイバース族の攻撃力を500アップするカード

このカードをフィールドから墓地へ送り、単体除去にすることもできます。

 

相手ターン中に動けるカードが少ない【斬機】ではこの効果でも貴重。

でも「斬機」のサーチ手段は少ないので無理に採用する必要はないです。

 

スポンサーリンク

戦術

簡単にまとめると…

 

①《斬機ナブラ》《斬機マルチプライヤー》を含むレベル4を並べて、《炎斬機マグマ》or《塊斬機ラプラシアン》を状況に合わせて使い分けていく。

《炎斬機マグマ》は破壊されても、《斬機方程式》をサーチして繰り返しアタッカーになるため【斬機】の先発&切り返しとして便利です。

 

②相手の手札・フィールドが整わないうちに《炎斬機ファイナルシグマ》で一気にゲームエンドを目指す。

【斬機】はリソース回復手段が皆無なので長期戦が大の苦手です。盤面をコントロールされると突破は難しいため、早期決着がカギとなります。

 

 

難しいことは何もありません。

レベル4を並べてシンクロ&エクシーズで殴る。

良くも悪くもシンプルなので構築や戦術も分かりやすいです。

 

スポンサーリンク

基本的な動き

公式動画が分かりやすいのでそちらをどうぞ!

【公式】遊戯王OCGラボch「斬機」デッキ紹介編/KONAMI

 

スポンサーリンク

まとめ

 

相性の良いカードは色々と考えてみましたが、純構築が一番強いのでは?という結論に至りました。

【斬機】はレベル4サイバース族が充実するほど強くなるテーマだと思います。

 

圧倒的な脳筋で相手をぶった切ってみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました