スポンサーリンク

屍の王【ワイト】テーマ紹介

ファミリーで殴りかかってくる骸骨集団

にぎやかなイラストとバカみたいな攻撃力が魅力

/所要時間5分

【ワイト】テーマ紹介

墓地に大量の《ワイト》を送り込み、《ワイトキング》でビードダウンする単純明快なアンデット族デッキ

中々味わえない攻撃力の高さが癖になり、愛着が湧くおすすめデッキです。

お互いに楽しいデッキっていいよね!

モンスター

《ワイト》

星1/闇属性/アンデット族/ATK 300/DEF 200
どこにでも出てくるガイコツのおばけ。
攻撃は弱いが集まると大変。

弱そうな唯一の通常モンスター

ついでに言えば元祖ザコモンスター

後述する《ワイトプリンス》の墓地肥やし効果のため採用されます。

このカードは低レベルの通常モンスターゆえにサポートが豊富で、墓地に送る方法も山のようにあります。

融合体も存在するので《融合徴兵》などにも対応しています。

リンク召喚によって手札で腐りにくくなったのも少しだけ追い風になっており、3枚墓地に送って《トライワイトゾーン》でリンク召喚するのも面白いです。

他のカードイラストにもたびたび登場しており、死んでも中々に楽しい人生を送っているもよう。

生前はお坊さんだったみたい?

後、なぜかウルトラレアが存在したりします。

《ワイト》好きにはぜひ手に入れてほしい!

《ワイトキング》

星1/闇属性/アンデット族/ATK   ?/DEF   0
このカードの元々の攻撃力は、自分の墓地に存在するカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体「ワイトキング」「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体をゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。

墓地の《ワイト》または《ワイトキング》の数×1000攻撃力を上げるモンスター

戦闘破壊されると自己蘇生することもできます。

【ワイト】の切り札

《ワイト》関連のカードは全て墓地で《ワイト》として扱う効果があるため、攻撃力は軽く8000に達します。

《ワンチャン!?》や《ワン・フォー・ワン》などのレベル1サポートを上手く使いこなせる上、アンデット族ならではの蘇生手段にも対応しています。

【ワイト】はこのカードで殴り勝つことを目標としているので、高速で墓地肥やしすることが先決になります。

《ワイト夫人》

星3/闇属性/アンデット族/ATK   0/DEF2200
このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、「ワイト夫人」以外のフィールド上のレベル3以下のアンデット族モンスターは戦闘では破壊されず、魔法・罠カードの効果も受けない。

《ワイト夫人》以外のフィールドのアンデット族レベル3以下のモンスターに戦闘破壊耐性を付け、魔法・罠の効果を受けなくさせるモンスター

このカードも後述する《ワイトプリンス》の墓地肥やしの効果のために主に採用されます。

また、レベル3であることはメリットに働くことが多いです。

《ワイトキング》が魔法・罠を恐れる必要がなくなるので、とどめの一撃に貢献します。

《ワイトプリンス》

星1/闇属性/アンデット族/ATK   0/DEF   0
①:このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
「ワイト」「ワイト夫人」1体ずつを手札・デッキから墓地へ送る。
③:自分の墓地から、「ワイト」2体とこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ワイトキング」1体を特殊召喚する。

墓地に送られた場合、デッキから《ワイト》と《ワイト夫人》をそれぞれ1体ずつ墓地へ送るモンスター

計3体分墓地に《ワイト》が増えることになり、このデッキの下準備を簡単に進めることができます。

手札に引いてもリンク素材に使うことで即座に墓地肥やしが行えます。

また、③の効果で墓地から《ワイト》2体とこのカードを除外し、デッキから《ワイトキング》を特殊召喚することができます。

墓地リソースを失うのは苦しいので、この効果を使う場合は《異次元の埋葬》などを用意しておきたいところ。

《ワイト》と《ワイト夫人》を複数採用することで手札事故の確率は上がるものの、有り余るリターンが期待できるカードです。

②③の効果は1ターンに1度の制限がないので、蘇生等で繰り返し墓地に送ることで連続して墓地肥やしができます。

《ワイトプリンセス》

星3/光属性/アンデット族/ATK1600/DEF   0
①:このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ワイトプリンス」1体を墓地へ送る。
③:自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
そのレベルまたはランク×300ダウンする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

召喚・特殊召喚時、デッキから《ワイトプリンス》1体を墓地へ送るモンスター

フリーチェーンでフィールドのモンスターの弱体化効果も持ち合わせています。

どちらの効果も使いやすく便利です。

このカードは光属性なので、闇属性サポートは受けられないことに注意です!

《ワイトメア》

星1/闇属性/アンデット族/ATK 300/DEF 200
このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
また、このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●ゲームから除外されている自分の「ワイト」または「ワイトメア」1体を選択して自分の墓地に戻す。
●ゲームから除外されている自分の「ワイト夫人」または「ワイトキング」1体を選択してフィールド上に特殊召喚する。

手札から捨てることで、除外されている《ワイト》系カードを墓地へ戻すor特殊召喚するモンスター

《ワイト》系カードを《闇の誘惑》などで気兼ねなく除外できるため意外と便利。

墓地に落として、必要になったら《ダーク・バースト》などで手札に戻すと使いやすいです。

イラストにいる《骨ネズミ》もかわいいよね

相性の良いカード

アンデット族サポート・レベル1サポートを存分に受けられるためそちらも参考にどうぞ!

低レベルのモンスターを主体にしたデッキを組みたいのだけど何かいいサポートない?と困っている方へ

カード数は少ないものの優秀なカードが多い【アンデット族】。ゾンビになっても腐らないカードを紹介します

《ジャンク・シンクロン》と《ジャンク・ウォリアー》もおすすめです!

《隣の芝刈り》

①:自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

【インフェルノイド】の十八番

デッキを60枚にすることで、《ワイト》《ワイト夫人》の手札事故率を下げつつ、大量に墓地肥やしすることができます。

採用するなら《左腕の代償》を使っても何としても1ターン目で発動したいカードです。

ついでに《馬頭鬼》も墓地に送ることができれば、《ワイトキング》でそのまま1ターンキルも可能です。

展開例

必要な手札

・《ワイトメア》必須

・《ワイトプリンセス》

-《マスマティシャン》でもOK

最終盤面

・《ワイトキング》攻撃力6000

・《アンダークロックテイカー》

1.《ワイトプリンセス》を召喚。効果でデッキから《ワイトプリンス》を墓地へ送る。

2.《ワイトプリンス》の効果で《ワイト》と《ワイト夫人》を墓地へ送る。

3.《ワイトプリンス》の墓地効果で墓地の《ワイト》シリーズ3体を除外し、デッキから《ワイトキング》を特殊召喚

4.手札の《ワイトメア》を墓地へ送り、除外されている《ワイト夫人》を特殊召喚。

5.《ワイト夫人》と《ワイトプリンセス》でランク3《虚空海竜リヴァイエール》をエクシーズ召喚。

効果で除外されている《ワイトプリンス》を特殊召喚。

6.《ワイトプリンス》と《虚空海竜リヴァイエール》でリンク2《アンダークロックテイカー》をリンク召喚。

(《ワイトプリンス》の効果で墓地肥やし)

まとめ

墓地に《ワイト》が6体存在するので《ワイトキング》の攻撃力は6000になります。

《アンダークロックテイカー》の効果でほぼダイレクトアタック分のダメージを与えられます。

下準備としても1ショットキルとしても使えるコンボとして使えます!

まとめ

スカッとする攻撃力の高さが楽しいデッキです。

一撃で倒せるので計算が楽なのも手軽に対戦できるいいところ!

せっかく《ユニゾンビ》《左腕の代償》《PSYフレームロード・Ω》が再録したので作ってみてはいかがでしょうか?

ワイト教の布教活動でした!