百鬼の憑代 【魔妖】テーマ紹介

嗚呼、忌まわしや。我ら幽世の焔が小賢しき灯火を滅する時ぞ…

/所要時間5分

【魔妖】テーマ紹介

デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズで登場した【魔妖(まやかし)】

連続シンクロ召喚して墓地から百鬼夜行が来るジャパニーズアンデット族テーマです。

属性 :いろいろ

種族 :アンデット族

召喚法:シンクロ

イラストを見る限り【不知火】となんらかの関係があるようです。

こういったカード背景があるテーマが好きです。もっと増えてほしいな。

スポンサーリンク

「魔妖」モンスター

効果を発動するターンは「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない制限もち

《麗の魔妖-妲姫》

星2/炎属性/アンデット族/ATK1000/DEF 0
①:「麗の魔妖-妲姫」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、「魔妖」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

墓地に存在する場合、「魔妖」モンスターがEXデッキから特殊召喚された時、自己蘇生できるモンスター(チューナー)

【魔妖】の要となるモンスターです。

この手の効果にしては珍しく除外されない上にターン制限もないため、1枚で「魔妖」シンクロモンスターを3⇒5⇒7⇒9⇒11と連続してシンクロ召喚できます。

制約は重いですが、優秀なモンスターと言えます。

《D.D.クロウ》など墓地から除外するカードには弱いので2枚墓地に落としておけると安心。

《毒の魔妖-束脛》

星2/地属性/アンデット族/ATK 0/DEF2000
①:「毒の魔妖-束脛」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、「毒の魔妖-束脛」以外の自分の「魔妖」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

同名以外の「魔妖」モンスターが戦闘・相手の効果で破壊された場合、墓地から特殊召喚できるモンスター(チューナー

同名モンスターはフィールドに1体しか存在できないため、わらわらと湧いて出てくることはありません。

こちらも1ターンに1度の制限がないため、壁要員として1枚墓地に置いておくだけで戦闘ダメージを軽減できるため便利。

でも1枚あれば十分かな。

《轍の魔妖-俥夫》

星3/地属性/アンデット族/ATK1200/DEF 400
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「轍の魔妖-俥夫」以外の自分の墓地の「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

召喚・特殊召喚時に同名以外の「魔妖」モンスター1体を守備表示で蘇生できるモンスター

デメリット:効果は無効化される

このカード1枚から《麗の魔妖-妲姫》を蘇生し、レベル5シンクロからの連続シンクロができます。

早めに墓地を肥やして流れるようなシンクロ召喚に繋げたい。

特殊召喚でも効果を使えるので、後述する《翼の魔妖-波旬》から繋げると3体の「魔妖」を展開できます。

《翼の魔妖-波旬》

星1/風属性/アンデット族/ATK 600/DEF 400
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「翼の魔妖-波旬」以外の「魔妖」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

召喚・特殊召喚時にデッキから同名以外の「魔妖」1体を特殊召喚できるモンスター

共通の制約こそあれど軽い条件でのデッキからの特殊召喚は非常に強力。

しかも効果が無効にならないため《轍の魔妖-俥夫》の効果もそのまま発動できます。

連鎖して特殊召喚が行えるため、【魔妖】には欠かせない1枚。

3枚採用して《ワン・フォー・ワン》も入れておきたい。

《骸の魔妖-夜叉》

星5/闇属性/アンデット族/ATK2000/DEF 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカード以外の「魔妖」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

手札の「魔妖」モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できるモンスター

特殊召喚効果だけみるなら《THEトリッキー》の方が使いやすい。

こちらは《氷の魔妖-雪女》のリンク召喚になる分やサーチできる点で差別化できています。

EXデッキの「魔妖」モンスター

・同名モンスターは1体しか存在できない

・素材自体は縛りなし

・上位のシンクロが破壊された場合、下位のシンクロを墓地から特殊召喚できる

《轍の魔妖-朧車》

星3/地属性/アンデット族/ATK 800/DEF2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「轍の魔妖-朧車」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、元々のレベルが5の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

墓地から特殊召喚した場合、このターン自分フィールドのモンスターへ戦闘破壊耐性を付与するモンスター

【魔妖】では初めに展開するモンスターであり、防戦一方の場合に蘇生されます。

このカードが蘇生する状況まで追い詰められている場合は墓地のアンデット族が空に近いのでどこかで蘇生を諦めるのも大事。

「魔妖」以外のモンスターも戦闘破壊耐性の恩恵を受けられるので、蘇生カードと組み合わせれば意外なデッキで活躍できるかもしれません。

《毒の魔妖-土蜘蛛》

星5/地属性/アンデット族/ATK2000/DEF1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「毒の魔妖-土蜘蛛」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、元々のレベルが7の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

墓地から特殊召喚した場合、お互いのデッキの上からカードを3枚墓地に送るモンスター

【魔妖】の墓地コストの調達のためにも墓地肥やしは必要。

このモンスターはシンクロの中継として欠かせないので墓地で眠るのが主な仕事になります。

《翼の魔妖-天狗》

星7/風属性/アンデット族/ATK2600/DEF1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「翼の魔妖-天狗」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、元々のレベルが9の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

墓地から特殊召喚した場合、相手フィールドの魔法・罠1枚を選んで破壊できるモンスター

後述するシンクロモンスターと共に状況に応じて《リビングデッドの呼び声》を汎用魔法・罠除去として扱える点に強みを見出せます。

対象にとらない除去なので不発になりにくいです。

他の「魔妖」と合わせて墓地に置いておくことで初めて意味をなすモンスターと言えます。

《麗の魔妖-妖狐》

星9/炎属性/アンデット族/ATK2900/DEF2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「麗の魔妖-妖狐」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、元々のレベルが11の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

墓地から特殊召喚した場合、相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊するモンスター

【魔妖】のエースアタッカーの1体

後述の《骸の魔妖-餓者髑髏》などから蘇生させてモンスター除去として使うのが主な仕事になります。

攻撃力2900なので打点も十分。対象に取らない除去は使いやすいので《骸の魔妖-餓者髑髏》より積極的に蘇生するのもありです。

効果を使った後はただのバニラなので首尾よく上位のシンクロモンスターに繋げられるように準備しておきたい。

《骸の魔妖-餓者髑髏》

星11/闇属性/アンデット族/ATK3300/DEF2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「骸の魔妖-餓者髑髏」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードが墓地に存在し、自分のリンクモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、表側表示のこのカードは他のカードの効果を受けない。

自分のリンクモンスターが戦闘・相手の効果によって破壊された場合、墓地から特殊召喚できるモンスター

墓地から特殊召喚した場合、このターンの間は他のカード効果を受け付けないモンスターとなります。

攻撃力3300の完全耐性のモンスターならば頼りがいもあり、アタッカーとして期待できます。

【魔妖】の着地点はこのモンスターなので、まずはこのモンスターを目指しましょう。

《氷の魔妖-雪女》

水属性/アンデット族/ATK1900/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
「魔妖」モンスター2体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「氷の魔妖-雪女」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードのリンク先にSモンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
③:このカードがモンスターゾーンに存在し、自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

「魔妖」モンスター2体を素材とするリンク2

自分のシンクロモンスターがリンク先に存在する限り攻撃対象にならない効果をもっています。

効果破壊にはあっさりとやられるので、《骸の魔妖-餓者髑髏》を墓地に置いたうえで使いたい。

また、自分のシンクロモンスターが相手に戦闘・効果で破壊された場合、フィールドのモンスター1体のステータスをターン終了時まで半減する効果を備えています。

「魔妖」シンクロは順番に蘇生できるので弱体化そのものはしやすいものの、影響力はあまりありません。

むしろ自爆特攻を仕掛けていった方が使いやすいです。

どちらの効果もシンクロモンスターを必要とするので、【魔妖】でも余裕のある時に狙うくらいの認識で大丈夫です。

「魔妖」魔法・罠

《魔妖廻天》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「魔妖廻天」以外の「魔妖」カード1枚を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

同名以外の「魔妖」カード1枚のサーチor墓地肥やしができるカード

メインデッキに入れられる「魔妖」は数少ないものの安定してサーチ・墓地肥やしできるのは便利。

とくに考えずに3枚採用してOK。

《魔妖変生》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:手札を1枚捨て、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

手札1枚を捨てて、墓地・除外の「魔妖」モンスター1体を特殊召喚できるカード

追加効果:このターン相手の効果対象にならない

デメリットは「魔妖」の共通制約と同じなのでそれほど気にする必要はありません。

「魔妖」シンクロモンスターは蘇生時に効果を発動できるため、積極的に蘇生してあげたい。

《轍の魔妖-朧車》を蘇生すると硬い壁として使えます。

このカードに加えて《リビングデッドの呼び声》などの蘇生カードが合計6枚ほどになるように採用しておくと戦いやすくなります。

【魔妖】の戦術

1.《翼の魔妖-波旬》を召喚・特殊召喚し、《麗の魔妖-妲姫》を特殊召喚。「魔妖」シンクロを3⇒5⇒7⇒9⇒11の順番で展開する。

2.連続シンクロで消費したEXデッキを《貪欲な壺》で戻しリソースを回復しながら、《骸の魔妖-餓者髑髏》などでビートダウン

3.蘇生カードを駆使して粘り強く戦線維持してじわじわとアドバンテージを奪って勝利する。

または隙を見て《精気を吸う骨の塔》で大量デッキ破壊して相手をボロボロにする

デッキアウトを狙うのは戦術の1つなのでそのままビートダウンで勝利する方が実際には多いです。

展開例

【魔妖】の展開力を限界まで引き上げると…

必要な手札

・《翼の魔妖-波旬》

・《ドッペル・ウォリアー》

最終盤面

・《氷の魔妖-雪女》

・《骸の魔妖-餓者髑髏》

・《麗の魔妖-妖狐》

・《麗の魔妖-妲姫》

1.《翼の魔妖-波旬》を召喚。デッキから《麗の魔妖-妲姫》を特殊召喚。

2.上記2体をシンクロ素材とし、「魔妖」シンクロモンスターを3⇒5⇒7までシンクロ召喚する。

このタイミングで墓地から特殊召喚した《妲姫》の蘇生にチェーンして手札の《ドッペル・ウォリアー》を特殊召喚。

3.《翼の魔妖-天狗》+《ドッペル・ウォリアー》+《妲姫》で《骸の魔妖-餓者髑髏》をシンクロ召喚。

《ドッペル・ウォリアー》の効果でレベル1トークン2体を生成。

4.墓地から蘇生した《妲姫》と《餓者髑髏》で《氷の魔妖-雪女》をリンク召喚。

5.《妲姫》とレベル1トークンで「魔妖」シンクロを3⇒5⇒7⇒9⇒11まで連続シンクロ召喚。

もう一体のトークンも同様に3⇒5⇒7⇒9まで展開する。

最後に《妲姫》を墓地から蘇生する。

特殊召喚回数:31回

アンデット族の特殊召喚回数:29回

やろうと思えばEXデッキの枠13枚を使ってここまで1ターンで特殊召喚することができます。

たとえ相手が60枚デッキだったとしても《精気を吸う骨の塔》1体で相手のデッキを全て破壊できます。

その後のEXデッキの回復は急務ですが、《貪欲な壺》を3積みしてドロー加速も兼ねておけば狙える範囲だと思います。

【魔妖】の展開を特化させたい場合はぜひどうぞ!

※《TG ハイパー・ライブラリアン》で大量ドローが狙いたいなら《おろかな重葬》で墓地に送り《ファントム・オブ・カオス》で効果だけコピーするのがおすすめ。

【魔妖】と相性の良いカード

・大体はアンデット族サポートや汎用カードを組み合わせればOK

《精気を吸う骨の塔》

星3/闇属性/アンデット族/ATK 400/DEF1500
自分フィールド上にこのカード以外のアンデット族モンスターが存在する場合、このカードを攻撃する事はできない。
アンデット族モンスターが特殊召喚に成功する度に、相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

アンデット族が特殊召喚される度に相手のデッキの上から2枚を墓地に送るモンスター

【魔妖】の特殊召喚は物凄い回数なので1体だけでも大幅にデッキを破壊することができます。

墓地に用意して《馬頭鬼》などで蘇生すればすぐに使えるので意識せずとも狙うことができます。

忍ばせておくと面白いほどデッキが削れて病みつきになるのでおすすめです。

《ミニマム・ガッツ》

自分フィールド上のモンスター1体をリリースし、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで0になる。
このターン、選択したモンスターが戦闘によって破壊され相手の墓地へ送られた時、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

自分フィールドのモンスター1体をリリースし、相手モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで0にするカード

このターン、この効果で対象にされた相手モンスターを戦闘破壊し墓地に送るとその攻撃力分のダメージを与えられます

連続シンクロ召喚後に残る《麗の魔妖-妲姫》をリリースして、1ショットキルができるカード

「魔妖」シンクロモンスターならばこのカード1枚だけで6000ダメージは期待できます。

【魔妖】の問題点の一つでもあるフィニッシャーの欠如を解消できるためおすすめです。

《リビングデッドの呼び声》

①:自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

定番ですが【魔妖】には欠かせない1枚

蘇生して効果を発動する「魔妖」シンクロモンスターの効果を使い分けていくことで相手ターン中も戦いやすくなっていきます。

まとめ

目にも止まらぬ速度で矢継ぎ早にシンクロ召喚する【魔妖】

癖のあるテーマにみえて使い方は分かりやすいのでビギナーさんでも楽しめます。

【魔妖】で一式揃えないとデッキが組めないように見えますが、サブアタッカーとして他のデッキに出張採用することもできなくはなさそうですね。

色々と研究してみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. しゃみ より:

    ライブドローをファンカスでそのターンに行う事ができるというのは
    脱帽でした。

    連続ドローも夢じゃない!!

    • Librarian より:

      【魔妖】は制約があることで新たな可能性を生むのでは?と思ってます。
      ぜひ試してみてください!
      コメントありがとうございました