【儀式召喚】儀式素材に便利なモンスター15選

【儀式召喚】で消費を少なく抑えたいと思ったら

※3/28 記事全体をリライト

/所要時間5分

儀式素材に使いやすいモンスター集

儀式召喚の素材に使いやすいモンスターをレベル順で紹介します。

なるべく単体で使いやすいモンスターを紹介していますが、どうしても枚数が多くなってしまうセットもあります。

儀式素材で困っている時は参考にどうぞ!

サイバース族の儀式も楽しみですね!

スポンサーリンク

儀式召喚のいろは

・儀式召喚する際のリリースは余分にリリースすることができない

例:星8《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の素材に星8《青眼の白龍》と星3《儀式魔人リリーサー》を使うことができない。

・儀式召喚でリリースするのは効果処理

・儀式モンスターのレベルと素材のレベルは同じにするorその1/2にすると儀式召喚しやすい

例:レベル8の儀式モンスターの場合はレベル8×1体かレベル4×2体

手札事故防止のために、慣れないうちはレベルを合わせておいたほうが楽です。

レベル1~4【儀式魔人】

儀式素材になった場合、儀式モンスターに効果を付与するモンスター群

・いずれも墓地から除外することで儀式素材となることができます

《終末の騎士》や《マスマティシャン》など墓地肥やしと相性抜群です。

1.《儀式魔人ディザーズ》

星1/闇属性/悪魔族/ATK 200/DEF 200
儀式モンスターの儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事ができる。
このカードを儀式召喚に使用した儀式モンスターは罠カードの効果を受けない。

このカードを儀式素材に使用した儀式モンスターへ罠カードの効果を受けない耐性を付与するモンスター

レベル1のため、主に【サクリファイス】で使われることになります。

《スキルドレイン》などモンスター効果を無効にするカードから守ることができます。

他のレベル1儀式モンスターも出るといいですね!

2.《儀式魔人リリーサー》

星3/闇属性/悪魔族/ATK1200/DEF2000
①:儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカードを除外できる。
②:このカードを使用して儀式召喚したプレイヤーから見て相手は、儀式召喚したそのモンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、モンスターを特殊召喚できない。

儀式モンスターの儀式素材となった場合に相手の特殊召喚を封じる効果を付与するモンスター

【儀式召喚】では最も採用したい儀式魔人であり、効果を持たない儀式モンスターでもかなり制圧力の高いモンスターとなります。

主にレベル3・6の儀式モンスターの儀式素材に使われますが、それ以外のレベル帯でも十分に活躍できるモンスターです。

《魔界発現世行きデスガイド》から特殊召喚することもでき、サポートに恵まれているためぜひ採用したいモンスターです。

3.《儀式魔人プレコグスター》

星3/闇属性/悪魔族/ATK 400/DEF 300
儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、自分の墓地のこのカードをゲームから除外できる。
また、このカードを儀式召喚に使用した儀式モンスターが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、相手は手札を1枚選んで捨てる。

儀式素材になった場合、儀式モンスターへ戦闘ダメージを与えた時相手の手札1枚を捨てさせる効果を付与するモンスター

手軽にハンデス効果を備えることができるため除去能力をもつ儀式モンスターと高相性です。

相手が選んで捨てるためあまりハンデスの意味がないことが多いため、他の儀式魔人と併用することをおすすめします。

4.《儀式魔人デモリッシャー》

星3/闇属性/悪魔族/ATK1500/DEF 600
①:儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカードを除外できる。
②:このカードを使用して儀式召喚したモンスターは相手の効果の対象にならない。

儀式素材になった場合、儀式モンスターへ相手の対象にならない効果を付与するモンスター

モンスター効果・魔法・罠全ての対象を取ることができなくなるため場もちがよくなります。

《儀式魔人リリーサー》と併用して使うと、お互いの弱点を補う強固な耐性を得ることができます。

5.《儀式魔人プレサイダー》

星4/闇属性/悪魔族/ATK1800/DEF1400
儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、自分の墓地のこのカードをゲームから除外できる。
また、このカードを儀式召喚に使用した儀式モンスターが戦闘によってモンスターを破壊した場合、その儀式モンスターのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローする。

儀式素材になった場合、儀式モンスターへ戦闘でモンスターを破壊した場合1ドローする効果を付与するモンスター

戦闘破壊によって効果を発揮するため、戦闘に特化している《超戦士カオスソルジャー》や《破滅の女神ルイン》などと相性がいいモンスターです。

下級モンスターとしては攻撃力も高めなので、他の儀式魔人より戦闘に参加させやすいメリットがあります。

同じくレベル4にはシンクロモンスターの効果を無効にする《儀式魔人カースエンチャンター》が存在しますが、このカードより優先されることはないので省略します。

レベル4~8「ジェムナイト」セット

《ブリリアント・フュージョン》・《高等儀式術》など通常モンスターサポートに恵まれている【ジェムナイト】

《ジェムナイト・ファントムルーツ》でのサーチや融合召喚、《ジェムナイト・ラズリー》のサルベージなど細かいところで儀式素材に使いやすいテーマです。

レベル4~8と幅広く対応できるため、様々な儀式モンスターに対応することができます。

おすすめは《ジェムナイト・クリスタ》を有するレベル7です。

ただし若干ピーキーな面もあるので調整は大事。

6.《ジェムナイト・ファントムルーツ》

地属性/岩石族/ATK1450/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
「ジェム」モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ジェムナイト」カード1枚を手札に加える。
②:1000LPを払って発動できる。
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

「ジェムナイト」2体のリンクモンスター

リンク召喚時、デッキから「ジェムナイト」1枚のサーチができます。

これで儀式素材を調達できれば理想的。

このモンスターの展開には《レスキューラビット》や《予想GUY》を使えば難しくありません。

②の1000LP払うことで、墓地・除外の「ジェムナイト」をデッキに戻すことで融合召喚できる効果も持ち合わせているので、《ブリリアント・フュージョン》なども腐らせずに済みます。

-.《ジェムナイト・クリスタ》

星7/地属性/岩石族/ATK2450/DEF1950
クリスタルパワーを最適化し、戦闘力に変えて戦うジェムナイトの上級戦士。
その高い攻撃力で敵を圧倒するぞ。
しかし、その最適化には限界を感じる事も多く、仲間たちとの結束を大切にしている。

レベル7の通常モンスター

《ジェムナイト・アレキサンド》によってデッキから特殊召喚することもでき、最上級モンスターながら使いやすい。

悪魔族の儀式モンスターと併用すれば《ダーク・コーリング》と《E-HERO ダーク・ガイア》が隠し味になってくれます。

-.《ジェムナイト・ラズリー》

星1/地属性/岩石族/ATK 600/DEF 100
①:このカードが効果で墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

効果で墓地に送られた場合、墓地の通常モンスター1体を手札に加えるモンスター

儀式召喚も効果による墓地送りなので問題なく効果を発動できます。

このカードをそのまま引いてしまうと少しジャマなので、

●無駄なく《ジェムナイト・ファントムルーツ》に繋げられるように構築する

●《ブリリアント・フュージョン》で落とす専用サルベージとして1枚だけ採用する

のどちらかを選んでおけばOKです。

レベル6

7.《聖刻龍ートフェニ・ドラゴン》

星6/光属性/ドラゴン族/ATK2100/DEF1400
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。
このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

リリースされることで、手札・デッキ・墓地からドラゴン族通常モンスターを攻守0にして特殊召喚できるモンスター

「聖刻」はこの共通効果をもつため儀式召喚と相性がいいです。同じくレベル6には《聖刻龍ーシユウドラゴン》がいます。

《招集の聖刻印》でデッキから手札に加えることができるため、確保も容易です。

ランク6を出しやすいデッキになるため、《セイクリッド・トレミスM7》をエクシーズ召喚でき、墓地の儀式モンスターや自身を回収できます。

安定した軸になれる便利なカードです。

相性のよいレベル6ドラゴン族の通常モンスター

8.《死王リッチーロード》

星6/闇属性/アンデット族/ATK2400/DEF1200
このカードをアドバンス召喚する場合、リリースするモンスターは闇属性モンスターでなければならない。
①:このカードが効果でリリースされ墓地へ送られた場合に発動する。
墓地のこのカードを手札に加える。

召喚条件はデメリットなので無視します

注目するのは①の効果で、他のカード効果でリリースされ墓地に送られた場合、持ち主の手札に戻る効果を持ちます。

この効果は儀式召喚に使用しても手札に戻ります。

つまり、手札で儀式素材に使うとすぐに墓地から手札に戻ってくるカードになります。

アンデット族なので《ゴブリンゾンビ》などから手札に加えることができます。

6軸【リチュア】など連続して儀式召喚するデッキや変わったデッキのお供にいかがでしょうか?

9.《クリフォート・アーカイブ》&《クリフォート・ゲノム》

星6/地属性/機械族/ATK2400/DEF1000
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:自分フィールドの「クリフォート」モンスターの攻撃力は300アップする。
【モンスター効果】
①:このカードはリリースなしで召喚できる。
②:特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
③:通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
④:このカードがリリースされた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

星6/地属性/機械族/ATK2400/DEF1000
【Pスケール:青9/赤9】
①:自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:相手フィールドのモンスターの攻撃力は300ダウンする。
【モンスター効果】
①:このカードはリリースなしで召喚できる。
②:特殊召喚またはリリースなしで召喚した
このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。
③:通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。
④:このカードがリリースされた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

それぞれリリースされた場合に効果を発動できるモンスター

●フィールドのモンスター1体をバウンス

●フィールドの魔法・罠を1枚破壊

ペンデュラムモンスターですが、儀式素材に使う場合は手札から素材にするので墓地に送られることが多くなります。

「クリフォート」サポートと相性が悪いものの、幸いステータスが2400/1000なので【帝】のサポートを受けることも可能です。

《冥帝エレボス》と《帝王の烈旋》他多数の「帝王」カードを採用して繰り返し使える儀式素材として使うのも面白いセットです。

レベル7

・レベルが奇数なので少し構築が難しいのが特徴

10.《疾走の暗黒騎士ガイア》

星7/光属性/戦士族/ATK2300/DEF2100
「疾走の暗黒騎士ガイア」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリリースなしで召喚できる。
②:リリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
③:このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「カオス・ソルジャー」モンスター1体を手札に加える。

儀式魔法をサーチできる《混沌の場》と相性がよく、発動時にサーチできます。

なかでもリリースなしで召喚できるこのカードが使いやすく、リリースされた場合にも「カオス・ソルジャー」モンスターをサーチできます。

便利な《カオス・ソルジャー-開闢の使者-》を手札に加えればよいでしょう。

ランク7も狙いやすく、手札事故率も抑えられるため優秀なカードです。

11.《オーバーテクス・ゴアトルス》

星7/闇属性/恐竜族/ATK2700/DEF2100
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の恐竜族モンスター5体をデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊し、その発動を無効にし破壊する。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「進化薬」魔法カード1枚を手札に加える。

相手の魔法・罠が発動した時、手札・フィールドの恐竜族1体を破壊し、その発動を無効にし破壊するモンスター

召喚条件は極めて難しいものの後述する《究極進化薬》によりデッキからの特殊召喚がしやすいモンスターです。

効果で墓地に送られた場合、「進化薬」1枚をサーチすることができるため、儀式素材にすると効果を発動することができます。

単体でも使いやすく、手札にきても儀式素材として使いやすいモンスターとして出張させることができます。

-.《究極進化薬》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・墓地から、恐竜族モンスターと恐竜族以外のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。
手札・デッキからレベル7以上の恐竜族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

2枚採用しておけば十分です。

他の恐竜族は《魂喰いオヴィラプター》や《怒炎壊獣ドゴラン》などを採用しておけばOK!

12.「星杯」セット

星5/闇属性/機械族/ATK   0/DEF   0
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
②:通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

星2/光属性/天使族/ATK 100/DEF2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

【星杯】との混合デッキになります。

必然的にリンク召喚も得意なデッキになります。

上記の2体は自力で手札に同名モンスターを加えることができるため、安定して儀式素材に使えます。

2体だけではうまく効果も活かせないので、デッキにあった「星杯」通常モンスターも入れるとより安定します。

レベル8

・主力となる儀式モンスターが多く存在します

・全体的に重いモンスターが多いので通常モンスターを使ったほうが安定します。

13.《闇黒の魔王ディアボロス》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2000
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
③:自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

自分フィールドの闇属性がリリースされた場合、手札・墓地から特殊召喚できるモンスター

相手にリリースされず、効果の対象にもならないため場もちも良く単体での性能もかなり高いモンスターです。

複数のこのモンスターをフィールド・墓地に揃えることでレベル8の儀式素材として安定して使うことができます。

《ドラゴン・目覚めの旋律》により複数のサーチが可能で《トレード・イン》の採用がしやすくなります。

14.《ブロックドラゴン》&「十二獣」セット

星8/地属性/岩石族/ATK2500/DEF3000
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
「ブロックドラゴン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの岩石族モンスターは戦闘以外では破壊されない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。

フィールドから墓地に送られた場合に、デッキから岩石族モンスターを合計レベルが8になるように3体まで選んで手札に加えることができます。

レベル4×2でもよく、1枚《ブロックドラゴン》をサーチしてもよい便利な効果です。

しかし、手札・墓地から地属性モンスターを3体除外しないと特殊召喚できないので「十二獣」を採用します。

「十二獣」エクシーズモンスターでコストを賄うことができ、相性がよいです。

1枚《ブロックドラゴン》を墓地に送ることができれば、儀式素材に困ることもありません。

前述した「ジェムナイト」と共に採用するのもありです。

15.「ジャックナイツ」2種

《紫宵の機界騎士》による効果で《紺碧の機界騎士》をサーチし、儀式素材に使うセット

単体でも特殊召喚しやすく、ステータスも中々あるのでランク8などで戦線維持することもしやすいです。

「ジャックナイツ」専用魔法《機界騎士の機憶》によりフィールド・手札に用意することも簡単なので扱いやすいセットです。

どちらも3枚ずつ採用して《トレード・イン》も採用しておけば手札事故防止にもなります。

まとめ

近年の儀式モンスターは儀式素材にしやすいモンスターも合わせて収録されることが多く、それほど素材に困るといった印象は受けません。

なので、ここで紹介したモンスターはカテゴリ外の儀式モンスターを補強するモンスターとして活躍します。

消費の激しい【儀式召喚】ですが、癖になる魅力があるのでぜひ《ハングリーバーガー》みたいな変なモンスターも降臨させてみて下さい!

《高等儀式術》で素材に使いやすい通常モンスターはこちらからどうぞ!

《高等儀式術》でどんな通常モンスターを使おうかな?迷ったときにとりあえず使える便利なモンスターを紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ああああ より:

    ・儀式モンスターのレベルと素材のレベルは同じにするorその1/2にする

    レベル1モンスター8体とかはできないんですか?

    • Librarian より:

      できますよ!
      ただ、レベル1のモンスター8体を使ってレベル8を儀式召喚しようとすると現実的にかなり難しいです。
      ちょっと言葉足らずな書き方でしたね!後で修正しておきます
      コメントありがとうございました!