【最大20%OFF!】BOX・サプライを予約するなら?

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

【地属性】汎用サポート集

地属性に関係するモンスターはとても充実しています

魔法・罠のカードはなぜか汎用性に乏しい

/所要時間5分

【地属性】サポート集

 

地属性ならどんな種族でも使えるカードを集めました。(一部条件あり)

できるだけ使いやすいカードを紹介します。

 

スポンサーリンク

モンスター

《ギガンテス》

星4/地属性/岩石族/ATK1900/DEF1300
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から地属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 

墓地の地属性を1体除外して特殊召喚できるモンスター

戦闘破壊されると、魔法・罠を全て破壊します。

 

地属性の特殊召喚しやすいモンスターのため、「ナチュル」シンクロモンスターに繋げやすい利点があります。

 

また、《ミセス・レディエント》のリンク召喚にも使えたり、ランク4の素材に使えたりと器用に使うことができます。

 

地属性のデッキでは堅実な働きを見せてくれます。

同じ使い方ができる《岩の精霊タイタン》も存在するため4枚目以降を採用することも可能です。

 

《干ばつの結界像》

星4/地属性/岩石族/ATK1000/DEF1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに地属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

 

地属性以外の属性の特殊召喚を封じる効果をもつ

 

地属性主体のデッキを組めば、制約を味方に戦うことができます。

攻守が低いため、そのまま戦闘破壊されやすい。守る手段が欲しいところ。

 

《同胞の絆》を使うと、同じくメタ性能の高い《フォッシル・ダイナ・パキケファロ》や「コアキメイル」モンスターを特殊召喚することもできます。

 

《楽天禍カルクラグラ》

星8/地属性/天使族/ATK2600/DEF 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の地属性モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキからモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 

地属性モンスターが戦闘・相手の効果で破壊された場合、手札から特殊召喚できるモンスター

その後、デッキからモンスター1体を墓地へ送れます。

 

《おろかな埋葬》を内蔵しているモンスターとしては打点が高く、比較的出しやすい。

ステータスを活かした採用は難しいですが、覚えておいて損はないカードです。

 

《幻水龍》

星8/水属性/ドラゴン族/ATK1000/DEF2000
自分フィールド上に地属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法による「幻水龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

 

地属性モンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

水属性ドラゴン族と比較的珍しい組み合わせです。

 

地属性は扱いやすいレベル8モンスターが多く、このモンスターと合わせてランク8を作ることも容易。

《リンク・スパイダー》などを用いて単純に頭数を増やし、《混沌の戦士 カオスソルジャー》のリンク召喚も簡単に狙えます。

 

《ブロックドラゴン》

星8/地属性/岩石族/ATK2500/DEF3000
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
「ブロックドラゴン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの岩石族モンスターは戦闘以外では破壊されない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。

 

手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合に手札・墓地から特殊召喚できるモンスター

 

岩石族に関する効果を2つ持っていますが、使いやすい岩石族も多いので地属性デッキへ出張させることができます。

 

②のフィールドから墓地へ送られた場合に発動する効果は、リンク素材に使っても発動します。

《ギガンテス》などと併用すると連続リンク召喚も可能になります。

 

墓地へ送ることができれば、何度も蘇生できるため優秀です。

 

《地霊神グランソイル》

星8/地属性/獣戦士族/ATK2800/DEF2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の地属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚できる。
このカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

 

墓地の地属性が5体ちょうどの場合のみ特殊召喚できるモンスター

特殊召喚に成功すると《死者蘇生》と同じ効果を発動します。

 

ただし、このカードがフィールドを離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップするので、できるだけ特殊召喚したターンに勝負を決めてしまいたい。

 

エクシーズ素材にするとこの制約を回避することができます。

このカードを使う場合は一緒にレベル8のモンスターを採用しておくと使いやすくなります。

 

コンボ抜きで考えても「霊神」の中では特殊召喚しやすく、使いやすいモンスターです。

 

《真竜皇リトスアジムD》

星9/地属性/幻竜族/ATK2500/DEF2300
「真竜皇リトスアジムD」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、地属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、地属性モンスター2体を破壊した場合、相手のエクストラデッキを確認してその中からモンスターを3種類まで選んで除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から地属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

地属性を含むモンスターを手札・フィールドから2体破壊することで、特殊召喚できるモンスター

地属性モンスターを2体破壊すると相手のエクストラデッキを3枚除外することもできます。

 

地属性は比較的デッキへ多く入れやすいので、追加効果も狙いやすい。

破壊する効果を活かした採用をすると輝きます。

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスター

《ナチュル・ビースト》

星5/地属性/獣族/ATK2200/DEF1700
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、デッキの上からカードを2枚墓地へ送る事で、魔法カードの発動を無効にし破壊する。

 

相手の魔法カードの発動を無効にする強力なシンクロモンスター

発動制限がないため、何度も無効にできます。

 

魔法カードが使えない影響は大きく、相手の行動を著しく制限することができます。

儀式召喚・融合召喚・ペンデュラム召喚をこのカード1枚で止めることも可能です。

 

ステータスが心もとないので、除去カードなどを伏せておくとより効果的。

 

《ナチュル・パルキオン》

星6/地属性/ドラゴン族/ATK2500/DEF1800
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
①:罠カードが発動した時、自分の墓地のカード2枚を除外して発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、その発動を無効にし破壊する。

 

墓地のカード2枚を除外することで、罠カードの発動を無効にするモンスター

こちらも発動制限がありません

 

《ナチュル・ビースト》に比べると、罠カードの採用がそもそも少ないため抑止力としては劣りますが、不意に出されると困るのも事実。

 

【活路エクゾ】など特殊なデッキと対戦する際の突破口にすることもできるので、やはり侮れない。

 

《ゴヨウ・ガーディアン》

星6/地属性/戦士族/ATK2800/DEF2000
地属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 

レベル6シンクロとしては高い攻撃力をもつため、アタッカーとして採用できます。

 

戦闘破壊したモンスターを自分フィールドに特殊召喚することもできます。

リンクモンスターを特殊召喚できないのが残念ですが、奪ったモンスターは各種素材に使ってしまいましょう。

 

地属性のデッキでは安定したアタッカーとして活躍してくれます。何度も蘇生させるのもいいでしょう。

《ミセス・レディエント》

地属性/獣族/ATK1400/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

地属性2体で出せるリンクモンスター

リンクマーカーが両斜め下なので、展開に向いています。

 

リンク召喚する方法は様々あり、地属性以外のデッキでも使いやすい。

中でも《スケープ・ゴート》から出せるのが大きく、簡単にリンク召喚できます。

 

全ての地属性のモンスターの攻撃力を500アップするのも侮れず、1ショットキルにも貢献します。

 

破壊された場合には、地属性のモンスターを1体墓地から回収できるので、《増殖するG》などのカードも加えることができます。

 

無駄なく召喚条件や効果が噛み合っているため、地属性では重宝するカードです。

 

《崔嵬の地霊使いアウス》

地属性/魔法使い族/ATK1850/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。

 

地属性1体以上を含むモンスターでリンク召喚できるモンスター

相手の墓地の地属性1体を自身のリンク先へ特殊召喚できます。

 

《増殖するG》や《ダイナレスラー・パンクラトプス》など地属性には汎用性の高いカードが数多く存在するため奪うのも難しくなく、リンク3へ簡単に繋げることができます。

このカードが戦闘・相手の効果で破壊された場合、[DEF1500以下]のモンスター1体をサーチすることもでき、大抵の地属性へアクセスできるのも魅力です。

 

スポンサーリンク

魔法・罠

紹介したいのですが、ほとんど汎用的なカードがありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

地属性の汎用的なサポートはいずれも粒ぞろい。

採用するデッキによっては無類の強さを見せるカードも多いです。

 

魔法・罠も充実するといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました