スポンサーリンク

【光属性】汎用サポート集

もう少し使いやすいカードが欲しい【光属性】

採用する理由をしっかり考えると便利です

※4/15 《ハイパースター》追記

/所要時間5分

【光属性】サポート集

光属性ならどんな種族でも使えるカードを集めました。

できるだけ使いやすいカードを紹介します。

モンスター

《オネスト》

星4/光属性/天使族/ATK1100/DEF1900
①:自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
②:自分の光属性モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

②の効果で自分の光属性モンスターが戦闘を行う際、このカードを手札から捨てることで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分エンドフェイズまで攻撃力を上げる効果をもつ

奇襲性が高く、光属性のモンスターが攻撃表示でいるだけで、相手はこのカードを警戒する必要があります。

光属性のデッキでもテーマ内のカードで構成して、このカードは採用されなくなってきたことから、奇襲性はさらに上がっています。

②の効果を発動すると直接攻撃と同じ分のダメージを与えることができます。

《カオスソルジャー-開闢の使者-》など連続攻撃ができるモンスターに発動すると、よりダメージ効率が良くなります。

使い勝手は昔とあまり変わらないため、今なお【光属性】の代表的サポートとして君臨し続けています。

このカードの発動タイミングについて

基本的に発動するタイミングはダメージ計算前

このタイミングでは複数のチェーンブロックを形成することができるので、相手モンスターのステータスが増減した場合は、チェーンせずに効果処理が終わった後、改めて《オネスト》を発動すると効果的です。

つまり、後出しした方が有利になります。

《曙光の騎士》

星4/光属性/戦士族/ATK1400/DEF1200
フィールド上のこのカードが墓地へ送られた場合、デッキから光属性モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
また、このカードがデッキから墓地へ送られた場合、自分の墓地の光属性モンスター1体を選択してデッキの一番上に置く。
「曙光の騎士」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

前半の効果はコストに使ったり、リンク素材などに使っても、タイミングを逃さずに発動できます。

墓地に送ると効果のある主な光属性

・《超電磁タートル》

・《妖精伝姫シラユキ》

・《ライトロード・アーチャー フェリス》

・《Emトリック・クラウン》

・《魔轟神ソルキウス》

・《天空聖騎士アークパーシアス》

など

デッキから墓地に送られた場合に、墓地の光属性モンスターをデッキの一番上に置く効果は強制効果

【ライトロード】などで使うと暴発する可能性があります。

再利用するカードは光属性なら何でもありですが、《守護神官マハード》などを使うと盛り上がるでしょう。

デッキから直接このカードを墓地に送るカードは、《マスマティシャン》や《超戦士の萌芽》などがあります。

《閃光の結界像》

星4/光属性/天使族/ATK1000/DEF1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに光属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

光属性以外の属性の特殊召喚を封じる効果をもつ

光属性主体のデッキを組めば、制約を味方に戦うことができます。しかし、攻守が低いのでそのまま戦闘破壊されやすいので守る手段が欲しいところ。

レベル4光属性天使族は層が厚いので、《同胞の絆》を使いやすいのもメリットです。

《轟雷帝ザボルグ》

星8/光属性/雷族/ATK2800/DEF1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊する。
破壊したモンスターが光属性だった場合、その元々のレベルまたはランクの数だけ、お互いはそれぞれ自分のEXデッキからカードを選んで墓地へ送る。
このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

アドバンス召喚するとモンスターを破壊し、光属性モンスターだった場合、そのレベルかランクの数だけお互いのEXデッキを破壊する効果をもつ

光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚すると相手のEXデッキを自分が破壊できるようになります。

破壊する対象はこのカード自体でもいいので、8枚分のEXデッキ破壊ができます。

自身以外では《壊星壊獣ジズキエル》を送りつけて破壊すると有効です。

EXデッキから墓地に送られて効果があるモンスター

・《旧神ヌトス》

・《捕食植物キメラフレシア》

・《PSYフレームロード・Ω》

・《虹光の宣告者》

・「シャドール」融合体

・「ゴーストリック」エクシーズ

など

大量に墓地にモンスターを送ることができるので、《覇王龍ズァーク》や《RUM-千死蛮巧》など派手なコンボに繋げることもできます。

《ライトレイ ダイダロス》

星7/光属性/海竜族/ATK2600/DEF1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが4体以上の場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上のカード2枚とフィールド魔法カード1枚の合計3枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

墓地の光属性モンスターの数が4体以上の場合のみ特殊召喚できるモンスター

他の上級「ライトレイ」モンスターよりこのカードは特殊召喚しやすく、使いやすい効果を持っています。

フィールド魔法を含むフィールドのカードを3枚破壊することができます。

フィールド魔法を使うデッキは多いので、相手のみに大打撃を与えることも可能です。

《盆回し》で送りつけたフィールド魔法を破壊できると効果的です。

《歯車街》や《KYOUTOU ウォーターフロント》など、破壊された場合効果を発動できるフィールド魔法や破壊耐性を持つフィールド魔法と相性がよく、存分に効果を活かすことができます。

《ガーディアン・オブ・オーダー》

星8/光属性/戦士族/ATK2500/DEF1200
自分フィールド上に光属性モンスターが2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
「ガーディアン・オブ・オーダー」は、自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

展開力のある光属性デッキでは採用できるカード

どちらかと言うと駄目押しになる一枚

【ギャラクシー】などではランク8の素材としても活躍してくれます。

《竜姫神サフィラ》

星6/光属性/ドラゴン族/ATK2500/DEF2400
「祝祷の聖歌」により降臨。
「竜姫神サフィラ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが儀式召喚したターンのエンドフェイズ及び、このカードがモンスターゾーンに存在し、手札・デッキから光属性モンスターが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分はデッキから2枚ドローする。
その後、手札を1枚捨てる。
●相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ捨てる。
●自分の墓地の光属性モンスター1体を選んで手札に加える。

光属性モンスターが手札・デッキから墓地へ送られると様々な効果を発動するモンスター

工夫すれば相手ターンにも使うことができます。

《オネスト》や《エフェクト・ヴェーラー》、《幽鬼うさぎ》などのモンスターと相性がよく何度も効果を活かすことができます。

ドロー、ハンデス、サルベージと発動できなくて困る場面はないでしょう。

儀式モンスターなのでどのデッキにも採用できるカードではありませんが、十分構築に組み込む余地があるカードです。

EXデッキのモンスター

《ジェムナイト・セラフィ》

星5/地属性/天使族/ATK2300/DEF1400
「ジェムナイト」と名のついたモンスター+光属性モンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えてモンスター1体を通常召喚できる。

「ジェムナイト」と光属性モンスターの融合体

召喚権を1度増やすことができます。

このカードは大体《ブリリアント・フュージョン》で融合召喚されます。

《ブリリアント・フュージョン》はデッキから融合素材を墓地に送って融合召喚できるので、少量の「ジェムナイト」を採用すると、任意の光属性モンスターを墓地に送ることができます。

召喚権を増やす効果もとても便利な効果なので、多少デッキと関係のないカードを入れても、メリットを優先する場合では重宝するカードです。

《ライトロード・アーク ミカエル》

星7/光属性/ドラゴン族/ATK2600/DEF2000
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
1ターンに1度、1000ライフポイントを払って発動できる。
フィールド上のカード1枚を選択して除外する。
このカードが破壊された時、このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」と名のついたモンスターを任意の数だけ選択して発動できる。
選択したモンスターをデッキに戻し、自分は戻した数×300ライフポイント回復する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

主に使うのはカードを1枚除外する効果と墓地肥やしの効果

光属性主体のデッキでは汎用シンクロモンスターとして扱うことができます。

優秀な除去として活躍してくれます。

《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》

星7/光属性/天使族/ATK2100/DEF2000
光属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のライフポイントが相手より多い場合、このカードの攻撃力はその差の数値分アップする。
自分のライフポイントが相手より少ない場合、このカードの攻撃力はその差の数値分ダウンする。
また、このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、1000ライフポイントを払う事でこのカードを墓地から特殊召喚する。

相手とのLPの差分攻撃力を増減するモンスター

優勢時では攻撃力4000を超えることは珍しくなく、追撃の一手として非常に優秀です。

ライフによって左右される不安定さはありますが、レベル7シンクロとしてはかなり1ショットキルに長けたモンスターなので余裕があれば採用しておきたい1枚です。

《輝光子パラディオス》

ランク4/光属性/戦士族/ATK2000/DEF1000
光属性レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、その効果を無効にする。
②:フィールドのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

相手モンスターの効果を無効にして、攻撃力を0にする効果と相手によって破壊され墓地に送られた場合1ドローする効果をもつ

光属性レベル4には《フォトン・スラッシャー》や《Emトリック・クラウン》などがいるため、エクシーズ召喚自体はしやすい。

ランク4には《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》など、このカードより強力なモンスターは多いのですが、いくつもの役割を兼任できる点においてこのカードは優っています。

エクストラデッキの節約ができるので採用する余地はあります。

《武神帝ーツクヨミ》

ランク4/光属性/獣戦士族/ATK1800/DEF2300
光属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
手札を全て墓地へ送り、デッキからカードを2枚ドローする。
また、このカードが相手のカードの効果によってフィールド上から離れた時、その時にこのカードが持っていたエクシーズ素材の数まで、自分の墓地からレベル4の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターを選択して特殊召喚できる。
「武神帝-ツクヨミ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

手札を全て墓地へ送り、2枚ドローする効果をもつモンスター

発動するには手札を1枚以上持っておく必要があります。

手札増強ができるランク4は貴重なのでドローしたいデッキや手札から墓地に送りたいカードがあるデッキでは使いやすくなります。

【テラナイト】や【ABC】など【武神】以外でも幅広く使われています。

《セイクリッド・プレアデス》

ランク5/光属性/戦士族/ATK2500/DEF1500
光属性レベル5モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

1ターンに1度フリーチェーンのバウンスができるモンスター

攻防一体の使いやすさが魅力で、レベル5の光属性を採用する際には必ず選択肢に入ります。

【セイクリッド】以外にも「機界騎士」「ギャラクシー」「アーティファクト」「サイバー・ドラゴン」などのカードを使う際はぜひお試しあれ。

《ハイパースター》

光属性/天使族/ATK1400/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
光属性モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの光属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、闇属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

属性リンクの光属性版

光属性の全体強化と墓地回収効果を備えています

光属性は《創造の代行者ヴィーナス》や《フォトン・サンクチュアリ》での展開でこのカードを簡単にリンク召喚することができます。

他にも「トリックスター」を採用して、②の効果も合わせて安定してリンク先を確保する使い方もよさそうです。

魔法・罠

《救援光》

800ライフポイントを払い、ゲームから除外されている自分の光属性モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを手札に加える。

除外されている光属性モンスターを1体手札に加えるカード

光属性を除外する方法は主にコストなので、狙って発動するには少し時間がかかります。

《D・D・R》などで特殊召喚できないモンスターや《朱光の宣告者》など手札に持っておくことが大事なカードを優先して回収できるといいです。

《フォトン・サンクチュアリ》

このカードを発動するターン、自分は光属性モンスターしか召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
①:自分フィールドに「フォトントークン」(雷族・光・星4・攻2000/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは攻撃できず、S素材にもできない。

光属性レベル4雷族のトークン2体を特殊召喚するカード

このカードを発動するターンは光属性しか召喚・反転召喚・特殊召喚できません。

一応、他の属性でもセットはできます。

トークンは主にアドバンス召喚の素材かリンク素材に使います。

《光と闇の竜》や《轟雷帝ザボルグ》など最上級の光属性モンスターを補佐できるのは頼もしいかぎり。

何かと便利なカードとして活躍します。

《フォトン・ベール》

自分の手札から光属性モンスター3体をデッキに戻し、自分のデッキから光属性・レベル4以下のモンスターを3体まで手札に加える事ができる。
2体以上手札に加える場合は、全て同名モンスターでなければならない。

手札の光属性モンスターを3体デッキへ戻し、レベル4以下の光属性モンスターを同名モンスターであれば3枚まで手札に加えることができるカード

そもそも発動するのが難しいのですが、このカードで手札に加えたいカードが少ないのも少々問題です。

戻すカードの調達には《イーバ》や《サンダー・ドラゴン》、「おジャマ」などが適任です。

サーチするカードは《オネスト》や《電池メンー単四型》、《バランサーロード》などがいいのではないでしょうか?

手札コストを稼ぐことのできる光属性デッキでは候補になります。

《フォトン・リード》

手札からレベル4以下の光属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。

光属性レベル4以下専用の《二重召喚》と《ライバル・アライバル》を混ぜたようなカード

速攻魔法ゆえに発動タイミングが豊富な面において差別化ができます。

バトルフェイズ中に手札に加えたモンスターで追撃したり、自分のエンドフェイズに加えたモンスターを相手メインフェイズに特殊召喚することなどができます。

他にも不意に《ライオウ》や《昇霊術師ジョウゲン》などのモンスターを特殊召喚できれば効果的です。

《光の召集》

自分の手札を全て墓地へ捨てる。
その後、この効果で墓地へ捨てた枚数分だけ自分の墓地から光属性モンスターを選んで手札に加える。

自分の手札を全て捨てて、その後捨てた枚数分の光属性モンスターを墓地から回収するカード

小回りが利かない効果ですが、墓地へ送られた場合に発動する光属性モンスターの効果を発動した後、すぐに手札に戻すことができます。

該当するカードは《イーバ》や《和魂》、「魔轟神」などがあります。

ただし、相手に手札を全て知られてしまう間接的なデメリットがあるのでその点は注意です。

ちなみに手札を捨てるのはこのカードの効果です。よって「暗黒界」の効果を発動させることができます。

《光霊術-「聖」》

自分フィールド上の光属性モンスター1体をリリースし、ゲームから除外されているモンスター1体を選択して発動できる。
相手は手札から罠カード1枚を見せてこのカードの効果を無効にできる。
見せなかった場合、選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。

光属性1体をリリースし、相手に手札から罠を見せられなかった場合、除外からモンスター1体を特殊召喚できるカード

不安定ながらも罠が手札にある状況は少なく、除外から特殊召喚するカードとして扱えます。

ただし《レッド・リブート》など手札から発動するための罠も増えているため過信は禁物。

まとめ

光属性のサポートは少し癖のあるカードが多いです。

考えなしに採用することはできませんが、光属性テーマの混合デッキなどで活躍してくれます。

【PR】おすすめの通販サイト

スマートフォン対応で使いやすく、他では中々見つからないレアリティも豊富に揃えているサイトさんです。

まとめて買いたい時におすすめです!

スポンサーリンク