【闇属性】汎用サポート集

遊戯王からは切っても切り離せない【闇属性】

他の属性に比べ、圧倒的に汎用性が高いです

※4/11 《見習い魔嬢》追記

/所要時間7分

【闇属性】サポート集

闇属性ならどんな種族でも使えるカードを集めました。

できるだけ使いやすいカードを紹介します。

モンスター

《終末の騎士》

星4/闇属性/戦士族/ATK1400/DEF1200
①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

闇属性サポートの代名詞

闇属性モンスターを1体墓地に送ります。

墓地を利用する闇属性デッキならありとあらゆるデッキに採用でき、初動から終盤まで活躍してくれます。

墓地で効果を発動する闇属性モンスターはあまりにも多いのでここで全てを紹介することはできません。

主要なモンスターを紹介します。

・「シャドール」

・「儀式魔人」

・《絶対王バック・ジャック》

・《ゾンビキャリア》

・《エッジインプ・シザー》

・《覇王眷竜ダークヴルム》

・《BF-精鋭のゼピュロス》

・《D-HERO ディアボリックガイ》

・《亡龍の戦慄-デストルドー》

・《ゼータ・レティキュラント》

このモンスターの効果は時の任意効果なのでタイミングを逃すことがあります。

チェーン2以降に特殊召喚しないように注意です!

《ダーク・グレファー》

星4/闇属性/戦士族/ATK1700/DEF1600
①:このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

同じく闇属性のモンスターを墓地へ送る効果

こちらは①②の効果を含め最大3枚墓地へ送ることができます。

手札消費が激しくなりますが、《終末の騎士》にはできない墓地肥やしのスピードが魅力です。

墓地に置きたい闇属性が多い場合はこちらの方が便利な場合が多いでしょう。

《悪王アフリマ》

星4/闇属性/悪魔族/ATK1700/DEF   0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」1枚を手札に加える。
②:自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
この効果を発動するためにこのカード以外の闇属性モンスターをリリースした場合、ドローする代わりにデッキから守備力2000以上の闇属性モンスター1体を手札に加える事ができる。

手札から捨てて《闇黒世界-シャドウ・ディストピアー》をサーチできるモンスター

後述する強力な闇属性フィールド魔法をサーチすることができ、安定した軸として使えます。

また、闇属性1体をリリースして1ドローする効果も備えており、自身以外をリリースすると守備力2000以上の闇属性1体をサーチできます。

このカードは《悪夢再び》に対応しており、《ジェスター・コンフィ》と併用することで、サーチ効果を十分に活かすことができます。

②の効果でサーチするモンスターは後述する《闇黒の魔王ディアボロス》か《ダーク・クリエイター》あたりが候補になります。

※この効果で《闇黒の魔王ディアボロス》を手札に加えた場合、そのまま《闇黒の魔王ディアボロス》を手札から特殊召喚することができます。

《悪魔嬢リリス》

星3/闇属性/悪魔族/ATK2000/DEF   0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
②:自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

フリーチェーンで闇属性1体をリリースし、デッキから選択した3枚の通常罠のうち1枚をランダムでセットするモンスター

闇属性サポートである「デッキ破壊ウィルス」とセットで使うことで安定してウィルスを撒き散らすことができます。

自身も通常召喚とセットを使い分けることでウィルスの媒体に使いやすいようになっています。

他の通常罠もセットできるため、このカードを採用する場合は通常罠を多めに採用するといいでしょう。

このカードを組み込んだデッキは《無限泡影》や《絶対王バック・ジャック》などとも相性抜群です。

《影王デュークシェード》

星4/闇属性/悪魔族/ATK 500/DEF2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
①:自分フィールドの闇属性モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力はリリースしたモンスターの数×500アップする。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

自分フィールドの闇属性を任意の数リリースして手札から特殊召喚できるモンスター

攻撃力をその数×500アップできます。

主に後述する《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》との併用をもとに効果デザインされています。

相手モンスター1体をリリースして特殊召喚できるならば非常に強力です。

召喚・特殊召喚に成功した場合、墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を手札に加えることもできるため、優秀です。

闇属性は墓地からの蘇生を得意とするため、手札に欲しい《ダーク・アームド・ドラゴン》や《機動要犀 トリケライナー》などを戻すと便利に使えます。

《ダーク・アームド・ドラゴン》

星7/闇属性/ドラゴン族/ATK2800/DEF1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できる。
①:自分の墓地の闇属性モンスター1体を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

10年経過しても未だ制限に居座る闇属性の誇るパワーカード

墓地の闇属性モンスターが3体ちょうどの場合のみ特殊召喚できます。

自分の墓地の闇属性モンスターを1体を除外してフィールドのカードを破壊できます。

発動制限がないので、1ターンに何度も使えます。

自身のステータスも相まって1ショットキル性能が非常に高いカードです。

制限カードのため、安定はしませんがデッキに採用すると頼りになります。

このカードを1ショットキルに使いたい場合は、後述する《魔導契約の扉》や《黒き森のウィッチ》でデッキから手札に加えるといいでしょう。

中盤以降に特殊召喚するには工夫が必要ですが、無理して狙わずに手札コストにすればいいでしょう。

今でもその強さは色褪せることはありません。

《ダーク・クリエイター》

星8/闇属性/雷族/ATK2300/DEF3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、自分の墓地の闇属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合、墓地の闇属性が5体いれば特殊召喚できるモンスター

枚数が多いですが、展開力のあるデッキなら問題なく特殊召喚できます。

墓地の闇属性モンスター1体を除外し、墓地の闇属性モンスターを1体特殊召喚できます。

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》や《堕天使スペルビア》などを特殊召喚すればさらに展開も可能です。

このカードの特殊召喚に成功した場合はなるべく1ショットキルまで繋ぎたい。

失敗してもランク8も狙うことができます。

一度正規の方法で特殊召喚していれば、墓地・除外から特殊召喚することができ、2枚目以降の同名カードと一気に展開することができます。

《闇霊神オブルミラージュ》

星8/闇属性/悪魔族/ATK2800/DEF2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
②:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。

墓地に闇属性が5体の場合のみ特殊召喚できるモンスター(他の属性は存在しても可)

特殊召喚に成功した場合、攻撃力1500以下のモンスター1体をサーチすることができます。

即効性のある《クリッター》とも呼べるモンスターでフィニッシャーというよりサポート向け。

サーチ先は広すぎて例があげられませんが、様々な展開に使うことができるでしょう。

《堕天使ゼラート》

星8/闇属性/天使族/ATK2800/DEF2300
自分の墓地に闇属性モンスターが4種類以上存在する場合、このカードは闇属性モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:手札から闇属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
②:このカードの①の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。

リリース軽減効果もありますが、特殊召喚方法が豊富なので、基本特殊召喚でフィールドに出します。

①の効果で、手札の闇属性モンスターを墓地へ送って《サンダー・ボルト》を打つ効果

相手フィールドのモンスターを全て破壊します。

《ダーク・クリエイター》などから特殊召喚して、①の効果に繋げれば、かなりのダメージを期待できます。

②の自壊する効果はエクシーズ素材やリンク素材にして回避しましょう。

《怨邪帝ガイウス》

星8/闇属性/悪魔族/ATK2800/DEF1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを除外し、相手に1000ダメージを与える。
除外したカードが闇属性モンスターカードだった場合、そのコントローラーの手札・デッキ・エクストラデッキ・墓地から同名カードを全て除外する。
このカードが闇属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●この効果の対象を2枚にできる。

闇属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚した場合、2枚までフィールドのカードを除外することができます。

リリースに余裕のあるデッキにしか採用できませんが、重さに見合った効果を持っています。

「帝王」カードによる補佐ができるので、思っているより使いやすいカードです。

アドバンス召喚軸のデッキで活躍してくれます。

《闇黒の魔王ディアボロス》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2000
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
③:自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

闇属性1体をリリースして相手の手札1枚をデッキの一番上or下に戻す(相手が決める)モンスター

リリースされず効果対象にならない耐性も持ちます。

①の効果により、自分フィールドの闇属性がリリースされた場合に特殊召喚できるため非常に扱いやすいモンスターです。

自分の闇属性が「壊獣」にリリースされても特殊召喚できるため、「壊獣」メタとしても有効です。

③の効果自体はささやかなものですが、何度も効果を発動していくことでアドバンテージに差をつけることができます。

総じて新たな闇属性の重鎮とも呼べる優れたモンスターです。

《悪王アフリマ》《悪魔嬢リリス》との連携も抜群です。

その他にも《ジュラゲド》や《閃刀姫-レイ》、《キャノン・ソルジャー》など自身をリリースできる闇属性で特殊召喚することも可能なので出張させることもできます。

《融合呪印生物-「闇」》

星3/闇属性/岩石族/ATK1000/DEF1600
①:このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
②:闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター一組(このカードをその内の1体とする)を自分フィールドからリリースして発動できる。
そのリリースしたモンスターを融合素材とする闇属性の融合モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

自身を含むモンスター1組をリリースし、融合素材となる闇属性融合モンスター1体を特殊召喚できるモンスター

①の効果によって融合素材の代用にできるため、《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》や《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》などが比較的使いやすく戦線維持に役立ちます。

また、後述する《闇黒世界-シャドウ・ディストピア》がフィールドにある状態で効果を使うと相手モンスターをリリースしながら特殊召喚できるため、除去としても活躍します。

《捕食植物サンデウ・キンジー》

星2/闇属性/植物族/ATK 600/DEF 200
「捕食植物サンデウ・キンジー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。
②:自分メインフェイズに発動できる。
闇属性の融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

②の効果で闇属性専用の《融合》になることができます。普通に《融合》を採用するより扱いやすく、戦線補強がしやすいです。

使いやすいのは《捕食植物キメラフレシア》と《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の2体です。

どちらも残りの素材は闇属性モンスターで賄えます。

【D-HERO】や【堕天使】、【ギミック・パペット】などほとんどの闇属性デッキのサブアタッカーとして活躍できます。

主軸に使いたいなら《ローンファイア・ブロッサム》など植物族サポートも使うと安定します。

EXデッキのモンスター

《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK2800/DEF2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。
②:1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
③:融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

フィールドの闇属性モンスター2体で融合召喚するモンスター

普通に融合召喚する場合は、《ジャンク・シンクロン》や《バオバブーン》などで簡単に狙うことができます。

①の効果で攻撃力5000前後は見込めるので、突破力がかなり高いカードです。

この効果は対象をとらない効果なので、対象耐性を持ったモンスターでも突破できます。

②の効果は相手のモンスターの効果をコピーできますが、あまり期待はできないため自分から送りつけると有効に使えます。

③は破壊された場合相手の特殊召喚されたモンスター全てを破壊する効果。

相手への牽制になるので心強い効果です。

相手に破壊以外の方法で除去されそうになった場合、自分から破壊することで効果を使えます。

また、《超融合》を採用すると相手の闇属性モンスターで融合できるので意表を突くことができます。

《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK2800/DEF2000
闇属性Pモンスター×2
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:1ターンに1度、このカード以外の自分または相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同じ、元々のカード名・効果を得る。
このターン、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

闇属性ペンデュラムモンスター2体をリリースして特殊召喚できるモンスター

お互いのフィールド・墓地に存在するモンスター1体のカード名・効果をコピーし貫通能力を得るモンスターです。

自身のステータスも高く、非常に多彩なコンボが行えるモンスターです。

闇属性ペンデュラムモンスターは多いため、一つの戦術として狙えるように意識しておくと便利です。

使いやすいコンボ一例

《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》をコピーして、お互いの墓地・フィールドを全てデッキへ戻す。

《M・HERO ダーク・ロウ》

星6/闇属性/戦士族/ATK2400/DEF1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
②:1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。

サーチと墓地利用を妨害するカード

どちらも使わないデッキはほとんどないので影響力は非常に高いです。

《マスク・チェンジ・セカンド》で闇属性なら簡単に変身できます。

制圧モンスターとして簡易的に採用することもできるので便利なモンスターです。

《魔王龍 ベエルゼ》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF3000
闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
また、このカードの戦闘または相手のカードの効果によって自分がダメージを受けた時に発動する。
このカードの攻撃力は、そのダメージの数値分アップする。

戦闘・効果で破壊されないシンクロモンスター

ステータスアップの効果は強制効果です。攻撃力は上がったまま。

強固な守りを実現しながらアタッカーを務めることのできるモンスターです。

《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に突破されず、返しのターンで戦闘破壊できるのも頼もしい限り。

《鳥銃士カステル》などの破壊以外の除去には弱いですが、そこは致し方なし。

直接アドバンテージを得る効果を持ってはいませんが、やすやすと突破されるカードでもないので、新マスタールール以降使いやすくなっているカードです。

《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》

ランク4/闇属性/昆虫族/ATK2500/DEF 800
闇属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、選択したカードはカードの効果では破壊されない。
フィールド上のこのカードが破壊される場合、代わりに選択した自分のカード1枚を墓地へ送る事ができる。

闇属性素材縛りのランク4

X素材を取り除くことで、このカード以外の自分フィールドのカードに破壊耐性を付与します。

セットされているカードも可能です。

耐性はこのカードが存在する間なので、長く維持したいカードというより、相手にとって邪魔になる《虚無空間》などを守るために採用できます。

《見習い魔嬢》

闇属性/魔法使い族/ATK1400/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
闇属性モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの闇属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、光属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

闇属性専用のリンク2

他の属性リンク同様に全体強化と墓地回収効果を備えています。

闇属性は《幻銃士》や《終焉の焔》を始めとしたトークン生成にも長けており、リンク召喚は簡単に行えます。

全体強化と墓地回収は闇属性のビートダウンを加速させるため必ず採用しておきたい1枚です。

魔法・罠

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》

①:フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
②:1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

フィールドの全てのモンスターを闇属性にするカード

特定の属性でまとまったテーマデッキに影響を及ぼします。

このカードは②の効果が強力で、カードの効果を発動するためにリリースするモンスター1体の代わりに、相手のモンスターをリリースすることができます

この効果により、「デッキ破壊ウィルス」などのリリースコストを相手に負担させることで、様々なカードが強力な除去として変貌を遂げます。

主なカード

・《ヴェルズ・オランタ》

・《ヴェルズ・カイトス》

・《エネミー・コントローラー》

・《痛み分け》

・《闇霊術-「欲」》

など

③の効果でお互いのエンドフェイズにリリースされたモンスターの数まで可能な限りトークンを生成することもできます

この効果の使い道は少ないものの、《超融合》などで相手ターンに融合召喚を仕掛けることも視野に入れておくと面白いです。

《闇の誘惑》

①:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

闇属性御用達のドローソース

改めて考えると3枚使える状態は控えめにみても少しおかしいような気がしてきます。

ドローを促進してキーカードを引くために使いますが、手札に闇属性がない場合、手札を全て捨てることになります。

闇属性主体のデッキであれば、デメリットを感じることもないでしょう。

【エクゾディア】など極端な闇属性モンスターを採用しない限りは、どんな闇属性デッキも補強してくれる優れたカードです。

《ダーク・バースト》

①:自分の墓地の攻撃力1500以下の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
その闇属性モンスターを手札に加える。

シンプルな墓地回収カード

あまり触れることもありませんが、制限カードを使い回したりできます。

《終末の騎士》や《マスマティシャン》で墓地に送って、間接的にサーチすることもできます。

闇属性のデッキで繰り返し使いたいカードがある場合は便利でしょう。

《悪夢再び》

①:自分の墓地の守備力0の闇属性モンスター2体を対象として発動できる。
その闇属性モンスターを手札に加える。

守備力0の闇属性2体をサルベージするカード

闇属性では一種のステータスとなっており、守備力0のカードは何かと使いやすい。

戻したターンに使い道がないのはもったいないので、《ジェスター・コンフィ》や《TG ワーウルフ》も追加で採用しておいて、余すことなく使いたい。

《魔導契約の扉》

①:自分の手札から魔法カード1枚を選んで相手の手札に加える。
その後、自分のデッキからレベル7・8の闇属性モンスター1体を自分の手札に加える。

相手に魔法カードを渡すことで、デッキから闇属性レベル7・8のモンスター1体を手札に加えるカード

アドバンテージの差が広がるので、手札に加えたターンのうちにLPを削りきる運用をした方がいいです。

また、似たようなことができる《矮星竜プラネター》よりも即効性があるので使いやすいのが特徴です。

対応する主なモンスター

・《神聖魔導王 エンディミオン》

・《亡龍の戦慄ーデストルドー》

・《ダーク・アームド・ドラゴン》

・《ダーク・クリエイター》

・《破滅竜ガンドラーギガ・レイズ》

・《トーチ・ゴーレム》

《死のデッキ破壊ウィルス》

①:自分フィールドの攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター及び相手の手札を全て確認し、その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。
その後、相手はデッキから攻撃力1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

攻撃力1000以下の闇属性をリリースして、相手の場・デッキから攻撃力1500以上のモンスターを破壊するカード

手札も確認することができます。

全体除去としての性能も十分で、相手に大きな打撃を与えることができます。

しかし、後半のデッキの中のモンスターを3体破壊する効果が厄介で、相手にアドバンテージを与えかねません。

相手に与える全てのダメージも次のターンの終了時まで0になるので、発動タイミングが難しいです。

どのみち戦闘ダメージを与えるのは難しいので、結局は適切なタイミングで発動するのが一番です。

高い攻撃力をもち、墓地をあまり使用しないデッキ相手に使うと効果的です。

《魔のデッキ破壊ウィルス》

自分フィールド上に存在する攻撃力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動する。
相手フィールド上に存在するモンスター、相手の手札、相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、攻撃力1500以下のモンスターを破壊する。

攻撃力2000以上の闇属性モンスターをリリースして、相手の攻撃力1500以下のモンスターを3ターンの間破壊するカード

3ターンの間、ドローしたカードも確認して攻撃力1500以下なら破壊することができます。

影響力があるカードですが、対象が限られているので主な仮想敵は手札誘発のカードです。

他にも攻撃力の低いテーマは壊滅状態まで追い込むことができます。

何も考えずに発動できるカードではありませんが、下級モンスターがキーカードのデッキは山ほどあるので発動機会には困らないでしょう。

発動後、サーチなどで手札に加えられた攻撃力1500以下のモンスターは破壊できないので注意です。

《闇のデッキ破壊ウィルス》

①:自分フィールドの攻撃力2500以上の闇属性モンスター1体をリリースし、カードの種類(魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カード、相手の手札、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内の宣言した種類のカードを全て破壊する。

こちらは魔法か罠のどちらかを3ターンの間、破壊するカード

《魔のデッキ破壊ウィルス》に比べ、要求されるリリースが攻撃力2500以上なので少し重い。

極端に魔法か罠カードが強いデッキが現れた時、このカードで壊滅状態まで追い込むことができます。

闇属性以外のデッキでは《トポロジック・トゥリスバエナ》が媒体にオススメです。

発動は難しいですが、決まれば影響力はかなりのものです。

《影のデッキ破壊ウィルス》

①:自分フィールドの守備力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内の守備力1500以下のモンスターを全て破壊する。

守備力2000以上の闇属性モンスターをリリースして、3ターンの間相手の守備力1500以下のモンスターを破壊するカード

コストは《ゴーストリックの駄天使》や《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などが使いやすく適任です。

守備力を参照するので、多くのデッキが効果範囲に含まれます。

ただし相手がテーマデッキだった場合、守備力をある程度把握していないとあまり効果を期待できません。

上級者が使うと遺憾なくその強さを発揮します。

《悪のデッキ破壊ウィルス》

①:自分フィールドの攻撃力3000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの攻撃力500につき1枚、相手は自身の手札・デッキからカードを選んで破壊する。
このカードを発動するために攻撃力2000以上のモンスターをリリースした場合、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内のモンスターを全て破壊する。
また、このカードの効果で破壊され墓地へ送られているカードは、破壊されたターンには効果を発動できない。

攻撃力3000以下の闇属性1体をリリースし、その攻撃力500につき1枚、相手の手札・デッキのカードを破壊するカード

破壊したカードの効果は1ターン封じることができます。

非常にリリースできるモンスターの範囲は広い反面、考えなしに発動すると相手の墓地肥やしを助長させてしまいます。

《デビル・コメディアン》を使って、相手の墓地除外orこちらの墓地肥やしにするのもいいかもしれません。

攻撃力2000以上の闇属性をリリースした場合は、3ターンの間相手のドローしたモンスターを破壊し続けるためこちらを狙いたい。

他の「デッキ破壊ウィルス」にも言えることですが、《手札抹殺》などのカードで相手にドローさせるとウィルスが活発になるためおすすめです。

《闇の閃光》

①:自分フィールドの攻撃力1500以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
このターンに特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

攻撃力1500以上の闇属性モンスター1体をリリースして、このターン特殊召喚されたモンスター全てを破壊するカード

発動条件は緩く、高速で展開してくるデッキには大きく刺さります。

特に魔法・罠除去をモンスター効果に頼っているデッキには手痛い一撃になるでしょう。

ただし、特殊召喚されたモンスター全てを破壊するため、自分のモンスターも巻き込まないように注意です!

《闇次元の解放》

①:除外されている自分の闇属性モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊され除外される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

除外されている闇属性モンスターを帰還させる効果

《ネクロフェイス》や《闇の誘惑》で除外した闇属性モンスターなどを利用することができます。

除外されているカードを帰還させるカードの中では使いやすいカードなので、各種素材にも使いやすいカードです。

紹介できなかったカード

《終焉の精霊》

《深淵の結界像》

《ダークエンド・ドラゴン》

《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》

《終わりの始まり》

《闇霊術-「欲」》

など

まとめ

他にも様々なカードがあります。

こんなカードも追加してほしいなと思ったらぜひコメントでどうぞ!

たまには好きなイラストのカードを全力で支援するデッキを組むのも楽しいですよ!