竜装銃器【ヴァレット】テーマ紹介

リボルバーの操る【ヴァレット】

見た目以上に精密さが求められるテーマ

4/15《ヴァレル・リロード》等追記

/所要時間5分

【ヴァレット】とは?

CIRUIT BREAKで登場した闇属性・ドラゴン族テーマ

【ヴァレット】はリンクモンスターに対象に取られると破壊され効果を発動するテーマ。

また、フィールドで戦闘・効果破壊され墓地へ送られた場合リクルートする効果も持つ。

①の効果発動にリンクモンスターが不可欠ですが、対象を取る効果を持つリンクモンスターは数が少ない。

発動は厳しいですが、②の効果も相まって一度基盤が整えば、次々発動できます。

実力はリンクモンスターの充実と共についてくるでしょう。

強力なサポートを有しているため今後に期待がかかります。

共通効果は以下の通り

①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、(固有効果)。

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから(同名カード)以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

①②どちらの効果も1ターンに一度しか使えない

また対象をとらない除去効果を備えています

固有効果及び各ステータスは以下の通り

モンスター

・弾丸となるモンスター群

・採用枚数は9~12枚ほどがベスト

《アネスヴァレット・ドラゴン》

星1/闇属性/ドラゴン族/ATK   0/DEF2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。その後、フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。
そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

①の効果を受けたモンスターはフィールドを離れるまでこの効果が持続します。

相手ターンで牽制することができます。

召喚制限のない星1のモンスターの中で最も高い守備力を誇ることも特徴です。

《シェルヴァレット・ドラゴン》

星2/闇属性/ドラゴン族/ATK1100/DEF2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列のモンスター1体を選んで破壊し、その隣のゾーンにモンスターが存在する場合、それらも破壊する。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「シェルヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

このカードの縦列と両隣のメインモンスターゾーンのモンスターを破壊できる効果

最大3体破壊できるため「ヴァレット」モンスターの中ではかなり影響力が大きい効果です。

できれば中央に置いて使いたいところ。

EXモンスターゾーンのモンスターを破壊することもできますが、その場合はメインモンスターゾーンのモンスターは破壊できません。

《オートヴァレット・ドラゴン》

星3/闇属性/ドラゴン族/ATK1600/DEF1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

墓地へ送る効果であるため、魔法・罠の破壊された場合などに発動する効果を誘発させる心配がありません。

しかし、発動するまでにかかるコストに見合わず、かなり回りくどく感じてしまうかもしれない。

相手ターンに発動できれば牽制力はなかなかです。

基本はリクルーターとして扱うのが賢明です。

《マグナヴァレット・ドラゴン》

星4/闇属性/ドラゴン族/ATK1800/DEF1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。その後、フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

墓地に送るため、破壊耐性を持つカードなども難なく除去することができます。

また、【ヴァレット】では主線力のステータスとなります。

《シェルヴァレット・ドラゴン》を自分のターンでの除去につかい、こちらは相手ターンの除去として使うと確実に除去できます。

《メタルヴァレット・ドラゴン》

星4/闇属性/ドラゴン族/ATK1700/DEF1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列の相手のカードを全て破壊する。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「メタルヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

このカードの縦列の相手のカードを破壊する効果をもつ

破壊の枚数は魅力的ですが、相手が縦列のカードを置くことを避け始めるため、若干使いにくさを感じるかもしれません。

はまれば強力なので1枚は採用しておきたい。

EXデッキのモンスター

・【ヴァレット】では対象を取るリンクモンスターの存在が不可欠

・素早く場に出せるかが勝利への鍵を握る

《ヴァレルロード・ドラゴン》

闇属性/ドラゴン族/ATK3000/LINK4
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
召喚条件:効果モンスター3体以上
①:このカードはモンスター効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

【ヴァレット】の切り札

このカードがメイン・エクストラどちらのモンスターゾーンに存在しても、「ヴァレット」モンスターの①の効果を発動させることができます。

①はモンスター効果の対象にならない効果。

耐性があることで場持ちがよくなります。このモンスターは蘇生できるので1度リンク召喚できれば、使いまわすことを考えた方が良いでしょう。

耐性も含めて、しぶとく戦うことができます。

②はフィールドのモンスターの攻守を500下げ、チェーンを封じる効果。

相手ターンにも発動できます

この効果で自分の「ヴァレット」モンスターを対象に取り、効果を発動させていくのが基本戦術です。チェーンできないため、安全に「ヴァレット」の①の効果を通すことができます。

攻撃宣言時に発動すると優先権により相手の《次元幽閉》など攻撃反応系の発動を封じることができます。

使い方次第で有利になるため覚えておきたい。

③はダメージステップ開始時にリンク先へコントロールを奪う効果。奪ったモンスターが攻撃表示ならそのまま追撃できます。

次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られるため、他に利用手段がなくても安心です。

「壊獣」のコントロールを奪って、このカードがリリースされるのを防ぐのも手。

《ブースター・ドラゴン》

闇属性/ドラゴン族/ATK1900/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
「ヴァレット」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

「ヴァレット」の発動条件を満たす効果と、破壊された場合にドラゴン族1体を蘇生するモンスター

「ヴァレット」を素材に指定しているため、あまり出番のないカードではありますが、選択肢として採用しておくのもいいかも?

フィールドの「ヴァレット」が多く、《ヴァレルロード・ドラゴン》に繋げられない場合に出すといいです。

魔法・罠

・発動条件の緩い強力なサポート

《クイック・リボルブ》

①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

デッキから「ヴァレット」モンスターをリクルートする効果。

1ターン中の発動制限もありません。速攻魔法であることも高評価です。

「ヴァレット」モンスターの②の共通効果によって、破壊されるデメリットも気にならない。

リンク召喚に限らず、幅広い召喚法で使用できるカードです。

《スクイブ・ドロー》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。

単純に使用しても「ヴァレット」モンスターの②の共通効果が発動し、多くのアドバンテージを得ることができます。

《クイック・リボルブ》と合わせて、展開カードを引き込むために相手ターン中に使用するのもいいでしょう。

《ヴァレル・リロード》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
②:装備モンスターが破壊された事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

墓地の「ヴァレット」1体を蘇生してこのカードを装備できるカード

装備モンスターが破壊されてこのカードが墓地に送られた場合1ドローすることができます。

【ヴァレット】においてフィールドのモンスターの枯渇はコンセプトの破綻を意味するため、カードアドバンテージを得やすいこの蘇生カードはかなり重要です。

後述する《リボルブート・セクター》と比較すると数では劣りますがフィールドに左右されない点が優っています。

【ヴァレット】は蘇生カードが充実しているため採用枚数は吟味する必要がありますが、個人的に2枚は採用しておきたいカードだと思っています。

《リボルブート・セクター》

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札から「ヴァレット」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
●相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合、その差の数まで自分の墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

「ヴァレット」のステータスアップと展開を補助するカード

特に墓地から「ヴァレット」を用意できる効果が便利で、消費を抑えて《ヴァレルロード・ドラゴン》のリンク召喚や効果のための装填が可能です。

序盤や優勢時も手札からの特殊召喚を使って展開することが可能なので終始重要なカードです。

《ヴァレル・レフリジェレーション》

①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体をリリースし、自分フィールドの「ヴァレル」リンクモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

「ヴァレット」をリリースすることで「ヴァレル」リンクモンスター1体に効果を付与するカード

自分フィールドのモンスター1体を戦闘・効果で破壊されないようにできます。

ただし《ヴァレルロード・ドラゴン》はモンスター効果の対象にならないので、このカードを装備することはできますが、自身を対象にすることができません。

《ヴァレルソード・ドラゴン》などの派生モンスターに対して発動し、より強固な耐性をつけつつ戦うことができます。

《タクティカル・エクスチェンバー》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、そのモンスターと元々のカード名が異なる「ヴァレット」モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

自分フィールドの表側表示モンスター1体を破壊して、「ヴァレット」1体をデッキ・墓地から特殊召喚できるカード

【ヴァレット】では「ヴァレット」モンスターに対して発動することで効果も合わせてフィールドに2体の「ヴァレット」を残すことができます。

展開の起点に使うのであれば、《霊廟の守護者》を採用して、エンドフェイズに3体のドラゴン族を特殊召喚するのを狙ってみてはいかがでしょうか?

《リンク・デス・ターレット》

①:このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを4つ置く。
②:自分が戦闘ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。
③:自分メインフェイズ2に、このカードのカウンターを1つ取り除き、自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果を発動するターン、自分は闇属性のリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

自分のメインフェイズ2に墓地の「ヴァレット」を効果を無効にして最低4体蘇生できるカード

蘇生したモンスターはフィールドを離れた場合除外されるため、切り返しとして採用するべきです。

遅さは目立つものの1枚の展開力としては《ソウル・チャージ》並みの破格のカードです。

墓地の「ヴァレット」の除外は後々響くことが多いため、このカードは採用するにしても1枚のみを推奨します。

切り札みたいでいいよね!

関連するモンスター

《ツイン・トライアングル・ドラゴン》

闇属性/ドラゴン族/攻1200/LINK2
【リンクマーカー:右/下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。

「ヴァレット」モンスターでこのカードをリンク召喚しても、レベル5以上の「ヴァレット」はいないため、別のモンスターを墓地へ置いておく必要があります。

《竜の霊廟》でドラゴン族デュアルモンスターを墓地へ送り、《覇王眷竜ダークヴルム》を一緒に落とすと、このカードのリンク召喚と効果発動から、《ヴァレルロード・ドラゴン》まで首尾よく繋げることができます。

(デュアルモンスターは効果が無効になると効果モンスターとなる

紹介できなかったカード

・《リローダー・ドラゴン》

・《ショートヴァレル・ドラゴン》

・《マガジンドラムゴン》

まとめ

今後、遊戯王VRAINSでリボルバーが活躍するたび強化されるテーマになります。

まだまだ数は少ないですが、ポテンシャルは高くなっていきそうなので期待できるテーマですね!

こちらもどうぞ

【ヴァレット】をリボルバーのように格好良く使いたい!《ヴァレルロード・ドラゴン》が出せない方へ。