【風属性】汎用サポート集

風属性サポートの汎用魔法・罠カードは少ない

シンクロとの親和性が高い傾向があります

/所要時間5分

【風属性】サポート集

風属性ならどんな種族でも使えるカードを中心に集めました。(一部条件あり)

できるだけ使いやすいカードを紹介します。

スポンサーリンク

モンスター

《風の精霊 ガルーダ》

星4/風属性/鳥獣族/ATK1600/DEF1200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に存在する風属性モンスター1体を
ゲームから除外した場合に特殊召喚する事ができる。
相手のエンドフェイズ時、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、表示形式を変更する事ができる。

墓地の風属性を1体除外することで手札から特殊召喚できるモンスター

効果は無視して、各種素材に使うことになります。

特殊召喚しやすい鳥獣族のモンスターなので、鳥獣族をシンクロ素材に指定する【ドラグニティ】などで採用できます。

後述するランク4《電光千鳥》に繋げられることも魅力的。


同様の召喚条件を持つ《シルフィード》も素材として活躍してくれます。

こちらは天使族なので使い分けが可能です。

《九蛇孔雀》

星3/風属性/鳥獣族/ATK1200/DEF 900
フィールド上のこのカードがリリースされ墓地へ送られた場合、自分のデッキ・墓地から「九蛇孔雀」以外のレベル4以下の風属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
「九蛇孔雀」の効果は1ターンに1度しか使用できない

フィールドでリリースされた場合、デッキ・墓地からレベル4以下の風属性を1体加えるモンスター

リリースされた場合の効果を持っていますがこのカード自身で発動することができないので、補助を必要とします。

リリースする方法

・アドバンス召喚の素材に使う

・《エネミーコントローラー》

・《孵化》昆虫族サポート

・《モンスターゲート》

・《スワローズ・ネスト》鳥獣族サポート

・《ゴットバードアタック》鳥獣族サポート

など

風属性の貴重なサーチ手段ですが、上記のカードが自然に採用できるデッキへ採用した方がいいでしょう。

《ガスタの神裔 ピリカ》

星3/風属性/サイキック族/ATK1000/DEF1500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地から風属性のチューナー1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動したターン、自分は風属性以外のモンスターを特殊召喚できない。
「ガスタの神裔 ピリカ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

召喚・特殊召喚時、墓地の風属性チューナー1体を効果を無効にして特殊召喚できるモンスター

風属性の特殊召喚制限が付きます

風属性のチューナーは「ガスタ」「スピードロイド」「音響戦士」など豊富で困ることがありません。

後述する《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》などのシンクロ召喚に役立つでしょう。

サイキック族のため《緊急テレポート》で特殊召喚することもでき、戦線の補強に役立ちます。

相手ターンの終わりに蘇生して特殊召喚制限を回避する使い方もよさそうですね。

《烈風の結界像》

星4/風属性/鳥獣族/ATK1000/DEF1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに風属性以外のモンスターを特殊召喚はできない。

風属性以外の特殊召喚を封じるモンスター

風属性主体のデッキを組めば、制約を味方に戦うことができます。

攻守が低いため、そのまま戦闘破壊されやすい。

このカードは鳥獣族なので《ゴッドバードアタック》のコストにしてしまうのも手。

《スワローズ・ネスト》で相手の特殊召喚にチェーンしてデッキから特殊召喚することも可能です。

風属性は採用率が低い属性なので、特殊召喚を封じる効果が強く刺さります。

ダメ押しの制圧にも主軸にすることもできる「結界像」の中でも種族・属性に恵まれたモンスターです。

《SR オハジキッド》

星3/風属性/機械族/ATK1000/DEF 200
①:このカードが召喚に成功した時、自分または相手の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として風属性のSモンスター1体をS召喚する。

召喚時、自分または相手の墓地からチューナー1体を特殊召喚し、このモンスターとシンクロ召喚するモンスター

こちらは蘇生するモンスターの効果が無効になることがないので、墓地へ送られた場合の効果や特殊召喚に成功した場合の効果を発動することが可能です。

例:《幻獣機オライオン》や《レッド・リゾネーター》など

相手のチューナーとシンクロすることもできるので、《幽鬼うさぎ》等に合わせてレベル6の風属性シンクロも用意しておくことをおすすめします。

《SR タケトンボーグ》

星3/風属性/機械族/ATK 600/DEF1200
自分は「SRタケトンボーグ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードをリリースして発動できる。
デッキから「スピードロイド」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

自分フィールドに風属性が存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

特殊召喚は①の効果を含めて1ターンに1度のみ

風属性には縛りありのランク3《トーテムバード》が存在するため、シンクロ以外にも役に立ちます。

「スピードロイド」には風属性に関する効果持ちが多いため、一緒に採用しやすいことも使いやすさに拍車をかけています。

《SR ドミノバタフライ》

星2/風属性/機械族/ATK 100/DEF 300
【Pスケール:青8/赤8】
「SRドミノバタフライ」の②のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分は風属性モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:手札から風属性モンスター1体を捨て、除外されている自分の風属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードをS素材とする場合、ドラゴン族・機械族の風属性モンスターのS召喚にしか使用できない。
エクストラデッキから特殊召喚したこのカードは、S召喚に使用された場合に除外される。

P効果が風属性に関するモンスター

手札から風属性1体を捨てることで、除外されている風属性1体を手札に加えるP効果をもつ

この②の効果は毎ターン使うことができるので、この効果のみを目当てに採用することも可能。

ペンデュラム召喚に制限がありますが、ペンデュラム召喚のみなので他の召喚法の邪魔にもなりません。

《SR バンブー・ホース》

星4/風属性/機械族/ATK1100/DEF1100
「SRバンブー・ホース」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから風属性モンスター1体を墓地へ送る。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

②の効果で、墓地のこのカードを除外して風属性1体をデッキから墓地へ送ることができるモンスター

このカードが墓地へ送られたターンには使えないので遅いのが難点ですが、風属性で墓地送りができるカードは貴重。

「スピードロイド」は使いやすいカードも多いので①の効果も大いに活躍できるでしょう。

シンクロ召喚のみならず、《電光千鳥》や《ギアギガント X》のエクシーズ召喚も狙えます。

《疾風鳥人ジョー》

星6/風属性/鳥獣族/ATK2300/DEF1400
風属性モンスターを生け贄にして生け贄召喚に成功した場合、フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

風属性をリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、《ハリケーン》と同様の効果を持つモンスター

その効果から相手のカードを戻しつつ、自分のカードを戻しコンボに使うことができるカードです。

できればそのまま1ショットキルに繋げるコンボに使いたい。

禁止カードである《ハリケーン》と完全に同様の効果を持つカードはこのカードと《海皇龍ポセイドラ》のみなので、興味のある方は使ってみてください!

《ダーク・シムルグ》

星7/闇属性/鳥獣族/ATK2700/DEF1000
①:自分の墓地から闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札から闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
④:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードをセットできない。

特殊召喚条件

手札から:墓地の闇・風属性を1体ずつ除外

墓地から:手札の闇・風属性を1体ずつ除外

風属性でのサブアタッカーを務めることができるモンスター

EXデッキのモンスターを使用すればメインデッキにこのカード以外の闇属性を入れなくても採用できます。

相手のセットを封じる効果を持つので、《魔封じの芳香》と相性抜群

相手の魔法・罠の発動を完全に封じます

《黒き森のウィッチ》などの闇属性の汎用カードはどのデッキにも採用しやすいため、使いやすいモンスターです。

《烈風帝ライザー》

星8/風属性/鳥獣族/ATK2800/DEF1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。
そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

アドバンス召喚することで、フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を持ち主のデッキトップに戻すモンスター

風属性をリリースすることで、フィールドのカード1枚を持ち主の手札に戻すことができます。

相手へのドローロックに使ったり、自分のカードの再利用に使ったりと使い方は様々。

一度アドバンス召喚してしまえば、自身を手札に戻すこともできるため、ドローロックを続けることも可能です。

状況に応じた使い方ができるおかげで、活躍しやすい上級モンスターです。

《真竜凰マリアムネ》

星9/風属性/幻竜族/ATK2700/DEF2100
「真竜凰マリアムネ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、風属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、風属性モンスター2体を破壊した場合、相手のデッキの上からカードを4枚除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから風属性以外の幻竜族モンスター1体を手札に加える。

風属性を含むモンスターを手札・フィールドから2体破壊することで、手札から特殊召喚できるモンスター

風属性を2体破壊すると、相手のデッキの上からカードを4枚除外できます。

風属性は破壊された場合に効果を発動できるモンスターがあまりおらず、後述する《霞の谷の祭壇》を有効活用できるくらいにとどまります。

破壊効果自体は優秀なので属性サポートとしては今後に期待です。




EXデッキのモンスター

《WW-ウィンター・ベル》

星7/風属性/魔法使い族/ATK2400/DEF2000
チューナー+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
「WW-ウィンター・ベル」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベル×200ダメージを相手に与える。
②:自分・相手のバトルフェイズに自分フィールドの「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベル以下のレベルを持つモンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

バトルフェイズに自身を対象とすると、レベル7以下のモンスター1体を手札から特殊召喚できるモンスター

「WW」は風属性の中でも出張性能が高いカード群なので、一緒に採用することで①の効果ダメージも狙うことができます。

手札から特殊召喚するモンスターにはレベルと攻撃宣言以外に制限がないので、《霞の谷の巨神鳥》を毎ターン出して制圧することも可能。

レベル1のチューナーを特殊召喚して、メインフェイズ2に《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を狙うなどもできます。

想像以上に自由度の高い効果なので風属性をメインにしたデッキ構築なら入れて損はないでしょう。

《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》

星7/風属性/ドラゴン族/ATK2500/DEF2000
【Pスケール:青4/赤4】
「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:レベルの合計が7になるように、自分フィールドの表側表示の、「スピードロイド」チューナー1体とチューナー以外のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
チューナー+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:エクストラデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスター1体の攻撃力を0にし、効果を無効にするモンスター

相手ターンにも発動できます

レベル7シンクロの中でもトップクラスの制圧力を誇るモンスター

風属性でシンクロ召喚を組み込んでいるならぜひ採用したい。

破壊された場合、Pゾーンへ置くこともできます。

P効果での特殊召喚以外にも、同じくレベル7シンクロの《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》でPゾーンから直接特殊召喚することもできるため、こちらも採用しておきたい。

《電光千鳥》

ランク4/風属性/雷族/ATK1900/DEF1600
風属性レベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番下に戻す。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番上に戻す。

風属性縛りのランク4モンスター

効果

召喚時:セットカード1枚をデッキボトムへ戻す

X素材1つ消費:相手フィールドの表側表示カード1枚をデッキトップへ戻す

エクシーズ召喚に成功したターンに最大2枚のカードをデッキバウンスできるのは強力。

状況打破に向いたカードです。

風属性はレベル4を並べることが少ないので、《簡易融合》や《風の精霊ガルーダ》を一緒に採用するとエクシーズ召喚しやすくなります。

攻撃力が低いことから除去後の攻撃に向かない場合が多いので、効果使用後はリンク素材等にしてしまいたい。

《トーテムバード》

ランク3/風属性/鳥獣族/ATK1900/DEF1400
風属性レベル3モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
このカードのエクシーズ素材が無い場合、このカードの攻撃力は300ポイントダウンする。

風属性縛りのランク3

魔法・罠の発動を無効にするモンスターです

扱えるデッキは風属性のデッキでも難しいですが、効果自体は強力。

効果使用後は、《ゴッドバードアタック》のコストに使えれば無駄がない。

《SR タケトンボーグ》や《ガスタの神裔 ピリカ》などを使うとエクシーズ召喚しやすい。

このモンスターをEXモンスターゾーンに置いてもあまり制圧力はないので、ダメ押しの制圧モンスターに近い使い方をします。

《グレートフライ》

風属性/昆虫族/ATK1400/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの風属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、地属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の風属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

風属性の汎用リンク2

風属性の全体強化と破壊時、風属性1体のサルベージができます。

《ダンディライオン》の綿毛トークン2体でリンク召喚できることから使用機会も多く、相手に使用されにくい属性のため、確実に自分のモンスターを強化しやすいです。

墓地からのサルベージで相手ターン中に使えるカードは少ないものの、《SRベイゴマックス》や「WW」を使いまわせるのは大きい。

風属性主体のデッキなら1枚採用しておきたいカードです。

魔法・罠

・汎用的なカードは少ない

《霞の谷の神風》



自分フィールド上に表側表示で存在する風属性モンスターが手札に戻った場合、自分のデッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

自分フィールドの風属性モンスターが手札に戻った場合、デッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚できるカード

《BF-精鋭のゼピュロス》、《バックアップ・オペレーター》、《A・ジェネクス・ブラスト》などを使うことで比較的効果を使いやすくなります。

かつて1ターンキルのパーツとなっていたため、現在は制限カード。そのため安定しません。

確かに強力ですが、今では無制限でも問題なさそうです。

《霞の谷の祭壇》

風属性モンスターがカードの効果によって破壊され自分の墓地へ送られた時、自分の手札・デッキから風属性・レベル3以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

風属性モンスターがカード効果で破壊され墓地へ送られた時、デッキ・墓地からレベル3以下の風属性モンスターを1体効果を無効にして特殊召喚できるカード

カード効果で破壊されることは場所を指定しておらず、手札・デッキのモンスターを破壊しても発動します。

ただし、時の任意効果なのでタイミングを逃すことに注意!。

狙って発動することが難しい上に効果を無効にするため、墓地発動するモンスターを優先して採用する必要もあります。

結果として、コンボが複雑になる場合が多いのであまり安定しないのも事実。

デッキ構築に自信がある人向けのカードです。

カードを破壊するカードはこちらからどうぞ

「破壊された場合、~できる」など破壊を条件とするカードのために、自分で破壊できるカードをまとめました

《ガルドスの羽根ペン》

自分の墓地に存在する風属性モンスター2体を選択してデッキに戻し、フィールド上に存在するカード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。

墓地の風属性2体をデッキに戻すことでフィールドのカード1枚を持ち主の手札に戻すカード

このカードお互いのカードを種類を問わず手札に戻せるところに価値を見出せます。

また、墓地の風属性をデッキへ戻す役目も持たせられるので、EXデッキの枯渇を防ぐ目的で採用することも可能です。

特別なことはできませんが器用なカードです。

《風霊術-「雅」》

自分フィールド上に存在する風属性モンスター1体をリリースし、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。
選択した相手のカードを持ち主のデッキの一番下に戻す。

自分フィールドの風属性を1体リリースして、相手フィールドのカード1枚をデッキボトムへ戻すカード

除去が確定している状況でチェーンして発動したい。

デッキの一番下に戻す効果は単純な除去カードより再利用が難しくなる点が優秀です。

他にも「フィールドを離れた場合」をトリガーとする効果を発動させないことができます。

(デッキの中で効果を発動することは原則できないというルールがあるため)

多くの場合は《鳳翼の爆風》でこと足りてしまうカードですが、風属性をリリースするカードとしての役割もあるのでこちらを優先する理由もあります。

紹介できなかったカード

《異怪の妖精 エルフォビア》

《女忍者ヤエ》

《風霊神ウィンドローズ》

《垂直着陸》

など

まとめ

風属性はバウンスとシンクロに密接に関わる属性

風属性以外の特殊召喚を制限するカードが多いので、ある程度EXデッキのモンスターを把握しておく必要があります。

また、魔法・罠の属性サポートが足りていないので、汎用カードで代用することになります。

VRAINSでの新たな風を期待したいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 松風 より:

    《風霊神ウィンドローズ》が《風霊神ウィンドドローズ》になっていますよ