【レベル2】特殊召喚しやすいモンスター20選

目立った特徴はありませんが、展開補佐の役割を果たすカードが多い

※8/8 《シノビネクロ》等追記

/所要時間5分

特殊召喚しやすい【レベル2

特殊召喚しやすいレベル2を集めました。

なるべく単体で使えるカードを選出しています。

どこから特殊召喚するかを問わず、デッキにあまり左右されないカードを選んでいます。

※トークンは除く

スポンサーリンク

手札から特殊召喚

1.《E-HERO ヘル・ブラット》

星2/闇属性/悪魔族/ATK 300/DEF 600
自分フィールド上にモンスターが存在していない場合、このカードは手札から表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
このカードを生け贄にして「HERO」と名のついたカードを生け贄召喚した場合、そのターンのエンドフェイズ時に自分のデッキからカードを1枚ドローする。

自分フィールドにモンスターが存在していない場合、表側攻撃表示で特殊召喚できるモンスター

後半の効果は《E-HERO マリシャス・デビル》などしか使えないため、それ以外では使うことができません。

このカードは「HERO」の名を持つため、《E・HERO エアーマン》などで手札に加えたり、《マスク・チェンジ》で《M・HERO ダークロウ》など【HERO】のサポートを存分に受けることができます。

単体で使用しても十分使えるため、ランク2を使うデッキで役立つでしょう。

2.《トリックスター・リリーベル》

星2/光属性/天使族/ATK 800/DEF2000
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードは直接攻撃できる。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

1ターンに1度、ドロー以外の方法で手札に加わった場合に特殊召喚できるモンスター

デッキでも墓地でも除外からでも、手札に加われば特殊召喚できます。

《トリックスター・キャンディナ》や《トリックスター・ライトステージ》など、手札に加える方法が多く特殊召喚しやすいです。

また、②と③の効果で同名モンスターを回収すれば、①の効果で特殊召喚することができます。

《トリックスター・リンカーネーション》で墓地からの蘇生もできるため、何度も特殊召喚できる良いモンスターと言えます。

《トリックスター・ブルム》のリンク素材にすることでリンク先を確保しやすいこともメリットです。

3.《転生炎獣ミーア》

星2/炎属性/サイバース族/ATK 800/DEF 600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが通常のドロー以外の方法で手札に加わった場合、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:手札からこのカード以外の「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

2つの特殊召喚効果をもつモンスター

①の効果は《トリックスター・リリーベル》同様に、墓地から手札に加えるなどの方法でも特殊召喚できます。

このステータスをサーチ・サルベージできるカードはまだ少ないですが、色々と考えられる余地があります。

【サラマングレイト】の強化次第で一気に他のデッキにも採用しやすくなるでしょう。

4.《ドッペル・ウォリアー》

星2/闇属性/戦士族/ATK 800/DEF 800
①:自分の墓地のモンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する。

自分の墓地からモンスターが特殊召喚に成功した時に特殊召喚できるモンスター

シンクロ素材に使われることでトークンを2体生成するため、主にシンクロ召喚に使用されます。

トークンは攻撃表示で特殊召喚されるため、素早くシンクロ・リンク召喚に繋げましょう。

シンクロ召喚も使うデッキであれば、ぜひデッキに入れたいレベル2のモンスターです。

5.《リンク・インフライヤー》

星2/風属性/サイバース族/ATK   0/DEF1800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:このカードはフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。

フィールドのリンクモンスターのリンク先に手札から特殊召喚できるモンスター

サイバース族のため、後続のリンク召喚にも向いており、1体で《リンク・ディサイプル》をリンク召喚することも可能です。

複数のリンクモンスターを素材とするモンスターの数合わせとしても活躍できます。

6.《カード・ブレイカー》

星2/光属性/戦士族/ATK 100/DEF 900
このカードは通常召喚できない。
自分の魔法&罠カードゾーンに存在するカード1枚を墓地へ送った場合に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

自分の魔法・罠カードを1枚墓地に送って表側攻撃表示で特殊召喚するモンスター

魔法・罠は表側でも裏側でも墓地へ送って特殊召喚できます。

墓地に送られた場合に発動する魔法・罠も増えてきたことから、このカードの独自性が光るようになってきました。

【ABC】や【ドラグニティ】など装備カードになっているモンスターも墓地に送ることができるため、色々と可能性に満ちたカードです。

7.《TG ストライカー》

星2/地属性/戦士族/ATK 800/DEF   0
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「TG ストライカー」以外の
「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

特殊召喚の条件は《サイバー・ドラゴン》と同じ

地属性のチューナーとして、《ナチュル・ビースト》などのシンクロモンスターに繋げることができます。

また、《トゥルース・リインフォース》でデッキから特殊召喚することができます。

後半の効果で、同じく特殊召喚しやすい《TG ワーウルフ》などをデッキから手札に加えることもできるため、全体的に遅いものの悪くないモンスターと言えます。

8.《魔轟神獣ケルベラル》

星2/光属性/獣族/ATK1000/DEF 400
このカードが手札から墓地へ捨てられた時、このカードを墓地から特殊召喚する。

手札から捨てられた時に特殊召喚するモンスター

強制効果のため、タイミングを逃さず特殊召喚できます。

手札コストがそのまま特殊召喚に繋げられるので、優秀なチューナーとして扱えます。

レベル3のモンスターと合わせて《魔轟神レイジオン》をシンクロ召喚して手札を補充することもできます。

【バージェストマ】に組み込んで【ユニコーンバージェストマ】を作るのも面白いかもしれませんね。

9.《泣き神の石像》

星2/闇属性/岩石族/ATK   0/DEF 500
自分の墓地に存在するチューナー1体をゲームから除外して発動する。
このカードを手札から特殊召喚する。

自分の墓地のチューナー1体を除外して手札から特殊召喚できるモンスター

《灰流うらら》など汎用的なチューナーも多く、特殊召喚自体はとても簡単です。

今のところステータスを活かした特徴がないので少し評価を落としています。

《水晶機巧ーハリファイバー》のお供にもいいかもしれませんね。




墓地から特殊召喚

10.《ボルト・ヘッジホッグ》

星2/地属性/機械族/ATK 800/DEF 800
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにチューナーが存在する場合に発動と処理ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

チューナーが自分フィールドに存在する場合、墓地から特殊召喚できるモンスター

そのままシンクロ素材に使うと除外されてしまうので、エクシーズ素材にすると繰り返し蘇生することができます。

《ゾンビキャリア》を始めとするレベル2チューナーと相性がよく、ランク2をエクシーズ召喚できます。

シンクロ召喚する前にこのカードを何体か蘇生してリンクモンスターを出しておけば、その後の連続シンクロに繋げられます。

チューナーをデッキに入れる必要がありますが、なかなか便利なモンスターです。

11.《マジシャンズ・ローブ》

星2/闇属性/魔法使い族/ATK 700/DEF2000
「マジシャンズ・ローブ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、相手ターンに自分が魔法・罠カードの効果を発動した場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

相手ターン中に自分が魔法・罠を発動した場合、墓地から特殊召喚できるモンスター

除外されるデメリットはエクシーズ素材にしてしまえば無視できるので、積極的にエクシーズ素材に使いたい。

特に「バージェストマ」と混合する際は1枚採用しておくと便利です。

12.《ゾンビキャリア》

星2/闇属性/アンデット族/ATK 400/DEF 200
①:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

手札を1枚デッキの1番上に戻すことで墓地から特殊召喚できるモンスター

このカードもシンクロにもエクシーズにも使いやすく、展開の一翼を担ってくれます。

また、アンデット族なので豊富なサポートを受けることもでき、さまざまなデッキで活躍してくれます。

13.《シノビネクロ》

星2/闇属性/アンデット族/ATK 800/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。
②:墓地のこのカードが、効果を発動するために除外された場合、または効果で除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

墓地に存在するこのカードが効果・効果のコストで除外された場合、特殊召喚できるモンスター(チューナー

非常に軽い条件で特殊召喚でき、ステータスも恵まれている。

《水晶機巧-ハリファイバー》や《不知火の隠者》《ブラック・ガーデン》など様々なサポートカードに対応しているため独創的なデッキにもおすすめ。

※《カオス・ソーサラー》など召喚条件による除外では特殊召喚できないので注意!

14.「バージェストマ」

①:フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のカードを除外する。
②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。

「バージェストマ」は罠カードが発動した時に、チェーンして墓地から特殊召喚できる罠モンスターテーマです。

豊富な種類が揃っており、罠としても優秀な効果持ちが多く、汎用性も高いのが特徴です。

ランク2に使用すると除外されずに繰り返し蘇生することができるため、ほとんどエクシーズ素材に使われます。

レベル2を使いたいデッキでは、罠として使いつつモンスターとしても扱う器用な使い方ができます。

除外から特殊召喚

15.《異次元の偵察機》

星2/闇属性/機械族/ATK 800/DEF1200
このカードがゲームから除外された場合、そのターンのエンドフェイズ時にこのカードを自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。

除外されたターンのエンドフェイズに攻撃表示で特殊召喚する(強制効果)モンスター

どこから除外されても特殊召喚できるものの、攻撃表示に限定されている点が少し頭を悩ませます。

できれば相手ターン中に除外して自分のターンにエクシーズ召喚などに使いたい。

《マクロコスモス》などと組み合わせて無限の壁や素材として使えると理想的。

デッキから特殊召喚

16.「素早い」シリーズ

《素早いアンコウ》が墓地に送られることで、デッキから同名以外の「素早い」を2体特殊召喚することができます。

特殊召喚効果をもつモンスター群なので比較的扱いやすく、そのまま素材にも使いやすいのでおすすめです。

《素早いアンコウ》

星2/水属性/魚族/ATK 600/DEF 100
このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合、デッキから「素早いアンコウ」以外のレベル3以下の「素早い」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる。

17.《ガスタ・グリフ》

星2/風属性/鳥獣族/ATK 800/DEF 300
このカードが手札から墓地へ送られた場合、デッキから「ガスタ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
「ガスタ・グリフ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

手札から墓地に送られた場合、デッキの「ガスタ」1体を特殊召喚できるモンスター

緩い条件でレベルを問わずに特殊召喚できる効果は珍しく、様々な可能性を秘めています。

単純にこのカード3枚を採用しておけばレベル2のモンスターを特殊召喚できるため、残りは同じくレベル2のチューナー《ガスタ・ファルコ》でも入れておけばOK

出張セットとしても使えます。

18.《サイバー・ドラゴン・コア》

星2/光属性/機械族/ATK 400/DEF1500
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
③:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合、墓地から除外することでデッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚できるモンスター

「サイバー・ドラゴン」はレベル1~5まで分かれており、デッキによって使い分けることも可能。

豊富なサポートにより手札・墓地・フィールドにも用意しやすく、《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》の素材としてメタカードにも転用できます。

手札に来ても①の効果で使いやすいためおすすめです。

19.《リミッター・ブレイク》

①:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分の手札・デッキ・墓地から「スピード・ウォリアー」1体を選んで特殊召喚する。

墓地へ送られた場合、デッキ・手札・墓地から《スピード・ウォリアー》1体を特殊召喚できるカード

そのまま発動することはできないので、《おろかな副葬》などの墓地送りのカードと併用して採用することになります。

《バージェストマ・マーレラ》を使うとランク2を揃えやすいのでおすすめです。

星2/風属性/戦士族/ATK 900/DEF 400
①:このカードの召喚に成功したターンのバトルステップに発動できる。
このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

20.《神聖なる球体》

星2/光属性/天使族/ATK 500/DEF 500
聖なる輝きに包まれた天使の魂。
その美しい姿を見た者は、願い事がかなうと言われている。

通常モンスターですが、《創造の代行者ヴィーナス》で特殊召喚できるモンスターです。

発動制限はないので1ターンに何度も《神聖なる球体》を特殊召喚できます。

このカードも含めて4体のモンスターを場に並べることができるため、リンク召喚やエクシーズ召喚に向いています。

全ての《神聖なる球体》を特殊召喚すると効果が使えなくなってしまうので、《貪欲な壺》などデッキに戻すカードとの併用をおすすめします。

汎用ランク2

多種多様なモンスターが揃う「ランク2」自分の戦術にあったモンスターを採用できるため使いやすいです

スポンサーリンク
スポンサーリンク