スポンサーリンク

【炎属性】汎用サポート集

炎属性のモンスターは少ないながらもサポートカードによる結束力は高い

/所要時間5分

【炎属性】サポート集

炎属性ならどんな種族でも使えるカードを中心に集めました。(一部条件あり)

できるだけ使いやすいカードを紹介します。

守備力200関連のカードもまとめて紹介します。

モンスター

《インフェルノ》

星4/炎属性/炎族/ATK1100/DEF1900
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の炎属性モンスター1体をゲームから除外して特殊召喚する。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、相手ライフに1500ポイントダメージを与える。

墓地の炎属性を1体除外することで手札から特殊召喚できるモンスター

比較的火力のある効果ダメージを与えられる効果を持ち合わせていますが、基本は各種素材として使うことになります。

《月鏡の盾》を採用していれば、思わぬ引導火力となるかもしれません。

同様の召喚条件を持つ《炎の精霊 イフリート》も素材として活躍してくれます。

《炎王獣 ガネーシャ》

星4/炎属性/獣戦士族/ATK1800/DEF 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドに存在し、モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、このカード以外の自分の手札・フィールドの炎属性モンスター1体を選んで破壊する。
②:このカードが破壊され墓地へ送られた場合、「炎王獣 ガネーシャ」以外の自分の墓地の炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

自分の手札・フィールドの炎属性モンスター1体を破壊することで、モンスター効果を無効にできるモンスター

無効にするだけで破壊はできません。

炎属性では相手ターンの妨害役を任せられる貴重なモンスター

《炎王の孤島》や「炎舞」に対応する下級モンスターのため扱いやすい

炎属性は《炎王神獣 ガルドニクス》を始めとした破壊されることで真価を発揮するカードが多いため、それらを活かすために採用できます。

②の効果も優秀で、対応するモンスターが多いため悩む必要もあまりないでしょう。

どちらの効果も使いやすく、【炎王】のみならず炎属性全体を強くサポートしてくれます。

《炎王獣 キリン》

星3/炎属性/獣族/ATK1000/DEF 200
自分フィールド上に表側表示で存在する「炎王」と名のついたモンスターがカードの効果によって破壊された場合、このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた場合、デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

破壊されることで、デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送ることができるモンスター

戦闘破壊や効果で破壊されても発動でき、デッキから炎属性を墓地へ送ることができます。

こちらも《炎王の孤島》や守備力200のサポートを受けることができ、効果を使いやすい。

【炎王】で採用する意義は薄いですが、墓地の炎属性を増やしたいデッキで活躍します。

《業火の結界像》

星4/炎属性/炎族/ATK1000/DEF1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに炎属性以外のモンスターを特殊召喚できない。

炎属性以外の特殊召喚を封じるモンスター

炎属性主体のデッキを組めば、制約を味方に戦うことができます。

攻守が低いため、そのまま戦闘破壊されやすい。守る手段が欲しいところ。

炎属性は採用率が低い属性なので、特殊召喚を封じる効果が強く刺さります。

《戦線復帰》などで不意に特殊召喚できれば、相手はかなり展開に苦しむでしょう。

《ヴォルカニック・カウンター》

星3/炎属性/炎族/ATK 300/DEF1300
このカードが墓地に存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動する。
墓地のこのカードをゲームから除外し、自分の墓地に「ヴォルカニック・カウンター」以外の炎属性モンスターが存在する場合、自分が受けた戦闘ダメージと同じ数値のダメージを相手ライフに与える。

戦闘ダメージを受けた時、墓地のこのカードを除外して、同名以外の炎属性モンスターが墓地に存在する場合、受けた戦闘ダメージと同じダメージを相手に与えるモンスター

強制効果のため扱いには注意が必要ですが、LPを大量に使って展開してくるデッキの攻撃の抑止力とすることができます。

自分から自爆特攻しても発動できます。

同名カードを3枚墓地へ送った場合、受けるダメージを3倍にして返すこともできます。

《異次元からの埋葬》で何度も使いまわせれば面倒なことこの上なし。

《怨念の魂 業火》

星6/炎属性/アンデット族/ATK2200/DEF1900
自分フィールド上に炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚に成功した時、自分フィールド上の炎属性モンスター1体を選択して破壊する。
自分のスタンバイフェイズ時、自分フィールド上に「火の玉トークン」(炎族・炎・星1・攻/守100)1体を守備表示で特殊召喚する。
また、このカード以外の自分フィールド上の炎属性モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。

自分フィールドに炎属性が存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

特殊召喚後、自分フィールドの炎属性モンスターを1体破壊します。

このカードを採用するなら、破壊する効果をメリットとして扱うデッキで採用したい。

このカードもランク6のエクシーズ素材に使いやすく、アンデット族なので豊富なサポートを受けることもできます。

《陽炎獣 スピンクス》

星6/炎属性/獣戦士族/ATK1900/DEF1900
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。
また、自分のメインフェイズ時、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、宣言した種類のカードだった場合、さらに自分の手札・墓地から炎属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
「陽炎獣 スピンクス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

デッキトップを墓地へ送り、宣言した種類だった場合手札・墓地から炎属性モンスター1体を特殊召喚できるモンスター

確実に効果を活かすためには《ゾンビキャリア》や《カード・アドバンス》のようなデッキトップ操作カードが必要です。

少なからず手札事故のリスクがあるカードですが、《炎王の急襲》でデッキから特殊召喚することもできます。

ランク6が欲しい炎属性やシンクロしたい場合などに採用することができます。

《真竜皇アグニマズドV》

星9/炎属性/幻竜族/ATK2900/DEF1900
「真竜皇アグニマズドV」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、炎属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から炎属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで手札に加える。

炎属性を含むモンスターを手札・フィールドから2体破壊することで、手札から特殊召喚できるモンスター

炎属性を2体破壊すると、相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できます。(対象を取らない除去)

炎属性は破壊されることで効果を発動できるカードが多く、他の「真竜皇」に比べても使いやすい。

攻撃力も高く、そのままアタッカーにすることもできます。

破壊するカード消費を抑えたい場合は、《ヴォルカニック・バレット》を使うのがオススメです。

EXデッキのモンスター

炎属性を素材指定する汎用性の高いカードは少なめ

《炎星候-ホウシン》

星6/炎属性/獣戦士族/ATK2200/DEF2200
炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。

シンクロ召喚成功時、デッキからレベル3・炎属性モンスター1体を特殊召喚できるモンスター

制約上、連続してシンクロ召喚するために使うことは難しいですが、エクシーズ召喚やリンク召喚には制限がないので展開に繋げることができます。

チューナーのみ炎属性の指定なので《レッド・リゾネーター》を使用することで比較的簡単にシンクロ召喚できます。

《炎星皇-チョウライオ》

ランク3/炎属性/獣戦士族/ATK2200/DEF 200
炎属性レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の炎属性モンスター1体を選択して手札に加える。
このターン、選択したモンスター及びその同名モンスターを召喚・特殊召喚できない。

X素材を1つ取り除くことで、墓地の炎属性を1体手札に加えるモンスター

炎属性レベル3で汎用性の高いカードと言えば《灰流うらら》。

他には《炎王獣キリン》、《犬タウルス》《ローンファイア・ブロッサム》などが存在します。

このカードを守って、《灰流うらら》の妨害を毎ターン続けるといったメタビートも面白いかもしれません。

《ドリトル・キメラ》

炎属性/獣族/ATK1400/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
炎属性モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの炎属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、水属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

《真炎の爆発》を使用すれば展開には事欠かないため、リンク召喚自体は容易。

炎属性は汎用性の高いモンスターがあまりいないので、他の方法で手札消費1枚のリンク召喚を狙うには《レスキューラビット》などを使う必要があります。

【ラヴァル】や【メタルフォーゼ】などのデッキで思う存分活躍できそうです。

魔法・罠

《炎王の急襲》

相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。
「炎王の急襲」は1ターンに1枚しか発動できない。

炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族をデッキから1体特殊召喚できるカード

発動条件から、制約まで様々なデメリットがありますが、対応するモンスターをデッキから特殊召喚できる点は優秀。

破壊された場合の効果や墓地へ送られた場合の効果は無効化されないので、それらの補助として使うことができます。

「炎王」と名の付くカードなので《炎王獣バロン》でサーチすることもできます。

《炎王炎環》

自分のフィールド上及び自分の墓地の炎属性モンスターを1体ずつ選択して発動できる。
選択した自分フィールド上のモンスターを破壊し、選択した墓地のモンスターを特殊召喚する。
「炎王炎環」は1ターンに1枚しか発動できない。

自分フィールドの炎属性を1体破壊して、墓地の炎属性を1体特殊召喚するカード

フリーチェーンで除去から逃がし、蘇生できるカードとして扱うことができます。

特に破壊以外の方法で除去される場合に使用できると理想的。

このカードは発動時にフィールドのモンスターと墓地のモンスターをそれぞれ対象に取るので注意!

効果解決時に対象にしたモンスターが墓地にいない

→フィールドの対象にしたモンスターは破壊される

効果解決時に対象にしたモンスターがフィールドにいない

→墓地の対象にしたモンスターは特殊召喚されない

《火霊術-「紅」》

自分フィールド上の炎属性モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

炎属性のモンスター1体をリリースして、元々の攻撃力分のダメージを相手に与えるカード

攻撃力3000前後のモンスターをリリースできれば、相当のダメージを期待できる。

ただ、遊戯王OCGはLPが直接アドバンテージに繋がりにくいので、不用意な発動は禁物。

できれば、バトルフェイズの直接攻撃から発動してそのままゲームエンドまで持っていきたい。

守備力200関連

《フレムベル・ヘルドッグ》

星4/炎属性/獣族/ATK1900/DEF 200
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、デッキから「フレムベル・ヘルドッグ」以外の守備力200以下の炎属性モンスター1体を特殊召喚できる。

相手モンスターを戦闘破壊し墓地へ送ると、デッキから同名以外の守備力200以下の炎属性モンスター1体を特殊召喚できるモンスター

《真炎の爆発》に対応する下級アタッカーとして活躍します。

ペンデュラムモンスターやトークンは墓地へ送ることができないので効果を発動できません!

《真炎の爆発》

自分の墓地から守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。

炎属性最大の展開サポート

最大5体のモンスターを蘇生することができます。

リンクモンスターを用意しながら展開することができ、1ショットキルに持ってこいのカード。

「ラヴァル」なら《炎熱伝導場》から一気に5枚の対応モンスターを墓地へ送ることができます。

そのまま《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》や《ヴァレルロード・ドラゴン》に繋げたり、大量展開に繋げることもできます。

《フレムベルカウンター》

自分の墓地の守備力200の炎属性モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。

墓地の守備力200の炎属性モンスターを1体除外して、魔法・罠の発動を無効にするカード

モンスター効果には対応していませんが、コストがほとんどないカウンター罠として使えます。

《ブラック・ホール》や《神の通告》などからモンスターを守りたい。

発動を狙っているうちに、モンスター効果で破壊されやすいので、早めに発動しておくのも一つの手です。

紹介できなかったカード

《炎の魔精イグニス》

《陽炎獣 グリプス》

《ラヴァル・ランスロッド》

《炎霊神パイロレクス》

《キックファイア》

《バックファイア》

など

まとめ

炎属性は破壊と効果ダメージに関係するカードが多く存在する属性です。

カード総数は少ないですが、個性的なカードが多いのも魅力の1つ

《真炎の爆発》に対応する守備力200も優秀ですが、そろそろ縛られないカードも次々出してほしいですね。

【PR】おすすめの通販サイト

スマートフォン対応で使いやすく、他では中々見つからないレアリティも豊富に揃えているサイトさんです。

まとめて買いたい時におすすめです!

スポンサーリンク