ゼロから覚える【占い魔女】テーマ紹介

カーリーの「占い魔女」がついにカード化!

フレーバーテキストどこいった?

/所要時間5分

【占い魔女】って?

コレクションパック-革命の決闘者編-で登場した魔法使い族テーマ【占い魔女】

作中では元々通常モンスターだったこともあり、カードパワーは控えめです。

10期以降で作られたテーマの中でもかなりデッキ構築が難しいと思われます。

 

属性 :いろいろ

種族 :魔法使い族

召喚法:なし

特徴 :ドローされることで特殊召喚+追加効果

 

どことなく漂う「おジャ魔女どれみ」感好き。

【フォーチュンレディ】とはまた違った味があっていいよね!

 

スポンサーリンク

(!)共通効果と注意点

【占い魔女】は以下の共通効果を持ちます。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした、このカードを相手に見せて発動できる
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
(カードごとの固有の効果)

 

平たくいえばドローされることで自身を特殊召喚できる効果です。

しかし、遊戯王OCG特有の難しいルールが行く手を阻みます。

 

注意点①

時の任意効果なのでタイミングを逃す

ドローの後に別の処理が入ると効果の発動ができません。

チェーン2以降でドローした場合も同様です。

 

タイミングを逃さない例:《手札断札》手札を2枚墓地に送り、2ドローする

タイミングを逃す例  :《暗黒界の取引》1ドローして、手札を1枚捨てる

 

注意点②

複数の「占い魔女」を同時にドローした場合、特殊召喚できるのは1体だけ

1つのトリガーで誘発効果の手札誘発同士でチェーンを組んでも1体しか特殊召喚できないルールが存在するため。

 

《リロード》とか《打ち出の小槌》を使っても1体しか出せないよということです。

 

 

取りあえずこの2つを覚えてからデッキ作成してみてください。

 

スポンサーリンク

「占い魔女」モンスター

・特別なキーカードは存在しません

・各レベルに1体ずつ「占い魔女」が存在

《占い魔女 ヒカリちゃん》

星1/光属性/魔法使い族/ATK 0/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。

 

手札から特殊召喚した場合、自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、デッキからレベル1魔法使い族1体を特殊召喚できるモンスター

 

レベル1の魔法使い族は《青き眼の乙女》や《フォーチュンレディ・ライティ》、《オルターガイスト・メリュシーク》など中々の粒ぞろい。

【占い魔女】のデッキの軸として最も扱いやすいモンスターです。

 

まずはこのモンスターを中心にデッキを考えてみると構築が楽になります。

 

元々のフレーバーテキスト

このカードをドローした今日のあなたの運勢は、スーパーハッピー!
ラッキーナンバーは、1。
ラッキーカラーは、黄色。
ラッキーアイテムは、光るチャーム。
願いは何でもかなっちゃう!!

 

実は光属性レベル1魔法使い族通常モンスターは存在しないので意外と元のカードのままでも利用価値はあったかも?

ちなみに闇は「封印されし」や《千眼の邪教神》がいます。

 

《占い魔女 エンちゃん》

星2/炎属性/魔法使い族/ATK 0/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

手札から特殊召喚した場合、相手のセットカード1枚を破壊できるモンスター

 

他の「占い魔女」も同じですが、自身以外の方法で手札から特殊召喚されても効果は発動できます。

そのため《ディメンション・マジック》やペンデュラム召喚でも使えます。

 

他にあんまりコメントすることがないのですが、《ダーク・ドリアード》でデッキトップを操作するなら1枚は欲しいですね。

 

このカードをドローした今日のあなたの運勢は、ベリーハッピー!
ラッキーナンバーは、2。
ラッキーカラーは、赤。
ラッキーアイテムは、金魚。
楽しいことがおこるかも♪

 

《占い魔女 フウちゃん》

星3/風属性/魔法使い族/ATK 0/守DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、除外されている自分の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

手札から特殊召喚した場合、除外されている魔法使い族1体を手札に加えることができるモンスター

 

「占い魔女」には任意の魔法使い族を除外できる《占い魔女アンちゃん》が存在するため、実質魔法使い族のサーチとしても使えます。

 

自然に除外される魔法使い族はあまり多くないので《Emダメージ・ジャグラー》なんかを採用して防御&リソース回復手段として繰り返し使うのも面白そうです。

他には《究極封印神エクゾディオス》もおすすめ。

 

このカードをドローした今日のあなたの運勢は、まあまあね。
ラッキーナンバーは、3。
ラッキーカラーは、緑。
ラッキーアイテムは、植物。
無くした物が見つかるかもよ。

 

《占い魔女 スィーちゃん》

星4/水属性/魔法使い族/ATK 0/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外する。

 

手札から特殊召喚した場合、自身以外のフィールドの表側表示モンスター1体を次の自分のターンのスタンバイフェイズまで除外できるモンスター

 

一定期間の除外は比較的長いため、一時的な除去やデメリットの回避に使うといいでしょう。

また、単純にレベル4なので素材等で扱いやすいこともメリット。

 

《ジゴバイト》や《ブリキンギョ》などと一緒に採用することで《バハムート・シャーク》も狙えます。

 

このカードをドローした今日のあなたの運勢は、ちょっと悪いかも。
ラッキーナンバーは、4。
ラッキーカラーは、青。
ラッキーアイテムは、傘。
東に向かうと運が向いてくるかもね。

 

《占い魔女 アンちゃん》

星5/闇属性/魔法使い族/ATK 0/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから魔法使い族モンスター1体を除外する。

 

手札から特殊召喚した場合、デッキから魔法使い族1体を除外できるモンスター

 

除外されることで効果を発動できる相性の良い魔法使い族はほぼいません。

「占い魔女」以外の魔法使い族をデッキから抜き出しつつ、除外関連のカードで回収するのが一番でしょう。

 

単体ではデッキ圧縮以上のことはできないので枚数は控えめでOKです。

上級モンスターなので通常召喚も難しいのがちょっとざんねん。

でもかわいいから入れてあげたい。

 

このカードをドローした今日のあなたの運勢は、アンハッピ~。
ラッキーナンバーは、5。
ラッキーカラーは、紫。
ラッキーアイテムは、サングラス。
落し物に注意して!

 

《占い魔女 チーちゃん》

星6/地属性/魔法使い族/ATK 0/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。

 

手札から特殊召喚した場合、お互いに1ドローできるモンスター

 

「占い魔女」を引けば特殊召喚に繋がるため展開が連鎖します。

初手に引くと文字通りスーパーピンチになるわけですが、せっかく【占い魔女】を作るなら2・3枚採用していいかも?

 

このカードをドローした今日のあなたの運勢は、スーパーピンチ!
ラッキーナンバーは、6。
ラッキーカラーは、黒。
ラッキーアイテムは、革靴。
ライバルに差をつけられちゃうかも!がんばれ!

 

スポンサーリンク

「占い魔女」関連の魔法・罠

《受け入れがたい結果》

①:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に発動できる。
手札から「占い魔女」モンスター1体を特殊召喚する。

 

読んで字のごとくのシンプルなスペックのカード

 

「占い魔女」はドローすることで手札から特殊召喚できるため、基本的にこのカードで特殊召喚する場面とは手札事故を起こしている場面と言えます。

狙った場面で「占い魔女」の効果を使えるというポジティブなとらえ方もできますが、あまり必要なカードとは言えないでしょう。

 

手札消費が激しいので採用する場合はドローソースを多めに採用しておくことをおすすめします。

 

《開運ミラクルストーン》

①:「開運ミラクルストーン」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「占い魔女」モンスターの種類×500アップする。
③:1ターンに1度、自分の「占い魔女」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

自分フィールドの魔法使い族の攻守を自分フィールドの「占い魔女」の種類×500アップするカード

 

「占い魔女」は全て攻守が0なのでこれらで戦うなら必須のサポートとなります。

ただし、このカードが破壊されると一気に攻守0が並んでいるだけになるため、あくまで自分のターンのみのパンプアップと考えておくのが無難です。

 

また、1ターンに1度、「占い魔女」が戦闘を行う攻撃宣言時に1ドローできます。

相手の攻撃宣言時にも反応できるため維持できればドローエンジンとして活躍できます。

 

【占い魔女】にとっては重要なカードではありますが、1枚しか存在できないこともあってやや不安が残ります。

でも「占い魔女」使うならこのカードで勝ちたいですね。

 

《幸運の前借り》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「占い魔女」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターより元々のレベルが1つ低い魔法使い族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、次の自分ターン中、自分は魔法使い族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

 

自分フィールドの「占い魔女」1体を対象に、そのモンスターより元々のレベルが1つ低い魔法使い族1体を手札・デッキから特殊召喚できるカード

 

レベル1~5までの任意の魔法使い族を特殊召喚できるため様々なコンボに使えます。

…とはいえ上級モンスターの「占い魔女」を展開できるかは運にもよります。

基本はレベル3以下のリクルート手段として見ていいでしょう。

 

《タンホイザー・ゲート》のようにレベル変更が可能なカードがあれば、より高レベルの魔法使い族も出せるのでロマンが好きな人はぜひ狙ってみて下さい。

 

デメリットは次の自分のターンなので注意です!

スポンサーリンク

戦術+構築について

テーマ特有の動きがドロー&特殊召喚しかないのでこれといって決まった戦術がありません。

強いていうならば手札消費を抑えつつ展開していくことですかね。

方向性が定まらないのであればリンク召喚が戦いやすいです。

 

また、「占い魔女」はカードパワーが低いので入れすぎると初手に手札事故を起こしやすくなり、何もできずに負けます。

純構築だとしても採用枚数はデッキの1/5程度が目安です。

 

混合デッキを組もうとすると「あれ?占い魔女いらないんじゃ…」という本末転倒なことになりやすいテーマなので色々とバランスが難しいデッキでもあります。

 

スポンサーリンク

相性の良いカード

《ダーク・ドリアード》

星4/闇属性/魔法使い族/ATK1800/DEF1400
【Pスケール:青5/赤5】
①:自分フィールドの地・水・炎・風属性モンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドのモンスターの属性の種類×200アップする。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから地・水・炎・風属性モンスターを1体ずつ選び、好きな順番でデッキの上に戻す。

 

召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキから4属性のモンスター1体ずつを好きな順番でデッキの上に置くことができるモンスター

 

「占い魔女」を詰め込むことができ、ドローソースと組み合わせることで好きなタイミングで特殊召喚を狙うことができます。

相手ターン中に《強欲な瓶》を使って《占い魔女スィーちゃん》を特殊召喚して擬似除去なんて芸当も可能です。

 

また、手札で腐っている「占い魔女」をペンデュラム召喚できる点もかみ合っており、P効果も《開運ミラクルストーン》で戦う場合の補助になります。

 

《Pinpoint Landing》

永続魔法(海外先行カード)

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスター1体のみが手札から特殊召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
②:自分エンドフェイズに、このターンこのカードの①の効果でドローしなかった場合にこのカードは墓地へ送られる。

 

モンスター1体のみが手札から特殊召喚された場合1ドローできるカード

 

「占い魔女」の共通効果で特殊召喚した場合にドローすることができ、手札消費の荒さを軽減することができます。

単純に優秀なカードなのでその他の特殊召喚しやすいカードとの連携もしやすい。

早く来日してほしい1枚です。

 

スポンサーリンク

サンプルデッキ

参考程度にどうぞ

 

《ダーク・ドリアード》で「占い魔女」をデッキトップへ詰め込み、《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》で一気にドローし展開できます。

場に展開した「占い魔女」や「Em」を《ワンダー・ワンド》などのドローソースに変換することでコンボパーツを引き込みやすいようにしています。

 

モンスター20枚

《占い魔女 エンちゃん》×1

《占い魔女 フウちゃん》×2

《占い魔女 スィーちゃん》×2

《占い魔女 チーちゃん》×2

《ZW-阿修羅副腕》×1

《ダーク・ドリアード》×3

《Em-ダメージ・ジャグラー》×3

《Em-ハットトリッカー》×3

《Em-トリッククラウン》×1

《究極封印神エクゾディオス》×1

《バトル・フェーダー》×1

 

魔法 20枚

《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》×3

《運命のドロー》×3

《ワンダー・ワンド》×3

《ペンデュラム・アライズ》×2

《開運ミラクルストーン》×2

《ルドラの魔導書》×2

《グリモの魔導書》×1

《ダブルアップ・チャンス》×1

《ハーピィの羽根箒》×1

《おろかな埋葬》×1

《円融魔術》×1

 

EXデッキ

「ホープ」系モンスター

《鎖龍蛇-スカルデット》

《クインテット・マジシャン》

など

 

スポンサーリンク

まとめ

この独特なかわいらしさと運に左右される効果は癖になりますね。

ですが、今回かなり頭を悩ませました。

キャラデッキも作りたかったのですが、あまりの難しさに断念。

 

単体では難のあるカード群ですが、組み合わせ次第では思わぬコンボが見つかるかも?

相性の良いカードがありましたら教えていただけると嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました