トークンを生成する汎用カード14選【モンスター編】

リンク召喚により使用機会が増えた【トークン】

使いやすい関連モンスターが知りたい方へ

/所要時間5分

【トークン】とは?

カードの効果で生み出されるモンスターのこと

メインデッキに入れず、盤外から用意したトークン専用カードなどを使用します

できれば攻守変更ができるものを選んでくださいね

裏側守備表示にはできないのでお忘れなく

公式でも様々なトークンが配布されています

スポンサーリンク

トークンを使うテーマ

1.「幻獣機」

トークンと密接な関わりをもつテーマ【幻獣機】

風属性/機械族で構成されています

(トークン:星3 制約:なし)

幻獣機トークンを特殊召喚する条件

モンスター名 条件
《テザーウルフ》 召喚した時
《ハリアード》 自身以外がカード効果でリリース
《メガラプター》 トークンが特殊召喚された
《コルトウィング》 特殊召喚時、他「幻獣機」が存在
《ハムストラット》 リバースした時
《オライオン》 墓地へ送られた場合

など

自分フィールドにトークンが存在すると戦闘・効果で破壊されない共通効果も持つため、このテーマのモンスターから選ぶのもありです。

他にもトークンをリリースすることで使える効果も持っています。

トークンを1体生成

2.《サイバース・ガジェット》

星4/光属性/サイバース族/ATK1400/DEF 300
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

②の効果でフィールドから墓地へ送られた場合にトークン1体を特殊召喚できるモンスター

(トークン:星2 制約:なし)

①の効果でレベル2以下のモンスター1体を墓地から特殊召喚することもできます。

種族もサイバース族のためリンク召喚の申し子のようなモンスター

このカード1枚でLINK3のモンスターまでリンク召喚することができます。

シンクロ召喚もサポートできるため、リンク召喚とシンクロ召喚の架け橋となってくれます。

2.《オイスターマイスター》

星3/水属性/魚族/ATK1600/DEF 200
このカードが戦闘で破壊される以外の方法でフィールド上から墓地へ送られた時、自分フィールド上に「オイスタートークン」(魚族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

戦闘破壊以外の方法でフィールドから墓地へ送られた時にトークンを1体特殊召喚するモンスター

(トークン:星1 制約:なし)

強制効果のためタイミングを逃すこともありません。

水属性/魚族なので安易に出張という形はとれませんが、水属性関連のデッキなら採用しやすくなります。

《浮上》で蘇生することもできるので、何度もシンクロ・リンク召喚に貢献することができます。

3.《モロコシーナ》

星2/地属性/植物族/ATK   0/DEF   0
1ターンに1度、自分のメインフェイズ2で500ライフポイントを払って発動する事ができる。
自分フィールド上に「つぶコーントークン」(植物族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

メインフェイズ2に500LP払うことで、トークンを1体特殊召喚できるモンスター

(トークン:星1 制約:なし)

メインフェイズ2のみですが、簡易的にトークンを特殊召喚できる点は優秀。

このモンスターと同じく地属性なので、そのまま《ミセス・レディエント》に繋がります。

召喚権を使って出すのは少々もったいないので、蘇生カードなどで特殊召喚したい。

4.《ドングルドングリ》

星1/闇属性/サイバース族/ATK   0/DEF   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ドングルトークン」(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

特殊召喚することでトークン1体を生成するモンスター

(トークン:星1 制約:なし)

サイバース族のトークンを生み出せるため、ほかのトークン生成カードよりリンク素材に適しています。

攻守0でレベル1なので特殊召喚方法は豊富です。

5.《BF-隠れ蓑のスチーム》

星3/闇属性/鳥獣族/ATK 800/DEF1200
「BF-隠れ蓑のスチーム」の②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分フィールドに「スチーム・トークン」(水族・風・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードをS素材とする場合、他のS素材モンスターは全て「BF」モンスターでなければならない。

表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合にトークンを特殊召喚するモンスター

(トークン:星1 制約:なし)

シンクロ素材に使う場合に制約こそあれど、②の効果で自己蘇生することもできます。

どちらかと言うとシンクロ召喚よりリンク召喚に向いているカード

特殊召喚するトークンは風属性/水族なので注意です!

《ブラック・ガーデン》にも対応した攻撃力のため、一緒に採用しやすいのもポイントです。

6.《水晶機巧-ローズニクス》

星4/水属性/機械族/ATK1800/DEF1000
「水晶機巧-ローズニクス」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「クリストロン」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドに「水晶機巧トークン」(機械族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできない。

②の効果で墓地からこのカードを除外することでトークンを1体特殊召喚できるモンスター

(トークン:星1 制約:リリースできない)

「クリストロン」チューナーを採用することで、①の効果で自身を破壊して、シンクロ召喚を組み込むことも可能です。

《マスター・ボーイ》に繋げるのも選択肢になるでしょう。

トークンを2体生成

7.《ダンディライオン》

星3/地属性/植物族/ATK 300/DEF 300
①:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「綿毛トークン」(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

墓地へ送られた場合、トークンを2体特殊召喚するモンスター

(トークン:星1 制約:アドバンス召喚のリリースにできない)

墓地へ送る方法も蘇生させる方法も様々な恵まれたステータスをもつ

シンクロ・リンク召喚の起点として大いに活躍します。

《クレーンクレーン》などで何度も使いまわせれば理想的。

8.《九尾の狐》

星6/炎属性/アンデット族/ATK2200/DEF2000
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:墓地から特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
③:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「狐トークン」(アンデット族・炎・星2・攻/守500)2体を特殊召喚する。

破壊された場合、トークン2体を生成できるモンスター

(トークン:星2 制約:なし)

《炎王の孤島》などで手札から発動してもトークンを生成できます。

【炎属性】や【アンデット族】のアクセントとして採用すると使いやすいです。

9.《トーチ・ゴーレム》

星8/闇属性/悪魔族/ATK3000/DEF 300
このカードは通常召喚できない。
このカードを手札から出す場合、自分フィールド上に「トーチトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を2体攻撃表示で特殊召喚し、相手フィールド上にこのカードを特殊召喚しなければならない。
このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚はできない。

自分フィールドにトークン2体を特殊召喚して、相手フィールドに特殊召喚するモンスター

このターン通常召喚ができなくなります。

(トークンのレベル:1 制約:なし)

トークン生成カードとしてみた場合、効率はまずまずのカード

その後の展開を全て特殊召喚で済ませられるならかなり便利なカードです。

このカード1枚でLINK4のモンスターまで繋げることができます。

EXデッキはかなり圧迫してしまいますが、十分な見返りがあるのでよく出張されています。

LINK4を出す手順

①トーチトークン2体を生成し、《トーチ・ゴーレム》を空いているエクストラモンスターゾーンの前に特殊召喚する。

②トーチトークン2体を素材に、《リンク・スパイダー》を2体リンク召喚する。

③《リンク・スパイダー》2体を素材に、《アカシック・マジシャン》をリンク召喚し、《トーチ・ゴーレム》をバウンスする。

④トーチトークン2体を生成し、《トーチ・ゴーレム》を再度特殊召喚する。

⑤トーチトークン2体と《アカシック・マジシャン》でリンク4のリンク召喚を行う。

引用元:遊戯王Wiki

このカードを軸に使いたい場合は、《魔犬オクトロス》や《黒き森のウィッチ》でサーチするのがおすすめです。

トークンを何体も生成

10.《クラスター・ペンデュラム》

星1/地属性/機械族/ATK 100/DEF 300
このカードが召喚に成功した時、相手フィールド上に存在するモンスターの数まで自分フィールド上に「ペンデュラム・トークン」(機械族・地・星1・攻/守0)を特殊召喚する事ができる。

召喚に成功した時、相手フィールドのモンスターの数までトークンを特殊召喚するモンスター

(トークン:星1 制約:なし)

相手フィールドにモンスターが存在することが前提ですが、2体ほどのトークンは確保できます。

地属性なので《ミセス・レディエント》に繋げることができ、展開の起点にしやすいカードです。

レベル1なので《ワンチャン!?》でサーチすることもできます。

後述する《幻銃士》と比べ、こちらも割と使いやすい。

相手依存な部分が不安な方は《ブラック・ガーデン》と併用すると多少使いやすくなります。

11.《スケープ・ゴースト》

星1/闇属性/アンデット族/ATK   0/DEF   0
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
自分フィールドに「黒羊トークン」(アンデット族・闇・星1・攻/守0)を任意の数だけ特殊召喚する。

リバース時、フィールドにトークンを任意の数だけ特殊召喚するモンスター

(トークン:星1 制約:なし)

リバースモンスターなので効果の発動まで時間や手間がかかります。

反面、制約のないトークンを最大4体特殊召喚できる点は魅力的。

リバース関連デッキの中に忍ばせると便利です。

12.《幻銃士》

星4/闇属性/悪魔族/ATK1100/DEF 800
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、自分フィールド上に存在するモンスターの数まで自分フィールド上に「銃士トークン」(悪魔族・闇・星4・攻/守500)を特殊召喚する事ができる。
また、自分のスタンバイフェイズ毎に自分フィールド上に表側表示で存在する
「銃士」と名のついたモンスター1体につき相手ライフに300ポイントダメージを与える事ができる。
この効果を発動するターン、自分フィールド上に存在する「銃士」と名のついたモンスターは攻撃宣言をする事ができない。

召喚・反転召喚時、自分フィールドのモンスターの数までトークンを特殊召喚するモンスター

(トークン:星4 制約:なし)

このモンスターも数に含まれるため、召喚時に妨害がなければ最低1体のトークンを特殊召喚できます。

メインモンスターゾーンに空きがなくても発動でき、トークンを特殊召喚できます。

シンクロ素材にも使いやすく、リンクモンスターの準備もできます。

バーンダメージを与える効果もありますが、ほとんど使う機会がないのでおまけ。

召喚権を使いますが汎用性十分のカードです。

13.《ゼータ・レティキュラント》

星7/闇属性/天使族/ATK2400/DEF2100
①:このカードが墓地に存在し、相手フィールドのモンスターが除外される度に発動する。
自分フィールドに「イーバトークン」(悪魔族・闇・星2・攻/守500)1体を特殊召喚する。
②:このカードは自分フィールドの「イーバトークン」1体をリリースし、手札から特殊召喚できる。

このカードが墓地に存在する場合、相手フィールドのモンスターが除外される度にトークンを特殊召喚するモンスター

(トークンのレベル:2 制約:なし)

闇属性天使族なので墓地に送る方法はいくらでもあります。

このカードが2枚以上墓地にあると、1度の除外で墓地にある枚数分トークンが特殊召喚されるので2枚は墓地へ送っておきたい。

このカードと相性のいいカード

《刻剣の魔術師》

《PSYフレームロード・Z》

《百万喰らいのグラットン》

《奈落の落とし穴》

《因果切断》

《バージェストマ・ディノミスクス》

など

14.《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》

ランク7/風属性/機械族/ATK   0/DEF3000
レベル7モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上に「バトル・イーグル・トークン」(機械族・風・星6・攻2000/守0)を可能な限り特殊召喚する。
この効果を発動したターン、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。
また、この効果で特殊召喚したトークンはこのターンのエンドフェイズ時に破壊される。

X素材を2つ取り除くことで、トークンを可能な限り特殊召喚するモンスター

(トークンのレベル:6 制約:なし)

この効果を使ったターン、相手への戦闘ダメージは0になり、トークンはエンドフェイズに自壊します。

ランク7なので重たいモンスターですが、トークンを最大5体まで並べることができます。

戦闘ダメージ0のデメリットが大きいので《クリフォート・ゲニウス》などを経由して、《ヴァレルロード・ドラゴン》などをリンク召喚して損失を抑えたい。

トークンの数は2体に減りますが堅実な《幻獣機ドラゴサック》もいるのでこちらでもOKです!

関連するルール

①フィールドから離れる時に消滅する

フィールドから離れた時点で消滅します。

消滅とは破壊や除外されるという意味ではありません。

《サクリファイス》などで装備カードにされる場合は、フィールドを移動しているだけなので消滅しません。

トークンが除去カードや戦闘で破壊された場合は破壊されて消滅します。

(破壊された扱いになり消滅します)

②コストとして墓地へ送ることができない

同様にコストとして手札に戻す・デッキへ戻すこともできません。

コストとしてリリースや除外はできます。

効果で手札やデッキへ戻す・墓地へ送る・除外することは可能です。

(結果、トークンは消滅する)

③シンクロ・リンク素材にすることは可能

エクシーズ召喚に使うことはできません。

④トークンは常に通常モンスターとして扱う

効果があった場合も、トークンを特殊召喚したカードの残存効果として扱われます。

よって《スキルドレイン》などで効果を無効にされることがありません。

とりあえず、どんな場合も通常モンスターと覚えておけばOKです!

⑤カード名を宣言することができない

「~トークン」という名称があっても、カード名として扱いません。

《禁止令》などで宣言することができません。

しかし、「幻獣機」や「フォトン」などの名前があった場合はそれぞれ「幻獣機」「フォトン」モンスターとして扱われます。

まとめ

《ドッペル・ウォリアー》はシンクロ召喚が必要なのでここでは紹介しませんでした。

役立ちそうなモンスターは見つかりましたか?

新しい召喚法が発表される度に注目されるので、今後も思わぬ使われ方がされるかもしれませんね。

おまけ 1枚欲しい!公式トークン紹介 Part1

スポンサーリンク
スポンサーリンク