【レベル9】汎用シンクロモンスター10選

豪快な効果もちが多いレベル9シンクロ

到達点としての力は十分です

/所要時間5分

【レベル9】汎用シンクロモンスター

数は少ないものの、個性的な面々が揃っているレベル9

《氷結界の龍トリシューラ》で隠れてしまっているモンスターも紹介します。

スポンサーリンク

素材縛り:なし

1.《灼銀の機竜》

《ドラッグ・オン・バーミリオン》

星9/炎属性/機械族/ATK2700/DEF1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中からチューナー1体を除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:S召喚したこのカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、除外されている自分のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

手札・墓地・フィールドのチューナー1体を除外し、フィールドのカード1枚を破壊できるモンスター

モンスター2体でシンクロ召喚できるレベル9シンクロでは最も高い汎用性を誇ります。

最低1回の除去はできる上、②の効果で後続の確保もできるため安心の1枚です。

2.《幻竜星-チョウホウ》

星9/光属性/幻竜族/ATK2800/DEF2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:S召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードのS素材とした「竜星」モンスターと元々の属性が同じモンスターの効果を発動できない。
②:S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキからチューナー1体を手札に加える。
③:1ターンに1度、相手フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
そのモンスター1体と元々の属性が同じ幻竜族モンスター1体を自分のデッキから守備表示で特殊召喚する。

全体的に幻竜族よりのモンスター

破壊されることでデッキからチューナーをサーチすることができます。

《灰流うらら》等もサーチできるので意外と便利

【竜星】以外では《源竜星-ボウテンコウ》をシンクロ素材にしやすいため、①の効果で光属性メタとしても活躍できます。

3.《鬼岩城》

星9/地属性/岩石族/ATK2900/DEF2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのシンクロ素材としたチューナー以外のモンスターの数×200ポイントアップする。

攻撃力特化のレベル9シンクロ

現在では優先されることはほとんどないものの、《ダーク・コーリング》のコストにするために採用してもよさそうです。

4.《浮鵺城》

星9/風属性/機械族/ATK   0/DEF3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地のレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、召喚・特殊召喚されたレベル8以下のモンスターは、そのターンには攻撃できない。

シンクロ召喚時、墓地のレベル9モンスター1体を蘇生できるモンスター

レベル9シンクロを多用するデッキの場合、そのままランク9まで繋げることができます。

《真竜皇V.F.D.》に繋げて制圧するのが最も便利な使いかたです。

素材縛り:2体以上

5.《水晶機巧-グリオンガンド》

星9/水属性/機械族/ATK3000/DEF3000
チューナー2体以上+チューナー以外のモンスター1体
①:このカードがS召喚に成功した場合、そのS素材としたモンスターの数まで相手のフィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
②:S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、このカード以外の除外されている自分または相手のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

チューナー2体を含めたシンクロを要求するモンスター

シンクロ素材の数だけ相手のフィールド・墓地のモンスターを除外することができます。

また、破壊された場合は除外されているモンスターを特殊召喚できるので、なるべく相手の主力モンスターを①の効果で除外したい。

《水晶機巧-ハリファイバー》の登場から相手ターン中にシンクロが狙いやすくなっているため、1枚持っておくのもいいかも?

6.《氷結界の龍 トリシューラ》

星9/水属性/ドラゴン族/ATK2700/DEF2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
①:このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
相手の手札・フィールド・墓地のカードをそれぞれ1枚まで選んで除外できる。

シンクロの時代を飾ったとも言えるモンスター

シンクロ召喚時、相手の手札・フィールド・墓地のカードをそれぞれ1枚選んで除外できます

対象を取らない除外ができるため、耐性をもつモンスターの突破に使いやすく、アドバンテージに差をつけることができます。

シンクロ召喚を主軸にするデッキであれば、なるべく出せるようにしておきたい1枚です。

7.《ミスト・ウォーム》

星9/風属性/雷族/ATK2500/DEF1500
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合、相手フィールドのカードを3枚まで対象として発動する。
その相手のカードを持ち主の手札に戻す。

シンクロ召喚時、相手フィールドのカードを3枚までバウンスするモンスター(強制効果)

《氷結界の龍トリシューラ》と同じ素材でシンクロ召喚できるため、フィールドを一掃して1ショットキルを決め込むデッキでは優先できます。

素材縛り:その他

8.《蒼眼の銀龍》

星9/光属性/ドラゴン族/ATK2500/DEF3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分フィールドのドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、効果の対象にならず、効果では破壊されない。
②:自分スタンバイフェイズ毎に自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

通常モンスターを素材指定するモンスター

ドラゴン族への耐性と通常モンスターの蘇生ができます。

ドラゴン族以外では自身を壁にしつつ、次のターンで巻き返す使い方をするとよいでしょう。

①の耐性は《戦線復帰》などの蘇生カードでも発動できるので、1度シンクロできれば戦線維持に役立ちます。

9.《琰魔竜レッド・デーモン・アビス》

星9/闇属性/ドラゴン族/ATK3200/DEF2500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・アビス」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

相手の表側表示のカード1枚の効果をターン終了時まで無効にできるモンスター

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》などをシンクロ素材にすれば簡単にシンクロ召喚できます。

魔法や罠の発動にチェーンして無効にできるため場もちもよく、制圧モンスターとして活躍することができます。

アクセルシンクロモンスター

10.《水晶機巧-フェニキシオン》

星9/水属性/機械族/ATK2800/DEF2000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
相手のフィールド・墓地の魔法・罠カードを全て除外する。
②:S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、このカード以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

シンクロ召喚時、相手のフィールド・墓地の魔法・罠を全て除外するモンスター

全体的にこのカードを優先して出す場面は少ないものの、相手ターンにシンクロ召喚できるならば一考の余地があります。

まとめ

《氷結界の龍トリシューラ》と《灼銀の機竜》の2枚で大半の状況は解決するので持っておくことをおすすめします。

余裕があれば、他のモンスターも採用していくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク