スポンサーリンク

【ランク9・10】汎用エクシーズモンスター7選

出せるデッキが限られるランク帯

数が少ないので、一緒に紹介します

/所要時間5分

【ランク9・10】汎用エクシーズモンスター

【列車】や【真竜】で使われるランク帯

それらのデッキ以外で使うとなると創意工夫を凝らす必要があります。

レベル9シンクロ《浮鵺城》を使うとランク9は出しやすくなります。

【ランク9】

1.《真竜皇V.F.D.》

ランク9/闇属性/幻竜族/ATK3000/DEF3000
レベル9モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

X素材を1つ取り除き、フィールドのモンスターはターン終了時まで宣言した属性となり、相手に効果を発動させず攻撃宣言もできなくさせるモンスター

発動した後に出されたモンスターの属性も変更できるため、相手ターンの制圧として活躍します。

「真竜」を採用している場合は②の効果で、さらに利便性が上がるので併用するのもいいですね。

2.《幻子力空母エンタープラズニル》

《ミラージュフォートレス エンタープラズニル》

ランク9/風属性/機械族/ATK2900/DEF2500
レベル9モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。
●相手の手札をランダムに1枚選んでゲームから除外する。
●相手の墓地のカード1枚を選んでゲームから除外する。
●相手のデッキの一番上のカードをゲームから除外する。

X素材を1つ取り除き、相手のフィールド・手札・墓地・デッキトップのいずれかからカードを1枚除外できるモンスター

どの効果も対象を取らない除外のため、アドバンテージが取りやすい。

特に耐性はないので、使い切りの感覚で使っても大丈夫です。

3.《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》

ランク9/光属性/機械族/ATK2800/DEF3000
レベル9モンスター×2
エクシーズ素材を持っているこのカードが攻撃されたバトルステップ時に1度だけ発動できる。
その攻撃を無効にする。
このカードがエクシーズ素材の無い状態で攻撃対象に選択された時、自分の墓地のモンスター2体を選択し、このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる。
また、このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターが相手フィールド上に存在する場合、自分のメインフェイズ1にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。

攻撃無効効果と条件付きで直接攻撃ができるモンスター

攻撃力2800以上のモンスターが相手フィールド上にいる状態で、このカードを出す場面は直接攻撃で勝てる場面に限られます。

素材にもしやすい、レベル9《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》を相手フィールドに特殊召喚すると狙いやすくなります。

【ランク10】

4.《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》

ランク10/地属性/機械族/ATK3200/DEF4000
レベル10モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、そのモンスター以外のカードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

X素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のモンスター1体にカード効果を受け付けない耐性を付与するモンスター

相手ターンにも発動でき、自身のステータスを含め、強固なアタッカーとして活躍します。

ランク10の中では最も堅実なモンスターとして、様々な場面で出す機会が多いモンスターです。

5.《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》

ランク10/地属性/機械族/ATK3000/DEF3000
レベル10モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手ライフに2000ポイントダメージを与える。

X素材を1つ取り除き、相手に2000ダメージを与えるモンスター

初期LPの1/4を削る豪快さで、LPを軽視した相手を一気に敗北まで追い込むことができます。

ステータスも高いため、効果と攻撃でゲームエンドまで持っていく力が高いカードと言えます。

《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》と使い分けるとお互いの良さを実感します。

6.《超巨大宮殿ガンガリディア》

ランク10/風属性/機械族/ATK3400/DEF3000
レベル10モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊し、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
「超巨大空中宮殿ガンガリディア」の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

X素材を1つ取り除き、1000ダメージを与え、相手のカード1枚の破壊するモンスター

ランク10で唯一の魔法・罠を除去できる効果持ちであるため、採用する際の選択肢になります。

ステータスが高いものの、効果を使うと攻撃できなくなるため優先順位は若干低めです。

7.《No.35 ラベノス・タランチュラ》

ランク10/闇属性/昆虫族/ATK   0/DEF   0
レベル10モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分と相手のLPの差の数値分アップする。
②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手がモンスターを特殊召喚する度に相手に600ダメージを与える。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

X素材を1つ取り除き、このカードの攻撃力以下の相手フィールドのモンスター全てを破壊するモンスター

相手が特殊召喚する度に600ダメージとLPの差分攻撃力を上げる効果により、優勢時と劣勢時のどちらでも活躍できます。

できれば優勢時の方が効果でステータスも上昇するため、他のランク10と合わせて採用しておきたい。

このカードの上に重ねられるモンスターも紹介します。

-《No.84 ペイン・ゲイナー》

ランク11/闇属性/昆虫族/ATK   0/DEF   0
レベル11モンスター×2
このカードは自分フィールドのX素材を2つ以上持ったランク8~10の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの守備力は、自分フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。
②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に600ダメージを与える。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの守備力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

X素材を1つ取り除き、このカードの守備力以下の相手モンスター全てを破壊するモンスター

相手の魔法・罠の発動の度に600のダメージを与えることができます。

エクシーズモンスターが自身のみの場合、守備力が2200の壁にしかならないため、基本は《No.77 ザ・セブン・シンズ》に繋げる役目になります。

魔法・罠に頼り切ったデッキでは②のバーンも活きてくるため、ペンデュラム召喚相手などでは維持しておくことも選択肢になります。

-《No.77 ザ・セブン・シンズ》

ランク12/闇属性/悪魔族/ATK4000/DEF3000
レベル12モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク10・11の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの①の効果は発動できない。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外し、除外したモンスターの中から1体を選んでこのカードの下に重ねてX素材とする。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

X素材を2つ取り除き、相手の特殊召喚されたモンスターを全て除外する効果と、破壊される代わりにX素材を1つ取り除くことができる効果を持つモンスター

攻撃力4000と申し分ないため、アタッカーとして運用することができます。

《RR-ラスト・ストリクス》からランク10《RR-アルティメット・ファルコン》呼び出すことで比較的簡単に出せることも覚えておくといいかもしれません。

まとめ

そもそもレベル9・10のモンスターが少ないため数が少ないのは仕方ないのですが、もう少し充実してほしいですね。