スポンサーリンク

【レベル5】汎用シンクロモンスター10選

堅実なモンスターが多いレベル5

時々壊れたモンスターが出るのも特徴です

/所要時間5分

【レベル5】汎用シンクロモンスター

アタッカーからシンクロ素材まで幅広く務めるレベル5

便利なモンスターが名を連ねています。

種族・属性に関連するモンスターは該当ページにて紹介しています。

召喚条件:縛りなし

1.《TG ハイパー・ライブラリアン》

星5/闇属性/魔法使い族/ATK2400/DEF1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがフィールドに存在し、自分または相手が、このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合に発動する。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、自分はデッキから1枚ドローする。

どちらかのプレイヤーがシンクロ召喚に成功した場合、自分が1ドローできるモンスター

連続シンクロに使用されるモンスターで、リンクモンスターと並べるのは必須になります。

このカードを出したターンに連続シンクロできるように戦略・構築を考えておくとうまく使えます。

2.《HSRチャンバライダー》

星5/風属性/機械族/ATK2000/DEF1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「HSRチャンバライダー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
②:このカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
このカードの攻撃力は200アップする。
③:このカードが墓地へ送られた場合、除外されている自分の「スピードロイド」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

連続攻撃、攻撃力アップを行えるモンスター

直接攻撃すると4600ダメージを与えることができるため、1ショットキルに向いたカード

攻めの局面で使うカードとして採用するのがいいです。

3.《幻層の守護者アルマデス》

星5/光属性/悪魔族/ATK2300/DEF1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

戦闘時、相手のカード効果を封じるモンスター

このカードの戦闘時は自分のカードの発動に対して相手はチェーンできないため、《サイクロン》などを安全に発動することも可能です。

戦闘を介する効果でアドバンテージを得る効果ではないので、若干優先度は低めです。

4.《A・O・J カタストル》

星5/闇属性/機械族/ATK2200/DEF1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが闇属性以外のフィールド上に表側表示で存在するモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊する。

闇属性以外と戦闘する場合、ダメージステップ開始時に破壊するモンスター

戦闘面では比較的優秀です。

レベル5シンクロを積極的に狙えるデッキなら採用しておいて損はないカードの1枚。

5.《水晶機巧ーアメトリクス》

星5/水属性/機械族/ATK2500/DEF1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て守備表示にする。
②:S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、Sモンスター以外の自分の墓地の「クリストロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

シンクロ召喚時、相手の特殊召喚されたモンスターを全て守備表示にできるモンスター

攻撃力2500とレベル5シンクロの中では高い部類になり大半のモンスターを戦闘破壊することができます。

②の効果で《水晶機巧-ハリファイバー》を墓地から特殊召喚することもできるので、リンク召喚とも親和性を持たせることができます。

6.《ABF-五月雨のソハヤ》

星5/闇属性/鳥獣族/ATK1500/DEF2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「A BF-五月雨のソハヤ」の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
②:このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の「A BF」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
③:このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズにこのカード以外の自分の墓地の「A BF-五月雨のソハヤ」1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。

主に連続シンクロに用いられるモンスター

このモンスターを連続でシンクロすることでそれぞれの効果を使い、《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》などのモンスターに繋げることができます。

ソリティア要素の強いシンクロデッキでは採用できます。

7.《ジェット・ウォリアー》

星5/炎属性/戦士族/ATK2100/DEF1200
「ジェット・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
「ジェット・ウォリアー」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル2以下のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

シンクロ召喚時、相手のカード1枚をバウンスするモンスター

レベル2以下のモンスターをリリースして自己蘇生することもできます。

露払いからアクセルシンクロまでこなせる便利なシンクロモンスターとして採用できます。

《ジェット・シンクロン》の汎用性がかなり高いため、ここで紹介しました。

シンクロチューナー

8.《源竜星-ボウテンコウ》

星5/光属性/幻竜族/ATK   0/DEF2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
②:1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

・特殊召喚時の「竜星」1枚サーチ

・デッキから幻竜族を墓地へ送りレベル変更

・フィールドから離れた場合デッキから「竜星」1体特殊召喚

と欲張りな展開用モンスター

【竜星】【セフィラ】に関連したデッキでなくとも、採用しやすい。

効果を活かして採用する場合は、「竜星」モンスターでデッキバランスを崩さないように注意!

9.《アクセル・シンクロン》

星5/闇属性/機械族/ATK 500/DEF2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「アクセル・シンクロン」を1ターンに1度しかS召喚できない。
①:1ターンに1度、デッキから「シンクロン」モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●墓地へ送ったそのモンスターのレベル分だけ、このカードのレベルを上げる。
●墓地へ送ったそのモンスターのレベル分だけ、このカードのレベルを下げる。
②:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

デッキから「シンクロン」を墓地へ送ることで、そのレベル分、自身のレベルを変更できるモンスター

相手ターンにシンクロすることもできます。

単体でアドバンテージを得ることはできないので、このカードも展開用のカードです。

《ジェット・シンクロン》を併用して、連続シンクロに繋げたい。

10.《TG-ワンダー・マジシャン》

星5/光属性/魔法使い族/ATK1900/DEF   0
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動する。
そのカードを破壊する。
②:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。
③:フィールドのこのカードが破壊された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

シンクロ召喚時、魔法・罠1枚を破壊するモンスター(強制効果)

相手ターン中のシンクロと破壊時のドローも持ち合わせています。

《TG ワーウルフ》などを使えば出すのは難しくありませんが、《水晶機巧-ハリファイバー》のお供として採用されることがほとんどです。

相手ターン中の牽制としての役目が多いでしょう。

まとめ

《TG ハイパー・ライブラリアン》や《源竜星ボウテンコウ》など極端なモンスターが出てしまうのは中々疑問です。

あまり新規のモンスターが増えていないので、そろそろ強化が来るかもしれません。

こちらもどうぞ!

https://relibrary.xsrv.jp/synchro-summon-lv5/