Clear Mind【TG】テーマ紹介

【TG】を組みたいからおさらいがしたい!

どんな風に使うの?といった方へ

/所要時間5分

【TG(テックジーナス)】テーマ紹介

EXTREME VICTORYで登場した多種多様な属性・種族のモンスターでシンクロ召喚をしていくテーマ【TG】

召喚法:シンクロ召喚

種族 :いろいろ

属性 :いろいろ

遊戯王5Dsにてブルーノ/アンチノミーが使用するテーマであり、使いやすいモンスターが多いことから度々注目されるテーマです。

10期になり大幅に強化されることになりましたね。

作中で登場した《TG ギア・ゾンビ》や《TG ドリル・フィッシュ》もでないかな?

スポンサーリンク

モンスター

・星1~4にチューナーと非チューナーが1体以上存在

・一部のモンスターは破壊されるとエンドフェイズにサーチ

《TG サイバー・マジシャン》

星1/光属性/魔法使い族/ATK 0/DEF 0
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを「TG」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ素材とする場合、手札の「TG」と名のついたモンスターを他のチューナー以外のシンクロ素材とする事ができる。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「TG サイバー・マジシャン」以外の「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

「TG」と名の付くシンクロモンスターの素材にする場合、手札の「TG」モンスターと共にシンクロ召喚することができるモンスター(チューナー)

現状ではレベル2or5の組み合わせが存在するため、召喚権や特殊召喚方法が足りない場合でも展開できるカードとして使えます。

前半の効果は効果外テキストなので《スキルドレイン》などで無効化されません。これは《水晶機巧-ハリファイバー》などで応用することができます。

つまり、《ハリファイバー》で特殊召喚したターン中でも手札のモンスターとシンクロ召喚できるということです。

現状の【TG】は種類が多くなったため必須というわけではありませんが、戦術として覚えておいて損はない1枚だと思います。

《TG タンク・ラーヴァ》

星1/地属性/昆虫族/ATK 0/DEF 0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのこのカードを「TG」SモンスターのS素材とする場合、このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。
②:このカードが「TG」SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「TGトークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

フィールドで「TG」のシンクロ素材とする場合、非チューナーとして扱うことができるモンスター(チューナー

また、②の効果で「TG」のシンクロ素材になると星1のトークンを1体特殊召喚できるため、【TG】におけるデルタアクセルシンクロの要となります。

後述するリンクモンスター《TG トライデント・ランチャー》によって特殊召喚され、連続シンクロ召喚の布石にされるのが主な役目です。

実は初の昆虫族レベル1チューナーなのも評価してあげたいところ。

《TG ブースター・ラプトル》

星1/風属性/恐竜族/ATK 400/DEF 300
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドに「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ブースター・ラプトル」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

自分フィールドに「TG」が存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

シンクロ・リンク素材として申し分ない性能であり、レベル1恐竜族ということも相まって使いやすさは抜群。

《化石調査》や《幻創のミセラサウルス》などで特殊召喚する方法を増やすのもありです。

《TG ストライカー》

星2/地属性/戦士族/ATK 800/DEF 0
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ストライカー」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

《サイバー・ドラゴン》条件で特殊召喚できるモンスター(チューナー

手軽な特殊召喚条件と優秀なステータスにより度々他のデッキでも出張されることのあるモンスターです。

《聖騎士の追想 イゾルデ》や《トゥルース・リインフォース》などでデッキから特殊召喚もしやすい。

【TG】では起点としての役割を担うカードです。

《TG ワーウルフ》と一緒に使うのがおすすめ。

《TG ワーウルフ》

星3/闇属性/獣戦士族/ATK1200/DEF 0
①:レベル4以下のモンスターが特殊召喚された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ワーウルフ」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

レベル4以下のモンスターが特殊召喚された時、手札から特殊召喚できるモンスター

前述した《TG ストライカー》と併用することで召喚権を使わずに展開できます。また、《ジャンク・シンクロン》などの汎用モンスターなどの特殊召喚効果とも相性がよく、総じて使いやすい。

相手が特殊召喚した時でも特殊召喚可能なので、《増殖するG》などで引いた場合の緊急時のブロッカーとして使うこともできます。

《TG ラッシュ・ライノ》

星4/地属性/獣族/ATK1600/DEF 800
このカードが攻撃する場合、ダメージステップの間このカードの攻撃力は400ポイントアップする。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、自分のデッキから「TG ラッシュ・ライノ」以外の「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

攻撃時、ダメージステップの間攻撃力を400アップするモンスター

登場当時は攻撃力2000でサーチ効果もちということもあってかなり便利なモンスターでした。シンクロ召喚の天敵であった《ライオウ》を上から殴れるため評価が高かったです。

現在では《TG サイバー・マジシャン》でレベル5シンクロを目指す場合や《烏合の行進》を使ったドロー加速が主な役目ですね。

《TG スクリュー・サーペント》

星4/水属性/海竜族/ATK1300/DEF 500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「TG スクリュー・サーペント」以外の自分の墓地のレベル4以下の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

召喚・特殊召喚に成功した場合、墓地のレベル4以下の「TG」1体を効果を無効にして蘇生できるモンスター(チューナー

手札以外からの特殊召喚方法が少なかった【TG】における展開の要。

レベル5~8のシンクロ・リンク召喚を軽々とこなしてくれます。

②のレベル変動効果もレベルがばらつきやすい【TG】では連続シンクロ召喚のために重宝します。

【TG】でデルタアクセルシンクロをしたいのならば、このモンスターをどれだけうまく扱えるかがカギになります。

EXデッキのモンスター

《TG トライデント・ランチャー》

地属性/機械族/ATK2200/LINK3
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない
②:相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

「TG」チューナーを含むモンスター2体以上でリンク召喚できるモンスター

《水晶機巧-ハリファイバー》から簡単にアクセス可能です。

リンク先に手札・デッキ・墓地から「TG」をそれぞれ1体ずつ特殊召喚できる脅威の展開力が魅力の1枚。現在の【TG】はこれ抜きでは語れません。

効果も無効にならず、シンクロモンスターすら特殊召喚できます。

デメリットはそれなりに重いですが、相手ターン中にシンクロ召喚すればシンクロ先に全く影響はありません。

リンク先の「TG」を効果対象耐性を付与することもでき、《TG ハルバート・キャノン》も随分と使いやすくなりました。

【TG】はまずこのモンスターをリンク召喚しないことには始まらないため、何としても妨害されないように心がけましょう。

《TG ハイパー・ライブラリアン》

星5/闇属性/魔法使い族/ATK2400/DEF1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがフィールドに存在し、自分または相手が、
このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合に発動する。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、自分はデッキから1枚ドローする。

言わずと知れたシンクロ召喚のドローブースト要員

【TG】は手札消費が激しいため、確実にドローできるタイミングならば積極的にシンクロ召喚していきたい。

1度シンクロ召喚してしまえば《TG トライデント・ランチャー》で蘇生することもできるので、制限カードと言えど出し惜しみすることなく使えるのがいいですね。

《TG パワー・グラディエイター》

星5/地属性/戦士族/ATK2300/DEF1000
チューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

貫通ダメージ+破壊された時1ドローできるモンスター

さすがに10期基準でみると力不足な部分は否めませんが、《TG ハイパー・ライブラリアン》が制限カードなので、非チューナーのレベル5シンクロ「TG」としての役割が残されています。

1枚入れておけば連続シンクロしたいのに《TG トライデント・ランチャー》の制約効果でできない心配も減るので、持っておいて損はないかなと思います。

《TG ワンダー・マジシャン》

星5/光属性/魔法使い族/ATK1900/DEF 0
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
①:このカードがS召喚に成功した場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動する。
そのカードを破壊する。
②:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。
③:フィールドのこのカードが破壊された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

シンクロ召喚時、魔法・罠1枚破壊するモンスター(チューナー

自身を素材に相手ターン中にシンクロ召喚+破壊されると1ドローできる効果も備えています。

《水晶機巧-ハリファイバー》の影響で一気に注目されたこのカードも【TG】では正規召喚されます。

後述する《TG スター・ガーディアン》と比較するとこちらは妨害性能に長けているため、《TG ブレード・ガンナー》を出したい場合はこちらを優先するのがおすすめ。

【TG】は破壊された場合にサーチやドローができるモンスターが多いので《リビングデッドの呼び声》などを併用するのもありです。

《TG スター・ガーディアン》

星5/光属性/戦士族/ATK 100/DEF2200
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札から「TG」モンスター1体を特殊召喚する。
③:相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

特殊召喚に成功した場合、墓地の「TG」1体を手札に加えるモンスター

手札消費の激しい【TG】ではとてもありがたい。

手札から「TG」1体を特殊召喚する効果も備えており、①②の効果を駆使すればデルタアクセルシンクロは目前です。

《TG ワンダー・マジシャン》同様に相手ターン中に自身を素材にシンクロ召喚することも可能であり、【TG】にとっては欠かせない1枚。

最低2枚は採用しておきたいところ。

《TG ブレード・ガンナー》

星10/地属性/機械族/ATK3300/DEF2200
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
このカードを対象とする相手の魔法・罠カードが発動した時、
手札を1枚墓地へ送る事で、その効果を無効にする。
また、相手ターンに1度、自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外する。
次のスタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

手札1枚をコストに自身を対象にする相手の魔法・罠の発動を無効にするモンスター

また、相手ターン中に1度、墓地の「TG」1体を除外して、自身を除外し、次の自分のスタンバイフェイズに特殊召喚できる効果を持っています。

現在では《強制脱出装置》など対象を取る魔法・罠除去の採用率が激減してしまいましたが、高い攻撃力と②の効果も相まって性能は中々のものです。

《スターダスト・ウォリアー》が強力なライバルですが、共存も可能なので使い分けて戦っていくのがおすすめです。

《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》

星2/風属性/昆虫族/ATK 300/DEF 300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する「TG」と名のついたシンクロモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターを墓地へ送る。
さらに、墓地へ送ったモンスターのシンクロ召喚に使用したシンクロモンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

自分フィールドのシンクロモンスターのみを素材とした「TG」シンクロモンスターを墓地へ送り、素材となったモンスター1組を墓地から特殊召喚できるモンスター

【TG】でデルタアクセルシンクロするなら欠かせない存在。墓地に《TG ブレード・ガンナー》を残して《TG ハルバート・キャノン》をシンクロ召喚できれば、破壊された時の保険にすることができます。

ただし、自身の効果などで一度除外された《TG ブレード・ガンナー》には効果を使えないため注意してくださいね。

《TG ハルバート・キャノン》

星12/地属性/機械族/ATK4000/DEF4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

1ターンに1度、モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚する際、それを無効にし破壊できるモンスター

フィールドから墓地に送られた時、墓地の「TG」1体を蘇生できる効果も備えています。

《死者蘇生》などカードの発動を伴う特殊召喚は防げませんが、リンク召喚など大抵の特殊召喚は妨害することができます。

《TG トライデント・ランチャー》で耐性を付与しつつ、昔ながらの攻撃力での制圧が最も輝きます。

魔法・罠

・現在では採用する意義がほとんどなくなってしまったので、使いやすいものだけを紹介

《TGX3-DX2》

自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター3体を選択して発動する。
選択したモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

墓地の「TG」3体をデッキに戻し2ドローできるカード

下級モンスターを戻すより、「TG」シンクロモンスターを戻して再度シンクロ召喚の準備をするために使います。

高速でシンクロ召喚できる【TG】ならば、魔法・罠除去を誘いつつドロー加速&リカバリーするために採用できそうです。

《TG1-EM1》

相手フィールド上に存在するモンスター1体と、自分フィールド上に表側表示で存在する「TG」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターのコントロールを入れ替える。

自分フィールドの「TG」と相手モンスター1体のコントロールを入れ替えるカード

《強制転移》とは異なり、どちらも自分が選ぶことができるためある程度の妨害性能もあります。

現在の【TG】では使う場面が少ないものの、効果自体は優秀なので入れてみるのも面白いかもしれませんね。

戦術

典型的なシンクロ召喚のビートダウンテーマなのでやることはほとんど同じです。

1度覚えてしまえば、何も難しいことはありません。

①手札・墓地に展開に必要な「TG」を揃える。

使いやすい種族サポートを数枚採用しておくと揃えやすい。

②特殊召喚しやすいモンスターなどを駆使して《TG トライデント・ランチャー》のリンク召喚を成功させる。

展開途中で《TG ハイパー・ライブラリアン》で手札補充も忘れずに。

③《TG ハルバート・キャノン》や《スターダスト・ウォリアー》で戦線維持。

妨害が苦手なので使いやすい罠を数枚入れると便利。

展開例

必要な手札

・《ライティ・ドライバー》

・《幻創のミセラサウルス》or《TG ブースター・ラプトル》

・レベル4「TG」モンスター1体

最終盤面

・《TG トライデント・ランチャー》

・《TG ハイパー・ライブラリアン》

・《TG ブレード・ガンナー》

+手札3枚

1.《ライティ・ドライバー》を召喚。デッキから《レフティ・ドライバー》を特殊召喚。

2体のモンスターで《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚。効果でデッキから《TG タンク・ラーヴァ》を特殊召喚。

2.手札の《幻創のミセラサウルス》を捨てて墓地から除外し、デッキから《TG ブースター・ラプトル》を特殊召喚。

3.《TG タンク・ラーヴァ》と《ハリファイバー》で《TG トライデント・ランチャー》をリンク召喚。効果で手札・デッキ・墓地からそれぞれレベル4「TG」・《TG スクリュー・サーペント》・《タンク・ラーヴァ》を特殊召喚。

4.《スクリュー・サーペント》と《ブースター・ラプトル》で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。

続けて、レベル4「TG」と《タンク・ラーヴァ》で《TG スター・ガーディアン》をシンクロ召喚(+トークン生成)。

5.《スター・ガーディアン》の効果で墓地の《スクリュー・サーペント》を手札に戻し、そのまま特殊召喚。

《スクリュー・サーペント》の効果で墓地の《ブースター・ラプトル》を蘇生させる。2体で《TG パワー・グラディエイター》をシンクロ召喚。

6.《スター・ガーディアン》と《パワー・グラディエイター》で《TG ブレード・ガンナー》をシンクロ召喚

まとめ

TGのカードデザインはとても優れていると個人的に感じていて、シンクロ召喚と戦線維持のためのサーチでうまくバランスが取れているテーマだと思っています。

シンクロ召喚入門としてもおすすめできるのでぜひ使ってみてください!

久しぶりに記事書いたので間違っている部分があるかもしれません。

ここが分かりにくい!などありましたらコメントにお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. late より:

    良かった、生きてた…!
    失踪を危惧してました…
    相変わらず読みやすく、尚且つ内容が濃くて面白い!
    これからも無理のない程度に頑張ってください!!

    • Librarian より:

      lateさん お久しぶりですね。なんとか生きてます
      すごくうれしいです!頑張って書いてよかった!

      サイトの運営や方向性などでだいぶ迷ってました。
      これからは好きな時に好きなことを書こうかなと思ってます。

      更新頻度はまちまちになると思いますが、これからも応援よろしくお願いします!