【レベル12】汎用シンクロモンスター6選

シンクロ召喚の到達点「レベル12」

展開方法で相手を魅せるのも楽しさの1つ

/所要時間3分

【レベル12】汎用シンクロモンスター

フィニッシャーとしての意味合いが強く、何体も採用するわけにはいかないレベル12

幸い使いやすいモンスターは差別化できているため、自分にとって使いやすい1枚を採用するといいでしょう。

スポンサーリンク

素材縛り:なし

1.《A BF-神立のオニマル》

星12/闇属性/鳥獣族/ATK3000/DEF2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「A BF-神立のオニマル」の③の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
②:このカードは効果では破壊されない。
③:自分の墓地の「BF」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードのレベルはそのモンスターと同じになる。
④:Sモンスターのみを素材としてS召喚したこのカードが攻撃する場合、ダメージステップの間このカードの攻撃力は3000アップする。

唯一の素材縛りなしレベル12シンクロ

単純に効果破壊されない攻撃力3000のモンスターとして使います。

シンクロ召喚の柔軟性を高める1枚なので余裕があれば採用しておくと便利です。

デルタアクセルシンクロ

2.《シューティング・クェーサー・ドラゴン》

星12/光属性/ドラゴン族/ATK4000/DEF4000
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードはこのカードのシンクロ素材としたチューナー以外のモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる。
1ターンに1度、魔法・罠・効果モンスターの効果の発動を無効にし、破壊する事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、「シューティング・スター・ドラゴン」1体をエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。

シンクロ素材にしたチューナー以外の分の連続攻撃魔法・罠・モンスター効果の発動を無効にし破壊できるモンスター

非常に攻撃性能が高く、単体で1ショットキルが可能です。

単純な制圧は後述する《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》に任せて、こちらはより攻撃的なデッキで採用したい。

後続に《シューティング・スター・ドラゴン》も出せるため、余裕があれば採用しておきたい。

-《シューティング・スター・ドラゴン》

星10/風属性/ドラゴン族/ATK3300/DEF2500
Sモンスターのチューナー1体+「スターダスト・ドラゴン」
①:1ターンに1度、発動できる。
自分のデッキの上から5枚めくってデッキに戻す。
このターンこのカードはめくった中のチューナーの数まで攻撃できる。
②:1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する効果の発動時に発動できる。
その効果を無効にし破壊する。
③:1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に攻撃モンスターを対象として発動できる。
フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
④:この③の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを特殊召喚する。

連続攻撃・攻撃無効・破壊効果の無効と攻防一体のモンスター

このカードで連続攻撃を決めるときの爽快感は中々他では味わえません!

専用デッキを組む価値は十分にあります。

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》でこのカードを特殊召喚した場合、蘇生制限を満たしていないため、③の効果で除外するとそのまま戻ってこないことに注意です。

3.《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》

星12/風属性/ドラゴン族/ATK4000/DEF4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
①:フィールドのこのカードをエンドフェイズまで除外して以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

1ターンに1度、自身を除外して相手のほぼあらゆる行動を無効にして破壊するモンスター

フィールドを離れてしまうことで一時的に無防備になるものの、ターンを跨いでコントロール性能を発揮できるとも言えます。

EXモンスターゾーンから移動できるのも利点の1つ。

自身をエンドフェイズまで除外する一連の処理が全てコストです。

よって《神の宣告》などをこのカードの効果にチェーンされて「無効にして破壊する」カードを発動されても、破壊されずにフィールドに戻ってきます

《水晶機巧-ハリファイバー》の登場から、相手ターンにシンクロ召喚しやすくなったこともあり、活躍の場は広がっています。

4.《聖珖神竜 スターダスト・シフル》

星12/光属性/ドラゴン族/ATK4000/DEF4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
①:自分フィールドのカードはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
②:1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
③:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル8以下の「スターダスト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

自分フィールドのカード全てにそれぞれ破壊耐性を与える効果とモンスター効果無効+選んでカード1枚の破壊ができるモンスター

上記の2体に比べ、さらに防御よりのモンスター

魔法・罠もまとめて守ることができ、より強固な盤面を形成したい場合にはこちらを優先する価値があります。

《ブラック・ホール》を展開後に発動して、一気に攻め込む使い方もできなくはないので、覚えておくのもいいかも?

特殊な召喚法

5.《アルティマヤ・ツィオルキン》

星0/闇属性/ドラゴン族/ATK   0/DEF   0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない。

魔法・罠をセットすることでEXデッキからレベル7or8のドラゴン族シンクロを特殊召喚できるモンスター

自身の効果で耐性をもつこともできます。

レベル5以上のチューナーと同レベルのモンスターを墓地に送り特殊召喚するモンスターです。

《D-HERO ディアボリックガイ》や《ブリリアント・フュージョン》など扱いやすい出張セットでリンク先を作りつつ、準備を進めると使いやすくなります。

色々なドラゴンでフィールドを埋め尽くすのは見ていて圧巻の一言。

ぜひ試してみて下さい!

6.《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》

星0/闇属性/ドラゴン族/ATK   0/DEF   0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードは効果では破壊されず、攻撃力はフィールドのモンスターの数×1000アップする。
②:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
お互いのフィールドに同じ数だけ、「邪眼神トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。
このターンこのカードは攻撃できない。

こちらはレベル8以上のチューナーと同レベルのモンスターを墓地へ送り、特殊召喚するモンスター

効果で破壊されず、フィールドをトークンで埋め尽くし、攻撃力を9000前後にできます。

トークンはお互いの場に特殊召喚される上、このモンスターは攻撃できなくなるため、このカード自体はフィニッシャーになれません。

相手にトークンをリンク素材として使われてしまうためです。

よって、このカードを出したターンのうちに《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を儀式召喚して1ショットキルするなどの使い方になります。

今後のリンク召喚次第では活躍するかもしれませんね。

まとめ

リンク召喚発足以降出しにくくなってしまいましたが、リンクモンスターなしでこれらを出す方法を考えてみるのも楽しいですよ!

シンクロ召喚が好きな方はぜひ考えてみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク