ゼロから覚える【閃刀姫】テーマ紹介

大量の武器と一人戦う少女

「空牙団」とは対をなすテーマです

※10/12 《閃刀姫-ロゼ》追記

/所要時間5分

【閃刀姫】テーマ紹介

デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した大量の魔法を駆使して戦うリンク召喚テーマ

読み方は【せんとうき】

 

メインデッキに入るモンスターが2体しか存在しないため、非常に魔法カードに偏った構築になることが特徴です。

 

また、メインモンスターゾーンにモンスターが存在しないことで発動できる効果が多いため、構築難易度は高めです。

長らく環境クラスで活躍しているテーマで手札誘発を交えて臨機応変に戦います。

 

かわいいイラストしてるけど使いこなすのはちょっと難しいよ?

スポンサーリンク

モンスター

《閃刀姫-レイ》

星4/闇属性/戦士族/ATK1500/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
EXデッキから「閃刀姫」モンスター1体をEXモンスターゾーンに特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の「閃刀姫」リンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

フリーチェーンでリリースすることでEXデッキから「閃刀姫」をEXモンスターゾーンに特殊召喚できるモンスター

正規の方法ではないため、特殊召喚したモンスターは蘇生できないものの、相手ターンにも「閃刀姫」リンクモンスターを特殊召喚できるのは優秀。

この効果はバトルフェイズ中にも使えるため《エフェクト・ヴェーラー》避けとしてのプレイングなども使っていくうちに覚えていきたい。

 

②の効果で、フィールドの「閃刀姫」リンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、自己蘇生できるため、①の効果も活きてきます。

 

闇属性戦士族とサポートが豊富なステータスを有しており、手札に加えやすいです。

2枚でも動けますが、相手に全力で除外されるカードなので余裕をもって3積みしておくのが定石です。

 

《閃刀姫-ロゼ》

星4/光属性/戦士族/ATK1500/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドに「閃刀姫-ロゼ」以外の「閃刀姫」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、EXモンスターゾーンの相手モンスターが、戦闘で破壊された場合、または自分のカードの効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、ターン終了時までその効果を無効にできる。

 

フィールドに同名以外の「閃刀姫」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、手札から特殊召喚できるモンスター

一見【閃刀姫】の戦術とミスマッチですが、リンク3・4に繋げる戦術に向いています。

 

また、EXモンスターゾーンの相手モンスターが戦闘破壊 or 自分の効果でフィールドを離れた場合、墓地から特殊召喚して相手モンスター1体の効果をターン終了時まで無効にできます。

使い減りしない上にミラーマッチの対策すらできる良い効果です。

対象を取らないモンスター効果無効なので何度も使えば相手は悲鳴を上げるでしょう。

 

リンク召喚ばかりに目がいってしまいがちですが、【閃刀姫】にランク4要素を組み込めるようになったのも大きな変化です。これからも楽しみですね!

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスター

・リンク1のモンスターで構成されています

・リンク体は機械族になっています

《閃刀姫-カガリ》(制限)

炎属性/機械族/ATK1500/LINK1
【リンクマーカー:左上】
炎属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カガリ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
②:このカードの攻撃力は、自分の墓地の魔法カードの数×100アップする。

 

特殊召喚に成功した場合、墓地の「閃刀」魔法1枚を手札に加えるモンスター

また、攻撃力を墓地の魔法の数×100アップすることができます。

 

多種多様な「閃刀」魔法をサルベージしつつ、即座に使うことができるため強力。

1枚しか使えないため、むやみにリンク召喚はできませんが墓地が肥えてきたら真価を発揮します。

 

《マグネット・リバース》で蘇生させて何度も効果を狙うと嫌らしい戦い方ができます。

 

《閃刀姫-シズク》

水属性/機械族/ATK1500/LINK1
【リンクマーカー:右上】
水属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-シズク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地の魔法カードの数×100ダウンする。
②:このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「閃刀」魔法カード1枚を手札に加える。

 

特殊召喚に成功した場合、エンドフェイズに「閃刀」魔法1枚をデッキからサーチできるモンスター

相手モンスターのステータスを墓地の魔法の数×100下げることもできます。

 

このモンスターはエンドフェイズまでフィールドに残す必要があるため、基本的には最後に出す「閃刀姫」になります。

 

アタッカーとして使った「閃刀姫」リンクモンスターを素材にメインフェイズ2でリンク召喚して、②の効果を発動していくことが主な使い方になります。

 

《閃刀姫-ハヤテ》

風属性/機械族/ATK1500/LINK1
【リンクマーカー:左下】
風属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-ハヤテ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードは直接攻撃できる。
②:このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
デッキから「閃刀」カード1枚を墓地へ送る。

 

直接攻撃できるモンスター

戦闘を行ったダメージ計算終了時にデッキから「閃刀」カード1枚を墓地に送ることができます。

 

墓地に《レイ》《ロゼ》のどちらかが存在しない場合はデッキから墓地に送ることで、以降のターンのリンク召喚が行いやすくなります。

 

このカードで攻撃した後、《閃刀姫-カガリ》をリンク召喚すると墓地に送った「閃刀」カードを実質サーチのように使うこともできます。

 

序盤のパーツ集めから終盤のエンドカードまで幅広くこなせるカードです。

リンク先も左下へ向いているため更なる展開にも貢献できるいい子ですね。

 

《閃刀姫-カイナ》

地属性/機械族/ATK1500/LINK1
【リンクマーカー:右下】
地属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カイナ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは相手ターン終了時まで攻撃できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が「閃刀」魔法カードの効果を発動する度に、自分は100LP回復する。

 

特殊召喚に成功した場合、相手モンスター1体を相手ターン終了時まで攻撃できなくさせるモンスター

回復効果はほとんどおまけ

 

基本的な用途は《閃刀姫-レイ》の①の効果によって相手ターンに特殊召喚する防御用のモンスターです。

 

《ヴァレルソード・ドラゴン》などの仮想敵にこれまで以上に突破されにくくなるため1枚は採用しておきたい。

 

スポンサーリンク

魔法・罠

・ほとんどがメインモンスターゾーンにモンスターが存在しないことを発動条件とします

《閃刀起動-エンゲージ》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、自分はデッキから1枚ドローできる。

 

【閃刀姫】のサーチ&ドローソース

追加効果:1ドロー

 

同名以外の「閃刀」カードをサーチできる上、発動制限もなく追加でドローもできる優れたカードです。

 

墓地から「閃刀」を回収する際もこのカードを優先しておくと便利です。

フル採用必須のカードと言って差し支えないパワーカードです。

 

《閃刀術式-アフターバーナー》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 

フィールドの表側表示モンスター1体を破壊できるカード

追加効果:フィールドの魔法・罠1枚を選んで破壊

 

モンスターを破壊できれば追加効果も狙えるため、除去カードとしての性能は一級品。

【閃刀姫】は妨害性能に長けたデッキではありますが、場に出てしまったモンスターを軽々と処理できる方法があるのとないのとでは段違いの差があります。

 

【閃刀機】では《サンダー・ボルト》などを採用するよりも活躍してくれるカードといえるでしょう。

 

《閃刀術式-ジャミングウェーブ》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

 

セットされた魔法・罠1枚を破壊できるカード

追加効果:フィールドのモンスター1体を選んで破壊

 

先ほどの《閃刀術式-アフターバーナー》の対となるカードで、こちらは追加効果で対象を取らないモンスター除去ができるため、モンスター除去性能はこちらの方が上です。

 

しかし、フィールドにセットされた魔法・罠を破壊できなければ追加効果は狙えないことには注意。

環境クラスのデッキ相手では伏せカードがあってもフリーチェーンが多いため、思うように使えないこともあります。

 

《閃刀術式-ベクタードブラスト》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、EXモンスターゾーンの相手モンスターを全て持ち主のデッキに戻す事ができる。

 

お互いのデッキの上から2枚墓地に送るカード

追加効果:EXモンスターゾーンの相手モンスターを全てデッキへ戻す

 

【閃刀姫】の墓地肥やし用カード。このカードがなくても墓地に3枚以上の魔法カードを溜めるのは難しくないため、あまり採用はされません。

 

…とはいえ追加効果での除去は苦手な【サンダー・ドラゴン】などを処理できるため1枚だけ採用するのはありですね。

 

《閃刀術式-シザーズクロス》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のレベル4の「閃刀姫」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、手札に加えず特殊召喚することもできる。

 

墓地のレベル4「閃刀姫」1体をサルベージできるカード

追加効果:そのまま蘇生できる

 

サイクルが出来上がっている状態の【閃刀姫】ではあまり重要にはなりませんが、妨害された時のリカバリーとしては中々優秀。

少数だけ採用したランク4を展開する際にも使えます。

 

《閃刀機-ホーネットビット》(制限)

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「閃刀姫トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守0)
1体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはリリースできない。
自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのトークンの攻撃力・守備力は1500になる。

 

「閃刀姫トークン」1体を守備表示で生成するカード

追加効果:トークンのステータスを1500にする

 

単純なトークン生成カードとしてみた場合は、《ワンタイム・パスコード》に劣るため、「閃刀姫」リンクモンスターの素材に使うのが主な用途になります。

 

こちらも【閃刀姫】を主軸とするなら可能な限り採用して、「閃刀姫」リンクモンスターを安定して出したいところ。

《閃刀機-リゼ》

 

《閃刀機-ウィンドアンカー》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る事ができる。

 

フィールドの効果モンスターの効果をターン終了時まで無効にするカード

追加効果:エンドフェイズまでモンスター1体をコントロール奪取

 

攻防一体となったカードで「閃刀姫」の攻撃を通しやすくしてくれます。

 

コントロールを奪った場合はメインモンスターゾーンが埋まり、他の「閃刀」魔法の効果を発動できなくなるため、発動は最後の方にした方がよさそうです。

 

アタッカーが少ない【閃刀姫】では、一時的にアタッカーが増やせるこのカードがフィニッシャーとしての役目も果たしてくれます。

 

《閃刀機-イーグルブースター》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは自身以外のカードの効果を受けない。
自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、さらにこのターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。

 

発動ターンの間、モンスター1体に完全耐性を付与するカード

追加効果:戦闘破壊耐性付与

 

基本的には「閃刀姫」リンクモンスターに発動して除去から守ることになります。

対象は自由なので《ヴァレルロード・ドラゴン》に発動して居座るのもいいですね。

 

《閃刀機-シャークキャノン》

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、除外せずにそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できない。

 

相手の墓地のモンスター1体を除外するカード

追加効果:除外せずに自分の場へ特殊召喚

 

墓地の除外といえば《墓穴の指名者》が存在しますが、こちらはサーチできる点がやはり優秀。

何かと使う機会があるため2枚ほど採用しておいてもいいです。

 

相手の墓地限定の《死者蘇生》として使えるものの、「閃刀」魔法の発動条件上モンスターを残すのはアンチシナジーなので少し発動する場面が難しいカードです。

 

相手のリンクモンスターを蘇生して、こちらのリンク召喚のサポートに使うといいかもしれませんね。

 

《閃刀機関-マルチロール》

①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
さらに、対象のカードは墓地へ送られる。
②:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

 

魔法カードの発動に対し相手はチェーンできなくなる効果と、エンドフェイズにこのターン発動した「閃刀」魔法の数だけ、墓地から「閃刀」魔法をセットできるカード

 

1ターンの間あらゆる魔法カードの発動に対しチェーンできなくなる効果は非常に強力で、《墓穴の指名者》や《ハーピィの羽根箒》なども確実に効果を通すことができます。

 

また、②の効果でアドバンテージを失わずに相手ターンを迎え撃つことができるため非常にコストパフォーマンスが高いカードと言えます。

 

どのカードをセットするか・温存するかは長く使うことで養われるプレイングの一つです。

【閃刀姫】の強さを決めるのはこのカードをどう使うかに左右されるといっても過言ではありません。

 

《閃刀機甲-ハーキュリーベース》

自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
①:装備モンスターは直接攻撃できず、1度のバトルフェイズ中にモンスターに2回攻撃できる。
②:自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在し、装備モンスターが攻撃でモンスターを破壊した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。
③:このカードが効果でフィールドから墓地へ送られた場合、「閃刀機構-ハーキュリーベース」以外の自分の墓地の「閃刀」カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

 

モンスターに2回攻撃できるカード

追加効果:戦闘破壊すると1ドロー

 

「閃刀姫」リンクモンスターに装備して戦いたいところですが、攻撃力が低いため他のモンスターに装備して戦ったほうがよさそうです。

 

③の墓地の「閃刀」カード3枚をデッキへ戻す効果は重要で、「閃刀姫」リンクモンスターの枯渇を防ぐことができます。

1枚は採用しておくと安心です。

 

《閃刀空域-エリアゼロ》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「閃刀」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードはデッキに戻す。
「閃刀」カードがめくられた場合、さらに対象のカードを墓地へ送る。
②:このカードが効果でフィールドゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「閃刀姫」モンスター1体を特殊召喚する。

 

デッキトップから3枚めくり、その中から「閃刀」魔法を1枚加えることのできるカード

 

毎ターン発動できるため、手札の質をよくすることができます。

効果で墓地に送られるカードは残ってしまったモンスターを処理するのに使うと便利です。

 

②の効果で効果でフィールドから墓地に送られた場合、デッキから「閃刀姫」1体を特殊召喚できるので、《閃刀姫-レイ》を呼び出すカードとしても使えます。

 

こちらもデッキの安定度を飛躍的に高めるため3枚の採用をおすすめします。

 

スポンサーリンク

戦術

簡単にまとめるとこんな流れ

①《閃刀起動-エンゲージ》や《閃刀空域-エリアゼロ》で《閃刀姫-レイ》を手札に加えつつ、魔法カードを3枚以上墓地に置く。

 

②リンク召喚しつつ、速攻魔法の「閃刀」魔法カードで戦線維持を行う。

手札消費は《閃刀機関-マルチロール》でケア

 

③じりじりとアドバンテージに差をつけてEXデッキが枯渇しないうちに勝利する。

フィニッシャーは《ヴァレルソード・ドラゴン》等に任せるのがおすすめ。

 

スポンサーリンク

展開例

必要な手札

・《閃刀起動-エンゲージ》

・《トゥーンのもくじ》

 

最終盤面

フィールド

・《閃刀姫-シズク》

 

手札5枚

・《トゥーン・サイバー・ドラゴン》

・《閃刀空域-エリアゼロ》

・ドローしたカード2枚

・《閃刀起動-エンゲージ》以外の「閃刀」カード1枚

 

1.《トゥーンのもくじ》を発動。同じく《もくじ》をサーチして3回発動し、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》を手札に加える。

 

2.《閃刀起動-エンゲージ》を発動し、デッキから《閃刀姫-レイ》を手札に加え1ドロー

 

3.《閃刀姫-レイ》を召喚し、リンク素材にして《閃刀姫-カガリ》をリンク召喚。効果で墓地の《エンゲージ》を手札に加える。

 

4.再度《エンゲージ》を発動。デッキから《閃刀空域-エリアゼロ》を手札に加えて1ドロー

 

5.《カガリ》を素材に《閃刀姫-シズク》をリンク召喚。エンドフェイズに「閃刀」1枚をデッキから手札に加える。

 

 

フィールドの《シズク》が相手の効果でフィールドを離れると《レイ》が自己蘇生して、相手ターンに《カガリ》を特殊召喚できます。

次のターン以降はまだまだ手札が増えます。

 

 

基盤となるコンボはこんな形でしょうか?

あくまで例なのでできることはたくさんあります。色々と試してみて下さい!

 

スポンサーリンク

まとめ

できるだけ純構築がしたい方もいるとは思いますが、構築難易度はかなり高いと思ってください。

 

中々面白いテーマに仕上がっているので、かわいくて癖のある彼女をどうサポートできるか楽しみですね!

 

 

コメント

  1. daiki より:

    カイナ追加お願いします

タイトルとURLをコピーしました