スポンサーリンク

【リンク4】手軽に出せる出張セット集

リンク4を使いたいけどうまくモンスターを揃えられない…

出しやすいセットを教えて!と思った方へ

/所要時間7分

【リンク4】手軽に使える出張セット

展開力が足りないデッキでも、リンク4を使えるセットをいくつかまとめました。

様々なデッキに採用しやすいよう、できるだけパーツは少ないようにしています。

シンクロ召喚やペンデュラム召喚などリンク召喚を主体に使わないデッキでの採用を主に考えています。

《ヴァレルロード・ドラゴン》や《鎖龍蛇-スカルデット》も出せます。

1.《水晶機巧-ハリファイバー》セット

メインデッキに《幻獣機オライオン》を3枚採用するだけで、リンク4に繋げることができます。

《幻獣機オライオン》は墓地で除外して「幻獣機」の召喚権を増やすことができるため、複数引いても問題なく展開できます。

チューナーであり《水晶機巧-ハリファイバー》の素材になれるため、抜群の相性を誇ります。

展開方法

  1. 素材を揃えて《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚。効果でデッキから《幻獣機オライオン》を特殊召喚。
  2. 上記2体で《サモン・ソーサレス》をリンク召喚。
  3. 《幻獣機オライオン》が墓地へ送られたことで、《サモン・ソーサレス》のリンク先に「幻獣機トークン」を特殊召喚。
  4. 《サモン・ソーサレス》の効果で、2体目の《幻獣機オライオン》をデッキから特殊召喚。
  5. リンク4をリンク召喚。

トークンを《リンク・スパイダー》(+《セキュア・ガードナー》)に変えれば、《ファイアウォール・ドラゴン》を相互リンクできます。

2.植物族セット

《マスマティシャン》1枚から出せる植物族セット。汎用性の高いカードばかりなので採用もしやすいです。

展開方法

  1. 《マスマティシャン》を通常召喚。デッキから《ダンディライオン》を墓地へ送り、トークン2体を生成。
  2. トークン2体で《アロマセラフィ-ジャスミン》をリンク召喚。効果で《マスマティシャン》をリリースして、デッキから《グローアップ・バルブ》を特殊召喚。
  3. 上記2体で《サモン・ソーサレス》をリンク召喚。《グローアップ・バルブ》を自己蘇生させ、《サモン・ソーサレス》の効果で《スポーア》を特殊召喚。
  4. リンク4をリンク召喚。

《グローアップ・バルブ》の効果は使用してしまいますが、《スポーア》を用意しつつリンク4を出すことができます。

その後のシンクロ召喚のための下準備が整います。《イービル・ソーン》や「捕食植物」でも可能なのでこちらを使うのもありです。

3.「代行者」セット

《創造の代行者ヴィーナス》から《神聖なる球体》3体を手札・デッキから特殊召喚することでモンスターを4体揃えることができます。

《ヴィーナス》は《神秘の代行者アース》でサーチできるため、安定して手札に加えることができます。

シンクロ召喚・エクシーズ召喚・リンク召喚と幅広い召喚方法に対応でき、好みの戦略を搭載できます。

使い終わったら《貪欲な壺》でデッキに戻すのがベストです。

4.《トーチ・ゴーレム》セット


お馴染みのお手軽展開セット。

メインデッキには《トーチ・ゴーレム》しか必要としないため、格段に出張性能は高い。

《アカシック・マジシャン》《セキュリティ・ドラゴン》《ファイアウォール・ドラゴン》の順番にバウンス効果で《トーチ・ゴーレム》をお手玉することでリンク4を複数並べることができます。

EXデッキの圧迫に目を瞑れば、デッキを簡単に強化することができます。

5.《彼岸の黒天使 ケルビーニ》セット

《彼岸の黒天使 ケルビーニ》の③の効果で《ダンディライオン》を墓地へ送り、トークンを2体生成することでリンク4を目指すセット

ランク3を狙えるデッキや「捕食植物」セット、《クレーンクレーン》などを採用するデッキで幅広く使えます。

6.「ジェムナイト」セット

こちらも《ブリリアント・フュージョン》でお馴染みの出張セット

リンク4を作る場合には以下の方法を取ると2枚目以降の《ブリリアント・フュージョン》を腐らせずに済みます。

展開手段

※手札に通常召喚できる「ジェムナイト」が必要

  1. 《ブリリアント・フュージョン》を発動。《ジェムナイト・セラフィ》を融合召喚。融合素材は「ジェムナイト」1体と任意の光属性1体
  2. 手札の「ジェムナイト」を《セラフィ》の効果で通常召喚。上記の「ジェムナイト」2体で《ジェムナイト・ファントムルーツ》をリンク召喚。
  3. 《ファントムルーツ》でレベル4以下の「ジェムナイト」1体をサーチし、通常召喚。
  4. 《ファントムルーツ》の効果で、墓地の「ジェムナイト」2体をデッキに戻し、融合「ジェムナイト」を融合召喚。
  5. リンク4をリンク召喚。

手札から召喚するモンスターに《ギャラクシーサーペント》を使って《水晶機巧-ハリファイバー》に繋げてもリンク4に到達するので、そちらを使ってもOKです。

《レスキューラビット》を使うデッキや《ブリリアント・フュージョン》を出張させたデッキの選択肢にすることができます。

7.「ゼンマイ」セット

《ゼンマイネズミ》の効果を連打することで、大量展開が可能になります。

展開方法

  1. 《レスキューラビット》を通常召喚し、効果でデッキから《ゼンマイネズミ》と星3の獣族1体を特殊召喚。
  2. 《発条空母ゼンマイティ》をエクシーズ召喚。X素材(《ゼンマイネズミ》)を取り除き、デッキから2体目の《ゼンマイネズミ》を特殊召喚。
  3. 2体目の《ゼンマイネズミ》の効果で墓地の《ゼンマイネズミ》を特殊召喚。
  4. 《発条空母ゼンマイティ》と《ゼンマイネズミ》で《発条補修ゼンマイコン》をリンク召喚
  5. 《発条補修ゼンマイコン》の効果で《ゼンマイシャーク》をサーチ。
  6. 《発条補修ゼンマイコン》の②の効果で《ゼンマイネズミ》を裏側除外し、3体目を特殊召喚しつつ、手札の《ゼンマイシャーク》を特殊召喚。
  7. 《ゼンマイネズミ》の効果で墓地の《ゼンマイネズミ》を特殊召喚し、リンク4をリンク召喚。

【ゼンマイ】は【甲虫装機】や【インフェルニティ】同様、桁外れの展開力を持つテーマの1つです。

いま紹介した展開方法もまだまだ余剰があるので、色々考えてみて下さいね。

8.「星杯」セット

「星杯」リンクモンスターの特殊召喚効果でリンク4を出す方法。

通常モンスターを採用するデッキで使えます。

展開方法

  1. 通常モンスターを通常召喚。そのモンスターを素材に《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚。
  2. 増えた召喚権で《星杯の妖精リース》を召喚。デッキから《星杯の守護竜》をサーチ。
  3. 《リース》と《イムドゥーク》で《星杯剣士アウラム》をリンク召喚。
  4. 《イムドゥーク》の効果で手札の《星杯の守護竜》を特殊召喚。
  5. 《アウラム》の効果で《守護竜》を墓地へ送り、墓地から《イムドゥーク》を特殊召喚。
  6. 《守護竜》を墓地から除外し、墓地の通常モンスターをリンク先に蘇生。
  7. リンク4をリンク召喚。

《星杯の妖精リース》は自身の効果で手札に加えやすく、安定して展開に使うことができます。

9.「闇属性」セット

《終末の騎士》1枚から《D-HERO ディアボリックガイ》を出し続けてリンク4まで繋がります。

戦士族のサーチまでできて便利なセットです。

番外編《ヒーロー・キッズ》

星2/地属性/戦士族/ATK 300/DEF 600
このカードが特殊召喚に成功した時、デッキから「ヒーロー・キッズ」を任意の枚数特殊召喚する事ができる。

特殊召喚することで大量展開できるモンスター

手札からは《レッド・リゾネーター》や《切り込み隊長》、星5シンクロ《Xセイバー ウェイン》で特殊召喚。

デッキからは《トゥルース・リインフォース》、《聖騎士の追想イゾルデ》で特殊召喚できます。

戦士族のため、リンク素材に使いやすいことがメリット。上記のカードを自然に採用できるデッキに採用を検討できます。

反面、手札に複数抱えた時の弱さがデメリットです。