召喚権は1度だけ?「召喚権を増やす」汎用カード6選

1ターンに1度の重要な「召喚権」

召喚権が足りない…という悩みを解決できます

※3/18 タイトル変更

/所要時間3分

「召喚権を増やす」とは?

通常召喚をする権利を増やすこと

簡単に分けると

①通常召喚を~回行うことができる

例:《二重召喚》《サモンチェーン》

②通常召喚に加えて、1度だけ召喚を行うことができる

例:《バランサーロード》《鬼ガエル》など

③発動したカード効果で召喚を行う

例:「妖仙獣」3種《幻獣機オライオン》など

の3つに分けられます。

「どう違うんだ!?」ってなりますが、一言でいうなら召喚権が重複するかどうかです。

①と②のカードを発動するとそれぞれの効果で召喚権が増えて、合計3回の通常召喚が可能になります。

スポンサーリンク

通常召喚を~回まで行うことができる

・発動できるのは実質1ターンに1枚のみ

1.《二重召喚》

《デュアルサモン》

①:このターン自分は通常召喚を2回まで行う事ができる。

最も単純に召喚権を1回増やすカード

特に条件などを満たす必要はないため使いやすい1枚です。

ただし、召喚時に効果を持つモンスターに使わなければ手札が減るので、手札1枚分以上の価値を見出すコンボの際に採用したいカードです。

2.《サモンチェーン》

①:同一チェーン上で複数回同名カードの効果が発動していない場合、そのチェーン3以降に発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。

こちらはチェーン3以降に使える召喚権を3回まで増やすカード

発動条件はさほど難しくないものの、増やした召喚権を有効に使える手札を確保するのが難しいカード

【剛鬼】や【ガジェット】などで狙いやすく大量展開の一翼を担うことができます。

通常召喚に加えて1度だけ、召喚を行うことができる

・同名カード、別のカードを含めて増やせる召喚権は1回だけ

3.《音響戦士マイクス》

星5/風属性/機械族/ATK2300/DEF1100
【Pスケール:青1/赤1】
①:もう片方の自分のPゾーンに「音響戦士」カードが存在しない場合、このカードのPスケールは4になる。
②:自分エンドフェイズに、除外されている自分の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードは自分フィールドの音響カウンターを3つ取り除き、手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功したターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにモンスター1体を召喚できる。

召喚・特殊召喚したターンに1度だけ召喚権を増やすモンスター

《音響戦士ギータス》から特殊召喚しやすく、ペンデュラム召喚で毎ターン召喚権を増やすことも可能です。

シンクロ召喚やペンデュラム召喚のデッキに組み込みやすい出張セットとして採用できます。

-《音響戦士ギータス》

星3/風属性/機械族/ATK1500/DEF 100
【Pスケール:青7/赤7】
「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

P効果でデッキから「音響戦士」1体をデッキから特殊召喚できるカード

召喚時に墓地の「音響戦士」1体を蘇生することもできます

スケールも高く、ペンデュラム召喚も自然に組み込むことができます。

「音響戦士」にはチューナーが存在する上、このカードの単体の性能も高いためセットで採用して様々なデッキで活躍させることができます。

4.《ジェムナイト・セラフィ》

星5/地属性/天使族/ATK2300/DEF1400
「ジェムナイト」モンスター+光属性モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにモンスター1体を通常召喚できる。

有名になりすぎた出張セットの1つ

フィールドに存在する限り、1ターンに1度召喚権を増やすモンスター

《ブリリアント・フュージョン》と光属性モンスターと共に採用し、様々な形で使われています。

除去されやすい点と、リンクモンスターなしではEXモンスターゾーンを埋めてしまう点には注意です。

-《ブリリアント・フュージョン》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時に、自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてEXデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
②:1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

「ジェムナイト」融合モンスターをステータスを0にしてデッキ融合するカード

「フュージョン」の名を持つため「捕食植物」セットからサーチすることができ、アクセス手段も豊富です。

発動できれば大きなリターンが得られるので、デッキバランスを多少無視しても採用される優秀な出張セットです。

《トロイメア・ゴブリン》

風属性/悪魔族/ATK1300/LINK2
【リンクマーカー:左/右】
カード名が異なるモンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、自分はデッキから1枚ドローできる。
自分は通常召喚に加えて1度だけ、このターンのメインフェイズにこのカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果の対象にならない。

手札を1枚捨てて、リンク先への召喚権を増やせるモンスター

リンク召喚が非常にしやすく、メインデッキを圧迫しないことがメリットです。

ただし、リンクマーカーが左右のため、ある程度展開力の高いデッキでないとうまく使いこなせません。

展開慣れしている人が使うと非常に強力な1枚です。

カード効果で召喚を行う

・通常召喚の権利を使わずに召喚できます

6.《ライバル・アライバル》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
モンスター1体を召喚する。

バトルフェイズにモンスター1体を召喚できるカード

簡単に召喚権を増やせるカードとして独自の立場にいるものの、活躍の機会が少ないカード

色々な可能性を考えるのは大事だなと思わせてくれる1枚です。

まとめ

うまく説明できたか怪しいですが、簡単に召喚権を増やせるカードの紹介でした。

展開力を高めるのに手っ取り早い方法なので、うまくデッキが回らないなと思ったら採用してみるといいかもしれません。

多少強引なデッキ構築でも、通常召喚が2回行えるだけでだいぶ変わるので試してみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク