【アドバンス召喚】使いやすいサポート20選

古より伝わる生け贄を捧げる召喚法【アドバンス召喚】

上級モンスターを組み込みたいデッキにどうぞ!

/所要時間7分

【アドバンス召喚】サポート

召喚権を上級モンスターに割くことになるため、あまり使われていない召喚法

現在ではレベルの高いモンスターでも特殊召喚しやすいカードプールになりました。

そんな中9期以降、活躍するデッキもわずかですが増えてきました。

今後も期待できそうです。

アドバンス召喚で必要になる

・リリース素材を確保する

・リリースを軽減する

・アドバンス召喚限定の召喚権追加

・アドバンス召喚そのもののサポート

ができる使いやすいカードを紹介します。

スポンサーリンク

リリース素材の確保

・一例なので他にも色々あります

1.《ドラゴノイド・ジェネレーター》

1000LPを払ってこのカードを発動できる。
このカード名の①の効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:自分メインフェイズに発動できる。
「ドラゴノイドトークン」(機械族・地・星1・攻/守300)1体を自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
このターンのエンドフェイズに、相手は「ドラゴノイドトークン」1体を自身のフィールドに攻撃表示で特殊召喚しなければならない。

カードの発動時にLP1000払い、メインフェイズ時に「ドラゴノイドトークン」を2体まで攻撃表示で特殊召喚できるカード

発動ターンはEXデッキの使用に制限がかかります。

アドバンス召喚のリリース素材の確保にとても便利なカードです。

エンドフェイズにトークンを相手にも献上するので、リンク素材等に使われて逆転されないように注意です!

2.《聖刻龍-トフェニドラゴン》

星6/光属性/ドラゴン族/ATK2100/DEF1400
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。
②:このカードがリリースされた場合に発動する。
自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

《サイバー・ドラゴン》条件での特殊召喚と、リリースされた場合ドラゴン族通常モンスターを特殊召喚できるモンスター

《招集の聖刻印》によってサーチが可能であり、アドバンス召喚のリリースに使うことでそのまま②の効果が活かせます。

主体となるモンスターのレベルに合わせて、ドラゴン族通常モンスターを採用することでエクシーズ召喚やシンクロ召喚が可能になります。

戦術の幅を広げるリリース素材として活躍します。

3.「剛鬼」


フィールドから墓地に送られることで「剛鬼」をサーチするテーマ【剛鬼】

墓地から「剛鬼」モンスターを2体蘇生する《剛鬼再戦》によって安定したリリースの確保に貢献します。

リンク召喚が得意なテーマなため、単体で引いても戦線維持できることが利点です。

詳しくはこちらからどうぞ

Go鬼塚と共に戦う安定したビートダウンテーマ【剛鬼】リンク召喚を存分に楽しめるおすすめテーマです

4.「ジェムナイト」出張セット

お馴染みの出張セット

他の用途にも色々使えるため、デッキの枠が余っていれば採用しておいて損はないと思います。

リリース軽減

5.《埋葬されし生け贄》

①:このターン、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合に1度だけ、モンスター2体をリリースせずに自分・相手の墓地からモンスターを1体ずつ除外してアドバンス召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

お互いの墓地のモンスターを1体ずつ除外して、リリースなしでアドバンス召喚を行うことができるカード

特殊召喚できなくなるデメリットはあるものの、フィールドにモンスターを用意せずにアドバンス召喚できるため事故率を軽減してくれます。

相手の墓地利用を妨害しつつ、アドバンス召喚のサポートができるカードとして採用できます。

6.《帝王の烈旋》

「帝王の烈旋」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
①:このターン、アドバンス召喚のために自分のモンスターをリリースする場合に1度だけ、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドのモンスター1体をリリースできる。

相手フィールドのモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できるカード

相手モンスターをリリースして除去することができるため、展開補助兼除去として活躍する非常に便利なカードです。

耐性を持ったモンスターや制圧系のモンスターも難なく処理でき、こちらの損失はほぼ抑えて形成を逆転させていくことができます。

アドバンス召喚を軸にするならぜひ採用しておきたい1枚です。

帝王の烈旋
Posted with Amakuri

7.《死皇帝の陵墓》

①:お互いのプレイヤーは、自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。
●1000LPを払って発動できる。
1体のリリースを必要とする手札のモンスター1体の通常召喚を、リリースなしで行う。
●2000LPを払って発動できる。
2体のリリースを必要とする手札のモンスター1体の通常召喚を、リリースなしで行う。

お互いはLP1000をリリース1体分の代わりとして通常召喚を行うことができるカード

このカードで召喚した場合、アドバンス召喚ではなくなるので「帝」などの効果は使えなくなります。

なので、厳密にいえばアドバンス召喚のサポートではないかもしれません。

特別なデメリットはないので、特殊召喚もしたいしEXデッキのモンスターも使いたい人にはおすすめできます。

《サイクロン》等でLPの払い損になってしまうことはありますが、召喚権は失わないので安心です。

8.《再臨の帝王》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の、攻撃力2400/守備力1000のモンスターまたは攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
②:モンスターをアドバンス召喚する場合、装備モンスターは2体分のリリースにできる。

「帝」系ステータスのモンスターを効果を無効にして守備表示で蘇生し、アドバンス召喚のための2体分のリリースにできるカード

【帝王】関連のカードを使わずにこのカードを使う場合は、《ジェムナイト・ラピスラズリ》がおすすめです。

前述した《ブリリアント・フュージョン》で簡単に融合召喚できるためメインデッキにあまり無理がありません。

他には後述する《イリュージョン・スナッチ》が適任です。

その他の素材としても使えるので中々便利なカードです。




アドバンス召喚の召喚権追加

9.《冥帝従騎エイドス》

「冥帝従騎エイドス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外し、「冥帝従騎エイドス」以外の自分の墓地の攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。

召喚・特殊召喚に成功した場合、このターン通常召喚に加えて1度だけアドバンス召喚ができるモンスター

《天帝従騎イデア》と併用して使うことでレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚にも貢献できます。

2枚は一緒に使うことで②の効果も活きてくるため、最上級モンスターを採用する場合にはぜひ活かしたいカードです。

10.《天帝従騎イデア》

星1/光属性/戦士族/ATK 800/DEF1000
「天帝従騎イデア」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「天帝従騎イデア」以外の攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合、除外されている自分の「帝王」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

召喚・特殊召喚成功時、攻撃力800/守備力1000のモンスターを1体デッキから特殊召喚できるモンスター

《冥帝従騎エイドス》と併用することでデッキに入れた枚数分アドバンス召喚のリリース素材として活躍できます。

②の効果は【帝王】以外では無理して使わなくとも十分このカードは強いので、余裕のある方は考えてみて下さい!

11.《雷帝家臣ミスラ》

星2/光属性/雷族/ATK 800/DEF1000
「雷帝家臣ミスラ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、相手フィールドに「家臣トークン」(雷族・光・星1・攻800/守1000)1体を守備表示で特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードがアドバンス召喚のためにリリースされた場合に発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。

相手フィールドにトークンを生成しつつ特殊召喚する効果とアドバンス召喚のためにリリースされた場合、アドバンス召喚の召喚権を増やすモンスター

「家臣」モンスターの中ではフィールドに左右されずに特殊召喚でき、リリース時の効果も優秀です。

レベル5・6のモンスターが主体となるデッキでは単体で採用しても大いに活躍してくれます。

12.《カード・アドバンス》

①:自分のデッキの上からカードを5枚まで確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけモンスター1体をアドバンス召喚できる。

デッキの上から5枚みて好きな順番で戻し、このターンアドバンス召喚を追加で行えるカード

デッキトップ操作をするカードの中では扱いやすく、他のドローするカードと合わせて擬似サーチ兼召喚権追加カードとして扱えます。

単純に採用するには他のカードの方が便利なので、コンボ性に富んだデッキで採用すると面白い1枚です。

13.《連撃の帝王》

①:1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにこの効果を発動できる。
モンスター1体をアドバンス召喚する。

相手のメインフェイズとバトルフェイズにアドバンス召喚が行えるカード

召喚時に相手のカードを除去するモンスターを不意打ちでアドバンス召喚したい。

速攻魔法である《帝王の烈旋》と併用すれば、相手のターンに相手のモンスターだけでアドバンス召喚ができます。

連撃の帝王
Posted with Amakuri




アドバンス召喚そのものに関連するカード

14.《風帝家臣ガルーム》

星3/風属性/鳥獣族/ATK 800/DEF1000
「風帝家臣ガルーム」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのアドバンス召喚されたモンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードがアドバンス召喚のためにリリースされた場合に発動できる。
デッキから「風帝家臣ガルーム」以外の攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を手札に加える。

アドバンス召喚されたモンスター1体をバウンスして特殊召喚するモンスター

ややコンボ性が強いものの独創的なデッキでは強力な1枚となるカード

アドバンス召喚を繰り返し行う意味のあるデッキを構築する際にはとても便利です。

アドバンス召喚のためにリリースされた場合にも、攻撃力800/守備力1000のモンスターをサーチできるため、「家臣」系のモンスターのサポートもできます。

15.《地帝家臣ランドローブ》

星4/地属性/岩石族/ATK 800/DEF1000
「地帝家臣ランドローブ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードがアドバンス召喚のためにリリースされた場合、「地帝家臣ランドローブ」以外の自分の墓地の攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

主に上記で紹介した「家臣」系モンスターをサポートするモンスター

アドバンス召喚のリリースにされた場合、攻撃力800/守備力1000のモンスターを1体墓地から手札に加えることができます。

アドバンス召喚の素材にしやすい単純な妨害札としての採用もできます。

このカードで墓地回収できるモンスターは《ブラック・ガーデン》に対応しているため、併用してみるのも面白いかも?

16.《イリュージョン・スナッチ》

星7/闇属性/悪魔族/ATK2400/DEF1000
①:自分がモンスターのアドバンス召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの種族・属性・レベルは、アドバンス召喚したそのモンスターと同じになる。

自分がアドバンス召喚に成功した場合、手札から特殊召喚でき、アドバンス召喚したモンスターと属性・種族・レベルを同じにするモンスター

アドバンス召喚にエクシーズ召喚を組み込むことができます。

「帝王」関連のカードにも対応しているステータスを有しているため、《再臨の帝王》蘇生することもできます。

ただし、アドバンス召喚に成功しなければ手札で腐るので採用枚数は要検討です。

17.《招来の対価》

このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、このターン自分が手札・フィールド上からリリースしたトークン以外のモンスターの数によって以下の効果を適用する。
「招来の対価」は1ターンに1枚しか発動できない。
●1体:デッキからカードを1枚ドローする。
●2体:自分の墓地のモンスター2体を選んで手札に加える。
●3体以上:フィールド上に表側表示で存在するカードを3枚まで選んで破壊する。

手札・フィールドからモンスターをリリースした数に応じて効果を得るカード

2体の効果をメインに据えて採用すると使いやすいです。

強制効果なので、3体以上になった場合は自分のカードも巻き込む可能性があるのでその点の注意は必要です。

18.《冥界の宝札》

①:自分がモンスター2体以上をリリースしたアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから2枚ドローする。

2体以上をリリースしたアドバンス召喚に成功した場合2ドローするカード

発動制限などもないため2枚発動していると4ドローできます。

アドバンス召喚のサポートと言うより、さらに有利な状況に持っていくカードです。

安定してアドバンス召喚ができるデッキではドローソースとして採用することができます。

冥界の宝札
Posted with Amakuri

19.《進撃の帝王》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドのアドバンス召喚したモンスターは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。

アドバンス召喚したモンスターは効果対象にならず、効果で破壊されなくなるカード

このカードが存在している間、EXデッキから自分は特殊召喚できないため、《虚無魔人》など維持することが強力なモンスターのために採用したいカードです。

進撃の帝王
Posted with Amakuri

20.《真帝王領域》

①:自分のエクストラデッキにカードが存在せず、自分フィールドにのみアドバンス召喚したモンスターが存在する場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:自分のアドバンス召喚したモンスターの攻撃力は、相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ800アップする。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札の攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体を選び、そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。

EXデッキレスにすることで、自分フィールドにのみアドバンス召喚したモンスターが存在している場合、相手のEXデッキからの特殊召喚を封じるカード

また、アドバンス召喚したモンスターの単体強化もできます。

厳しい制約があるものの、相手のEXデッキ封じが期待できます。

《百万喰らいのグラットン》を採用することでEXデッキと併用することも可能ですが、双方が腐る場合もあるのでデッキ構築に自信がある人向けです。

真帝王領域
Posted with Amakuri

まとめ

アドバンス召喚は隙が大きい召喚法ですが、大味で面白いモンスターが多く存在しています。

アドバンスセットなどもできるため、色々と考えてみてはいかがでしょうか?

《ハードアームド・ドラゴン》などはレベルサポートで紹介しています。

良ければレベル5以上のサポートもどうぞ!

読んで下さってありがとうございました!

高いレベルのモンスターで豪快に遊ぶデッキを作りたいのだけど、何かいいカードない?とお困りの方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク