隠しミッション「エース100回召喚」を攻略せよ!デッキ&周回方法

特定のモンスターを100回召喚するミッションの攻略法

無課金でも簡単にできるデッキを考えました!

※デュエルリンクス用の記事です。

/所要時間5分

隠しミッションって何?

デュエルリンクスには「特定のモンスターを100回召喚する」というミッションがあります。

このミッションを達成することでそのモンスターが描かれたゲーム内で使えるプレイマットが手に入るのですが、ゲーム中ではその条件を確認することができません。

とんでもなく面倒なミッションです。

とてもじゃないけど律儀にやってられない。

エースモンスター全てに割り振られているため揃えるのもかなりの時間がかかります。

そこで今回は高速で100回召喚を目指すデッキを作りました。

《オシリスの天空竜》などお気に入りのプレイマットが欲しい人は続きをどうぞ!

スポンサーリンク
新着記事も見てね!ゆるく更新中

デッキレシピ

・レジェンドデュエリストLv10周回用

基本パーツ 18枚

《神機王ウル》×3

《ジュラック・デイノ》×3

《魔法石の採掘》×3

《鉄の檻》×3

《タイムカプセル》×3

《鳳凰神の羽根》×1

《リサイクル》×1

《現世と冥界の逆転》×1

召喚したいカード(例)

《オベリスクの巨神兵》×1

《浅すぎた墓穴》×1

周回のキーカード

《神機王ウル》

星4/地属性/機械族/ATK1600/DEF1500
①:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
②:このカードが戦闘を行う場合、相手が受ける戦闘ダメージは0になる。

相手モンスター全てに攻撃できるモンスター

デュエルリンクスでは連続攻撃できるモンスターは少なく、かつ相手が受ける戦闘ダメージを0にする点も周回にはピッタリ。

相手モンスターを次々と倒しながら、《現世と冥界の逆転》の発動条件を満たせます。

収録先:ジェネレーション・ネクスト

《アルカナナイト・ジョーカー》のメインボックス(R)

《ジュラック・デイノ》

星3/炎属性/恐竜族/ATK1700/DEF 800
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊したターンのエンドフェイズ時に1度だけ、自分フィールド上の「ジュラック」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、エンドフェイズに「ジュラック」1体をリリースし2ドローできるモンスター(チューナー

デュエルリンクスで手に入るドローソースとしてはかなり良質で、デッキを掘り進めることができます。

準備が整うまでの壁にもなるのでほぼ3枚必須。

収録先:ウォリアーズ・ユナイト

《ロード・ウォリアー》のメインボックス(N)

《タイムカプセル》

自分のデッキからカードを1枚選択し、裏側表示でゲームから除外する。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを破壊し、そのカードを手札に加える。

デッキから任意のカード1枚を裏側で除外し、自分のターンで数えて2ターン後に手札に加えるカード

サーチカードが少ないデュエルリンクスにおいて事故率を減らす便利なカード

他に入れるカードもないので取りあえず3枚採用してOK

収録先:武藤遊戯のレベルアップ報酬

《鉄の檻》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送る。
フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、代わりに相手フィールドのモンスターを墓地へ送る事もできる。
②:自分スタンバイフェイズに、このカードの①の効果で自分または相手の墓地へ送られたモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

《シュトロームベルグの金の城》の関連カード

単体で使うと自分のモンスター1体を墓地へ送り、次のスタンバイフェイズに墓地から特殊召喚できるというカードです。

ただの墓地とフィールドの反復横飛びなのですが、100回召喚のためなら意味があります。

ミッションでは[100回召喚する]と書かれているのですが、実際には特殊召喚もカウントされているためです

実際に《オベリスクの巨神兵》で検証しました。

このカードを使って召喚カウントを稼いでいきます。

《魔法石の採掘》も採用しておけばさらに発動回数を増やせます。

オベリスクやオシリスは特殊召喚したターンのエンドフェイズに墓地に送られるので、毎ターンこのカードを発動してなるべく自壊を防ぐのがコツです。

収録先:ディメンション・オブ・ウィザード

《アーカナイト・マジシャン》のミニボックス(R)

《リサイクル》

自分ターンのスタンバイフェイズ時に300ライフポイントを払う事で、自分の墓地に存在するモンスター以外のカードを1枚選択してデッキの一番下に戻す。

自分スタンバイフェイズに自分の墓地の魔法・罠1枚をデッキボトムへ送ることができるカード

デッキ切れを防ぎつつ、延々と《鉄の檻》を戻して発動する無限ループ(?)ができます。

デッキの枚数が残り1枚になった時に発動するのがおすすめ。

収録先:クラッシュ・オブ・ウィングス

《神禽王アレクトール》のミニボックス(N)

《現世と冥界の逆転》

「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。
①:お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に1000LPを払って発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、その後デッキをシャッフルする。

お互いの墓地がそれぞれ15枚以上の場合、お互いのデッキと墓地のカードを入れ替えるカード

このカードを1枚入れておくとデッキ切れを防げるため少しですが色鍵の節約にもなります。

また、デュエルリンクスでは50ターン経過すると強制的に引き分けになるのでレアな引き分けボイスも聞くことができます。

収録先:イベント報酬 or URチケット

周回方法

ムービーやカットインが発生しないキャラの方がサクサクすすみます。

また、チェーン確認する魔法・罠を入れない方が煩わしさも少なめ。

Lv10のレジェンドデュエリストなら誰でもいいように見えて《鉄の檻》の都合上、うまくいかないキャラもいます。

例えばパンドラだと《魔法除去》を打たれて連鎖が途切れます。

十代は《カード・エクスクルーダー》で墓地を除外してくるのでこれもダメ。

おすすめは梶木or骨塚

《ウォーター・ワールド》や《ミイラの呼び声》でモンスターを展開してくるので、《神機王ウル》でモンスターを破壊しやすく、他のキャラより《現世と冥界の逆転》を発動しやすいです。

あと、いくら簡単に100回召喚できるといっても0回からだと30分前後はかかるので好きなアニメやYouTubeでも一気見しながらポチポチやってください。

まとめ

高速召喚100回デッキでした!

《ラーの翼神竜》や《ウォーター・ドラゴン》などの召喚条件が厳しいモンスター達はとくに骨が折れます。地道にやっていくしかなさそうですね。

ちなみに《究極宝玉神レインボー・ドラゴン》は《霞の谷の祈祷師》で毎ターンバウンスすれば簡単に100回召喚できます。

時間はかかりますが、苦労して手に入れた時は結構うれしいです!

ぜひ手に入れてみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク