【クローラー】相性の良いカード集

【クローラー】で勝てない!遅い!回らない!と思ったら

/所要時間5分

【クローラー】相性の良いカード集

【クローラー】で解決しなければならないこと

①動きが低速

リバーステーマゆえに、中盤から終盤にかけての盤面形成は得意ですが、初動がどうしても遅くなってしまいます。

②魔法・罠に依存している

「星遺物」のサポートがなければ、うまくリバース効果も共通効果も活かせず、じりじりと追い詰められてしまいます。

③展開が相手依存

共通効果による後続の確保は驚くほど強力ですが、相手による除去に頼っているため、自分から展開するカードが必要になります。

そんな弱点をカバーして【クローラー】を安定させるサポートを集めました。

展開サポート

《ワーム・ベイト》&《スケープ・ゴート》

自分フィールド上に昆虫族モンスターが
表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
自分フィールド上に「ワームトークン」
(昆虫族・地・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このカードを発動するターン、
自分はレベル3・4のモンスターを召喚・特殊召喚する事はできない。

「クローラー」が表側表示である必要があるが、昆虫族トークンを2体生成できます。

そのトークンで《エクスクローラー・シナプシスorニューロゴス》をリンク召喚できます。

発動後の制約も全てレベル2である「クローラー」には問題ありません。

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
①:自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

初動の遅さは諦めて、返しのターンで展開できるようになります。

《エクスクローラー・シナプシス》以外にも《ミセス・レディエント》なども出すことができます。

急な防御にも使えて便利ですが、優勢時に発動しにくいことは注意です。

《ダンディ・ライオン》&《ナチュルの神星樹》

 ①:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「綿毛トークン」(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

言わずと知れたトークン生成カード。

下記の《ナチュルの神星樹》や《クローラー・デンドライド》の効果で墓地に送り、展開を補助します。

ただし、トークンは風属性のため注意が必要。

《セキュリティ・ドラゴン》などに繋げられます。

また、《リンク・スパイダー》を使えば、他のリンクモンスターへもアクセスできるようになります。

「ナチュルの神星樹」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの昆虫族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。デッキからレベル4以下の植物族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
②:自分フィールドの植物族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。デッキからレベル4以下の昆虫族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから「ナチュルの神星樹」以外の「ナチュル」カード1枚を手札に加える。

「クローラー」は昆虫族のため、デッキに搭載するのは植物族となります。

《ダンディ・ライオン》や《グローアップ・バルブ》などを用いてアドバンテージを稼ぎたい。

ちなみに「ナチュル」モンスターは《ナチュル・ビーンズ》を採用するといいでしょう。

神星樹によって相互にリクルートが可能なモンスターの内、戦闘破壊耐性のあるカードは《ナチュル・ビーンズ》のみです。

クローラーは効果破壊に強い半面、戦闘破壊に弱い。その弱点を補完することができます。

防御サポート

・【クローラー】には維持させたい永続罠・フィールド魔法が多く、高速化する遊戯王の除去の速さに追いつかないことが多い。特に1枚1枚丁寧に破壊してくる相手が苦手。

・効果破壊に強い分、戦闘破壊に弱い面がある。

《大革命返し》&《スターライト・ロード》

《ハーピィの羽箒》や《ツインツイスター》などの複数枚の魔法・罠破壊からカードを守ります。

【クローラー】はモンスターを除去から守る必要はないので、発動は魔法・罠を守ることに優先した方がいいです。

《神の警告》等で止められたくなければ、《大革命返し》を優先しましょう。

《和睦の使者》

戦闘に弱い「クローラー」を安全にリバースさせることができ、戦闘破壊から守ってくれる。また、《星遺物に差す影》によって戦闘を行った相手をノーコストで墓地送りにすることができます。

フリーチェーンであり、【クローラー】ではほぼ必須の性能と言えるでしょう。

5.《神の摂理》

①:モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

【クローラー】はリソースの管理さえできていれば、中盤以降手札はあまり減りません。

相手のマストカウンターを見極めて対処したい。

コストは《クローラー・ランヴィエ》の効果で加えたものや余った《テラ・フォーミング》や《メタバース》を使えば理想的です。

ドローサポート

・「クローラー」の共通能力の特性上、無暗なドローとの相性が悪い。デッキに「クローラー」の残っている数がこのデッキの勝ち筋に繋がるからです。

《増殖するG》

通常のデッキ以上にこのテーマと相性がよい。

また、相手が【クローラー】と分かってからは防御が手薄なターンに連続で特殊召喚を行ってくる。

それを抑制するのがこのカードの役目。

ドローはさほど期待できないが保険として良い働きをします。

《メタモルポット》

①:このカードがリバースした場合に発動する。
お互いの手札を全て捨てる。
その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

《星遺物の傀儡》があれば、セットしたターンにリバースできます。

相手にもドローさせることになるが、新たに5枚ドローできるメリットは捨てがたい。

罠で相手の除去を防ぐ準備をして、速やかにリンク召喚の素材にしよう。

《補給部隊》

①:1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

受動的なドローカードの1つ。ドローも重要だが、一番の狙いは周りの魔法・罠の除去の的になることです。

相手の気を引き付けることとドロー補助の2つの役割を持たせられる。

攻撃サポート

・【クローラー】は相手が疲弊し切ったターンで一気にライフポイントを削る戦術を取る。あまり攻撃的なカードは必要ないが下記のカードを使えば攻撃的な【クローラー】を楽しめる。

《召喚制限―猛突するモンスター》

このカードがフィールド上に存在する場合にモンスターが特殊召喚に成功した時、そのモンスターを表側攻撃表示にする。そのターンそのモンスターが攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

このカードがフィールドにある時、【クローラー】はこのような動きをします。

通常:相手によってフィールドを離れた時、裏側守備表示で2体特殊召喚される。

猛突あり:上記の後、表側攻撃表示となり、効果を発動する。

このカードがあると特殊召喚の後、強制的に表側攻撃表示になりますが、下級「クローラー」は全てリバース効果持ちです。

つまり、裏側守備表示で特殊召喚されたタイミングで効果を発動することができるようになります

相手ターンでも構わずにすぐリバースするので相手にプレッシャーをかけることができます。

特殊召喚するうちの1体が《クローラー・グリア》であれば、効果によって3体のクローラーを並べることもできます。

また、この永続罠は相手にも及びます相手も特殊召喚を行った場合、攻撃表示となり自分ターンであれば攻撃をしなければなりません。

《星遺物の差す影》の効果によってクローラーと強制的に戦闘して相手モンスターを墓地へ送ることもできます。

トークンを使った戦術とは相性が悪いですが、通常の【クローラー】とは違った立ち回りで遊べるので覚えておくといいかもしれません。

《砂漠の光》

《砂漠の光》通常罠


中古遊戯王/ノーマル/ファラオの遺産(309)309-051 [N] : 砂漠の光

自分フィールド上に存在するモンスターを全て表側守備表示にする。

裏側守備表示のモンスターもこの効果に含まれます。

フリーチェーンのため自分の好きなタイミングで「クローラー」のリバース効果を使用できるため相性がよい。

エンドフェイズや裏側守備表示の場合に使用することで、その後の相手の思惑を崩すことができます。

まとめ

【クローラー】は低速デッキですが、時間が立つにつれ相手とのアドバンテージの差を感じるようになるでしょう。

リバーステーマですが、侮れない強さをもつ良いテーマに仕上がっているので、使えば使うほどその魅力が分かるいいテーマです。

ぜひ使ってみてくださいね。