【ティンダングル】相性の良いカード集

【ティンダングル】の初動は誰に任せればいいの?

他のテーマに追いつく展開力が欲しい!と思ったら

/所要時間5分

【ティンダングル】相性の良いカード集

 

【ティンダングル】で解決しなければならないこと

 

①初動が遅い

「ティンダングル」はリバーステーマの宿命として初動が遅いのですが、さらに墓地に「ティンダングル」モンスターがいなければ真価を発揮できないカードが多いです。

 

②単体で機能するカードがほとんどない

単体で効果を活かすことができるカードが《ティンダングル・エンジェル》しかなく、うまく連携してアドバンテージを稼いでいく必要があります。

 

③妨害・除去手段がない

テーマ内に相手フィールドに影響を及ぼすカードが《ティンダングル・ハウンド》くらいのもので、まったく除去手段がありません。

他のカードで補強する必要があります。

 

以上から

・他テーマに追いつく初動を行う

・単体で機能する

・妨害・除去を行う

これらができるカードを中心に採用すると強くなります。

スポンサーリンク

展開サポート

「シャドール」

星2/闇属性/魔法使い族/ATK 600/DEF1400
「シャドール・ファルコン」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードがリバースした場合、「シャドール・ファルコン」以外の自分の墓地の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する。

 

リバースした場合は同名以外の「シャドール」モンスターを裏側守備表示で特殊召喚でき、効果で墓地に送られた場合は自身を裏側守備表示で特殊召喚することができます。

 

裏側守備表示で特殊召喚しやすいモンスターなので、《ティンダングル・イントルーダー》の自己蘇生がしやすくなります。

また、《ティンダングル・エンジェル》の蘇生候補にもなります。

 

《ティンダングル・イントルーダー》は【ティンダングル】でアドバンテージを稼ぐ主戦力のモンスターなので、《シャドール・ファルコン》共々早めに墓地に送っておきたい。

 

一緒に《堕ち影の蠢き》や《神の写し身との接触》、《シャドール・ハウンド》、《エルシャドール・ミドラーシュ》を中心に採用すれば、初動の様子見や妨害に役立ちます。

 

一応チューナーなので、レベル7・8のシンクロの手も借りたいところ。

 

《ダーク・グレファー》

星4/闇属性/戦士族/ATK1700/DEF1600
①:このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

 

「ティンダングル」モンスターを3種類墓地に用意したいので、より墓地肥やしのスピードの速いこちらを候補に挙げました。

 

手札から捨てるカードとデッキから墓地に送るカードをそれぞれ《ティンダングル・イントルーダー》と《シャドール・ファルコン》にすれば、2体とも裏側守備表示で特殊召喚することができます。

(《シャドール・ファルコン》の効果で自身を裏側守備表示で特殊召喚。その後、《ティンダングル・イントルーダー》が裏側守備表示で特殊召喚される。)

 

序盤は【ティンダングル】の動きが不安定なので、上記のフィールドにセットした《神の写し身との接触》や《つり天井》で構えることができれば、様子見としては十分です。

 

中盤以降の【ティンダングル】の手札はモンスターが多くなっているので、①の特殊召喚も役に立ちます。

 

他のレベル4のモンスターとランク4《フォトン・バタフライ・アサシン》や《ゴーストリックの駄天使》をエクシーズ召喚して、リバース効果を補助できれば理想的。

 

墓地肥やしのカードは他にもありますが、どれか採用しないと【ティンダングル】は機能しないので必須になります。

 

《サブテラーマリスの妖魔》

地属性/幻竜族/ATK2000/LINK2
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下/右下】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

 

「ティンダングル」はほとんどがリバースモンスターなのでリンク召喚することができます。

 

リバースモンスターの墓地送り・サーチ・墓地回収・特殊召喚と幅広く補佐する効果を持っているため、「ティンダングル」の効果を最大まで活かすことができます。

 

序盤はまずこのカードをリンク召喚して、墓地と手札を整えるといいでしょう。

1ターンでリンク召喚するのは【ティンダングル】では少し難しいので「シャドール」も混ぜておくことをおすすめします。

 

他には《レスキューキャット》と《ライトロード・ハンター ライコウ》を採用して速攻召喚を狙うのも手。

 

 

なるべくリバースできるモンスターをメインモンスターゾーンの中央に置いておくプレイングを意識すると、③の効果を発動しやすくなります。

 

このカードは初めに破壊されやすいので、間接的に「ティンダングル」モンスターを除去から守ることもできます。

 

《簡易融合》

「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

特殊召喚したいカードは

・星5《召喚獣ライディーン》

・星5《テセウスの魔棲物》(チューナー)

・星4融合モンスター

主にエクシーズ素材として使うことになります。

ランク4《ゴーストリックの駄天使》や《フォトン・バタフライ・アサシン》をエクシーズ召喚できるようになるのは大きく、リバース効果の補助ができます。

 

《召喚獣ライディーン》はモンスターを裏側守備表示にする効果を持っているので、リバース補助をすることができます。

蘇生手段を駆使して何度も狙いたい。

 

他にも《ティンダングル・ベース・ガードナー》とランク5をエクシーズ召喚でき、戦線維持に役立ちます。

 

《光の援軍》

①:自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を手札に加える。

 

墓地肥やしとしての採用です。

 

このカードで手札に加えたいのは《ライトロード・アサシン ライデン》。このカードのコストと《ライデン》の効果でデッキの上から5枚のカードを墓地に送ることができます。

(エンドフェイズまでフィールドに残せば計7枚墓地へ送ることができる)

 

《ライトロード・アサシン ライデン》は星4チューナーなのでシンクロ召喚を取り入れることもできます。

スポンサーリンク

攻撃サポート

・《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》や《ティンダングル・ハウンド》が十分な攻撃力を持つのであまり必要ありません。

 

ランク4

ランク4/風属性/幻竜族/ATK2100/DEF2000
レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

多種多様な効果をもつモンスターが揃うランク4

状況に応じたモンスターをエクシーズ召喚できる。

 

これまで紹介したレベル4のカード

・《ティンダングル・エンジェル》(リバース)

・《シャドール・リザード》(リバース)

・《ダーク・グレファー》

・《ライトロード・アサシン ライデン》(チューナー)

・《簡易融合》で出せる星4融合モンスター

 

多少工夫は必要ですが、【ティンダングル】に欠けている除去を任せることができます。

 

《No.24 竜血鬼ドラギュラス》

ランク6/闇属性/幻竜族/ATK2400/DEF2800
レベル6モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。
③:このカードがリバースした場合に発動する。
フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。

 

牽制、除去、壁の3つの役割をもつランク6エクシーズモンスター

 

《ティンダングル・イントルーダー》と抜群に相性がよく、②の効果で相手の効果でフィールドを離れた場合、このカードと《ティンダングル・イントルーダー》が裏側守備表示で特殊召喚されます。

 

戦線維持として十分な性能を持つので、様々な場面で活躍してくれます。

 

エクシーズ素材には《ティンダングル・イントルーダー》2体や《死霊操りしパペットマスター》などを使うといいでしょう。

 

スポンサーリンク

リバース補助&防御サポート

《ゴーストリック・パニック》

自分フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスターを任意の数だけ選択して発動できる。
選択したモンスターを表側守備表示にし、その中の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを選んで裏側守備表示にする。

 

裏側守備表示のモンスターを表側守備表示に変えるカード。

このカードはランク4《ゴーストリックの駄天使》でデッキから手札に加えることができます。

 

【ティンダングル】にはテーマ内に能動的に表示形式を変更できるカードがないため、必須になります。

 

このカードは任意で表側守備表示にするモンスターを選べるので、類似のカードに比べ《ティンダングル・アポストル》の効果を活かしやすいです。

 

「ゴーストリック」も悪魔族が多数いるので、混合してデッキを組むのもいいですね。

《マジカルシルクハット》

①:相手バトルフェイズに発動できる。
デッキから魔法・罠カード2枚を選び、そのカード2枚を通常モンスターカード扱い(攻/守0)として、自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体と合わせてシャッフルして裏側守備表示でセットする。
この効果でデッキから特殊召喚したカードはバトルフェイズの間しか存在できず、バトルフェイズ終了時に破壊される。

 

リバース補助、壁、魔法・罠の墓地送りと【ティンダングル】ではかなり相性のいいカード

 

《ナーゲルの守護天》や《ティンダングル・ドロネー》をデッキから墓地へ送ることができ、次のターンから多くのアドバンテージを得ることができます。

 

また、このカードで《ティンダングル・ドロネー》をセットした場合、「ティンダングル」の名を持つので《ティンダングル・アポストル》のリバース効果を活かすことができます。

 

相手バトルフェイズにしか発動できないのは残念ですが、発動できれば余りあるリターンが返ってくるのでぜひ発動したいカードです。

 

《つり天井》

フィールド上にモンスターが4体以上存在する場合に発動する事ができる。
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。

 

裏側守備表示のモンスターが多い【ティンダングル】では貴重な全体除去として扱うことができます。

 

4体以上フィールドにモンスターが必要ですが、相手ターンにも墓地から《ティンダングル・ドロネー》を発動することができるので、3体分裏側守備表示のモンスターを用意することができます。

 

盤面を崩されて攻められる寸前で使用すると、次のターンで《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》で大ダメージを狙うことができます。

防御から一転して攻撃するのにも役立つ便利なカードです。

 

 

スポンサーリンク

ドロー&サーチサポート

《シャドール・ビースト》

星5/闇属性/魔法使い族/ATK2200/DEF1700
「シャドール・ビースト」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、手札を1枚捨てる。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

《ダーク・グレファー》や《堕ち影の蠢き》でデッキから墓地へ送ったり、《シャドール・ファルコン》の蘇生対象にしてドローを促進することができます。

 

「ティンダングル」は上級モンスターが多いので、1枚だけ採用して《シャドール・ファルコン》の蘇生対象としてドローするのが無難です。

 

《おろかな副葬》

「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

【ティンダングル】では《ナーゲルの守護天》と《ティンダングル・ドロネー》を墓地へ送るために使うことになります。

 

どちらも墓地で発動する効果をもち、ティンダングルの展開を補佐してくれます。

2枚ほど採用しておけばデッキが安定します。

 

スポンサーリンク

まとめ

融合・シンクロ・エクシーズ・リンクと欲張れば全部搭載できそうです。

 

【ティンダングル】の純構築は展開速度が遅いのであまりおすすめできませんが、拡張性が高そうなテーマなのでぜひ考えてみてくださいね。

 

コメント

  1. オレンジソウス より:

    モンスターも魔法も落としたいティンダングルで終末の騎士は召喚権を使いたくないし、上級が多めで困っていたところにダークグレファーは目からウロコで、参考にさせていただきました
    ティンダングルはエンジェルがリバースモンスターなら何でもなので、ライトロードのライコウを入れるのもいいと思います
    表向きにするのに、星遺物の傀儡は罠による遅さはありますが、ターン1で1枚表側表示に変えられるので、②の効果を期待しなければドロネーで呼んだ3体でアポストル、他のティンダングル2体を表にすれば2枚の手札補充イントルーダーがいれば3枚補充出来て気持ちいいです
    安定のなさはあれど、型にはまった時の勢いはなんか癖になり、今後もお兄様には現場に立ってデュエルしてほしくなりました(自発的に表にする速攻魔法を希望したいです)

    • Librarian より:

      【ティンダングル】やっぱり楽しいですよね!
      初動大丈夫かな?と思っていたのですが、お役に立ててよかったです
      《ライコウ》等もいいですね!
      お兄様はまだデュエルする機会たくさんあるはずなので期待できそう?
      コメントありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました