【最大20%OFF!!】BOX予約・サプライ買うなら?
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

スポンサーリンク

【レベル6以下】《簡素融合》対応の効果なし融合モンスター一覧

カップ麺ではなく今度はレトルトカレー?

すぐに使いたくなるような汎用性を秘めています。

/所要時間3分

《簡素融合》対応モンスター一覧


DAWN OF MAJESTYで登場した《簡素融合》。

モデルとなった《簡易融合》が制限になるまで、シンクロ・エクシーズ・リンク素材として各所で活躍していることを知っている人であれば、このカードがどれほど可能性に満ち溢れているか分かるはず。

 

効果こそありませんが、ステータスこそ命。

レベル6も対応するようになったのでさっそくみていきましょう!

 

《簡素融合》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:1000LPを払って発動できる。
効果モンスターを除くレベル6以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

スポンサーリンク

【レベル6】

《紅陽鳥》

星6/炎属性/鳥獣族/攻2300/守1800
セイント・バード+スカイ・ハンター

 

《簡素融合》で呼び出せる最大攻撃力の持ち主

ステータスを活かした採用をするのであればランク6《陽炎獣 バジリコック》のエクシーズ素材になれることでしょう。

レベル6炎属性ではこのモンスターしか呼び出せないため、局所的ではあるものの唯一無二に利用価値があります。

 

炎属性メインのデッキに《王神鳥シムルグ》のリンク召喚も組み込めるようになれる点も覚えておきたい。

 

《アクア・ドラゴン》

星6/水属性/海竜族/攻2250/守1900
「フェアリー・ドラゴン」+「海原の女戦士」+「ゾーン・イーター」

 

モンスター指定3体融合の珍しいモンスター

海竜族はサポートに乏しいので活用方法はあまりありませんが、属性サポートは豊富。

 

一応このモンスターに《トランスターン》を打つと《海竜-ダイダロス》をリクルートできることは梶木デッキ的には覚えておいてもいいかもしれない。

 

《ブラキオレイドス》

星6/水属性/恐竜族/攻2200/守2000
二頭を持つキング・レックス+屍を貪る竜

 

ランク6《エヴォルカイザー・ソルデ》のエクシーズ素材になれるモンスター

そこそこ強力な効果を持っていながらも出しにくさが否めなかったため、期待できる1枚。

 

他には《究極進化薬》のコストをEXデッキから調達できることも大きい。

EXデッキの恐竜族の汎用モンスターは《リプロドクス》程度とかなり選択肢に乏しいので、恐竜族を出張させるセットとしての価値もあります。

 

《金色の魔像》

星6/闇属性/アンデット族/攻2200/守1800
メデューサの亡霊+ドラゴン・ゾンビ

 

蘇生手段に長けたアンデット族では1度融合召喚扱いになるメリットが大きいうえに、レベル8シンクロ《戦神-不知火》を出しやすくなることやそのコストとしても適任です。

 

なかなかアンデット族でも使い道が見つからなかったランク6《巡死神リーパー》のエクシーズ素材にしやすいという固有の強みにもなっています(アンデット族レベル6は癖が強いモンスターが多い)。

もう一体のレベル6アンデット族は《グローアップ・ブルーム》などで呼び出せばいいでしょう。

 

蘇生しやすい融合モンスターという点に着目すれば《クロシープ》の蘇生効果を活かすこともできるので、盤面強化のコンボとしてもありですね。

 

《ソウル・ハンター》

星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守1800
ランプの魔人+異次元からの侵略者

 

目立たないながらも制圧効果をもつランク6《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》のエクシーズ素材やレベル8シンクロ《迅雷の暴君 グローザー》のシンクロ素材として適任。

悪魔族デッキのアクセントとして十分候補になれるステータスです。

 

《死霊操りしパペットマスター》や《魔族召喚師》なども採用して、徹底的にレベル6悪魔族で戦うデッキを組んでみるのも面白いかもしれない。

《スチームジャイロイド》

星6/地属性/機械族/攻2200/守1600
「ジャイロイド」+「スチームロイド」

 

他の《簡素融合》対応のモンスターと明らかに違うのはカテゴリに属していること。

また、選択肢やサポートが豊富な機械族ということでも一線を画しています。

 

【ロイド】では《ミキサーロイド》から簡易アタッカーとなれる《アーマロイドガイデンゴー》を採用することもあり、アドバンス召喚のリリースとしても使えます(相手フィールドの魔法・罠を全て除外)。

 

リンク素材等に使うのであれば、レベル5《メカザウルス》の方が若干使いやすいので、こちらはレベルやカテゴリを活かした採用をしたい。

《クリッチー》

星6/闇属性/魔法使い族/攻2100/守1800
「クリッター」+「黒き森のウィッチ」

 

遊戯王OCG2大サーチャーの融合した姿。

《簡素融合》で特殊召喚するとランク6《マジマジ☆マジシャンギャル》のエクシーズ素材になれます。

《黒魔術のヴェール》や《黒魔族復活の棺》などで蘇生も容易。

 

このカードの強みは単体での性能だけでなく《融合派兵》や《竜魔導の守護者》で《クリッター》&《黒き森のウィッチ》のリクルート・蘇生ができることにあります。

サーチで融合召喚のサポートだけでなく、アドバンス召喚のリリースとしても選択肢となります。

 

《簡素融合》対応のモンスターの中でも魔法使い族は汎用性が高いので1枚持っておくのがおすすめです。

 

《裁きの鷹》

星6/風属性/鳥獣族/攻2100/守1800
冠を戴く蒼き翼+コケ

 

メジャーな属性・種族の組み合わせ

鳥獣族は《紅陽鳥》もいるので属性にこだわりがなければ、どちらを使ってもあまり変わらない。

「トライブリゲード」や《王神鳥シムルグ》の素材として活躍してくれます。

《ダイガスタ・エメラル》で蘇生して《トウテツドラゴン》や《ライトロード・ドミニオン キュリオス》のリンク召喚を狙うのも面白い。

 

風属性デッキは風属性以外の特殊召喚をターン終了時まで封じるデメリットがあるため、それらを回避する目的で採用することになるかもしれません。

 

《轟きの大海蛇》

星6/水属性/水族/攻2100/守1800
「魔法のランプ」+「ひょうすべ」

 

なんでこの融合体からこうなるのかよくわからないモンスター

水族はサポートが少ないため、ステータスを活かした採用はやや難しい。

 

個人的におすすめなのが【グレイドル】での《グレイドル・スライムJr.》と合わせて《グレイドル・ドラゴン》等のレベル8シンクロを狙う使い方。

《グレイドル・スライムJr.》の蘇生と展開効果を、レベル3「グレイドル」へ回してコントロール奪取へ繋げられる余力ができるようになります。

 

《裁きを下す女帝》

星6/地属性/戦士族/攻2100/守1700
女王の影武者+響女

 

サポート豊富な戦士族であるものの、《蛮族の狂宴Lv5》対応の《魔導騎士ギルティア》や《炎の剣士》と比べると、少し固有の強みに乏しい。

EXデッキから出せる《D-HERO ディアボリックガイ》だと思えば強い…?

 

同一ステータスに《戦場の死装束》もいます。きらりと輝く大剣が凄みを引き立てています。

《砂の魔女》

星6/地属性/岩石族/攻2100/守1700
岩石の巨兵+エンシェント・エルフ

 

完全に典型的な魔法使いなのに岩石族。昔からイラスト人気でそこそこ値段も高い。

 

サポート豊富な岩石族ではあるものの、相性のよいカードは蘇生札の《魔救の息吹》や《マグネット・リバース》くらい。

《E-HERO アダスター・ゴールド》で《ダーク・コーリング》をサーチして《E-HERO ダーク・ガイア》の融合召喚の素材にするのも古典的ですが有効です。

 

召喚権を使わずに特殊召喚できる岩石族は少ないので《岩石の番兵》と合わせて、露払いのリンク2になれるのもいいですね。

《バラに棲む悪霊》

星6/闇属性/植物族/攻2000/守1800
グレムリン+スネーク・パーム

 

レベル6植物族という植物族デッキでは重宝するステータスの持ち主。

「六花」や《妖精弓士イングナル》の蘇生に対応しており、EXデッキから出せるメリットは大きい。

さらに【捕食植物】と同じ属性・種族である点も拍車をかけています。

 

《捕食植物ドラゴスタペリア》の融合素材・《六花精カンザシ》のエクシーズ素材・《アロマセラフィ-ジャスミン》のリンク素材など植物族デッキの細かなサポートとして活躍できそうです。

《ミノケンタウロス》

星6/地属性/獣戦士族/攻2000/守1700
「ミノタウルス」+「ケンタウロス」

 

珍しく上級獣戦士族として特殊召喚しやすいモンスターになりえるカード

これといって固有の使い道は思い浮かびませんが、《暗黒のマンティコア》と共にランク6の素材になれるのは覚えておくとどこかで活かせるかもしれません。

 

獣戦士族はまだまだ種族として統一感がないのでこれからに期待です。

《クワガーヘラクレス》

星6/地属性/昆虫族/攻1900/守1700
「クワガタ・アルファ」+「ヘラクレス・ビートル」

 

現在でも唯一となる昆虫族の融合モンスター

【B・F】のシンクロ素材や《パラサイト・フュージョナー》軸の融合召喚など独自の使い方ができるのが強み。

ランク6では《甲虫装機エクサビートル》が候補になってくれます。

 

昆虫族は《G・ボールパーク》を有していることもあり、通常モンスターの展開は得意です。

正規融合することもできなくはないので、《始祖竜ワイアーム》とともに融合ギミックを搭載してみると新しい発見があるかも?

 

スポンサーリンク

レベル5以下

過去の《簡易融合》の記事でまとめてます。参考にどうぞ!

近々モンスターの更新も行います!

【レベル5】《簡易融合》対応融合モンスター一覧
《簡易融合》で特殊召喚できるレベル5融合モンスターを一挙紹介!デッキにあった融合モンスターを選べます
【レベル4以下】《簡易融合》対応融合モンスター一覧
各種素材として非常に優秀な《簡易融合》様々なデッキで採用する際にすぐ分かるように一覧にしました!
スポンサーリンク

まとめ

《簡素融合》対応のモンスターまとめでした。

属性・種族が一致しているモンスターは省略しています。《スケルゴン》好きな人ごめん。

 

《簡易融合》が制限になり、ますます不遇になったバニラ融合でしたが、ここにきて一気に脚光を浴びそうです。

惜しむらくは大半が20年前のカードなので入手がかなり面倒だということくらいですか…

 

《簡素融合》はこれからも長く使われていくカードです。

オリジナルデッキの種にもなるので機会があればぜひ使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました