スポンサーリンク

【融合召喚】素材指定されているモンスターまとめ

《融合徴兵》や《E・HEROプリズマー》でサーチや墓地肥やししたいのだけど?という方へ

この記事について

融合素材として記されているモンスターをまとめた記事です。

融合素材に縛りがある分、様々なカードの恩恵を受けることができます。

例を上げると

・《沼地の魔神王》など融合素材の代わりになるモンスター

・《E・HERO プリズマー》

・《融合徴兵》

・《遠心分離フィールド》

・《融合準備》

などに対応しています。

メジャーなモンスターが多いため、比較的使いやすいカード群となっています。

融合召喚や墓地肥やしにぜひどうぞ!

テーマ系モンスター

1.「E・HERO」

融合と言えば外せない「HERO」

すっかり出番が少なくなっているので、たまには使ってあげてね!

対応している「E・HERO」はこちら!

「ネオスぺーシアン」はこちら

2.「剣闘獣」

よく喉から手が出るほど《E・HEROプリズマー》を《剣闘獣ベストロウリィ》にしたかった時期を思い出します。

今は簡単に手に入るのでうらやましいですね。

《剣闘獣ガイザレス》に繋げて遊んでみてください!

対応するモンスターはこちら!

3.「ロイド」

あんまり目立たないけど「SR」もサポート共有できるから結構戦えるテーマ

特に《キューキューロイド》の大量展開は試してみるべき!

対応するモンスターはこちら

4.「デストーイ」

正確には融合素材となる「エッジインプ」&「ファーニマル」

特に《エッジインプ・シザー》の出張性能は中々侮れません。

5.「ジェムナイト」

融合テーマですが、対応するモンスターは4体

この頃から素材縛りが緩くなってきました。

6.「サイバー・ダーク」

的確な強化もされて「サイバー・ダーク」民は満足

独特の魅力に愛着が湧きます。

7.「おジャマ」

リンク召喚と相性抜群な「おジャマ」

構築の幅も中々広いのでわりとおすすめ!

シリーズ系モンスター

8.「三幻魔」

《失楽園》もあるのでサポートする意味は十分にあります。

出すの難しいけどカッコイイ!!

9.「絵札の三剣士」

15年近く経過してもちゃんと組めばデッキとして成り立つってすごいと思いませんか?

テーマデッキと違ってまた楽しいですよ!

10.「ABC」&「VWXYZ」

対応するモンスターは8体

《アームド・ドラゴンLV7》も対応するので、ロマンを追うのもいいかも?

11.「伝説の騎士」

《レジェンド・オブ・ハート》のために墓地肥やしができるのは大きなメリット!

ロマンを追いたい方へ

レジェンド系モンスター

《E・HEROプリズマー》で名前をコピーした場合、専用魔法を発動することができたり、融合素材としてフィールドや手札に用意する必要がなくなるため便利です。

以下のモンスターで扱える専用カードを紹介します

《ブラック・マジシャン》

・《ティマイオスの眼》専用融合を特殊召喚

・《黒・魔・導》相手の魔法・罠を全て破壊

・《光と闇の洗礼》混沌の黒魔術師を特殊召喚

など

《ブラック・マジシャン・ガール》


・《賢者の宝石》

ブラック・マジシャンを特殊召喚

・《黒・爆・裂・破・魔・導》

相手のフィールドを全て破壊

《バスター・ブレイダー》

・《破壊剣士の伴竜》

バスター・ブレイダーの特殊召喚、破壊剣のサーチ

・《破壊剣士融合》専用融合カード

など

《真紅眼の黒竜》


・《黒炎弾》

元々の攻撃力分のダメージを与える

《青眼の白竜》


・《滅びの爆裂疾風弾》

相手モンスターを全て破壊

・《青き眼の巫女》
「ブルーアイズ」をデッキに戻し自己蘇生

《古代の機械巨人》


・《古代の機械融合》

デッキのモンスターも融合素材として扱える

・「アンティーク・ギア」サポート全般

《サイバー・ドラゴン》


・《エヴォリューション・バースト》

相手のカード1枚を破壊

・《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》

EXデッキのモンスターを墓地に送り特殊召喚

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

・「オッドアイズ」サポート全般

・「ペンデュラム」サポート全般

数が多すぎてうまく説明できそうもないです。

ごめんなさい(>_<)

その他


《サクリファイス》

《カオス・ソルジャー》

《暗黒騎士ガイア》

《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》

その他 使いやすいモンスター

《クリッター》&《黒き森のウィッチ》


代表的なサーチモンスター

《クリッチー》を採用しておくことで、これらのサーチも可能になります。

サーチのサーチとしてデッキの回転率を高める役目を果たしてくれます。

ここからは簡単に紹介します

《召喚師アレイスター》

《アマゾネス女王》&《アマゾネスペット虎》

《E-HERO マリシャス・エッジ》

《D-HERO Bloo-D》&《D-HERO ドグマガイ》

《ビッグコアラ》&《デス・カンガルー》

《デスガエル》

《サンダー・ドラゴン》

《キャノン・ソルジャー》

など

まとめ

通常モンスターを含めるとざっと200体ほどが対応しています。

融合召喚デッキを組む際やキャラデッキの参考にしてみて下さい!

今後、融合召喚まとめのショートカット記事にまとめておくのでしばらくお待ち下さい

コメント

  1. late より:

    リクエストした者です!

    丁度アライブプリズマーの出張を検討してたのですが、wikiでまとめられてなかったので凄いありがたいです!画像めっちゃ分かりやすいですね笑

    エッジインプが使い易そう〜

    • Librarian より:

      気に入ってもらえて嬉しいです!画像大変だったよ(笑)

      「エッジインプ」系は出張もできて便利ですよね~
      墓地肥やしの記事にこの記事のリンクを乗せたので、今後はそちらからも見れますよ!
      lateさん、リクエストありがとうございました!