【星杯】相性の良いカード集

【星杯】で勝てない!難しい!

相性の良いカードって何があるの?と思ったら

/所要時間5分

【星杯】相性の良いカード集

【星杯】で解決しなければならないこと

 

①手札の消費

展開は容易なテーマだが、手札の消費が激しい

アドバンテージの回復を優先して考える必要がある

 

②展開後の盤面

「星杯」カードだけでは盤面に不安が残る

相手にプレッシャーを与えるカードも残しておきたい

 

③ソリティア要素が強い

ソリティア要素が強めのテーマのため、妨害や《増殖するG》を発動された場合の見切りが必要

下手に動くと取り返しがつかなくなる

 

【星杯】はどうしても展開一辺倒なデッキ構築となってしまう。

理由は《星杯戦士ニンギルス》以外相手の盤面に触れるカードがテーマ内に存在しないためです。

 

リンクモンスターに除去を任せたいのですが、肝心のリンクモンスターもLINK3or4や相互リンクしなければ効果を発揮しません。

 

相手の妨害を食らいやすいですが、展開と立て直しが早いのがメリットです。

それでも出来ることなら速攻で勝負を決めたい。

スポンサーリンク

展開サポート

・「星杯」リンクモンスターを出しつつ、他のモンスターを並べるには安定したサポートが必要

 

《創造の代行者 ヴィーナス》&《トランスターン》

星3/光属性/天使族/ATK1600/DEF   0
 ①:500LPを払って発動できる。
手札・デッキから「神聖なる球体」1体を特殊召喚する。

 

通常モンスターの《神聖なる球体》を3枚入れることになるが、ターン1制限がなく、大量展開できる。

 

《神聖なる球体》の内1体で《星杯竜イムドゥーク》にリンク召喚しよう。

その後《星遺物ー『星杯』》をアドバンス召喚することで更なる展開が可能になる。

 

《星遺物ー『星杯』》の②の効果で特殊召喚するのは、

星4の《星杯に誘われし者》が2体。

2体で《ダイガスタ・エメラル》をエクシーズ召喚します。

 

効果で《神聖なる球体》を3体デッキに戻し、再度展開の起点を作ることができます。

 

《トランスターン》通常魔法

自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターと種族・属性が同じでレベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

 

このデッキでの対象は《星杯の妖精リース》と《神聖なる球体》の2体。《創造の代行者ヴィーナス》を特殊召喚するために採用します。

同名カードは1ターンに1枚しか発動できないため、2枚の採用になるでしょう。

 

《ブリリアントフュージョン》セット

「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時に自分のデッキから
「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
②:1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

 

このデッキでの役割は2つ

①《ジェムナイト・セラフィ》の融合素材に《星杯の妖精リース》を用いて、《リース》の②の効果により実質的なサーチとして機能する点。

 

②もう一方の素材となる《ジェムナイト・ラズリー》で、通常モンスターを墓地から回収できる点。

 

【星杯】の爆発的な初動とリソースの回復を担うセットです

 

ちなみに《ジェムナイト・セラフィ》と《星杯竜イムドゥーク》を併用すると通常召喚が3回できます

それぞれモンスターが存在する必要がありますが、どの効果で通常召喚するのか宣言すればOKです。

 

スポンサーリンク

展開例

最終的な盤面で残しておきたいカードは

・《ファイアウォール・ドラゴン》の相互リンク2

・《トライゲート・ウィザード》の相互リンク3

二つを両立するのはあまり現実的ではない

《星杯戦士ニンギルス》のドローも間に狙いたい。

 

展開に必要なカードは下記のカードか

《星遺物ー『星杯』》&《創造の代行者ヴィーナス》

があれば問題ない

 

手札:《星杯の妖精リース》&《トランスターン》

 

①《星杯の妖精リース》を召喚。

効果で《星遺物ー『星杯』》をサーチ

 

②《リース》を対象に《トランスターン》発動

デッキから《創造の代行者ヴィーナス》を特殊召喚

 

③《創造の代行者ヴィーナス》の効果でLP1500払い、デッキから《神聖なる球体》を3体特殊召喚

 

④《神聖なる球体》の内1体で《星杯竜イムドゥーク》Aをリンク召喚。

追加の召喚権で《球体》をリリースし《星遺物ー『星杯』》をアドバンス召喚。

 

⑤《イムドゥーク》と《星遺物ー『星杯』》で《星杯剣士アウラム》をリンク召喚

《星遺物ー『星杯』》の②の効果で《星杯に誘われし者》をデッキから2体特殊召喚。

 

⑥《誘われし者》2体で《ダイガスタ・エメラル》をエクシーズ召喚

残りの《球体》1体で《イムドゥーク》Bにリンク召喚

《エメラル》の効果で《球体》3枚デッキへ戻し1ドロー

 

⑦《リース》の②の効果で手札を1枚切り、自身を墓地から手札へ戻す

《ヴィーナス》の効果でLP1500払い、デッキから《球体》を3体特殊召喚

《球体》1体と《エメラル》で《聖杯神楽イヴ》Aをリンク召喚

 

⑧《球体》2体で《プロキシー・ドラゴン》リンク召喚

《プロキシー・ドラゴン》と《イムドゥーク》Bで《星杯戦士ニンギルス》を《イヴ》の横にリンク召喚

(《イムドゥーク》Bの効果で《リース》を特殊召喚)

《ニンギルス》の効果で3ドロー

 

⑨《ニンギルス》と《ヴィーナス》で《ファイアウォール・ドラゴン》Aをリンク召喚(《イヴ》の横)

相互リンク1のため墓地より《誘われし者》を1枚回収

 

⑩《ファイアウォール》Aと《イヴ》で《ファイアウォール》Bをリンク召喚

(《イヴ》の効果で《誘われし者》を特殊召喚)

《アウラム》の効果でフィールドの《リース》と墓地の《ファイアウォール》Aを入れ替える

《アウラム》と《誘われし者》で《イヴ》Bをリンク召喚(ファイアウォールAの横)

 

フィールド

《ファイアウォール・ドラゴン》2体

相互リンク2&相互リンク1

《星杯神楽イヴ》1体

+手札3枚

スポンサーリンク

防御サポート

・相手に妨害され、動けなくなった場合は消費を抑えて動かないほうが得策

・《増殖するG》を使われた場合は相手デッキの半分ほど引かせて《手札抹殺》でデッキアウトを狙うのも手

 

こちらも手札誘発で相手の起点を潰したい。

優勢の時、防御カードは腐りますが《星杯の妖精リース》の手札コストにしてしまえばOK。

 

《精神操作》

①:相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。

 

除去カードの少ない【星杯】で実質除去として扱います。

コントロール奪取したカードはリンク素材にして展開の一部としてしまおう。

 

スポンサーリンク

リソースの回復

一番の問題はEXデッキの大量消費

特に《星杯竜イムドゥーク》の消費が早く、3枚使いきってしまう場合がある。

リンクモンスターの展開が終わった後に、盤面を返された時、EXデッキがほとんど残っていないと反撃できない

 

《貪欲な壺》

①:自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 

このデッキではリンクモンスターを5枚戻してドローすることになる。

1ターン目から発動することも簡単にできるので、純粋なドローソースとして扱えます。

《貪欲な瓶》も入れても良いかもしれない。

 

《闇の量産工場》

①:自分の墓地の通常モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

手札から特殊召喚する「星杯」の装填ができる

このデッキでの発動は容易なため複数投入してもいいかも

 

《ダイガスタ・エメラル》

ランク4/風属性/岩石族/ATK1800/DEF 800
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地のモンスター3体を選択して発動できる。
選択したモンスター3体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを1枚ドローする。
●効果モンスター以外の
自分の墓地のモンスター1体を選択して特殊召喚する。

 

《貪欲な壺》同様墓地のモンスターを戻すために使うカード

《星杯へ誘われし者》2体で主に召喚することになります。

後半の効果は《電影の騎士ガイアセイバー》も特殊召喚できるため覚えておきたい。

 

スポンサーリンク

まとめ

【星杯】は展開手段は十分あるので、攻撃サポートを充実させたほうが戦いやすくなります。

また、相手の妨害手段や除去手段に乏しいためそれらを補いつつ、ワンショットキルを狙うといったデッキにするとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました