【天気】初動から考える戦い方【戦術考察】

【天気】はどのような盤面を整えていくのか

必要なカードは何なのかをわかりやすく考察します

所要時間:5分

【天気】の初動について

 

どのような構築にしても《雪の天気模様》が必要になります。

フリーチェーンで「天気」モンスターを除外することができる上、デッキから「天気」カードを加えることができるためです。

制約により1ターンに1度しかこの効果を適応することができません。

しかし、相手ターンも含めて毎ターンサーチを実質コストなしで行えるのは極めて優秀です。

 

よって、この《雪の天気模様》を主軸にしてハンドアドバンテージを獲得し、豊富なカードを用いて【天気】は戦っていくことになります。

 

《雪の天気模様》をフィールドに置けるカード

・《雪天気シエル》

・《雷天気ターメル》

・《極天気ランブラ》

 

《極天気ランブラ》は上級モンスターのため、展開力の乏しい【天気】では初動にあまり貢献することができません。

そのため、《雪の天気模様》も含む9枚体制で《雪の天気模様》をフィールドに置いていきます。

 

スポンサーリンク

初動のパターン

1.《雪天気シエル》が手札にある

召喚することで《雪の天気模様》をフィールドに置くことができ、その効果も発動できるようになるため、ひとまず安心です。

その後の展開やリカバリーを考えることになります。

 

2.《雪の天気模様》が手札にある

星3の「天気」モンスターが手札にあれば、召喚することで効果を発動していくことができます。

こちらもその後の展開やリカバリーを考えることになります。

 

リリースなしで通常召喚できる「天気」モンスターがデッキに10枚前後もあれば十分初手に「天気」モンスターが来ると思います。

 

3.《雷天気ターメル》が手札にある

永続魔法・永続罠を墓地へ送って、「天気」魔法・罠を置く効果を持ちます。

 

《雪の天気模様》以外の「天気」永続魔法や《トイポッド》《神の居城ーヴァルハラ》などを墓地に送ることで《雪の天気模様》をフィールドに置くことができます。

 

ボードアドバンテージを失うことはないため、安定して初動を任せられます。

 

4.上記の3種類のカードが手札にない

《雪の天気模様》なしではかなり無謀な戦いとなるため、ドローカードで引き込む必要があります。

《トイポッド》&《ファーニマル・ウィング》や《成金ゴブリン》なら自然に投入できるため検討してみてはいかがでしょうか。

 

※《神の居城-ヴァルハラ》を採用している場合は、《極天気ランブラ》で召喚するために必要なリリースするモンスターを特殊召喚してからアドバンス召喚することで《雪の天気模様》をフィールドに置くこともできます。

 

3枚揃える必要がありますが、そこまで難しくない条件なので狙いやすいです。

スポンサーリンク

【序盤】《雪の天気模様》を出してからどうするの?

《雪の天気模様》で得たハンドアドバンテージを使って戦います。

《ツインツイスター》や《ライトニング・ボルティクス》なども使いやすくなり、除去を苦手とする【天気】の弱点の補佐ができます。

 

恒久的にアドバンテージを生み続ける《雪の天気模様》を相手が残してくることはないため、破壊された後にどう立て直すかも考える必要があります。

 

デッキから加えておきたいカード

・《曇天気スレット》

・《曇りの天気模様》

 

2体目に召喚する「天気」モンスターは《曇天気スレット》がよいでしょう。

フィールドの「天気」カードが墓地へ送られた場合、墓地の「天気」魔法・罠を2枚までフィールドに置くことができる効果を持ちます。

そのため相手の《ツインツイスター》や《ハーピィの羽根箒》に怯える必要がなくなります。

 

このカードが除去の対象になることもあるため《雪の天気模様》等で除外ゾーンに逃がすと良いでしょう。

このカードがフィールドに存在しない間に間違いなく「天気」魔法・罠を破壊してくるので、このカードを逃がすタイミングで2枚目の《雪の天気模様》を加えるのもよいと思います。

 

このカードは「天気」カードが墓地へ送られた場合に効果を発動するため、「天気」モンスターを墓地へ送っても発動できます。

 

このカード以外の「天気」モンスターをシンクロ素材やリンク素材に使うと能動的に「天気」魔法・罠を置くことができるため、戦線の補強とリカバリーを同時に行うことができます。

この効果を能動的に発動できるように構築することをおすすめします。

 

 

また、フィールドの「天気」モンスターが相手に破壊されないように除外して逃がすことも頭に置いておく必要があります。

 

「天気」モンスターの数が増えると《雪の天気模様》だけでは除外できないため、《曇りの天気模様》も併用することになります。


《雪の天気模様》に次いで発動条件がゆるく、フィールドに表側表示のモンスターがいれば攻撃力を半分にすることができます。

 

このカードがあると「天気」モンスターは他のモンスターがいる限り、除去をフリーチェーンで逃げることができます。

その分防御が手薄になるため注意が必要です。

 

スポンサーリンク

中盤以降

【天気】の苦手な除去を怠っていると相手のフィールドが強固になっていきます。

こちらの手札も《雪の天気模様》によって潤沢になっているはずなので、それを防ぐために《ツインツイスター》や《ライトニング・ボルティクス》を叩き込みます。

 

上記のカードや《雷の天気模様》によって、空いた相手フィールドにシンクロ・エクシーズ・リンクモンスターなどで攻撃をするのが勝ちやすいスタイルではないでしょうか。

 

《晴天気ガンベーラ》を1枚墓地へ送っておくと素材にしやすいため何かと便利です。手札コストなどで捨てておくとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

その他の重要なこと

・《雪の天気模様》等が破壊されることがありますが、無理に破壊から守ろうとせずに《曇天気スレット》の効果で墓地から置いていったほうが効率がいいです。

相手の除去から「天気」以外の伏せカードを間接的に除去から守ることができるからです。

 

・「天気」モンスターがフィールドに増えてくると《虹天気アルシエル》をリンク召喚したくなりますが、頑張って気持ちを抑えてください。

悠長にリンク召喚していると一気に攻められて負けてしまいます。

リンク召喚するなら《地獄の暴走召喚》などで一気にモンスターを並べる方法をとったほうが良いでしょう。

 

・相手が消費の激しい行動を行った際は、見逃さずに妨害を挟んでください。

【天気】の除去性能はかなり低いので相手にアドバンテージを稼がれると除去が追いつきません。マストカウンターの見極めは重要です。

 

・「天気」の共通効果の都合上《増殖するG》にとても弱いです。簡単に2枚以上のドローを許してしまいます。

《灰流うらら》で対策するか、「天気」に相手のカードを手札に戻す効果が多いことを逆手にとって《大暴落》を採用するのも面白いかもしれません。

 

《大暴落》通常罠

相手の手札が8枚以上ある時に発動する事ができる。
相手は手札を全てデッキに加えてシャッフルした後、カードを2枚ドローする。

 

スポンサーリンク

まとめ

《雪の天気模様》をフィールドに置くことを最優先する

 

初動:《雪天気シエル》《雷天気ターメル》を使って《雪の天気模様》を置く

序盤:《曇天気スレット》《曇りの天気模様》を使って「天気」カードの維持

中盤以降:潤沢な手札で除去カードを発動。EXデッキのモンスターで攻撃する。

 

紹介しきれなかった「天気」カードが多いですが、臨機応変に使い分けることができるため1枚は採用すると役に立ちます。

特に《極天気ランブラ》と《雷の天気模様》は便利です。

 

個人差はあるので好みで調整してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました