【天気】相性の良いカード集

【天気】の使い方がさっぱり分からない!

他に相性のよいカードって何?と思ったら

/所要時間5分

【天気】相性の良いカード集

【天気】で解決しなければならないこと

 

①「天気」魔法・罠への依存

「天気」魔法・罠を守り切らなければ詰みになる。

《曇天気スレット》で素早く立て直しを図ったり、

《極天気ランブラ》で守る必要があります。

 

②打点の低さとモンスターのいない自分の場

下級「天気」モンスターの攻撃力が低く、ほとんど戦闘でダメージを与えられない。

別の攻撃要員か攻撃力をあげる必要があります。

 

また、効果の都合上自分フィールドのモンスターがいなくなる場合が多い。

相手の攻撃の止め方も重要となる。

 

③《虹天気アルシエル》のリンク召喚前とその後

《虹天気アルシエル》の制圧効果は極めて優秀です。

しかし【天気】は展開力に優れておらず、《虹天気アルシエル》のリンク召喚で精いっぱい。

後続の「天気」モンスターまで用意するのは難しい。

 

初めは使い方がわからず悩むかもしれません。

その分、頭を悩ませて組んだデッキは他の人が真似できない自分だけのものとなるでしょう。

 

以上から

・《虹天気アルシエル》の高速リンク召喚

・【天気】のアドバンテージ取得

・盤面を安定させる

これらを行うカードを紹介します。

スポンサーリンク

展開サポート

・「天気」モンスターは永続魔法・永続罠に関する効果を持つモンスターが多いため、永続魔法・永続罠を優先して採用すると「天気」魔法・罠の展開にも役に立ちます。

《地獄の暴走召喚》

①:相手フィールドに表側表示モンスターが存在し、自分フィールドに攻撃力1500以下のモンスター1体のみが特殊召喚された時に発動できる。
その特殊召喚したモンスターの同名モンスターを自分の手札・デッキ・墓地から可能な限り攻撃表示で特殊召喚し、相手は自身のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、そのモンスターの同名モンスターを自身の手札・デッキ・墓地から可能な限り特殊召喚する。

 

攻撃力1500以下のモンスターを特殊召喚された時にそのモンスターと同名モンスターを可能な限り、特殊召喚するカード

相手も自分フィールドのモンスター1体と同名モンスターを可能な限り特殊召喚します。

 

このカードの発動は「天気」モンスターが②の共通効果で特殊召喚される自分のスタンバイフェイズに行います。速攻魔法のためセットしておく必要はありません。

「天気」モンスターは攻撃力が低いため発動できます。

 

対応する「天気」モンスターは《雨天気ラズラ》《雪天気シエル》《曇天気スレット》の3体。

 

このカードの使用上の問題点は

・モンスター1体のみが特殊召喚された時に発動できる(チェーン2以降は発動タイミングを逃す)。

「天気」モンスターを②の効果で複数特殊召喚する場合は、攻撃力1500以下のモンスターの特殊召喚をチェーン1にする。

特殊召喚のチェーン処理を終えた後、このカードの発動を行うことが出来る。

 

・表側表示の相手モンスターがいなければ発動できない

相手モンスターも3体特殊召喚されるため、そのモンスターをどうやって処理するのかも考える必要があります。

《ライトニング・ボルテックス》や《激流葬》あたりが使いやすいでしょう。

 

《No.29 マネキンキャット》

ランク2/光属性/獣族/ATK2000/DEF 900
レベル2モンスター×2
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

 

相手フィールドに特殊召喚されたモンスターと属性か種族が同じモンスターを手札・デッキ・墓地から特殊召喚するカード

展開力に乏しい【天気】にはこの効果でも十分役に立ちます。

 

【天気】は属性がばらけている為、相手の特殊召喚に合わせて特殊召喚しやすい。

最低1枚は全属性の「天気」モンスターをデッキに入れておくと効果を使いやすい。

 

このカードはランク2のため、「天気」モンスターではエクシーズ召喚できません。

そのためレベル2のモンスターをデッキに入れる必要があります。

 

おすすめは《素早いビーバー》&《素早いアンコウ》のセット

容易にお互いを特殊召喚でき、安定してエクシーズ召喚を行うことができます。

 

①の効果は相手フィールドに相手モンスターの蘇生を行う効果。②の効果を使うためや、前述した《地獄の暴走召喚》を発動するために使うことになります。

 

②の効果は自分の特殊召喚した「壊獣」等でも発動します。

このデッキは打点に乏しい《サタンクロース》の方が適任。

《雷天気ターメル》を特殊召喚できます。

 

この効果はエクシーズ素材を使わなくても発動するため、1度特殊召喚したら蘇生手段で何度も使い倒すと良いでしょう。

1ターンに1度しか使用できないことに注意!

 

《素早いビーバー》効果

星2/水属性/獣族/ATK 400/DEF 100
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分のデッキ・墓地からレベル3以下の「素早い」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

《素早いアンコウ》効果

星2/水属性/魚族/ATK 600/DEF 100
このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合、デッキから「素早いアンコウ」以外のレベル3以下の「素早い」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる。

スポンサーリンク

攻撃サポート

・《雷の天気模様》の効果を得た攻撃力の低い「天気」モンスターで露払いを行い、攻撃力の高いモンスターで直接攻撃

 

ランク2 エクシーズモンスター

ATK2000前後のため、ライフを削りきるのに2~3ターンかかる

 

《ゴーストリック・サキュバス》

フィールドの「ゴーストリック」の合計攻撃力以下のモンスターを破壊する効果をもつ。

 

《曇りの天気模様》で破壊の対象範囲を広げられます

 

他には以下のモンスターがいる

・《神騎セイントレア》

・《No.45 滅亡の預言者 クランブル・ロゴス》

・《ダイガスタ・フェニクス》

 

レベル8 シンクロモンスター

《簡易融合》と《テセウスの魔棲物》を採用することでレベル3の「天気」とシンクロ召喚できる。

「素早い」モンスターとシンクロすると《氷結界の龍 トリシューラ》を出せる。

 

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカ―ライト》

こちらも《曇りの天気模様》で破壊の対象範囲を広げることができます

 

他には

・《PSYフレームロード・Ω》

・《クリムゾン・ブレーダー》

・《スターダスト・ドラゴン》

などを採用しておけばよいだろう。

スポンサーリンク

防御サポート

・「天気」魔法・罠を破壊されると無防備な状態で相手ターンを耐えることになるため、できるだけ避けたいところ

・「天気」魔法・罠を中央付近に配置することになるため伏せカードがばれやすい。フリーチェーンのカードも必要になります

 

《魔鍾洞》

①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
②:自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
③:自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。
このカードを破壊する。

 

フィールド上により多くのモンスターをコントロールしているプレイヤーのモンスター効果の発動と攻撃を封じるカード

 

フィールド魔法のため「天気」魔法・罠を阻害せず、自力で「天気」はフィールドから離れていくため相性は抜群。

このカードが除去されない限り恒久的な防御手段として活躍します。

 

自分が不利になる場合は《虹天気アルシエル》をリンク召喚して調整するのがおすすめ。

 

ただし、ただでさえ難しい【天気の】盤面の管理がさらに難しくなるため扱いには要注意!

 

《アーティファクトの神智》

「アーティファクトの神智」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:デッキから「アーティファクト」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが相手によって破壊された場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

《アーティファクトーモラルタ》や《アーティファクトーデスサイズ》で相手を妨害する。

相手によって破壊された場合もカードを破壊でき無駄がない。

天使族のサポートを共有できるため、使いやすいだろう。

 

《光の護封霊剣》

①:相手モンスターの攻撃宣言時に1度、1000LPを払ってこの効果を発動できる。その攻撃を無効にする。
②:相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。このターン、相手モンスターは直接攻撃できない。

 

攻撃を無効にする①の効果は相手モンスターを対象に取らない

破壊されても墓地で除外することで直接攻撃を防ぐことができます。

 

《PSYフレームロード・Ω》とこのカードで直接攻撃を防ぎ続けることができます。

スポンサーリンク

ドロー&サーチサポート

《トイポッド》&《ファーニマル・ウィング》

①:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。確認したカードが「ファーニマル」モンスターだった場合、手札からモンスター1体を特殊召喚できる。
違った場合、そのドローしたカードを捨てる。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「エッジインプ・シザー」1体または「ファーニマル」モンスター1体を手札に加える。

 

《ファーニマル・ベアー》でフィールドにセットできるカード。《ファーニマル・ウィング》と併用することでドロー加速ができる。

 

場に出しやすい永続魔法のため《雷天気ターメル》の効果で「天気」魔法・罠に変換できる。また、《晴天気ガンベーラ》の蘇生コストにしてもよく全体的にコストとして扱いやすい。

 

墓地へ送られた後は、《ファーニマル・ベア》をデッキから加えて、再度このカードをフィールドにセットする準備ができます。

 

《エッジインプ・シザー》は手札に来た「天気」魔法・罠をデッキの上に戻すことができる。レベル3のためエクシーズ素材などに使えて便利です。

 

星1/光属性/天使族/ATK 100/DEF 100
「ファーニマル・ウィング」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「トイポット」が存在する場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ファーニマル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、自分はデッキから1枚ドローする。その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドの「トイポット」1枚を選んで墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。

 

墓地になければ全く意味がありませんが、《トイポッド》の効果で手札を捨てることができるため、手札にきても安心です。

《トイポッド》の②の効果とこのモンスターの効果を全て含めると合計3枚のカードを手札に加えることができます。

 

「ファーニマル」は「天気」同様に地属性や水属性の天使族でサポートを共有しやすいこともメリットです。

 

星3/地属性/天使族/ATK1200/DEF 800
「ファーニマル・ベア」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札のこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「トイポット」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
②:このカードをリリースし、自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

《マジック・プランター》

①:自分フィールドの表側表示の永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

 

「天気」永続罠を置くのは容易なので発動しやすい。

永続罠が2枚重なったりした場合に使用することになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

【天気】で一般的に採用されているカードとは少し違うカードも紹介しました。

色んな構築パターンがあってもいいと思います。

ぜひ自分だけの【天気】デッキを見つけてみてくださいね。

 

こちらもどうぞ

【天気】初動から考える戦い方【戦術考察】
【天気】ってどうやって戦うの?動かし方がわからない人も天気の基本の戦い方がよくわかるように作りました

コメント

タイトルとURLをコピーしました