【ヴェンデット】相性の良いカード集

【ヴェンデット】をもっと強くしたい!

他に相性のよいカードって何?と思ったら

/所要時間5分

【ヴェンデット】相性の良いカード集

 

【ヴェンデット】で解決しなければならないこと

 

①最大攻撃力が低い

《リヴェンデット・スレイヤー》の元々の攻撃力は2400で、少々心もとないステータスを持ちます。

自身の効果で多少攻撃力を上げられますが、何度も墓地を除外するには墓地肥やしや除外から戻すカードが必要になります。

 

②単体で役にたたないカードが多い

儀式モンスターに儀式魔法、効果を付与するカードと3枚揃って初めて【ヴェンデット】が真価を発揮します。

逆に揃わなければただの儀式デッキになってしまいます。

 

③《リヴェンデット・スレイヤー》の除去のされ方

破壊されて墓地へ送られるのならば問題ないのですが、バウンスや除外に弱く切り返しが少し難しくなります。

それらの除去にチェーンして自分から《リヴェンデット・スレイヤー》を墓地へ送ると戦いやすくなります。

 

以上から

・儀式&アンデット族の親和性が高いカード

・墓地・除外に関連するカード

・自分の場のモンスターを墓地へ送るカード

これらのカードを紹介します。

スポンサーリンク

展開サポート

・《ヴェンデット・レヴナント》や《ヴェンデット・ヘルハウンド》の効果を使うためにフィールドに出す必要があります。

 

《終末の騎士》&《儀式魔人リリーサー》

星4/闇属性/戦士族/ATK1400/DEF1200
①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

 

《リヴェンデット・スレイヤー》を墓地へ送ることで、初動から安定して儀式召喚を行うことができます。

同様に《ダーク・グレファー》も同じ運用ができます。

 

星3/闇属性/悪魔族/ATK1200/DEF2000
①:儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカードを除外できる。
②:このカードを使用して儀式召喚したプレイヤーから見て相手は、儀式召喚したそのモンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、モンスターを特殊召喚できない。

 

《終末の騎士》でデッキから《儀式魔人リリーサー》を墓地へ送ることで、儀式召喚の準備が整います。

強力な特殊召喚封じを行うため、《リヴェンデット・スレイヤー》がより凶悪になります。

相手のみの特殊召喚封じのため、こちらの展開を阻害しないこともメリット。

 

墓地からも儀式召喚の素材として扱うことができるため、より消費を少なく儀式召喚することができます。

 

この2枚は初動から扱いやすく【ヴェンデット】全体を終始サポートしてくれます。

ただし、デッキの中のアンデット族の比率が低くなるため、その点は注意が必要になります。

 

《ユニゾンビ》セット

星3/闇属性/アンデット族/ATK1300/DEF   0
「ユニゾンビ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
②:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 

《ユニゾンビ》&《馬頭鬼》&《不知火の隠者》の三枚を指すセット(隠者は後述)

どのモンスターも効果が強力で、「ヴェンデット」モンスターを支えるサポートになります。

 

主に相性のよい《PSYフレームロード・Ω》のシンクロ召喚を狙うために採用します。

 

《PSYフレームロード・Ω》は除外されているカードを墓地へ戻す効果を持つため、除外した《リヴェンデット・ボーン》やアンデット族モンスターを戻して墓地リソースの回復を見込めます。

 

【不知火】混合

アンデット族の中でも除外に関連する効果を持つ【不知火】を混合することで除外するコストをメリットに変えることができます。

特に後述する《不知火流ー燕の太刀》が使えるようになることが大きいです。

 

星4/炎属性/アンデット族/ATK 500/DEF   0
「不知火の隠者」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。
②:このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、この効果の対象を2体にできる。

《ユニゾンビ》と《馬頭鬼》の相性はご存知の通り。

アンデット族をリリースして守備力0のアンデット族をデッキから特殊召喚する効果を持ちます。

 

また、このカードが除外されることで、除外されている同名以外の「不知火」モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

【ヴェンデット】でシンプルに「不知火」を出張すると②の効果での特殊召喚先は必然的に《不知火の宮司》になるでしょう。

 

星4/炎属性/アンデット族/ATK1500/DEF   0
「不知火の宮司」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・墓地から「不知火の宮司」以外の「不知火」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:このカードが除外された場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

召喚成功時に同名以外の「不知火」モンスターを手札・墓地から特殊召喚できる効果を持ちます。

効果は無効にならないため《不知火の隠者》の効果を活かすことができます。

またエクシーズ召喚にも最適なステータスを有しています。

 

①の効果も十分強力ですが、②の効果が【ヴェンデット】では重要になります。

《リヴェンデット・スレイヤー》の①の効果で除外したり、《リヴェンデット・ボーン》の儀式素材として除外することで相手に損害を与えつつ戦うことができます。

 

【ヴェンデット】の妨害性能を飛躍的に高めるため、できれば採用したいカードになります。

スポンサーリンク

攻撃サポート

・【ヴェンデット】は妨害を中心に考えると戦いやすくなります

 

《マスク・チェンジ・セカンド》

「マスク・チェンジ・セカンド」は1ターンに1枚しか発動できない。
 ①:手札を1枚捨て、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスターよりレベルが高く同じ属性の「M・HERO」モンスター1体を、「マスク・チェンジ」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

遊戯王OCGのダークヒーロー《M・HERO ダークロウ》&《M・HERO 闇鬼》を呼び出すことができるカード

 

《リヴェンデット・スレイヤー》の破壊以外の除去にチェーンして発動することで、《リヴェンデット・スレイヤー》の②の効果に確実に繋げることができます。

 

2体を共闘させるのも強力で、あらゆる方向から妨害を行うまさしくダークヒーローな戦い方が楽しめます。

 

《ぶつかり合う魂》

①:自分の攻撃表示モンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その戦闘を行うモンスターの内、攻撃力が低いモンスターのコントローラーは、500LPを払ってそのモンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ500アップする事ができる。
その後、お互いがLPを払わなくなるまでこの効果を繰り返す。
その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になり、ダメージ計算後にその戦闘でモンスターを破壊されたプレイヤーのフィールドのカードは全て墓地へ送られる。

 

平たく説明すると「先に500ライフを払うことをやめたプレイヤーのフィールドを全て墓地へ送る」効果を持ちます。

このカードを発動した場合の戦闘ダメージは0になりますが、以降の戦闘ダメージは通常通りのため後続のモンスターで追撃ができます。

 

《リヴェンデット・スレイヤー》の攻撃力は2400のため、発動機会には恵まれています。

 

このカードには効果処理の抜け道があり、戦闘破壊できなければフィールドのカードを墓地へ送る処理ができないという性質を持ちます。

 

つまり、墓地の《リヴェンデット・ボーン》を除外して《リヴェンデット・スレイヤー》の戦闘破壊を回避すると、自分フィールドのカードは墓地へ送られません。

 

相手にだけリスクを押し付けることができるため、非常に強力なカードとして扱うことができます。

相手が困惑すること間違いなしなので、事前に説明できるように準備しておくといいと思います。

遊戯王wiki《ぶつかり合う魂》

 

《ロケットハンド》

「ロケットハンド」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの攻撃力800以上の攻撃表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを攻撃力800アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。
②:装備されているこのカードを墓地へ送り、フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、このカードを装備していたモンスターは攻撃力が0になり、表示形式を変更できない。

 

①の効果で装備カードとなり攻撃力を800上げることで、《リヴェンデット・スレイヤー》の攻撃力を3200に引き上げることができます。

大抵のモンスターには太刀打ちできるため非常に心強くなります。

 

また、装備カードとなったこのカードを墓地へ送ることでフィールドの表側表示のカードを破壊する効果を持ちます。

《リヴェンデット・スレイヤー》の付与された効果も相まって、突破が困難になります。

 

②の効果を使うと装備していたモンスターの攻撃力が0になり、表示形式の変更ができなくなります。しかし、自分の場のモンスターを墓地へ送るカードを多めに採用していればあまり問題にならないでしょう。

 

①②の効果は1ターンにいずれか1つしか発動できないことに注意!

スポンサーリンク

防御サポート

・《ヴェンデット・リボーン》で相手モンスターの除去ができる上、【ヴェンデット】は妨害に長けているため少量の採用で十分です。

 

《灰流うらら》

星3/炎属性/アンデット族/ATK   0/DEF1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

 

どのデッキでも採用できるカードですが、このデッキはアンデット族をコストにするカードが多く存在するため、墓地へ送った後も役に立ちます。

アンデット族の豊富な蘇生手段でシンクロ召喚に繋げられることも見逃せません。

 

《不知火流 燕の太刀》(つばくろのたち)

「不知火流 燕の太刀」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、デッキから「不知火」モンスター1体を除外する。

 

アンデット族1体をリリースすることで、フィールドのカードを2枚破壊する効果を持っています。

 

また、デッキから「不知火」モンスターを除外する効果は強制効果になります。

デッキに「不知火」モンスターがいなければ発動できません。

 

こちらも《リヴェンデット・スレイヤー》をリリースすることで破壊以外の除去を回避して②の効果につなげることができます。

もちろん他のアンデット族をリリースしても、十分強力です。

 

「不知火」モンスターの除外された場合の効果を発動することができるため、さらに展開や除去を行うことのできる除去カードとして優秀な働きを見せるでしょう。

スポンサーリンク

ドロー&サーチサポート

・手札コストにするカードに余裕があるため、《手札断札》なども自然に採用できます。

《儀式の下準備》

「儀式の下準備」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから儀式魔法カード1枚を選び、さらにその儀式魔法カードにカード名が記された儀式モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選ぶ。
そのカード2枚を手札に加える。

儀式魔法とその儀式魔法に記された儀式モンスターの2枚をデッキから手札に加えるカード。

 

【ヴェンデット】の初動に大きく貢献するカードですが、中盤以降デッキの中の《リヴェンデット・ボーン》の枚数が足りなくなる場合があるため、腐る恐れがあります。

 

《リヴェンデット・スレイヤー》は墓地でも儀式召喚できるため、2枚目以降をこのカードなどでサーチした場合は、手札コストとして切るとコストパフォーマンスが良くなります。

 

同じく儀式サポートの《儀式の準備》も採用して、さらに初動の効率を上げることをおすすめします。

 

《虹光の宣告者》(アーク・デクレアラー)

星4/光属性/天使族/ATK 600/DEF1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
②:モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

除外、発動妨害、儀式サーチを行う文句なしのシンクロモンスター。

 

【ヴェンデット】では星3《ヴェンデット・ヘルハウンド》と星1《異次元の精霊》でシンクロ召喚するのがよいでしょう。

 

何度も蘇生することで、②の効果で発動妨害と③の効果サーチを繰り返すことができます。

【ヴェンデット】の妨害性能も高めてくれる1枚にもなります。

 

星1/光属性/天使族/ATK   0/DEF 100
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。
次のスタンバイフェイズ時、この特殊召喚をするためにゲームから除外したモンスターをフィールド上に戻す。

「不知火」を除外することで効果の発動を狙うことができます。

特殊召喚しやすくシンクロ召喚しやすいことがメリットになります。

 

《祝福の教会ーリチューアル・チャーチ》

「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
②:自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

主に①の効果をメインに運用します。

手札の魔法カードを《リヴェンデット・ボーン》に変えることができるため、序盤に儀式召喚を行いやすくなります。

 

②の効果は3枚すべて引き切ってしまった《リヴェンデット・ボーン》をデッキに戻す役目もあります。

蘇生対象は先ほど紹介した《虹光の宣告者》や《異次元の精霊》、ほかには《マンジュ・ゴット》などが採用しやすいでしょう。

 

①②の効果により、《儀式の下準備》を中盤以降も腐らせる心配がなくなり、戦線維持が容易になります。

 

スポンサーリンク

その他のサポート

《異次元からの埋葬》

①:除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

 

除外したアンデット族を戻すために使用します。

気兼ねなく除外できるようになるのは案外重要になります。自己蘇生して除外された《ヴェンデット・ヘルハウンド》を墓地へ戻すなど、役目は様々です。

 

スポンサーリンク

まとめ

長くなりましたが、【ヴェンデット】は数が少ないながら多くの可能性を秘めています。

エクストラデッキも使わないため、自由に改良できるのも魅力の1つ。

研究し甲斐のあるテーマなのできっと気に入る構築が見つかると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました