スポンサーリンク

【シンクロ召喚】素材に便利なモンスター集

シンクロ素材になるチューナー以外のモンスターを紹介する記事です

連続シンクロを忘れられない方へ

/所要時間5分

シンクロ素材に便利なモンスター

チューナー以外のモンスターを次々と特殊召喚できるモンスターを集めました。

なるべくシンクロ素材にもリンク素材にも使いやすいモンスターを入れた方がいいでしょう。

チューナーの方が足りなくなるかもしれません。

特殊召喚できるモンスターのレベルがバラバラですが、レベル順に紹介します。

シンクロ召喚について

新マスタールールが施行されてから、リンクモンスターなしではシンクロモンスターを並べることが難しくなりました。

シンクロモンスターを大量展開する前にリンクモンスターをフィールドに用意する必要があるため、これまで以上にデッキ構築が難しくなっている現状です。

リンク召喚を主軸とするテーマと混合させた方が自然とシンクロ召喚しやすくなります。

レベル2

《ドッペル・ウォリアー》

《ドッペル・ウォリアー》効果

星2/闇属性/戦士族/ATK 800/DEF 800
①:自分の墓地のモンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する。

自分の墓地からモンスターが特殊召喚された場合に手札から特殊召喚できる効果と、シンクロ素材になって墓地に送られた場合、レベル1のトークンを2体攻撃表示で特殊召喚するモンスター

登場以来シンクロ召喚を長く支えるカード

特殊召喚しやすく、後続のシンクロ召喚にも便利なトークンを生み出すことができます。

このカードは戦士族・闇属性とサポートに長けたステータスを持っているおかげでアクセス手段が豊富です。

これからも《ジャンク・シンクロン》などとシンクロ召喚を支えてくれるでしょう。

レベル3

《ファラオの化身》

《ファラオの化身》効果

星3/地属性/アンデット族/ATK 400/DEF 600
このカードがシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、自分の墓地に存在するレベル4以下のアンデット族モンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

シンクロ素材に使用され墓地へ送られた場合、墓地のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を蘇生できる効果をもつ

自身を特殊召喚してもよいため繰り返しシンクロ素材にすることができます。

チューナーが足りない場合は、《ゾンビキャリア》を蘇生することもできるので、使いまわせるシンクロ素材として活躍してくれます。

地属性なのでレベル2地属性チューナーと《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚できることも見逃せません。

アンデット族デッキ以外でも活躍できる性能を持っているので、シンクロ素材の選択肢としては十分採用圏内でしょう。

《ダンディライオン》

《ダンディライオン》効果

星3/地属性/植物族/ATK 300/DEF 300
①:このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「綿毛トークン」(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

墓地へ送られた場合、レベル1のトークンを2体特殊召喚する効果をもつ

直接デッキから墓地へ送ってもよく、非常にトークンを生成しやすいモンスターです。

加えて発動制限もないので、そのまま蘇生してシンクロ召喚に使うとまたトークンを生成できます。

このカードをまず墓地へ送って、下向きのリンクマーカーをもつリンクモンスターを出すのが今のシンクロ召喚の展開に必要な過程になります。

連続シンクロを目指す場合はこのカードはデッキに入れた方が良いでしょう。

植物族なので《ローンファイア・ブロッサム》や《メリアスの木霊》などサポートが豊富です。

様々な場面で役立ってくれます。

レベル4

《輝白竜 ワイバースター》&《暗黒竜 コラプサーペント》

《輝白竜 ワイバースター》特殊召喚・効果

星4/光属性/ドラゴン族/ATK1700/DEF1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。

《暗黒竜 コラプサーペント》特殊召喚・効果

星4/闇属性/ドラゴン族/ATK1800/DEF1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

フィールドから墓地に送られると、デッキから互いを手札に加えあうモンスター

墓地の光属性か闇属性を除外して特殊召喚する必要がありますが、初めのコスト以外は自分たちで賄うことができるため、運用は簡単です。

シンクロ素材になってもサーチできるので、毎ターン2体分のシンクロ素材になってくれます。

ややレベルが高いので、初めの1体はリンク素材にして、残り一体でシンクロ召喚すると使いやすいでしょう。

シンクロ素材にもリンク素材にも助かる便利なモンスター達です。

《輪廻天狗》

《輪廻天狗》効果

星4/風属性/獣戦士族/ATK1700/DEF 600
このカードがフィールド上から離れた時、デッキから「輪廻天狗」1体を特殊召喚する。

フィールドから離れた時、同名モンスターを1体特殊召喚する効果をもつ

強制効果なのでタイミングを逃すことはありません

「炎舞」などの獣戦士サポートを受けることができます。

さまざまな素材にできる素質がありますが、現在準制限カードなので大量展開とまではいきません。

似たような《D-HERO ディアボリックガイ》は緩和されているので、そのうち戻ってくるでしょう。

今後に期待のカードになります。

《D-HERO ディアボリックガイ》

《D-HERO ディアボリックガイ》効果

星6/闇属性/戦士族/ATK 800/DEF 800
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

墓地から除外することで同名モンスターをデッキから1体特殊召喚する効果をもつ

少々レベルが高いので、レベル2前後のチューナーとしかシンクロ召喚できない代わりに《アルティマヤ・ツィオルキン》が出せます。

アクセス手段が多いので便利ですが、「HERO」は特別シンクロ召喚と相性がいいわけではないので、サポートは実際にはあまり使えません。

《PSYフレームロード・Ω》などレベル8シンクロに貢献してくれます。

その他

「剛鬼」

《剛鬼再戦》通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のレベルの異なる「剛鬼」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

メインデッキに入れられる「剛鬼」モンスターはフィールドから墓地へ送られた場合に、同名以外の「剛鬼」カードを1枚デッキから手札に加える共通効果を持ちます。

「剛鬼」モンスターはレベルがばらけて存在しており、シンクロ素材に使いやすいです。

2体ほど墓地に送れば、上記の《剛鬼再戦》を発動できるようになるので、展開の起点にすることができます。

【剛鬼】はリンク召喚のテーマなので、シンクロ召喚前にリンク召喚してリンク先を整えることもできます。

総じて相性がよいので、併用は簡単でしょう。

まとめ

リンク召喚を素早く行いつつ、シンクロ召喚もできる構築にするとエクストラデッキも圧迫されます。

《水晶機巧-ハリファイバー》の登場により劇的に状況は改善されてきました。

《スターダスト・ドラゴン》など現時点でも自力で移動できるシンクロモンスターも少ないながら存在するので一考の余地ありです。

【PR】おすすめの通販サイト

スマートフォン対応で使いやすく、他では中々見つからないレアリティも豊富に揃えているサイトさんです。

まとめて買いたい時におすすめです!

スポンサーリンク